ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】印象が変わる1枚との出会い!この秋のネッカチーフ
    2019.10.26 update

    【特集】印象が変わる1枚との出会い!この秋のネッカチーフ

    この秋冬シーズンのコーディネートのアクセントに使用したい“ネッカチーフ”。普段見る機会も増えてきたけれど、まだチャレンジされていない方もいるのでは?1枚あるだけで、コーディネートの幅も広がり、印象も変わる。秋冬シーズンに、オススメのネッカチーフをご紹介!   <altea> ビジネスシーンでも使える ロサンジュ 1892年、イタリア・ミラノにジュゼッペ・サルトーリ氏が一軒のネクタイ店をオープンしたところから始まった<altea/アルテア>。スカーフ・ネクタイをメインに展

  • 【特集|インタビュー】新しいカッコよさとは何か。新ブランド<TEXT/テクスト>が切り拓く、ファッションの新地平
    2019.10.26 update

    【特集|インタビュー】新しいカッコよさとは何か。新ブランド<TEXT/テクスト>が切り拓く、ファッションの新地平

    日本ではいち早く”トレーサビリティ”をファッションに持ち込んだデザイナー石川俊介氏。2003年に<MARKA/マーカ>を立ち上げ、ハイエンドラインである<MARKAWARE/マーカウェア>を経て、この秋冬から第3のブランドとなる<TEXT/テクスト>を立ち上げる。これは昨今のファッションシーンで盛んに叫ばれる”サステナビリティ”を強く打ち出したブランドの先駆けとして、後年記憶されることになるであろう可能性を秘めている。今回は、10月30日(水)からメンズ館6

  • 【特集】伊勢丹メンズ館が再評価する "尾州生地" の価値とは。
    2019.10.23 update

    【特集】伊勢丹メンズ館が再評価する "尾州生地" の価値とは。

    とかくメンズファッションにおいて、イギリスやイタリアのブランドやテーラーとともに、素材=生地までが高級品として扱われることが多いものだ。そもそも洋装とは西欧生まれの服だけに、当然といえば当然で、確かにヨーロッパのそれはクオリティも高いが灯台下暗し。日本にも腕の立つテーラーは数多くいるし、生地にも上質なものがたくさんある。にも関わらず、それらが正当な評価を得ているとは言い難い。伊勢丹メンズ館は、そんな日本の「宝物」を再評価するプロジェクトを続けている。 「手の国」日本の職人たちに着目する。──本企画では日

  • 【特集】“本物志向”な大人に似合うライダースジャケット5選
    2019.10.23 update

    【特集】“本物志向”な大人に似合うライダースジャケット5選

    ハードで男らしい雰囲気が着こなしに重厚感を与え、クールな印象も手軽に演出することができるライダースジャケットは、往年の映画スターを例に出すまでもなく、今も昔も、男を格上げするアウターの筆頭だ。秋冬のアウターとして高い人気を誇り、Tシャツやカットソーなどと合わせたシンプルな着こなしから、シャツやニットと合わせたきれいめスタイルまで幅広く対応してくれるのもライダースジャケットの魅力。今シーズンは「大人が着るべきライダース」が例年以上に注目度が高いので、バイクに乗らずともオトコなら誰しも惹かれてしまうライダース

  • 【特集】伊勢丹メンズ館の「オーダーシャツ」が他とはちょっと違う理由
    2019.10.22 update

    【特集】伊勢丹メンズ館の「オーダーシャツ」が他とはちょっと違う理由

    伊勢丹新宿店メンズ館のオーダーシャツ「イセタンメンズカスタムオーダー」がこの春、大幅にリニューアルされた。衿型や生地のバリエーションの拡大はもちろんだが、最大の特徴はタブレット端末を使用した受注方法に変わり、2着目以降はお客さまが、専用サイトのマイページにアクセスすれば、WEB上からでも購入できる点にある(https://isetanmensorder.mistore.jp/shirt)。今回は、新たにリリースされた同システムの内容を公開。長年手がけてきたカスタムオーダーシャツで培ったノウハウをもとに、理

  • 【特集】贈って広がるコミュニケーション──「セレクトオーダーシャツお仕立券」がギフトに適してる理由
    2019.10.22 update

    【特集】贈って広がるコミュニケーション──「セレクトオーダーシャツお仕立券」がギフトに適してる理由

    父の日やクリスマスプレゼントをはじめ、誕生日やお祝い、お礼などのギフトとして使えて、双方に「記憶に残るプレゼント」になると好評なのが「セレクトオーダーシャツお仕立券」だ。ビジネスに適したものからカジュアルまで、お好みの生地、デザインを選んで、お仕立てていただけるシャツは、体型でお悩みの方から、本物志向の男性まで広くご満足いただけるもので、ご予算に合わせて3コースをご用意。メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイをはじめ、全国の三越伊勢丹各店舗でご利用いただける。 「セレクトオーダーシャツお仕立券」は、16,5

  • 【特集】毎日の持ち運びをもっと快適に。モバイルネイティブ必携2大ブランドの最新カジュアルバッグとは?
    2019.10.19 update

    【特集】毎日の持ち運びをもっと快適に。モバイルネイティブ必携2大ブランドの最新カジュアルバッグとは?

    ライフスタイルやワークスタイルが多様化していく中で、デジタルガジェットの発達により現代人の持ち物はいま大きく様変わりしている。例えば、ノートPCが小型タブレットになり、スマホひとつでなんでもできるペーパーレス時代、バッグも時代に合わせ、様々なガジェットに対応した機能を備えている。本企画では、日本人の感性による気の利いた使い勝手の良い2大バッグブランドをご紹介。美しく機能的な、<AS2OV/アッソブ>と<KATSUYUKIKODAMA/カツユキコダマ>にフォーカスし、「バッグ×ガジェット」という

  • 【特集|インタビュー】真の都市機能服を創出、<TEÄTORA/テアトラ>上出大輔のモノづくりの姿勢。
    2019.10.17 update

    【特集|インタビュー】真の都市機能服を創出、<TEÄTORA/テアトラ>上出大輔のモノづくりの姿勢。

    シーズンごとにコレクションを完結させるファッションブランドとは、大きくスタンスの異なるテアトラの服作り。シーズン毎で新規開発される1型ないし2型に社運をかける姿勢で望み、ひとつずつコレクションを積み上げてきた都市生活者のためのワードローブ。絶え間ない取り組みの先に、どのような未来を描いているのだろうか。 ■関連記事・【インタビュー】体温ある機能服──上出大輔が手がけるブランド<TEÄTORA/テアトラ>とは。 上出大輔 2013年に<TEÄTORA/テアトラ>をスタート。「頭脳職の

  • 【特集|インタビュー】鴨志田康人、世界的”天の邪鬼”のファッション感度
    2019.10.15 update

    【特集|インタビュー】鴨志田康人、世界的”天の邪鬼”のファッション感度

    10月16日(水)から、メンズ館5階=メンズテーラードクロージングで<Camoshita UNITED ARROWS/カモシタ ユナイテッドアローズ>のポップアップが開かれる。メンズファッションについて多少なりとも造詣があれば、鴨志田康人の名を知らない人はいないだろう。ユナイテッドアローズ(以下UA)のクリエイティブ ディレクターとして国内外の数々のメディアで取り上げられてきたのは、彼の知見の広さと深さとともに、オリジナリティ溢れるそのスタイリングの妙だ。つねにトレンドを発信する立場にもかかわらず、鴨志田

  • 【特集】男性ならば覚えておきたい“ド定番”マフラー厳選5ブランド
    2019.10.14 update

    【特集】男性ならば覚えておきたい“ド定番”マフラー厳選5ブランド

    「マフラーと言えば、あのブランド」と言うような、マフラーの定番ブランドをいくつ知っていますか?今回は、毎シーズン指名買いされるほどお客さまからの人気が高いブランドを多数揃えているメンズ館1階=シーズン雑貨・帽子から、全5ブランドをご紹介。マフラー選びに迷ったら、一度定番ブランドに立ち返ってみると、新たな良さを発見出来るかも?!   ARIANNA/アリアンナ 手織り機にしか出せない温もりと優しい風合い <アリアンナ>ストール50,600円 ( カシミヤ70%・絹30%/全長約192cm、幅

  • 必読!編集長が実際に歩いて発掘「紳士ファッション大市」攻略ガイド
    2019.10.11 update

    必読!編集長が実際に歩いて発掘「紳士ファッション大市」攻略ガイド

    いよいよ始まりました、半期に一度伊勢丹新宿店本館6階=催物場で開催される「紳士ファッション大市」。1つのフロアにビジネスシーンからカジュアルシーンまでを網羅できる、最旬アイテムが勢ぞろいしています。前回に引き続き今回も私、イセタンメンズネット編集長 田代 径大と、編集部員が本イベントに会場に潜入し、お買い求めいただきたい”マストバイ”アイテムを発掘してまいりました!編集部員とあれこれチェックして来ましたが、いや~会期中ぜひご来店いただき、手に取っていただきたいものばかりで&hell

  • 【特集】大人に相応しい「スマートウォレット」が豊作!2020年の"福"を呼び込む、定番ブランド財布12選。
    2019.10.10 update

    【特集】大人に相応しい「スマートウォレット」が豊作!2020年の"福"を呼び込む、定番ブランド財布12選。

    金運の流れを良くするカギは、真新しい財布!――近年、新しい年を迎えるときに財布を買い替えるという人が増えています。来る2020年にオススメしたい財布は、ずばり「スマートウォレット」。多少の現金とカードがあれば日々の生活ができるようになって、財布はどんどんコンパクトになり最近では「ちいさいふ」なんて呼び名で話題になっており、伊勢丹新宿店メンズ館でも機能性の高いミニマル&スモールウォレットがバリエーション豊富にラインナップ。今回は3つのテーマに分けてご紹介します。▼ Ⅰ. 毎日使うものだから、憧れブ

  • 【特集|インタビュー】21世紀の東京を代表する人気セレクトショップ『1LDK』が世の男性を惹きつける秘密とは?
    2019.10.09 update

    【特集|インタビュー】21世紀の東京を代表する人気セレクトショップ『1LDK』が世の男性を惹きつける秘密とは?

    ワーク、ミリタリー、トラッド、スポーツという伝統的なメンズウエアのスタンダードを軸としながら、「NON-DAILY LIFE IN DAILY LIFE(日常の中の非日常)」をテーマに“視点”を変えることで生まれる新たなクリエーション──すなわち21世紀におけるニュースタンダードを提案し続けるセレクトショップ、1LDK。10月16日(水)より開催されるそのポップアップストアを前に、ディレクターを務める三好 良氏にインタビュー。イベントの詳細に加え、“1LDK伝説&rdq

  • 【特集】男性用スキンケアの新定番、戸賀敬城が推奨する富士フイルム「ASTALIFT MEN(アスタリフト メン)」開発秘話
    2019.10.09 update

    【特集】男性用スキンケアの新定番、戸賀敬城が推奨する富士フイルム「ASTALIFT MEN(アスタリフト メン)」開発秘話

    2019年10月、伊勢丹メンズ館先行発売が決定。戸賀敬城さんが実際に使い、効果を実感してきたからこそ実現した富士フイルム「ASTALIFT MEN(アスタリフト メン)」の開発秘話が今明かされる。 戸賀敬城 学生時代から雑誌『Begin』(世界文化社)に携わり、1994年『Men’s Ex』(世界文化社)創刊スタッフ、2002年『Men’s Ex』編集長就任。その後、2006年『UOMO』(集英社)エディトリアル・ディレクター、2008年10代目『MEN’S CLUB』

  • 【特集】オンオフ使えるからコスパも◎!着回し力で選ぶゴルフコーディネートをファッション・ディレクター森岡弘さんが伝授
    2019.10.01 update

    【特集】オンオフ使えるからコスパも◎!着回し力で選ぶゴルフコーディネートをファッション・ディレクター森岡弘さんが伝授

    ゴルフの上手な人ほど、ゴルフウェアを着てクラブハウスには向かわないものだ。家からゴルフウェアでやってくるのはご法度であり、ロッカールームで着替えるのがマナー。ジャケット着用がマストとされるクラブハウスでは、正会員上級メンバーならタイドアップ姿が求められることもある。コースに出たら正統的な出で立ちで颯爽とスイングする姿こそシングルプレイヤーならでは。ラウンド終わりには、来たときとはまた違ったスタイルでファッションを楽しむ上級者もいる。そんなゴルフ上級者と、これから上級者を目指す人のために、「ゴルフスタイルを

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY
2020.04.02 update

MEN'S CONTEMPORARY

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】デジタル時代に温かい気持ちを伝える、英国王室御用達ブランド<SMYTHSON/スマイソン>の魅力とは。
2020.04.06 update

【特集】デジタル時代に温かい気持ちを伝える、英国王室御用達ブランド<SMYTHSON/スマイソン>の魅力とは。

私たちがいま堪能している洋服や小物の原形は、英国発祥のものが非常に多い。伝統に軸足を置きつつ、新しい変化を感じさせる、1887年創業と130年以上の歴史を持つステーショナリー&レザーグッズブランド<スマイソン>もその一つだ。 ブランドのアイコンである「紙」を通じて、デジタルな時代だからこそ際立つ、普遍的で温もりのある価値を提案する同ブランド。英国王室御用達(ロイヤル・ワラント)をエディンバラ公、エリザベス女王、チャールズ皇太子から授与される、いわゆる「3ワラントホルダー」としても有名だ。 伊勢

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の