ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】<PELLE MORBIDA/ペッレ モルビダ>と考える、本当に必要な仕事鞄の条件
    2019.11.15 update

    【特集】<PELLE MORBIDA/ペッレ モルビダ>と考える、本当に必要な仕事鞄の条件

    PROMOTION

    スマホひとつでプライベートもビジネスもこなせる時代、毎日の仕事に持ち歩く鞄はどうあるべきだろう。仕事鞄に必要な機能とは?デザインは?そもそも本当に仕事鞄って必要なの? そこで、伊勢丹メンズ館のバッグ担当者が同世代のビジネスパーソンと、毎日の仕事に必要な鞄のリアルなところを語り合いました。 参加してくれたのはこの4名 藤本千也乃さん 広告制作会社に勤務。取材や打ち合わせに書類やノートPCを持ち歩くことが多いため、仕事に使える鞄を探しに伊勢丹メンズ館のビジネスバッグ売り場をチェックすることもあるそう。

  • 【特集】イタリアンラグジュアリーを貫くアウターメゾン、<HERNO/ヘルノ>の注目アウターTOP3
    2019.11.15 update

    【特集】イタリアンラグジュアリーを貫くアウターメゾン、<HERNO/ヘルノ>の注目アウターTOP3

    最高級のテーラードスーツを着る人にとって、冬場のコート選びは難問だろう。本来ならばウールのテーラードコートを着るべきなのだが、如何せん日本のドレスシーンには少々荷が重い。冠婚葬祭などフォーマルなシーンならともかく、街着やビジネススタイルにはドレス感が強過ぎて気が引ける。かといって日本のビジネスコートとして人気の薄手のステンカラーやトレンチコートは、お世辞にも温かいとは言い難い。多くのファッションメディアが冬のコート特集に頭を抱えるのは「結局ダウンが一番温かいでしょ」という正論に勝てないからだ。しかしイタリ

  • 【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ
    2019.11.12 update

    【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ

    PROMOTION

    <Blundstone/ブランドストーン>は、オーストラリア・タスマニア初のシューズブランド。1870年代に英国から移住したブランドストーン夫妻が始めた、輸入靴店がそのルーツである。1940年代にはオーストラリア陸軍にブーツを納品する御用達メーカーとなり、60年代に登場したサイドゴアブーツが一気にブレイクを果たすと、本国を代表するシューメーカーとして認知された。伊勢丹メンズ館ではこのサイドゴアブーツこそ、ドレスとカジュアルがボーダーレスな、いまの時代の足元にとってのリアリティなのではないかと考えている。▼

  • 【特集】都会の冬に最適、ラグジュアリーでエレガントな<MooRER/ムーレー>のダウンジャケット
    2019.11.11 update

    【特集】都会の冬に最適、ラグジュアリーでエレガントな<MooRER/ムーレー>のダウンジャケット

    ▼ 1. 都会の冬に最適な、ラグジュアリーでエレガントな<MooRER/ムーレー>のダウンジャケット▼ 2. 2号店を東京に開いたブランドの本気度▼ 3. 伊勢丹メンズ館がセレクトした<MooRER/ムーレー>の人気モデル3選 ビジネスはもちろん、フォーマルなパーティなど冬のドレススタイルに着る防寒アウターを、本当に納得して選んでいるだろうか。“ミスマッチ”を言い訳にスーツにアウトドアブランドのダウンジャケットを合わせたり、申し訳程

  • 【特集】フランスの老舗靴ブランド<PARABOOT/パラブーツ>の名作&人気シューズ5選
    2019.11.04 update

    【特集】フランスの老舗靴ブランド<PARABOOT/パラブーツ>の名作&人気シューズ5選

    休日に履きたくなるのは、「スニーカー以上、ドレスシューズ未満」の見た目と快適な履き心地を約束してくれる間違いのない足元。そんな時に選ばれるのが、創業100年を越えるフランスの老舗シューズブランド<PARABOOT/パラブーツ>だ。高級紳士靴なのに本格的な登山靴のように頑丈で普遍的なデザインは、いつの時代に履いても抜群にお洒落で、世界に“名靴”は数あれど、こんな靴は他になかなか見つからないだろう。今回は、時を超えて愛される<パラブーツ>の名作&人気5モデルを厳選。同ブランドの魅力とと

  • 【特集】今すぐ使える!大人が着るべき高機能アウター7選
    2019.11.01 update

    【特集】今すぐ使える!大人が着るべき高機能アウター7選

    急に朝夕が肌寒くなってきてアウターが必要となってきたが、アウトドアやミリタリー人気の波及から、ユーティリティなデザインが注目を集めている。今回は、さっと羽織れて冬先まで使える便利アウターをご紹介。着丈が長めで男らしくミリタリーな要素が入ったコートから、90年代ストリートの人気復活によって、大人のストリートスタイルとしてすっかり定着したマウンテンパーカやアノラックパーカなどがラインナップ。粗野なデザインでも現代的な機能をしっかり備えて、ブラックカラーで纏えば、大人のミリタリーもスマートな着こなしが可能だ。

  • 【特集】大人に支持される3大ブランドを徹底比較、「パンツ・シルエットガイド」
    2019.10.31 update

    【特集】大人に支持される3大ブランドを徹底比較、「パンツ・シルエットガイド」

    2019年秋冬シーズンは、ジャケットスタイルからカジュアルまで、幅広く着こなせる優秀パンツが続々と登場。まずチェックすべきは、<INCOTEX/インコテックス><PT TORINO/ピーティートリノ><GTA/ジーティーアー>といった王道3ブランドの一押しシルエット。ブランド横断で比較できる「パンツシルエットガイド」を参考に、お気に入りの形を見つけてほしい。 ▶INCOTEX/インコテックス ▶PT TORINO/ピーティートリノ ▶GTA/ジーティーアー  お問い合わせメンズ館5階=メンズテー

  • 【特集|インタビュー】<サンタ・マリア・ノヴェッラ>の"本当"の魅力。
    2019.10.30 update

    【特集|インタビュー】<サンタ・マリア・ノヴェッラ>の"本当"の魅力。

    イタリア・フィレンツェに誕生し、およそ400年という長きにわたって「芸術品」を提供し続けてきた、<オッフィチーナ・プロフーモ・ファルマチェウティカ・ディ・サンタ・マリア・ノヴェッラ(以下サンタ・マリア・ノヴェッラ)>。悠久の歴史と伝統を受け継ぎ、哲学不変のモダナイズを見事に実現している同社の会長、エウジェニオ・アルファンデリー氏に、<サンタ・マリア・ノヴェッラ>とその製品の、"本当"の魅力を訊いた。 エウジェニオ・アルファンデリー 1948年、イタリア・フィレンツェ生まれ。1989年に、<サンタ・マリア・

  • 【特集】印象が変わる1枚との出会い!この秋のネッカチーフ
    2019.10.26 update

    【特集】印象が変わる1枚との出会い!この秋のネッカチーフ

    この秋冬シーズンのコーディネートのアクセントに使用したい“ネッカチーフ”。普段見る機会も増えてきたけれど、まだチャレンジされていない方もいるのでは?1枚あるだけで、コーディネートの幅も広がり、印象も変わる。秋冬シーズンに、オススメのネッカチーフをご紹介!   <altea> ビジネスシーンでも使える ロサンジュ 1892年、イタリア・ミラノにジュゼッペ・サルトーリ氏が一軒のネクタイ店をオープンしたところから始まった<altea/アルテア>。スカーフ・ネクタイをメインに展

  • 【特集|インタビュー】新しいカッコよさとは何か。新ブランド<TEXT/テクスト>が切り拓く、ファッションの新地平
    2019.10.26 update

    【特集|インタビュー】新しいカッコよさとは何か。新ブランド<TEXT/テクスト>が切り拓く、ファッションの新地平

    日本ではいち早く”トレーサビリティ”をファッションに持ち込んだデザイナー石川俊介氏。2003年に<MARKA/マーカ>を立ち上げ、ハイエンドラインである<MARKAWARE/マーカウェア>を経て、この秋冬から第3のブランドとなる<TEXT/テクスト>を立ち上げる。これは昨今のファッションシーンで盛んに叫ばれる”サステナビリティ”を強く打ち出したブランドの先駆けとして、後年記憶されることになるであろう可能性を秘めている。今回は、10月30日(水)からメンズ館6

  • 【特集】伊勢丹メンズ館が再評価する "尾州生地" の価値とは。
    2019.10.23 update

    【特集】伊勢丹メンズ館が再評価する "尾州生地" の価値とは。

    とかくメンズファッションにおいて、イギリスやイタリアのブランドやテーラーとともに、素材=生地までが高級品として扱われることが多いものだ。そもそも洋装とは西欧生まれの服だけに、当然といえば当然で、確かにヨーロッパのそれはクオリティも高いが灯台下暗し。日本にも腕の立つテーラーは数多くいるし、生地にも上質なものがたくさんある。にも関わらず、それらが正当な評価を得ているとは言い難い。伊勢丹メンズ館は、そんな日本の「宝物」を再評価するプロジェクトを続けている。 「手の国」日本の職人たちに着目する。──本企画では日

  • 【特集】“本物志向”な大人に似合うライダースジャケット5選
    2019.10.23 update

    【特集】“本物志向”な大人に似合うライダースジャケット5選

    ハードで男らしい雰囲気が着こなしに重厚感を与え、クールな印象も手軽に演出することができるライダースジャケットは、往年の映画スターを例に出すまでもなく、今も昔も、男を格上げするアウターの筆頭だ。秋冬のアウターとして高い人気を誇り、Tシャツやカットソーなどと合わせたシンプルな着こなしから、シャツやニットと合わせたきれいめスタイルまで幅広く対応してくれるのもライダースジャケットの魅力。今シーズンは「大人が着るべきライダース」が例年以上に注目度が高いので、バイクに乗らずともオトコなら誰しも惹かれてしまうライダース

  • 【特集】伊勢丹メンズ館の「オーダーシャツ」が他とはちょっと違う理由
    2019.10.22 update

    【特集】伊勢丹メンズ館の「オーダーシャツ」が他とはちょっと違う理由

    伊勢丹新宿店メンズ館のオーダーシャツ「イセタンメンズカスタムオーダー」がこの春、大幅にリニューアルされた。衿型や生地のバリエーションの拡大はもちろんだが、最大の特徴はタブレット端末を使用した受注方法に変わり、2着目以降はお客さまが、専用サイトのマイページにアクセスすれば、WEB上からでも購入できる点にある(https://isetanmensorder.mistore.jp/shirt)。今回は、新たにリリースされた同システムの内容を公開。長年手がけてきたカスタムオーダーシャツで培ったノウハウをもとに、理

  • 【特集】贈って広がるコミュニケーション──「セレクトオーダーシャツお仕立券」がギフトに適してる理由
    2019.10.22 update

    【特集】贈って広がるコミュニケーション──「セレクトオーダーシャツお仕立券」がギフトに適してる理由

    父の日やクリスマスプレゼントをはじめ、誕生日やお祝い、お礼などのギフトとして使えて、双方に「記憶に残るプレゼント」になると好評なのが「セレクトオーダーシャツお仕立券」だ。ビジネスに適したものからカジュアルまで、お好みの生地、デザインを選んで、お仕立てていただけるシャツは、体型でお悩みの方から、本物志向の男性まで広くご満足いただけるもので、ご予算に合わせて3コースをご用意。メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイをはじめ、全国の三越伊勢丹各店舗でご利用いただける。 「セレクトオーダーシャツお仕立券」は、16,5

  • 【特集】毎日の持ち運びをもっと快適に。モバイルネイティブ必携2大ブランドの最新カジュアルバッグとは?
    2019.10.19 update

    【特集】毎日の持ち運びをもっと快適に。モバイルネイティブ必携2大ブランドの最新カジュアルバッグとは?

    ライフスタイルやワークスタイルが多様化していく中で、デジタルガジェットの発達により現代人の持ち物はいま大きく様変わりしている。例えば、ノートPCが小型タブレットになり、スマホひとつでなんでもできるペーパーレス時代、バッグも時代に合わせ、様々なガジェットに対応した機能を備えている。本企画では、日本人の感性による気の利いた使い勝手の良い2大バッグブランドをご紹介。美しく機能的な、<AS2OV/アッソブ>と<KATSUYUKIKODAMA/カツユキコダマ>にフォーカスし、「バッグ×ガジェット」という

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

SUPER MEN'S
2020.01.20 update

SUPER MEN'S

メンズ館7階=背の高い方&大きいサイズのスーパーメンズのイベント情報やおすすめ商品、コーディネート、人気の連載企画【「着られる服がない」をバイヤーが解決!】シリーズ、バーゲン情報など随時更新していきます!

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【インタビュー】シューズデザイナー広本 敦が、気がついたら毎日履いていた全天候型スニーカー
2020.01.20 update

【インタビュー】シューズデザイナー広本 敦が、気がついたら毎日履いていた全天候型スニーカー

東京発のフットウエアブランド<YOAK/ヨーク>のポップアップが、1月22日(水)からメンズ館1階=紳士靴でスタート。ISETAN MEN'S netでは、毎シーズン恒例となったデザイナーの広本 敦氏へのインタビューを実施。広本氏が自身の旅からインスピレーションを受けて開発した新モデルや今シーズンの話を伺った。 アメリカを旅して生まれた、出張・旅行・遊びまでカバーする新作モデル 広本氏がアメリカ・サンフランシスコからポートランド、カナダのバンクーバーまで旅をして生まれたのが、待望の新作"JOURNEY"だ

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の