ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】夏本番。今大人の男が選ぶべき「黒セル&ウエリントン」サングラス7選
    2019.07.09 update

    【特集】夏本番。今大人の男が選ぶべき「黒セル&ウエリントン」サングラス7選

    梅雨明けも間近で、陽差しが日増しに強くなるこれからの季節の必需品であり、夏のお洒落のキーアイテムでもあるサングラス。なかでもこの夏押さえたいのが、大人の男の定番である「黒セル・ウエリントン(=ウエリントン型のブラックカラーのセルフレーム)」だろう。クラシックシェイプ流行の火付け役ともいえるこのウエリントン型。いわゆる逆台形のシェイプであり、リム(レンズを固定する枠)の上辺のほうが下辺よりも長いのが特徴だ。   クラシックトレンドの代表格は、日本人の顔型に似合う 日本人の顔に似合うといわれ、誰もが

  • 【特集】ブームの火付け役「BOTANIZE(ボタナイズ)」横町 健が語る、塊根植物の魅力と楽しみ方。
    2019.07.03 update

    【特集】ブームの火付け役「BOTANIZE(ボタナイズ)」横町 健が語る、塊根植物の魅力と楽しみ方。

    イベント情報 「ボタナイズ」ポップアップストア □7月10日(水)~23日(火)□メンズ館6階=メンズコンテンポラリー▶イベント詳細はこちら コーデックスと呼ばれる塊根植物が盛り上がっている。元は中東やアフリカに生息する植物で、美しい花や葉が彩る一般的な観葉植物とは違い、無骨な幹や太い根を持ったユニークなフォルムが特徴だ。ファッションやカルチャー感度の高い層を中心にブームになっており、その火付け役となったエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE(ボタナイズ)」が伊勢丹新宿店に期間限定で出店。メン

  • 【特集】お悩み別!肌着バイヤーがセレクトした真夏におすすめのメンズインナー全8選
    2019.06.22 update

    【特集】お悩み別!肌着バイヤーがセレクトした真夏におすすめのメンズインナー全8選

    各所で真夏日の記録を早くも更新し、酷暑への対策を考えている方に、ぜひおすすめしたいのが「インナー(肌着)」。「シャツやトップスの下にさらに一枚着るなんて暑いのでは?!」と思われがちですが、実際はおしゃれに・涼しく・快適に過ごすためのマストアイテム。シャツやトップスをおしゃれに着こなせるデザインや、機能素材を使用し汗染みやニオイを防ぐ他、生地の痛み軽減にも繋がります。今回は、メンズ館地下1階=肌着・靴下・ナイティの担当バイヤーから、2019年の夏におすすめインナーを、「シャツに透けてしまう・汗染みになる・ニ

  • 注目すべきドイツ時計!<ラング&ハイネ><モリッツ・グロスマン>の細部にこだわり抜いたものづくりとは
    2019.06.21 update

    注目すべきドイツ時計!<ラング&ハイネ><モリッツ・グロスマン>の細部にこだわり抜いたものづくりとは

    高級腕時計と聞いてスイスを思い浮かべる方も多いと思うが、ドイツ時計も質実剛健なモノづくりで着実に力を伸ばしている。そんなドイツの時計産業の歴史と密接に結びついている場所といえば、ドイツ南東部・ザクセン州に位置する2つの地――ザクセン王国の首都として宮廷時計の伝統を持つドレスデン、そしてドレスデンから宮廷時計師が赴き時計製造が産業として発展を遂げたグラスヒュッテだろう。今回、この2つの地で生まれた<ラング&ハイネ>と<モリッツ・グロスマン>を特集。同じドイツにあるがゆえ、共通する部分もありながらも、モノづく

  • 【特集】バイヤーの溢れるTシャツ愛! これから着たい最旬Tシャツ15選
    2019.06.21 update

    【特集】バイヤーの溢れるTシャツ愛! これから着たい最旬Tシャツ15選

    「たかがTシャツ、されどTシャツ」――夏のベストな相棒となる「Tシャツ」をメンズ館バイヤーたちがピックアップ。“今のおしゃれの気分”を手軽にアピールできるTシャツは個性を表現しやすいもの。ストレートにTシャツ1枚で着るもよし、アウターとレイヤードしてセンス良く見せるのもよし、Tシャツに込められたメッセージを5人のバイヤーが自己流に解釈する。  ===== メンズ館7階&8階チーフバイヤー 柴田信友の「3枚」 「大人は黙ってポケT」――20代は身体のラインがシュッとして

  • 【特集】楽ちんに穿きこなせる大人の定番、「夏のスラックス」5選
    2019.06.19 update

    【特集】楽ちんに穿きこなせる大人の定番、「夏のスラックス」5選

    梅雨入りして気温も湿度もさらに高くなるこれからの季節。ビジネスマンは、上品に見えて、より快適に穿けるパンツを探していることだろう。今回は、軽さやストレッチ性はもちろん、防シワ、イージーケア、はっ水などの機能性を備え、ジャケットを脱いでも様になる秀逸なパンツたちが登場する。   着回し力◎の夏の「グレースラックス」に注目   大人の定番パンツであるスラックス。その魅力といえば、洗練された雰囲気から生まれるシックな佇まいだ。だからこそ、ビジネスシーンはもちろんのこと、カジュアルスタイルにシ

  • 【特集】2019年の最新メンズ水着はアウトドアからタウンまで着こなせる!
    2019.06.19 update

    【特集】2019年の最新メンズ水着はアウトドアからタウンまで着こなせる!

    ビーチやプール以外でも、フェスやキャンプなどのアウトドアからタウンユースまで、幅広いシーンで着用されるようになった「スイムウエア」。6月19日(水)より、パークシティイセタン5 2階=イセタン スポーツ ゲートにて「スイムスーツガーデン」がオープン。今回は、スイムスーツガーデンが取り扱う、機能性だけでなくデザイン性も高い水着と、メンズ館内でご紹介している街中でも着用可能なファッション性の高いデザイン、機能性や汎用性を兼ねたものまで、世界中から選りすぐった水着を一堂にご紹介する。上に合わせるTシャツや、サン

  • 時計の聖地スイスで、独自のこだわりを持つ4ブランドを厳選!スモールメゾンの魅力に迫る。
    2019.06.16 update

    時計の聖地スイスで、独自のこだわりを持つ4ブランドを厳選!スモールメゾンの魅力に迫る。

    大手グループから小規模なスモールメゾンまで、非常に多くのメーカーが存在するスイス時計産業。その作りや各メーカーのこだわりも様々だが、6月19日(水)にリフレッシュオープンする伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチでは、スイスにて活動するメーカーの中でも、特にこだわりの強いスモールメゾンが登場する。ここでは、大手メーカーとは異なる、大量生産では成し得ない仕上げやデザインのこだわりを持つ4つのメゾンをご紹介。ぜひブランドの独自性とともに、その作りにご注目頂きたい。 関連記事 ►約7

  • 【特集】シルエットと穿き心地に拘るなら、パンツ専業ブランドが間違いない。バイヤーが選ぶ珠玉のパンツ5選とは。
    2019.06.15 update

    【特集】シルエットと穿き心地に拘るなら、パンツ専業ブランドが間違いない。バイヤーが選ぶ珠玉のパンツ5選とは。

    「Pantaronaio(パンタロナイオ)」というイタリア語は、パンツ仕立て専門職人の意味。伊勢丹新宿店メンズ館では、真摯なものづくりの姿勢と、そこから生まれる繊細なシルエットや穿き心地にこだわるパンツ専業ブランドを厳選して取り扱っている。現在、多くの一流メゾンが採用しているクラシカルなディテイルも、ルーツをさかのぼれば、すべてこれらのブランドに辿り着くだろう。そのパンツの魅力は、圧倒的なシルエットの美しさと仕立ての良さに尽きるのだ。   パンツ専業ブランドが個性としてこだわるクラシックなサルト

  • 【特集】エレガントにスタイルアップする「大人の必需品」──Vol.3 夏の首元を飾る、ネッカチーフ5選
    2019.06.15 update

    【特集】エレガントにスタイルアップする「大人の必需品」──Vol.3 夏の首元を飾る、ネッカチーフ5選

    スタイリングのアクセントとして何枚か揃えておきたいストールは、毎日の着こなしから旅先での装いまで幅広く重宝する手軽な巻物。全3回に渡って紹介するストール特集第3回は、ずばり夏の首元を彩るネッカチーフだ。メンズ館では、「クールビズでネクタイを外すと首元が寂しい」と、ネッカチーフを探しに来店する男性が増えている。シーズンレスで役に立つ、このスカーフやネッカチーフだが、一枚取り入れるだけでグッと洒落感が際立つこなし技は、知っておくと非常に便利だ。この時期、ジャケットをノータイで着るのは当たり前になったが、こなれ

  • 【特集】コスパ最高、仕立てと機能の進化が詰まった「夏のブランドスーツ」7選
    2019.06.15 update

    【特集】コスパ最高、仕立てと機能の進化が詰まった「夏のブランドスーツ」7選

    梅雨時にも、盛夏にも、出張の時も、ビジネスマンの強い味方になる"夏スーツ"が好調だ。「スーツの殿堂」といっても過言ではない伊勢丹新宿店メンズ館の中でも、今年は「こだわりが詰まっている本格仕立てスーツ」と「着こなしバリエーションが広い機能スーツ」で売れ行きが2極化。"コスパ"をキーワードに、クールビズにも快適に着こなせる“万能型の夏スーツ”を厳選した。 *価格はすべて、税込みです。お問い合わせ03-3352-1111(大代表)===== スーツやセットアップを「自分のスタイルを表

  • ビンテージの意匠をこらした<アトリエ・ド・クロノメトリー>が登場!“完全受注生産”で時計づくりへの回帰を目指す
    2019.06.15 update

    ビンテージの意匠をこらした<アトリエ・ド・クロノメトリー>が登場!“完全受注生産”で時計づくりへの回帰を目指す

    時計におけるモノづくりが語られる際に、頻繁に使用される“手作り”といったキーワード。近代的な工作機械が発達した現代で、ほとんどの時計のパーツはCNC旋盤等によって自動で作られており、実際に人の手が加えられる部分は、磨きや組み立てなどの仕上げのみといった場合も数多くある。本当の手作りとは何か?その答えの一つとして、今回、本館5階=ウォッチで取扱いが始まる<アトリエ・ド・クロノメトリー>をご紹介したい。1930年代から40年代にかけての機械式時計における黄金期と考えられる時代のデザイン

  • 梅雨対策に重宝するビジネスシューズ──今選びたいのは、雨でも晴れでも履ける「全天候型」。
    2019.06.14 update

    梅雨対策に重宝するビジネスシューズ──今選びたいのは、雨でも晴れでも履ける「全天候型」。

    「雨の日こそ拘りたい」――今、お客さまからそんな声が高まっている。傘やコートなど雨の日グッズが機能的に進化しているのと同じく、雨の日に履けて、晴れの日も履く、晴雨兼用、いわゆる「全天候型」のドレスシューズがアツい。今シーズンは特にクラシック系のインポートブランドを強化し、雨の日用途+自分らしいスタイルに合う革靴が必ず見つかるだろう。 左から、メンズ館地下1階チーフバイヤーの福田、紳士靴担当バイヤーの田畑、同アシスタントバイヤーの谷口、ISETAN MEN'S net編集長の田代 関連記事▶群雄割拠の「レイ

  • 【特集】古き良き美徳から生まれた、「JOJO(ジョジョ)」という名のサンダルの秘密とは。
    2019.06.11 update

    【特集】古き良き美徳から生まれた、「JOJO(ジョジョ)」という名のサンダルの秘密とは。

    京都・祇園、世界遺産に指定される建仁寺にほど近い場所にて140年以上に渡り履物店を営む「祇園ない藤」といえば、すべてをお誂えで作る草履が思い浮かぶだろう。しかし今、ファッションの世界では、老舗ながらも気鋭な存在として名を馳せる一風変わった履物店として注目を浴びている。その正体は、"JOJO(ジョジョ)"。草履本来の美しく放物線を描く花緒や普遍的な機能性と構造美を新たなサンダルのカタチとして描き直したのだ。5月中旬、筆者は、京都市の歴史的意匠建造物にしてされ、創業時と変わらぬ姿を残すお店を訪ね、JOJOの発

  • イタリアンテーラー<BRIONI/ブリオーニ>専属テーラーが語る、至高のテーラーリング
    2019.06.11 update

    イタリアンテーラー<BRIONI/ブリオーニ>専属テーラーが語る、至高のテーラーリング

    プレタポルテからオーダーまで,世界最高峰のイタリアンハンドテーラリングの技術を有するメンズウエア クチュールメゾン<BRIONI/ブリオーニ>。熟練職人により220もの工程を経て仕立てられるスーツは、世界中のセレブリティに愛され続ける。 <ブリオーニ>テーラー難波 賢 なんばかたし●1996年より銀座にある老舗テーラーにて7年間フルオーダーの補正からカッティング、縫製までを行う。2006年よりブリオーニ銀座店のテーラーとなり、補正の提案からVIPの対応までを行う。2017年10月より百貨店初のブランド専属

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

SUPER MEN'S
2020.01.20 update

SUPER MEN'S

メンズ館7階=背の高い方&大きいサイズのスーパーメンズのイベント情報やおすすめ商品、コーディネート、人気の連載企画【「着られる服がない」をバイヤーが解決!】シリーズ、バーゲン情報など随時更新していきます!

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【インタビュー】シューズデザイナー広本 敦が、気がついたら毎日履いていた全天候型スニーカー
2020.01.20 update

【インタビュー】シューズデザイナー広本 敦が、気がついたら毎日履いていた全天候型スニーカー

東京発のフットウエアブランド<YOAK/ヨーク>のポップアップが、1月22日(水)からメンズ館1階=紳士靴でスタート。ISETAN MEN'S netでは、毎シーズン恒例となったデザイナーの広本 敦氏へのインタビューを実施。広本氏が自身の旅からインスピレーションを受けて開発した新モデルや今シーズンの話を伺った。 アメリカを旅して生まれた、出張・旅行・遊びまでカバーする新作モデル 広本氏がアメリカ・サンフランシスコからポートランド、カナダのバンクーバーまで旅をして生まれたのが、待望の新作"JOURNEY"だ

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の