ページトップへ
CLOSE
  • ビジネスシューズは"平日5日間を3足でローテーション"すべき!──バイヤーが選ぶ、揃えておくべき「鉄板の3足」とは?
    2018.12.15 update

    ビジネスシューズは"平日5日間を3足でローテーション"すべき!──バイヤーが選ぶ、揃えておくべき「鉄板の3足」とは?

    ビジネスマンの1週間に、なぜ3足必要なのか?「靴を休ませる」ことはシューケアへの第一歩。長く履き続けるためには必要なことだ。それに、足は思った以上に汗をかくから、しっかり乾燥させて履くために「中1日」は休ませたいところ。会議や外回り、打ち合わせと、働く男たちがさまざまなシーンでの履き分けができるよう珠玉の3足を提案、これさえあれば安心のラインナップだ。紹介するのは、メンズ館地下1階=紳士靴担当バイヤーの福田隆史、同アシスタントバイヤー宮下創太、そしてイセタンメンズネット編集長の田代径大。「装いとシーンの

  • 【特集】神戸のつくり手たち Vol.3<Bellago/ベラーゴ>|心に響くモノづくり──<べラーゴ>が生み出す美しい"佇まい"とは
    2018.12.15 update

    【特集】神戸のつくり手たち Vol.3<Bellago/ベラーゴ>|心に響くモノづくり──<べラーゴ>が生み出す美しい"佇まい"とは

    街を愛し、モノ作りに情熱を注ぎ込む──横浜と並び、世界に開かれた港町としていち早く栄え、独自の文化を育んできた神戸。震災から立ち上がったこの街で、モノ作りに励む3組のクリエーターを訪ねた。関連記事▶大人が選ぶべき10ブランドを厳選──“ボーナス買い”の大本命は、使い勝手満点の「ミニ財布」と「ミニ鞄」 継続することで生まれた強い覚悟<Bellago/ベラーゴ>のデザイナー兼職人である牛尾 龍が、「自分の手が届く範囲でモノ作りを完結させたい」と、15年前にショッ

  • ナイロン×レザーの傑作ブリーフケースでお馴染み、45年目を迎えた<Felisi/フェリージ>の変わらないこと
    2018.12.15 update

    ナイロン×レザーの傑作ブリーフケースでお馴染み、45年目を迎えた<Felisi/フェリージ>の変わらないこと

    この冬、<Felisi/フェリージ>の定番ブリーフケースにイセタンメンズ別注モデルが登場した。こう書いただけで、勘のいい人なら、あぁ、あのモデルだなと見当がつくはず。それほどまでに「8637/2」は、<フェリージ>を代表するモデルだからだ。関連記事▶大人が選ぶべき10ブランドを厳選──“ボーナス買い”の大本命は、使い勝手満点の「ミニ財布」と「ミニ鞄」ブリーフケース「8637/2」71,280円ご購入はこちらシルキーなタッチに上品な光沢を湛えるナイロンボディに、トスカーナ

  • 大人が選ぶべき10ブランドを厳選──“ボーナス買い”の大本命は、使い勝手満点の「ミニ財布」と「ミニ鞄」
    2018.12.14 update

    大人が選ぶべき10ブランドを厳選──“ボーナス買い”の大本命は、使い勝手満点の「ミニ財布」と「ミニ鞄」

    最近、身近な人の財布やバッグがどんどん小さくなっていると思いませんか? ICカードでの決済やPayPayのようなスマホアプリ決済も普及しだして、財布やバッグの中身もスマート化しているのを実感するが、そんな時代背景から注目されているのが"ミニ財布"&"ミニ鞄"。薄仕立てながら機能をしっかり搭載したミニ財布や、ちょっとした外出のときにスマホや財布が収納できるマルチユース型のミニ鞄を伊勢丹メンズが厳選。ラグジュアリーメゾンから実力派ファクトリーブランドがこぞって展開するニュースタンダードを提案する。&nbs

  • INTERVIEW to Shoeshiner Vol.2 石見豪(第1回靴磨き日本選手権チャンピオン)|関西のシューシャイナーの雄、「THE WAY THINGS GO」が伊勢丹メンズに
    2018.12.14 update

    INTERVIEW to Shoeshiner Vol.2 石見豪(第1回靴磨き日本選手権チャンピオン)|関西のシューシャイナーの雄、「THE WAY THINGS GO」が伊勢丹メンズに

    2018年1月に銀座三越で開催された靴磨き日本選手権大会。その初代チャンピオンに輝き、自他ともに認めるシューシャイナーにのぼりつめた石見豪のポップアップイベントが12月15日(土)、16日(日)の両日にわたって行われる。イベント情報シューシャイン・キャラバン Vol.2第1回靴磨き日本選手権チャンピオン、「THE WAY THINGS GO」の石見豪氏が来店!□12月15日(土)・16日(日)各日11時~7時□メンズ館地下1階=紳士靴「THE WAY THINGS GO」を主宰する靴磨き

  • “痛勤を快勤に"──満員電車も楽ラク「ビジネスリュック」3選
    2018.12.14 update

    “痛勤を快勤に"──満員電車も楽ラク「ビジネスリュック」3選

    仕事用のバッグがビジネスバッグと呼ばれているように、"背負える、手提げで持てる、斜めがけで移動できる"という通勤を快適にする多機能リュックを「ビジネスリュック」と呼ぶ時代が到来した。メンズ館地下1階=紳士鞄担当スタイリストが選んだ、スーツやジャケパンスタイルにもフィットするデザインやカラーでありながら、満員電車の中での“前に抱える”マナーにも適したリュックとは。メンズ館地下1階=紳士鞄を担当するスタイリストの加藤雄平“背負える”メリットを最大限に発揮ノ

  • 【インタビュー】ユニセックスで楽しく使える“ヘルスコンシャス”な新スキンケアブランド<DAMDAM/ダムダム>登場
    2018.12.12 update

    【インタビュー】ユニセックスで楽しく使える“ヘルスコンシャス”な新スキンケアブランド<DAMDAM/ダムダム>登場

    メンズ館初登場のスキンケアブランドが発するメッセージは「GOOD SKIN FOR EVERYONE(みんなのためのいい肌)」――フィリピン語で「感覚、センセーション、意識」という意味を持つ新ブランド<DAMDAM/ダムダム>がメンズ館1階=メンズアクセサリー/コスメティックで、12月25日(火)までポップアップを開催し、伊勢丹オンラインストアでのお取り扱いをスタート。ユニセックスで使えるユニークなアプローチのスキンケア製品について、ブランドの共同創業者であるジゼル・ゴーさんとフィリップ・テリアンさんにお

  • もらったら嬉しい!<ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン>のクリスマス限定アレンジメント
    2018.12.11 update

    もらったら嬉しい!<ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン>のクリスマス限定アレンジメント

    クリスマスにもらったら嬉しい定番ギフトの一つ、“フラワーギフト”。メンズ館8階にある<ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン>のフラワーボックスは、持ち運びやすく、そのまま飾れるので、ご自宅用としてはもちろん、贈りものにもおすすめです。今回は、クリスマス気分を盛り上げる人気のクリスマス限定フラワーアレンジメントをご紹介します。「フレッシュフラワーボックス(クリスマス)」4,860円*三越伊勢丹限定「プリザーブドフラワーボックス(クリスマス)」10,260円*三越

  • INTERVIEW to Shoeshiner Vol.1 ジョン・チョン(靴磨き世界チャンピオン)|一つのスタイルに固執しない、ただ目の前のお客さまと向き合う愚直な姿勢
    2018.12.11 update

    INTERVIEW to Shoeshiner Vol.1 ジョン・チョン(靴磨き世界チャンピオン)|一つのスタイルに固執しない、ただ目の前のお客さまと向き合う愚直な姿勢

    世界最大の屋上プール、インフィニティ プールや受賞歴のあるレストラン、さまざまなショッピングやエンターテイメントで知られる、シンガポールを象徴する5つ星ホテル『マリーナベイ・サンズ』。ここで靴磨きを生業としていた若干26歳の青年が、今年4月、イギリス・ロンドンで開催された『World Shoe Shine Championship 2018』を制した。その名は、ジョン・チョン(John Chung)。ファッションに興味を持ち始めて6年、靴磨きのキャリアは4年という新鋭だ。靴磨きとの出会いは突然に&hel

  • 【特集】今、着たいニット 特別編|次世代に繋げたい<ザ・イノウエ・ブラザーズ>の “意味のある”超稀少ニット
    2018.12.11 update

    【特集】今、着たいニット 特別編|次世代に繋げたい<ザ・イノウエ・ブラザーズ>の “意味のある”超稀少ニット

    スタイリッシュに着こなせる、贅沢な素材使い、職人の手仕事を堪能できるニットなど、メンズ館から選りすぐりブランドごとにご紹介する特集「今、着たいニット」。今シーズン、最新作の“インペリアルアルパカ”を使ったニットを初披露した<The Inoue Brothers/ザ・イノウエ・ブラザーズ>。「メンズ館での取り扱い4回目にして、リピーターがかなり増えています」と言うのは、メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスのバイヤー岡田だ。今回、イセタンメンズでしか購入できないことに加え、製品の裏

  • おしゃれを嗜み、仕事ができる男たちに愛される“上質素材”を使ったコート5選
    2018.12.10 update

    おしゃれを嗜み、仕事ができる男たちに愛される“上質素材”を使ったコート5選

    カシミヤをはじめとした上質素材の魅力は、なんといっても「温かくて、軽く、上質感が伝わってくるルックス」―――。メンズ館5階=ビジネスクロージングのアシスタントバイヤー今泉は、「特にカシミヤはクルマに例えると“高級セダン”のような素材で、着用したときの温かさはもちろん、どこに出ても恥ずかしくない安心感と信頼感をもつコートです」と推奨します。今回は、カシミヤ中心とした上質素材を使用したコートをモデルごとにピックアップ。ジェントルマンに相応しい装いを叶える「チェスターフィールド」と、ビジ

  • <malo/マロ>|"極上カシミヤ"に代表格、真の贅沢を味わえる至高のニットウェア
    2018.12.08 update

    <malo/マロ>|"極上カシミヤ"に代表格、真の贅沢を味わえる至高のニットウェア

    カシミヤニットといえばスコットランド製の商品が主流だった1970年代当時に、斬新なデザインやカラーでスタイリッシュな"メイド・イン・イタリー"を打ち出し、現在ではカシミヤニットの代名詞とまでいわれるブランドとなった<malo/マロ>。今季のコレクションでは、モンゴル産ホワイトカシミヤを贅沢に使用したニットアイテムが豊富にラインナップするなど、冬の装いを上品に仕上げる逸品の数々がお目見えした。(左から)ニットキャップ 各31,320円 ご購入はこちらクルーネックセーター 96,120円&nbs

  • ラグジュアリーメゾンが仕立てる、“三者三様"のフォーマルルックへの拘り
    2018.12.06 update

    ラグジュアリーメゾンが仕立てる、“三者三様"のフォーマルルックへの拘り

    どうせ着るなら世界中どこでも通用する王道ブランドを――12月といえばパーティーなど何かとお誘いの多い時期。今回は、世界のメンズファッションをリードする3大メゾンがパーティースタイルを提案。ルールに則った正統派から、遊び心を加えた個性派まで、TPOに応じて“刺さるドレスアップ”は、男の格を上げる武器になる。 =====<ブリオーニ>スーツ 977,400円、シャツ 154,400円、ボウタイ 19,440円、カマーバンド 64,800円クラシックモダンが香る

  • ネクタイをしないネクタイ名人に訊く、逆境に咲く珠玉のタイブランド<フランコスパダ>の拘り。
    2018.12.05 update

    ネクタイをしないネクタイ名人に訊く、逆境に咲く珠玉のタイブランド<フランコスパダ>の拘り。

    永島服飾は日本を代表するネクタイメーカーだ。創業は1947年、戦後間もない日本の復興期にファッションという言葉すらまだなかった時代に、プリントタイの製造を開始したのは創業者の永島武雄氏である。その奮闘の姿は書籍『帰還 ダモイ 酷寒のシベリアを勝ち上がったのは「まぬけ」と呼ばれた男だった』(日経BP)に詳しい。創業者の意志を継ぐ現在の永島服飾が展開する新作ネクタイについて、クリエイティブ・ディレクターの木梨修一さんに話を伺う機会を得た。関連記事►Masterpiece Makers──名品の担い手|【野

  • イセタンコスメンズ #16|メンズコスメ人気ブランドの「クリスマスコフレ」を徹底調査!
    2018.12.05 update

    イセタンコスメンズ #16|メンズコスメ人気ブランドの「クリスマスコフレ」を徹底調査!

    イセタンメンズネット編集部が、毎回旬なコスメアイテムをご紹介していく「#イセタンコスメンズ」。平成最後のクリスマスまで残り一か月を切りましたが、限定ギフトパッケージの「クリスマスコフレ(限定ボックス)」はもうチェックしましたか?ミニサイズのアイテムがセットになったものや、この時期でしか出会えない限定アイテムまで目白押しです。今回、「#イセタンコスメンズ」では、完売必至のクリスマスコフレをブランド別にご紹介。贈るもよし、自分へのご褒美にも、ぜひお選びください。#イセタンコスメンズ 過去の記事はこちらから