ページトップへ
CLOSE
  • 【連載】帽子デザイナーインタビュー②<コウジヤマニシ>デザイナー Koji yamanishi|心で感じたメッセージを「ゆりかご」という名の帽子に乗せて届けたい
    2018.10.19 update

    【連載】帽子デザイナーインタビュー②<コウジヤマニシ>デザイナー Koji yamanishi|心で感じたメッセージを「ゆりかご」という名の帽子に乗せて届けたい

    メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具では、10月下旬から帽子の新作プロモーションやオーダー会が目白押しです。どのブランドも、デザイナーの意匠を感じられるものが揃っています。今回イセタンメンズネットでは全6回に渡り、10月・11月に行われる帽子ブランドの各デザイナーにインタビューを実施。第2回目は<コウジヤマニシ>デザイナー Koji yamanishi 氏のインタビューをお届けします。作り手の”想い”に触れて、帽子を被る。そんなきっかけとなる連載をお楽しみください。【連載】帽子デザ

  • <ARIAT Two 24/トゥー トゥエンティーフォー バイ アリアット>|機能と品質が高次元で融合──乗馬靴世界トップシェアを誇る名門による現代のアメリカ靴
    2018.10.19 update

    <ARIAT Two 24/トゥー トゥエンティーフォー バイ アリアット>|機能と品質が高次元で融合──乗馬靴世界トップシェアを誇る名門による現代のアメリカ靴

    乗馬用品において世界一のシェアを誇る、知る人ぞ知るアメリカンブランド<ARIAT/アリアット>。そのライフスタイルレーベルとして2016年にデビューした<ARIAT Two 24/トゥー トゥエンティーフォー バイ アリアット>がこの秋、革新的な進化を遂げ“再デビュー”を果たす。いよいよ10月17日(水)からメンズ館地下1階=紳士靴で開催される、期間限定のポップアップで明らかになるその全貌。ブランディングとディレクションを任されたグランドフリート社の伊藤和彦氏に、その魅力やポップア

  • 【インタビュー】<リヴォラ>ブランドマネージャー 粟生田 弓|素材がデザインと出合うとき、<リヴォラ>らしいニットが生まれる
    2018.10.17 update

    【インタビュー】<リヴォラ>ブランドマネージャー 粟生田 弓|素材がデザインと出合うとき、<リヴォラ>らしいニットが生まれる

    商品作りの醍醐味や楽しさを尋ねると、「形になって、それがお客さまの手に渡った瞬間のうれしさですね」と答えるのは、ニットブランド<RIVORA/リヴォラ>の粟生田(あおた)弓さん。<リヴォラ>は、デザイナーで代表の鈴木泰宏氏と、ブランドマネージャーの粟生田さんが二人三脚で育んできたブランドだ。その粟生田さんが、10月20日(土)と21日(日)の2日間、メンズ館1階=セーター・カジュアルシャツに来店し<リヴォラ>の秋冬コレクションをお客さまへ紹介する。これに先立ち、イセタンメンズネットではそのニットへの想いを

  • 世界の一流バイヤーが猛プッシュする次世代スニーカー<Flower MOUNTAIN/フラワーマウンテン>
    2018.10.17 update

    世界の一流バイヤーが猛プッシュする次世代スニーカー<Flower MOUNTAIN/フラワーマウンテン>

    2015年のデビューながら、今はなきパリのコレット、ミラノのアントニオーリ、ニューヨークのキースなど、シーンをリードする海外の著名セレクトショップがこぞって買い付け、瞬く間に人気ブランドの仲間入りを果たしたフットウエアブランド<Flower MOUNTAIN/フラワーマウンテン>。今回は、デザイナーである太田圭輔氏にインタビューを実施。謎に包まれたニューカマーが、世界中で支持されているその理由とは?ふたりの血が混ざり合うような、セッションのごときクリエーション「フェスやキャンプ、野外でのアクティビティ

  • 【連載】帽子デザイナーインタビュー①<グリ オム>デザイナー 内山グリ|無意識に吸収したものの先に見えてくるデザイン
    2018.10.16 update

    【連載】帽子デザイナーインタビュー①<グリ オム>デザイナー 内山グリ|無意識に吸収したものの先に見えてくるデザイン

    メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具では、国内外の帽子ブランドの商品を多数揃えており、その中には個性溢れる日本人のデザイナーの帽子もご紹介しています。デザイン性に富んだものから、シンプルなもの、細部まで拘りが凝縮された一品まで。そして、その作品を手掛けるデザイナーの達も、帽子に対する想いや感性が魅力的な方ばかりです。今回、そんな帽子デザイナーの方々へのインタビューする全6回連載企画としてスタート。担当アシスタントバイヤー豊田は、「帽子という個性を表現できるアイテムだからこそ、デザイナーの”想い&

  • 紳士肌着担当者が推す!オンラインストアで買える“おしゃれ”ボクサーパンツ全4ブランド
    2018.10.13 update

    紳士肌着担当者が推す!オンラインストアで買える“おしゃれ”ボクサーパンツ全4ブランド

    常に肌に触れているアンダーウエア(パンツ)ですがよ~く見てみると、ゴムが伸びていたり、生地がヨレてしまったり…クタクタになっていませんか?衣替えの季節となれば、スーツやジャケット・コートなどは入れ替えをするのに、肌着は案外忘れがちという方も多いはず。今回は、IMn肌着特集でもお馴染み、紳士肌着担当のアシスタントバイヤー大橋が、伊勢丹オンラインストアで買える機能性・見た目重視のボクサーパンツをご提案します。肌着も気持ちも入れ替えれば、仕事のパフォーマンスも向上するかも!?快適性に直結!機能性

  • 【特集】今、着たいニット②|二度と手に入らない<インバーアラン>のデッドストックとオーバーサイズニットを着こなす秋
    2018.10.13 update

    【特集】今、着たいニット②|二度と手に入らない<インバーアラン>のデッドストックとオーバーサイズニットを着こなす秋

    グッと秋めいてきたら着たくなるのが、ソフトな肌触りと温もりを感じるニットだ。スタイリッシュに着こなせる、贅沢な素材使い、職人の手仕事を堪能できるニットなど、「今、着たいニット」をメンズ館から選りすぐり、ブランドごとにご紹介する。【特集】今、着たいニット 関連記事はこちらからハンドメイドならではの個体差がある理由厳しい寒さをしのぐために生まれ、後に地域を代表する特産物へと昇華した「アランセーター(フィッシャーマンニット)」を、品質を落とすことなく現代のファッションアイテムとして世界中に供給するファク

  • 【オープンレポート】まさに"ジーニアス天国"、<MONCLER/モンクレール>が2フロア6プロジェクトを展開する期間限定ストアが登場
    2018.10.12 update

    【オープンレポート】まさに"ジーニアス天国"、<MONCLER/モンクレール>が2フロア6プロジェクトを展開する期間限定ストアが登場

    <MONCLER/モンクレール>の話題のプロジェクト「MONCLER GENIUS(モンクレール ジーニアス)」のテーマカラーであるイエロー×ブラックの壮麗なインテリアのポップアップが、10月16日(火)まで、本館1階=ザ・ステージと本館3階=ステージ#3に同時出現。それぞれのプロジェクトで伊勢丹新宿店限定、ポップアップ限定アイテムを多数展開する。 「7 FRAGMENT HIROSHI FUJIWARA」のジャケットが再登場本館1階=ザ・ステージに、メンズの「

  • リフォームのプロに訊く、「洋服のお直し」の意義とその仕事
    2018.10.11 update

    リフォームのプロに訊く、「洋服のお直し」の意義とその仕事

    サイズが合わなくなってしまったり、デザインが古く思えてきたり...「気に入っているけど、今のシルエットではないなぁ」とまたクローゼットの奥に戻す――そんな経験は誰にでもあるはずだ。メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーには、そういった洋服を"再生"するプロがいる。新しい「洋服のリフォーム」を提案するお直し工房の<SARTO/サルト>だ。©SARTO一般的な修理やお直しはもとより、体型をより美しく見せるためのサイズやパターンの補正、さらにはリメイクやカスタマイズといった洋服を再

  • 道具のように使ってほしい<graf lantz/グラフ ランツ>のバッグ
    2018.10.11 update

    道具のように使ってほしい<graf lantz/グラフ ランツ>のバッグ

    メンズ館地下1階=紳士鞄で扱っているLA発のバッグブランド<graf lantz/グラフ ランツ>のデザインを統括しているアメリカ人のダニエル・ランツ氏が来日。19歳の時に初めて訪れた外国が日本で、日本にも住んだことがあるランツ氏が、流ちょうな日本語でインタビューに応えてくれた。伊勢丹オンラインストアで<グラフ ランツ>の商品一覧を見るフェルト地のカラーブロッキングが魅力的なバッグバッグブランド<グラフ ランツ>は、エンジニアだったドイツ人のホルガー・グラフ氏とアメリカ人のダニ

  • 【特集】神戸のつくり手たち Vol.1<nackymade/ナッキーメイド>|メガネ作りを追求して世界を旅する“一人眼鏡屋”、その名はナッキー
    2018.10.10 update

    【特集】神戸のつくり手たち Vol.1<nackymade/ナッキーメイド>|メガネ作りを追求して世界を旅する“一人眼鏡屋”、その名はナッキー

    街を愛し、モノ作りに情熱を注ぎ込む──横浜と並び、世界に開かれた港町としていち早く栄え、独自の文化を育んできた神戸。震災から立ち上がったこの街で、モノ作りに励む3組のクリエーターを訪ねた。関連記事:【インタビュー】中川直記&智子|外国人客が9割を占める<nackymade/ナッキーメイド>のオーダーメイド眼鏡 アトリエ前にて、"ナッキー"こと中川直記さんと"モッキー"こと中川智子さん年間に、地球約4周分を飛び回り、アジア・オセアニアをはじめ、ヨーロッパやアメリカなど世界各地でトラン

  • イセタンコスメンズ #⑭|温かみと重厚感のある秋冬らしい香りを、フレグランスの種類別にセレクト
    2018.10.10 update

    イセタンコスメンズ #⑭|温かみと重厚感のある秋冬らしい香りを、フレグランスの種類別にセレクト

    穏やかな気候となり、すっかりファッションの秋になりましたね。イセタンメンズネット編集部が、毎回旬なコスメアイテムをご紹介していく「#イセタンコスメンズ」。第14回目は、秋冬に纏いたい香りをフレグランスの種類別にご紹介♪春夏とは打って変わって、秋冬はウッディ―やムスクといった温かみや重厚感に満ちたフレグランスが人気傾向に。さらに、フレグランスの種類によっては香りの重ね使いもでき、ファッションのレイヤードスタイルと同じように楽しむことも出来ますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?#イセタンコスメ

  • 【特集】今、着たいニット①|<ザノーネ>の絶対的エースモデル「CHIOTO」が最大級の品揃えで登場
    2018.10.06 update

    【特集】今、着たいニット①|<ザノーネ>の絶対的エースモデル「CHIOTO」が最大級の品揃えで登場

    グッと秋めいてきたら着たくなるのが、ソフトな肌触りと温もりを感じる“ニット”だ。スタイリッシュに着こなせる、贅沢な素材使い、職人の手仕事を堪能できるニットなど、「今、着たいニット」をメンズ館から選りすぐり、ブランドごとにご紹介する。<ザノーネ>ダブルショールカーディガン 75,600円(全3色展開)*三越伊勢丹限定ニット愛好者が好んで着るメイド・イン・イタリーメンズ館1階=セーター・カジュアルシャツでは、毎シーズン「<ザノーネ>のキョートを買いに来た」という指名買されるお

  • 最先端の"オーセンティック"を体現する「紺ブレ」の着こなし
    2018.10.05 update

    最先端の"オーセンティック"を体現する「紺ブレ」の着こなし

    多様化する時代性に沿うように細分化されていく、現代のメンズウエア。だが細分化すればするほど、逆説的に「王道」「本物」ともいうべき“オーセンティック”の重要性が際立つというのもまた真理だ。時を越え、世代や性別も越えて評価されるトラッドとモダンヘリテージの融合から生まれる、コンテンポラリーな最旬“オーセンティック”ウエアを手に入れるなら、伊勢丹新宿店メンズ館7階をおいて他にない。時代はタイムレス&エイジレス、そしてジェンダーレスへ。普遍的で本質的なスポー

  • 紳士靴担当バイヤーが語る、圧巻の進化を遂げた"ハイエンド"の全貌
    2018.10.05 update

    紳士靴担当バイヤーが語る、圧巻の進化を遂げた"ハイエンド"の全貌

    メンズ館地下1階=紳士靴に2005年に誕生したハイエンドコーナーが9月19日(水)、リニューアルオープンを果たした。売り場面積を拡充するのみならず、その品揃え、サービスの内容も円熟味を増した。世界に冠たるこの紳士靴フロアの進化の全貌を同担当バイヤーの福田隆史が明らかにする金箔と和紙を思わせる壁面で囲まれた、セミクローズドのコーナー。15㎡増の70㎡に拡充したハイエンドコーナーは“ジャパン”をテーマにした館全体のコンセプトに合わせ、かつてない紳士靴フロアへと脱皮した。「ハイエンドコー