ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】いま大人の男が求める筆頭アウターは、<Barbour/バブアー>の「ビデイル」だ
    1
    2020.03.31 update

    【特集】いま大人の男が求める筆頭アウターは、<Barbour/バブアー>の「ビデイル」だ

    <バブアー>のワックスクロスジャケットは、ついつい着たくなる、定番ならではのエターナルな魅力に溢れている。着こなしを選ばずオンオフ使えるちょうどいい着丈やデザイン、英国のロイヤルワラントブランドながら4万円台で買えるコストパフォーマンスや、メンテナンス次第で一生付き合える耐久性。そして、男心をくすぐる歴史的背景など人によって感じる魅力もさまざまだ。 今回は、同ブランドを代表するモデル「ビデイル」にフォーカス。いま大人の男性に求められている理由を 伊勢丹メンズ館バイヤーに聞いた。 気づいたら

  • 今シーズンのボトムスは、NEWなデニム&カーゴパンツが最旬
    2
    2020.03.30 update

    今シーズンのボトムスは、NEWなデニム&カーゴパンツが最旬

    昨今メンズのスタイルは、パンツが左右している。ノープリーツパンツからプリーツ入りへ、スリムテーパードからワイドストレートへトレンドは目まぐるしく移り変わっている。では、最新の今季注目のパンツはなにかといえば、デニム&カーゴだ。ここしばらくビッグトレンドに挙がらなかった2大定番だが、この春は本格的に流行しそうだ。 カジュアル感を上品にアレンジするフレンチデニム <インコテックス>や、今季リブランドされた<PTトリノ>などイタリアのパンツ専業ブランドもデニムに力を入れているが、伊勢丹メンズ館は新

  • アインシュタインが愛用した<Levi’s®/リーバイス>メンロ コサックジャケット第2弾の再販が決定!
    3
    2020.03.30 update

    アインシュタインが愛用した<Levi’s®/リーバイス>メンロ コサックジャケット第2弾の再販が決定!

    営業時間変更のお知らせ かのアインシュタインが愛用したことで知られる「Levi’s®メンロ コサックジャケット」の再現モデル第2弾として、今年1月に発売し、即日完売した同モデルが再入荷。4月1日(水)より、伊勢丹オンラインストアにて発売を開始する。 レザージャケット 165,000円 商品を見る *こちらの商品は完売いたしました。 *伊勢丹オンラインストアにて、4月1日(水)午前10時より表示・発売開始 アルバート・アインシュタインが1930年代から長年着用していた、<リーバイス®>

  • <SPINGLE MOVE/スピングルムーヴ>|ドレススタイルにはまる、注目の新作スニーカーが登場!
    4
    2020.03.31 update

    <SPINGLE MOVE/スピングルムーヴ>|ドレススタイルにはまる、注目の新作スニーカーが登場!

    営業時間変更のお知らせ 職人が作るハンドメイドスニーカー<スピングルムーヴ>から、「ミニマルラグジュアリースタイル」をテーマにしたニューモデルが登場。4月1日(水)からメンズ館地下1階=紳士靴にて開催する<スピングルムーヴ>フェアにてご紹介する。 <スピングルムーヴ>スニーカー 「SPM-391(レースタイプ)」各24,200円 「SPM-392(スリッポンタイプ)」各23,100円 <スピングルムーヴ>の母体である「スピングルカンパニー」は、手間暇のかかる“バルカナイズ製法”に真摯に取り組

  • テーラード型に限らない、ユーティリティなセットアップスーツたち
    5
    2020.04.01 update

    テーラード型に限らない、ユーティリティなセットアップスーツたち

    はじまりは日本のスーツメーカーの発案だった「洗える」「撥水」機能や、「伸縮性」ある化学繊維を使った「パッカブル」「シワに強い」という機能性素材のスーツが、いま海外ブランドにも浸透しつつある。背景には国内でノーネクタイを推奨する企業が増えたことと、世界的なビジネススタイルのカジュアル化が後押ししていそうだ。日本のお家芸だったはずの「機能性スーツ」は、いまやスーツの本場・イタリアでも新たなカテゴリーとして認識されているのである。 <タリアトーレ>は芯地を省いた仕立ての「DAKAR」と、ウェストシャーリン

  • 【特集】街からアウトドアまで万能な<ASPESI/アスペジ>のミリタリージャケットが愛され続ける理由
    6
    2020.04.02 update

    【特集】街からアウトドアまで万能な<ASPESI/アスペジ>のミリタリージャケットが愛され続ける理由

    男のクローゼットに必然のように存在し、長く着ていくことを楽しむ──アウトドアウエアやミリタリーウエアが持つ機能性をタウンユースに落とし込んだ先駆者的存在である<ASPESI/アスペジ>もそんなブランドの一つだ。今回は、大人の日常着に欠かせない存在として君臨する大定番モデル「M-65」などタイムレスな名作を次々と生み出す<アスペジ>の魅力を伊勢丹メンズ館バイヤーに訊いた。 井波 亮 メンズ館7階=メンズオーセンティック バイヤー ジャケット以上、コート未満のシティジャケット 創業者のアル

  • 職人の技と選び抜かれた素材によって本物を追求した<GANZO/ガンゾ>。「日本の革文化」をテーマにメンズ館1階でプロモーション開催!
    7
    2020.04.03 update

    職人の技と選び抜かれた素材によって本物を追求した<GANZO/ガンゾ>。「日本の革文化」をテーマにメンズ館1階でプロモーション開催!

    営業時間変更のお知らせ 職人の技と選び抜かれた素材によって、本物を追求したレザーグッズ<GANZO/ガンゾ>。4月8日(水)からメンズ館1階=レザーグッズにてプロモーションを開催。キャッシュレス化が進んでいる昨今、ミニウォレットの中でも重宝されているマネークリップをクローズアップするとともに、先行販売されるアイテムもお目見えする。 <ガンゾ>は、素材選びからなめし、革の裁断・漉き・縫製、そして磨きといった工程に至るまで、いっさい妥協することなく本物を追求したハイエンドライン。日本の文化と

  • 待望のコスメカタログが発刊!創刊に合わせてプレゼントキャンペーンも実施
    8
    2020.03.25 update

    待望のコスメカタログが発刊!創刊に合わせてプレゼントキャンペーンも実施

    2019年3月に、お客さまご自身で自由に商品をお試しただけるトライアルコーナーを導入し、パワーアップしたコスメティクスコーナー。待望のメンズコスメティクス&フレグランスのカタログが、発刊となる。 今回のカタログ制作にあたり、担当の山崎アシスタントバイヤーは、「自分に合うスキンケアアイテムと出会ってほしい」という思いから、売場の商品やブランドを一望できる「メンズコスメ図鑑」を目指し、カタログ制作に励んだ。 メンズコスメの情報量も増えてきている一方で、まだまだスキンケアについて悩まれている方も多い。実

  • 【特集】<REGAL/リーガル>から<JOHN LOBB/ジョンロブ>まで、春の革靴は断然「ローファー」が良い
    9
    2020.03.25 update

    【特集】<REGAL/リーガル>から<JOHN LOBB/ジョンロブ>まで、春の革靴は断然「ローファー」が良い

    2020年春夏シーズンも「ローファー」は足元の主役 長らく続いたスニーカートレンドのカウンターとして、伊勢丹メンズ館が猛プッシュする「ローファー」は、古きよきクラシックモデルから、色とりどりのカーフやソフトなコンストラクション、あるいは軽快なソールに置き換えたシューズ群など、どれも普遍的でありながらも瑞々しい魅力に溢れている。 今回ピックアップしたのは、「もの作りに対する真摯な姿勢と品質に対するこだわりの強さ、クオリティの追求、伝統に甘んじることなく時代に合った新しいものへのチャレンジ」す

  • 【特集】ビジネスシーンに使える!"今どきスーツ"に似合う「白Tシャツ」5選
    10
    2020.03.27 update

    【特集】ビジネスシーンに使える!"今どきスーツ"に似合う「白Tシャツ」5選

    ジャケットのインナーとして使えるのは、断然「白T」 ビジネススタイルの多様化が進んで、ネクタイ着用が求められない職場が増え、足元もスニーカーを推奨する企業も増えている。そういう変化を背景に、カジュアルに着用できるセットアップが春夏のワードローブの主役に躍り出ているのは周知の通り。スタイリングはTシャツをインナーにして、ストレッチやジャージー素材など、旬の機能性素材を使ったスーツとセットアップ感覚で着るのが定番になってきている。 旬の機能性素材を使ったセットアップスーツには、ドレスシャツ

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY
2020.04.02 update

MEN'S CONTEMPORARY

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】デジタル時代に温かい気持ちを伝える、英国王室御用達ブランド<SMYTHSON/スマイソン>の魅力とは。
2020.04.06 update

【特集】デジタル時代に温かい気持ちを伝える、英国王室御用達ブランド<SMYTHSON/スマイソン>の魅力とは。

私たちがいま堪能している洋服や小物の原形は、英国発祥のものが非常に多い。伝統に軸足を置きつつ、新しい変化を感じさせる、1887年創業と130年以上の歴史を持つステーショナリー&レザーグッズブランド<スマイソン>もその一つだ。 ブランドのアイコンである「紙」を通じて、デジタルな時代だからこそ際立つ、普遍的で温もりのある価値を提案する同ブランド。英国王室御用達(ロイヤル・ワラント)をエディンバラ公、エリザベス女王、チャールズ皇太子から授与される、いわゆる「3ワラントホルダー」としても有名だ。 伊勢

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の