2018.07.07 update

夏の汗対策は「パンツの下にロンパンを穿く」が正解!インナー選びが暑い季節のオシャレを格段に変える

「ステテコ・ズボン下」というと、『2枚穿くと暑そう、パンツのシルエットが変わりそう、ダサい』などのイメージがありませんか?メンズ館地下1階=紳士肌着で取り扱う“ロングパンツ(以下:ロンパン)”は、父親世代のズボン下と生地の機能性のレベルが格段に違って、汗のベタつきを抑え、パンツ生地を傷めず、パンツのシルエットに響きにくく進化。 今回は、ロンパン愛用者の紳士肌着担当のアシスタントバイヤー大橋イセタンメンズネット編集長の田代、最近ロンパンを穿きはじめたという紳士靴担当スタイリストの塚原の3名によるロンパン座談会が行われました。



座談会メンバー
左:紳士肌着担当アシスタントバイヤー 大橋
愛用のロンパンは<SEEK/シーク>の「夏用/冷感素材/ニーレングス」
中:イセタンメンズネット編集長 田代
愛用のロンパンは<GUNZE/グンゼ>の「COOLMAJIC 冷感フライス 前開きハーフパンツ 膝下丈」
左:紳士靴担当スタイリスト 塚原
愛用のロンパンは<SEEK/シーク>の「強撚糸/デオドラント加工/ニーレングス 膝下丈」

僕たちがロンパンを穿きはじめた理由

田代 今やメンズ館社員の約半数ぐらいは穿いているんじゃないでしょうか、ロンパン。いわゆるズボン下を買いに来られるお客さまはどんな声が多いのですか。
大橋 今の季節に多いのは、「白パンツを穿くから」という方。ただ、膝上丈のものを選ばれる方が多いのですが、膝上丈だと“膝裏”までカバーできずロンパンの効果を体感しにくい。穿くなら膝下まであるロンパンをおすすめします。また、スーツやジャケットで、接触冷感やクール○○といった機能素材が注目されていますが、「上下に機能性インナーを着て、天然素材のウールなどのスーツを着る」ほうが断然かっこよく・快適に・スマートに過ごせると思います。


塚原 実は先日、展示会のとき、パンツの下に<シーク>の「夏用/冷感素材/ニーレングス」を初めて穿いて出かけました。細身のスウェットパンツにも関わらず、汗による不快感がなく、1日中“さっぱりした感じ”で快適に動けました。1枚穿いただけなのに予想以上の効果はすごいですね!
田代 自分は紳士靴担当のときに、接客で膝を曲げたり、動いたりして、膝裏に汗がすごくて、パンツの生地が傷むのがイヤでロンパンを穿きはじめました。
最初はボクサーパンツの上に穿いたのですが、ある日、下着を穿かない“パンツオフ=パンオフ”でロンパンを直接穿いたら、驚くほどラクで気持ちがいいことに気がついたんです!!(笑)
大橋
 この「下着を穿く、穿かない」問題だと、塚原君はどちら派ですか?
塚原 展示会のときは、<シーク>のややゆとりがあるシルエットの膝下タイプを穿きましたが、同じ<シーク>のホールド感が強い「強撚糸/デオドラント加工/ニーレングス 膝下丈」のときは自分もパンオフで穿きます。 やはり仕事中に膝の曲げ伸ばしが多いのですが、ロンパンを穿くと膝裏の汗を感じません。パンツに汗が直接つかないので、パンツの生地がパリッとしたまま長時間きれいに穿けるのが、個人的には一番のメリットだと感じています。
大橋 <シーク>の「強撚糸/デオドラント加工/ニーレングス 膝下丈」はこの3つのロンパンの中で唯一“前カップあり”なので、ボクサーパンツ感覚で穿けます。


田代 自分は<GUNZE/グンゼ>の「COOLMAJIC 冷感フライス 前開きハーフパンツ 膝下丈」が好きで愛用していますが、膝裏などに汗はかいているけど回復力=リカバリーがいいのが気に入っています。大橋さんもパンオフはありですか? (笑)
大橋 自分は気温が35度を超えたときにパンオフで穿きます!(笑)
田代 なるほど~。人によっていろんな穿き方があるんですね。
大橋 今日ご紹介する3枚のロンパンは、シルエットや丈の長さが違いますが、どれも「吸水速乾性」では肌着コーナーのお取り扱い商品の中でも群を抜いています。自分のスタイルに合うこの夏のロンパンを見つけてください。

NEXT>一度穿くともうやめられない、夏のボトムス 秘密兵器を解説