ページトップへ
CLOSE
  • ジャンルやスタイルを超え、融合する先進性を表現──伊勢丹メンズだけのボーダレスミックス
    2018.09.18 update

    ジャンルやスタイルを超え、融合する先進性を表現──伊勢丹メンズだけのボーダレスミックス

    ラグジュアリーとストリートが革命的な出合いを果たし、街もランウェイも席巻するビッグトレンドとなっている現在のファッションシーン。国境やジャンル、クラスやスタイルの垣根すら飛び越え、ボーダレスで融け合うハイブリッドなコーディネートこそ、いま押さえておかねばならない最重要テーマだ。伊勢丹メンズでは、英国の伝統的スタイルや王道のブランドから流麗なクラシコイタリアのテーラード、オーセンティックなアメリカンカジュアル、エッジィなクリエーターのコレクションまで、上質なエッセンスを全方位的に網羅。だからストリートを軸と

  • NEW MATES──次代を担う、新たな創造性|#22 トレンドにマッチした機能的なプロダクト
    2018.09.18 update

    NEW MATES──次代を担う、新たな創造性|#22 トレンドにマッチした機能的なプロダクト

    時代の流れに寄り添うべく、今秋から新たに取扱いを始める4つのブランド。老舗の復刻から、つくり手の感性が光る気鋭ブランドまで、その魅力をひもとく。旬なオーバーサイズで仕立てたシャツ。楽に着こなせるフィッティングに加えて、背面下部にはポケットを配備。手ぶらで街に繰り出せる。シャツ 左:22,680円、右:25,920円■メンズ館7階=オーセンティックウェアテーマは「身体にもっとも近い道具」。服を衣装としてではなく、実用的な側面から見つめ直したブランド、ミーンズワイル。機能を追求したディテイルが随所に見られ

  • 「着られる服がない」をバイヤーがすぐに解決 Vol.3──親方体型にも似合う服、スーパーメンズにお任せあれ!
    2018.09.17 update

    「着られる服がない」をバイヤーがすぐに解決 Vol.3──親方体型にも似合う服、スーパーメンズにお任せあれ!

    体型でお困りの方は、メンズ館7階=背の高い方&大きいサイズのスーパーメンズ(以下スーパーメンズ)でおしゃれに強くなる! メンズ館7階=スーパーメンズ担当バイヤーの今泉が訪れたのは、都内にある大相撲・峰崎(みねざき)部屋。峰崎親方は、現役時代に“角界きっての美男力士”として大人気だった元幕内の三杉磯。引退後は、昭和63年に放駒部屋より独立して峰崎部屋を創設。現在12名の力士、行司3名、呼び出し2名、床山1名の所帯を構える。私生活では同じ青森県出身の女将(おかみ)さんとの間に2人の男の

  • Style completed with sunglasses #8|秋冬らしい深みあるカラーレンズがレトロな表情をプラスする<TOM FORD/トム フォード>のサングラス
    2018.09.17 update

    Style completed with sunglasses #8|秋冬らしい深みあるカラーレンズがレトロな表情をプラスする<TOM FORD/トム フォード>のサングラス

    メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具へラインナップされた『サングラス』。豊富なブランドバリエーションから、スタイリストおすすめのサングラスをブランドごとに、全8回に渡って紹介。第7・8回目は、秋冬の装いにもマッチするようなサングラスを取り上げる。Style completed with sunglassesの最後を飾るのは、世界中のセレブレティに愛されるTマークが代名詞<TOM FORD/トム フォード>。近年ファッションとしての需要が増え通年通して欠かせないアイテムとなっているが、その中でも秋冬らしい薄い

  • 【動画】矢部克已×ナポリの新世代クリエーターたち|vol.2 ニコラ・ラダーノ──ナポリからやってきた23歳の新鋭
    2018.09.15 update

    【動画】矢部克已×ナポリの新世代クリエーターたち|vol.2 ニコラ・ラダーノ──ナポリからやってきた23歳の新鋭

    若きクリエーターたちが提案する新しいナポリスタイルに注目するイセタンメンズ。ビジネススタイルにも「スーツの必然性がない時代」だからこそ、本当に必要な場面でスーツを着る、好きだからネクタイを締める、Tシャツやポロシャツよりシャツが好きという「自主的にスーツスタイルを愉しむ」ことが新鮮だ。熱い思いがこもったものづくりに取り組むナポリの若きサルトの個性とお客さまの個性がメンズ館で出会って、お客さま一人ひとりのために仕立てられた服を纏うことから、新しい時代が見えてくる。イベント情報<スパッカ ネアポリス

  • <ALEXANDER McQUEEN/アレキサンダー・マックイーン>|新たなアイコンスニーカーはボリューム感も進化!
    2018.09.15 update

    <ALEXANDER McQUEEN/アレキサンダー・マックイーン>|新たなアイコンスニーカーはボリューム感も進化!

    オーバーサイズ ランナー 各99,900円ブランドの新たなアイコンスニーカー“Oversized Runner”が登場<ALEXANDER McQUEEN/アレキサンダー・マックイーン>の2018年秋冬コレクションから「Oversized Runner(オーバーサイズ ランナー)」が登場。アイコニックなオーバーサイズ スニーカーから進化した「オーバーサイズ ランナー」は、シンプルでクリーンなシルエットや、大胆なコントラストカラーが印象的。実際にコレクションでもモデルが着用し

  • 【インタビュー】機械式腕時計と江戸切子の融合――時計師・牧原大造が目指す、見たことのない時計
    2018.09.14 update

    【インタビュー】機械式腕時計と江戸切子の融合――時計師・牧原大造が目指す、見たことのない時計

    独立時計師という職業をご存じでしょうか? 時計メーカーに属さず、高い技術力と既存の腕時計にないアイデアが求められ、世界に31人、日本には菊野昌宏氏と浅岡肇氏のたった2人しかいない職業です。その独立時計師を目指す新進気鋭の日本人時計師・牧原大造氏の新作「菊繋ぎ紋 桜」を9月19日(水)から1週間限定でご紹介します。それに先がけ、牧原氏に「菊繋ぎ紋 桜」の製作におけるこだわりをうかがいました。<DAIZOH MAKIHARA/ダイゾーマキハラ>ウオッチフェア□9月19日(水)~25日(火)□本館4階=

  • ブライダル担当に聞く!男が知りたい「結婚式事情」と、男目線で選ぶ結婚式場【後編】
    2018.09.13 update

    ブライダル担当に聞く!男が知りたい「結婚式事情」と、男目線で選ぶ結婚式場【後編】

    結婚にまつわるお客さまのご要望に応じて伊勢丹新宿店内の各お買い場へ繋ぐ役割を担っている「イセタン ブライド」。「結婚に関するトータルのご相談ができるサービスは他にはありません」と言うのは、式場選びのエキスパートの田村と、ウェディングプランナーの経験者でもある荒谷。そんな二人に「今の結婚式事情」にまつわる質問を前編に引き続きイセタンメンズネット(以下IMn)編集長の田代が体当たり調査!【前編】男子必見!最新ブライダル事情と、結婚が決まったらまず相談に行きたい「イセタン ブライダル」を解説?【鼎談メン

  • 【インタビュー】武藤嘉紀のパフォーマンスを上げるセットアップスーツ、アディダス×イセタンメンズの「ICON SUIT(アイコン スーツ)」第5弾
    2018.09.13 update

    【インタビュー】武藤嘉紀のパフォーマンスを上げるセットアップスーツ、アディダス×イセタンメンズの「ICON SUIT(アイコン スーツ)」第5弾

    セットアップスーツが流行している昨今、<adidas/アディダス>の「ICON SUIT(アイコンスーツ)」は、その先駆者的存在。イセタンメンズとの共同開発から誕生し、シーズンを重ねるごとに進化を遂げてきた。スーツ 37,800円、パンツ16,200円■メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル*10月6日(水)より展開予定*伊勢丹オンラインストアでは、9月19日(水)より先行受注販売を開始(10月2日(火)まで)▶ご購入はこちら最新モデルは、伸縮性・通気性に優れる<アディダス>オリジナル素材「DEL

  • 【インタビュー】鷲見太郎|"芸術家"として生まれ、"職人"として道を極めんとする孤高のデザイナー
    2018.09.12 update

    【インタビュー】鷲見太郎|"芸術家"として生まれ、"職人"として道を極めんとする孤高のデザイナー

    画家の父、ピアノ教師の母という芸術一家に生まれ、幼少の頃から感性を刺激する優れたアート作品に慣れ親しんできた鷲見太郎さん。生来のDIY精神が高じて制作したレザーバッグからスタートしたクリエーションは、年月を経て熟成を重ね、ネイティブアメリカンの技法をベースとしたジュエリーで人気を集める<Taro Washimi/タロウ ワシミ>というブランドへと昇華した。そんな鷲見太郎氏を、創造の現場であるアトリエに訪ねた。イベント情報<タロウワシミ>プロモーション□9月12日(水)~18日(火)□メンズ館1階

  • Style completed with sunglasses #7|秋冬の装いにこそプラスしたい<MONCLER/モンクレール>のサングラス
    2018.09.12 update

    Style completed with sunglasses #7|秋冬の装いにこそプラスしたい<MONCLER/モンクレール>のサングラス

    メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具へラインナップされた『サングラス』。豊富なブランドバリエーションから、スタイリストおすすめのサングラスをブランドごとに、全8回に渡って紹介。第7・8回目は、秋冬の装いにもマッチするようなサングラスを取り上げる。第7回目の今回は、オリジナリティに満ちたシェイプが特徴的で、ウィンターファッションに見事マッチする雰囲気を備えた<MONCLER/モンクレール>のサングラスが登場。第3回目で取り上げた同ブランドのサングラスとは、また一味違ったデザインを楽しんでほしい。「サングラス

  • <GREGORY./グレゴリー>|名作「デイパック」をモダンに刷新──アーバン&ファンクショナルな新レーベルをブランド担当者が解説
    2018.09.12 update

    <GREGORY./グレゴリー>|名作「デイパック」をモダンに刷新──アーバン&ファンクショナルな新レーベルをブランド担当者が解説

    2018年春夏からスタートした「グレゴリー ホワイトレーベル」。過去の名作を現代的にアップデートし、都会的で洗練されたアイテムを作り出す、新たなレーベルだ。2シーズン目となる今季は名作中の名作「デイパック」がベースとなる。海外チームと連動し企画を進めた、<GREGORY/グレゴリー>のキーマン、中島健次郎氏に、アイテムアプローチや製作の裏側などについて語ってもらった。▶伊勢丹オンラインストアで<グレゴリー>の商品一覧を見る <グレゴリー>中島健次郎氏──まずはレーベル立ち上げの経緯に

  • 装う愉しみを広げ、未来に残る"新定番"──バイヤー渾身の「メンズ館15周年」記念アイテムが続々!
    2018.09.12 update

    装う愉しみを広げ、未来に残る"新定番"──バイヤー渾身の「メンズ館15周年」記念アイテムが続々!

    男の職業や働き方、働くためのスタイルは時代とともに刻々と変化し続けるが、バイヤーの山浦は今の時代を一言で表現するなら「イージー」だという。今、ビジネススタイルも、働く人のマインドも、そして着こなしの根底にもあるのが「イージー」。スーツの足元がスニーカーになり、通勤にリュックが当たり前になったのは、まさに時代の流れの象徴だが、そうやってストレス要因を排除していくことにより、装うことの面白みが削られていくことに危惧しているともいう。メンズ館15周年を飾るシンボリックなアイテムの数々は、「これまでの15年を振り

  • メンズ館スタイリストが解説する「既製シャツ」の上手な選び方とは?
    2018.09.11 update

    メンズ館スタイリストが解説する「既製シャツ」の上手な選び方とは?

    スーツスタイルに欠かせないシャツですが、あなたはどんな基準で“似合う既製シャツ”を選んでいますか?メンズ館スタイリストの花野は、「既成でもオーダーでも、シャツ選びはサイズ感が重要です。どんなに仕立ての良いシャツでも、サイズが合っていなければその良さを実感できないからです。そのため、ネックと裄(ゆき)丈を基本に、肩幅、胸周り(身幅)、さらに着丈まで、まずご自身のサイズを正しく知ることが必要です」とコメント。「サイズが大切なのはわかっているけど、どれが似合うかわからない…

  • 藤原ヒロシとサカナクション・山口一郎が、メンズ館でショッピングデート!?
    2018.09.09 update

    藤原ヒロシとサカナクション・山口一郎が、メンズ館でショッピングデート!?

    プライベートでも親交のある音楽界の2大巨頭、藤原ヒロシとサカナクションの山口一郎が、ふたりの共演するBSフジの人気トーク番組『FUJI-YAMA MID-NIGHT-FISHING(以下FUJI-YAMA)』の企画で伊勢丹新宿店メンズ館を訪問。同館2階=インターナショナルクリエーターズ、3階=インターナショナルデザイナーズをともに練り歩き、楽しいトークを弾ませながらのお買い物デートを満喫した。ショッピングのあとは、館内の秘密のサロンにてお約束の「こたつトーク」。ファッションのこと、ショッピングのこと、そし