ページトップへ
CLOSE
  • 名靴を愉しむ #1──<EDWARD GREEN/エドワード グリーン>の知っておきたい豆知識と押さえておきたい上位5モデル
    21
    2017.06.07 update

    名靴を愉しむ #1──<EDWARD GREEN/エドワード グリーン>の知っておきたい豆知識と押さえておきたい上位5モデル

    伊勢丹オンラインストアについに英国靴を代表する名門<EDWARD GREEN/エドワードグリーン>が登場。販売第一弾は、メンズ館地下1階=紳士靴で常に人気が高く実績のある定番の5モデルをラインナップ。堅牢な作りで、しっかりしたフィッティングを味わえる“実用性を兼ね備えたハイエンドな靴”が、24時間いつでも購入可能だ。 伊勢丹オンラインストアで<エドワードグリーン>の商品一覧を見る 良い靴を長く履きつづけるために、まず「サイズ」と「ウィズ」を知る働き盛りのビジネスマ

  • <PROTECA/プロテカ>|贅を尽くした傑作スーツケース「ジーニオセンチュリー」で優雅な旅へ!期間限定でオーダー会も実施
    22
    2019.01.21 update

    <PROTECA/プロテカ>|贅を尽くした傑作スーツケース「ジーニオセンチュリー」で優雅な旅へ!期間限定でオーダー会も実施

    1月23日(水)から、本館地下1階=旅行鞄では、国内唯一のスーツケース工場、北海道・赤平工場の徹底した品質管理の下で製造され”究極の国産ラゲージ”とも称されている<プロテカ>のスーツケース、その最高級モデルとなる「ジーニオセンチュリー」シリーズをご紹介します。左「ジーニオセンチュリーS」216,000円(69×46×26cm・5.6kg・60L)/226,800円(76×54×27cm・5.8kg・85L)右「ジーニオセンチュリー

  • 【2019年春夏速報①】イセタンメンズで2シーズン目を迎えた、サルトリア・ナポレターノの至宝服
    23
    2019.01.09 update

    【2019年春夏速報①】イセタンメンズで2シーズン目を迎えた、サルトリア・ナポレターノの至宝服

    この春のリニューアルを間近に控えた伊勢丹メンズ館。国内外からバイイングされたブランド&アイテムには、時代を映し出すエレメントが巧みに散りばめられていた。それはライフスタイルの多様化にともなって変化していく最新のデザイン&スタイルと、いつの時代も変わらぬ普遍の価値をもつクラシック。一見相反するようにさえ思えるコレクションだが、イセタンメンズというフィルターによって、リアルなメンズファッションの輪郭が鮮明に描き出される。▶2019年春夏展示会速報!記事一覧はこちら <アントニオ パニコ>スー

  • <Brioni/ブリオーニ>|サルトリアのDNAに裏打ちされている最新コレクションとデニムオーダーを愉しむ
    24
    2019.01.18 update

    <Brioni/ブリオーニ>|サルトリアのDNAに裏打ちされている最新コレクションとデニムオーダーを愉しむ

    メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーのリニューアルに伴い、メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス/チャーリーバイスにて、<Brioni/ブリオーニ>が期間限定ポップアップストアをオープン。2月5日(火)まで、2019年春夏コレクションの新作をはじめ、約3年ぶりとなるデニムMTO(メジャー・トゥ・ オーダー)のイベントも開催する。「21世紀に生きる審美眼のあるメンズ」がテーマのワードローブ <ブリオーニ>2019年春夏コレクションは、1945年から培われてきたサルトリアの伝統から

  • <FUJITAKA/フジタカ>×<KYOTO Leather/京都レザー>|日本の伝統と現代の感性が融合したモダンで美しいレザーグッズ
    25
    2018.12.21 update

    <FUJITAKA/フジタカ>×<KYOTO Leather/京都レザー>|日本の伝統と現代の感性が融合したモダンで美しいレザーグッズ

    日本の伝統技術を大切に継承してきた2ブランドの競演!12月26日(水)から、メンズ館地下1階=紳士鞄では、<フジタカ>と<京都レザー>のコラボレーションによって生まれた新作レザーグッズをご紹介するほか、<京都レザー>を用いたバッグのパターンオーダーも承ります。ブリーフバッグ 291,600円日本の伝統工芸の技法を用いたレザーを製造し、新しい皮革素材ブランドを諸工芸と共に創造している<京都レザー>。そして、大切に伝承されてきた日本の職人技術と現代を意識したデザイナーの感性を融合させたブランド<フジタカ>

  • NEW MATES──装いに、変化と進化を|#29 ミレニアルズをリードする、真の実力派
    26
    2019.01.22 update

    NEW MATES──装いに、変化と進化を|#29 ミレニアルズをリードする、真の実力派

    リニューアルを間近に控えた伊勢丹メンズ館に、今春初登場する新ブランドが続々登場。どのコレクションにも最新のデザインワークが施されると共に時代を映し出すエレメントが巧みに散りばめられ、そこに普遍の魅力と価値が息づいている。メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズでは、トレンドやスタイルの背景にある“カルチャー”にフォーカス。長野を拠点とする新進気鋭の若きデザイナーが手がける次世代ブランド、<amachi./アマチ>の取り扱いを開始する。<アマチ>シャツ49,680円、Tシャ

  • 新たな年の“仕事の相棒”に!スタイリストが厳選するクオーツウオッチ4選
    27
    2019.01.09 update

    新たな年の“仕事の相棒”に!スタイリストが厳選するクオーツウオッチ4選

    2019年が幕を明け、新年に合わせて“身の回りや身に着けるモノを新しくする”という方も多いのではないだろうか。気持ちも新たに迎えた仕事始め。「今年は一層仕事に打ち込むぞ」とやる気に満ちたビジネスマンなら、毎日を共にする腕時計を一新してみるのはいかがだろう。今回、本館4階=ジュエリー&ウォッチから、スタイリストに聞いたおすすめクオーツウオッチ4選をご紹介。機能も見た目も申し分ない新たな相棒とともに、これからの一年が飛躍的な年となるよう願いを込めて。►時計に関する記事一覧はこちら

  • 新年明けましておめでとうございます!
    28
    2019.01.18 update

    新年明けましておめでとうございます!

    一年の計は元旦にあり。オーセンティックウェアのバイヤー柴田です。今年は筆不精解消を目指すべく、目指せ週一更新!!(笑)今年もメンズ館7階=オーセンティックウェアをどうぞよろしくお願いします。▶過去のブログ『徒然なるモノ語り』はこちらから自分の師匠とも言える方のお言葉「Fashion is a Passion」。やっぱり楽しまないと、何も始まらない気がして(笑)さらに2019年春夏の新作商品も随時入荷が始まりました。写真は<KENNETH FIELD/ケネスフィールド>の新作をチラ見せ

  • 【第1回】柴田信友バイヤーが語る「バラクータ G9」という傑作アウター
    29
    2016.03.23 update

    【第1回】柴田信友バイヤーが語る「バラクータ G9」という傑作アウター

    「自分が20代のころは、正直、バラクータG9(ジーナイン)はオヤジのイメージが強かったんですが(笑)、自分が歳を取って初めて必要だなと強く思いました」というのは、メンズ館7階=オーセンティックカジュアル担当のバイヤー柴田信友、39歳。「僕の歳でやっとちょっとわかった気がしました」という男が着るべき定番品の第1回は、メンズ館7階を代表するシンボリックなアイテム<バラクータ>G9です。関連記事バイヤーが語る、特集「オトコの服は語ってなんぼ」バラクータG9の本当の魅力がわかるとき最近、部下によく「男が持つべ

  • 贈って広がるコミュニケーション──「セレクトオーダーシャツお仕立券」が父の日ギフトに適してる理由
    30
    2017.06.06 update

    贈って広がるコミュニケーション──「セレクトオーダーシャツお仕立券」が父の日ギフトに適してる理由

    6月18日(日)に迫った父の日のプレゼント、まだお悩みですか?誕生日やお祝い、お礼などのギフトとして使えて、双方に「記憶に残るプレゼント」になると好評なのが「セレクトオーダーシャツお仕立券」だ。ビジネスに適したものからカジュアルまで、お好みの生地、デザインを選んで、お仕立てていただけるシャツは、体型でお悩みの方から、本物志向の男性まで広くご満足いただけるもので、ご予算に合わせて3コースをご用意。メンズ館5階=オーダーシャツをはじめ、全国の三越伊勢丹各店舗でご利用いただける。「セレクトオーダーシャツお仕立