ページトップへ
CLOSE
  • INTERVIEW to Shoeshiner Vol.1 ジョン・チョン|お客さまと向き合う愚直な姿勢
    2018.12.11 update

    INTERVIEW to Shoeshiner Vol.1 ジョン・チョン|お客さまと向き合う愚直な姿勢

    世界最大の屋上プール、インフィニティ プールや受賞歴のあるレストラン、さまざまなショッピングやエンターテイメントで知られる、シンガポールを象徴する5つ星ホテル『マリーナベイ・サンズ』。ここで靴磨きを生業としていた若干26歳の青年が、今年4月、イギリス・ロンドンで開催された『World Shoe Shine Championship 2018』を制した。その名は、ジョン・チョン(John Chung)。ファッションに興味を持ち始めて6年、靴磨きのキャリアは4年という新鋭だ。靴磨きとの出会いは突然に&hel

  • 【特集】今、着たいニット 特別編|次世代に繋げたい<ザ・イノウエ・ブラザーズ>の “意味のある”超稀少ニット
    2018.12.11 update

    【特集】今、着たいニット 特別編|次世代に繋げたい<ザ・イノウエ・ブラザーズ>の “意味のある”超稀少ニット

    スタイリッシュに着こなせる、贅沢な素材使い、職人の手仕事を堪能できるニットなど、メンズ館から選りすぐりブランドごとにご紹介する特集「今、着たいニット」。今シーズン、最新作の“インペリアルアルパカ”を使ったニットを初披露した<The Inoue Brothers/ザ・イノウエ・ブラザーズ>。「メンズ館での取り扱い4回目にして、リピーターがかなり増えています」と言うのは、メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスのバイヤー岡田だ。今回、イセタンメンズでしか購入できないことに加え、製品の裏

  • おしゃれを嗜み、仕事ができる男たちに愛される“上質素材”を使ったコート5選
    2018.12.10 update

    おしゃれを嗜み、仕事ができる男たちに愛される“上質素材”を使ったコート5選

    カシミヤをはじめとした上質素材の魅力は、なんといっても「温かくて、軽く、上質感が伝わってくるルックス」―――。メンズ館5階=ビジネスクロージングのアシスタントバイヤー今泉は、「特にカシミヤはクルマに例えると“高級セダン”のような素材で、着用したときの温かさはもちろん、どこに出ても恥ずかしくない安心感と信頼感をもつコートです」と推奨します。今回は、カシミヤ中心とした上質素材を使用したコートをモデルごとにピックアップ。ジェントルマンに相応しい装いを叶える「チェスターフィールド」と、ビジ

  • <malo/マロ>|"極上カシミヤ"に代表格、真の贅沢を味わえる至高のニットウェア
    2018.12.08 update

    <malo/マロ>|"極上カシミヤ"に代表格、真の贅沢を味わえる至高のニットウェア

    カシミヤニットといえばスコットランド製の商品が主流だった1970年代当時に、斬新なデザインやカラーでスタイリッシュな"メイド・イン・イタリー"を打ち出し、現在ではカシミヤニットの代名詞とまでいわれるブランドとなった<malo/マロ>。今季のコレクションでは、モンゴル産ホワイトカシミヤを贅沢に使用したニットアイテムが豊富にラインナップするなど、冬の装いを上品に仕上げる逸品の数々がお目見えした。(左から)ニットキャップ 各31,320円 ご購入はこちらクルーネックセーター 96,120円&nbs

  • ラグジュアリーメゾンが仕立てる、“三者三様"のフォーマルルックへの拘り
    2018.12.06 update

    ラグジュアリーメゾンが仕立てる、“三者三様"のフォーマルルックへの拘り

    どうせ着るなら世界中どこでも通用する王道ブランドを――12月といえばパーティーなど何かとお誘いの多い時期。今回は、世界のメンズファッションをリードする3大メゾンがパーティースタイルを提案。ルールに則った正統派から、遊び心を加えた個性派まで、TPOに応じて“刺さるドレスアップ”は、男の格を上げる武器になる。 =====<ブリオーニ>スーツ 977,400円、シャツ 154,400円、ボウタイ 19,440円、カマーバンド 64,800円クラシックモダンが香る

  • ネクタイをしないネクタイ名人に訊く、逆境に咲く珠玉のタイブランド<フランコスパダ>の拘り。
    2018.12.05 update

    ネクタイをしないネクタイ名人に訊く、逆境に咲く珠玉のタイブランド<フランコスパダ>の拘り。

    永島服飾は日本を代表するネクタイメーカーだ。創業は1947年、戦後間もない日本の復興期にファッションという言葉すらまだなかった時代に、プリントタイの製造を開始したのは創業者の永島武雄氏である。その奮闘の姿は書籍『帰還 ダモイ 酷寒のシベリアを勝ち上がったのは「まぬけ」と呼ばれた男だった』(日経BP)に詳しい。創業者の意志を継ぐ現在の永島服飾が展開する新作ネクタイについて、クリエイティブ・ディレクターの木梨修一さんに話を伺う機会を得た。関連記事►Masterpiece Makers──名品の担い手|【野

  • イセタンコスメンズ #16|メンズコスメ人気ブランドの「クリスマスコフレ」を徹底調査!
    2018.12.05 update

    イセタンコスメンズ #16|メンズコスメ人気ブランドの「クリスマスコフレ」を徹底調査!

    イセタンメンズネット編集部が、毎回旬なコスメアイテムをご紹介していく「#イセタンコスメンズ」。平成最後のクリスマスまで残り一か月を切りましたが、限定ギフトパッケージの「クリスマスコフレ(限定ボックス)」はもうチェックしましたか?ミニサイズのアイテムがセットになったものや、この時期でしか出会えない限定アイテムまで目白押しです。今回、「#イセタンコスメンズ」では、完売必至のクリスマスコフレをブランド別にご紹介。贈るもよし、自分へのご褒美にも、ぜひお選びください。#イセタンコスメンズ 過去の記事はこちらから

  • “ボーナス買い”やクリスマスにも!メンズ館がセレクトする2018年おすすめ時計
    2018.12.05 update

    “ボーナス買い”やクリスマスにも!メンズ館がセレクトする2018年おすすめ時計

    今年もいよいよ12月。クリスマスやボーナスが間近に迫り、“自分が欲しいもの”や“大切な人へのプレゼント”をお探しの方も多いはず。メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスでは12月25日(火)までの期間、クリスマスにおすすめしたいウオッチコレクションをラインナップ。2018年に登場したモデルや少量生産のモデルなど、ギフトだけでなく、自分用としてもぜひ手に入れたい1本をご紹介する。NEXT>ジュネーブ時計グラウンプリで受賞のモデルも►クリスマスに関する記

  • 【マフラー特集 2018】“王道ブランド”で失敗しない!自分にぴったりのマフラー選び教えます
    2018.12.04 update

    【マフラー特集 2018】“王道ブランド”で失敗しない!自分にぴったりのマフラー選び教えます

    一日の最低気温が10度を切ると感じるのが首周りの寒さ。コートと同時にマフラーも出番です! 今年の本命マフラー「バイカラー」と、2018年らしい「旬な色柄」をテーマに、メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具のスタイリスト小原が、失敗しないマフラー選びを指南。お好みのカラーや素材、長さが揃っているうちに早めにご来店ください。マフラー選び #1マフラー選びの基準として知っておきたい4つのポイントを解説①手持ちのアウターやジャケットなどと「色の相性」を見る□ブラック・グレー・ネイビー系&hel

  • 【座談会】パジャマを着て寝ていますか?人生の1/3の時間を占める「睡眠の質」を高めるパジャマの選び方
    2018.12.04 update

    【座談会】パジャマを着て寝ていますか?人生の1/3の時間を占める「睡眠の質」を高めるパジャマの選び方

    就寝前に着替えることで“睡眠のスイッチ”が入り、睡眠の質が上がるといわれているパジャマ。「寝付きの改善」や「寝返りのしやすさ」を考えるなら、ぜひパジャマをお試しください。今回、肌着アシスタントバイヤー大橋、元肌着担当でパジャマ愛用者の8階=イセタンメンズ レジデンスのアシスタントバイヤー勝部、そして「勧められてパジャマを着だして半年」のイセタンメンズネット編集長の田代の3人が「パジャマの必要性と選び方」を語り合います。▶「パジャマ」のご購入は伊勢丹オンラインストアへ▶「肌着・ナイ

  • "ダウンアウター"頂上決戦──厳選10ブランドはどれを選んでも間違いなし!
    2018.12.03 update

    "ダウンアウター"頂上決戦──厳選10ブランドはどれを選んでも間違いなし!

    アクティブかつ軽快なコーディネートが楽しめるダウンアウターが、今年はさらに“軽い、動きやすい、温かい”総合力をパワーアップして続々登場。ダウンならではの立体的な表情が楽しめたり、ダウンを使用しながらスマートなシルエットでビジネスシーンにも使えるなど、今シーズンはスタイリングやシーン別に選べるほど豊富にラインナップ。信頼性の高いブランドのイチ推しアウターを紹介する。=====<カナダグース>、<ウールリッチ>、そして<ピレネックス>と、「ダウン」といえば必ず名前が挙がるブランド

  • 働く男の冬の味方──お尻までしっかり隠れる"ビジネス向けダウンコート"5選
    2018.12.03 update

    働く男の冬の味方──お尻までしっかり隠れる"ビジネス向けダウンコート"5選

    ダウンのボリューム感を抑えながらしっかりと保温性をキープし、スーツやジャケットの上にすっきり重ね着できるのが、これからのシーズンに活躍する"ビジネス向けダウンコート"。お客さまの中にも、「カシミヤやウールなどの天然素材のコートはおしゃれ用に、スタイリッシュなダウンコートは通勤や出張時に」と使い分けている方も増えているそうだ。今回は、メンズ館5階=ビジネス クロージングから厳選。王道ダウンコートをフレッシュに着こなしたい。=====MACKINTOSH LONDON<マッキントッシュ ロンドン>ダ

  • IMn編集部推奨!コスメカタログ #2|プレステージ・フレグランスブランド<SERGE LUTENS/セルジュ・ルタンス>多彩な香りをご紹介
    2018.12.03 update

    IMn編集部推奨!コスメカタログ #2|プレステージ・フレグランスブランド<SERGE LUTENS/セルジュ・ルタンス>多彩な香りをご紹介

    イセタンメンズネット編集部が、毎回旬なコスメアイテムをご紹介していく「#イセタンコスメンズ」より、ブランド別人気アイテムをご紹介。第二回目は、3つのラインから構成されたフレグランスブランド<セルジュ・ルタンス>をピックアップします。<SERGE LUTENS/セルジュ・ルタンス>が創り出す香りの世界“パルファム セルジュ ルタンス”。香りのインスピレーションは夢・物語・子供の頃の記憶、そして住まうモロッコ。ルタンス氏のパーソナリティを全面に打ち出したプレステージ・フレグランスブ

  • コートスタイルに美変化をもたらす、オンオフで使える「個性派」ウールコートに注目
    2018.12.02 update

    コートスタイルに美変化をもたらす、オンオフで使える「個性派」ウールコートに注目

    「コートで新しいブランドと出合うと、冬スタイルが新鮮に映えます」というメンズ館5階=ビジネスクロージングのアシスタントバイヤー今泉がオススメする、今年らしい柄物ウールコートをご紹介。クラシックな英国調や大柄なガンクラブチェックなど、“ビジネススタイル+休日コーデ”に活躍するコートが登場します。 【2018年コート特集】関連記事はこちらから=====素材×柄の効果で、奥行きのある立体感が美しく映える<ティモシー エベレスト ロン

  • 今年も凄いぞ<CANADA GOOSE/カナダグース>、2018年は最新モデルを含む全24型が登場【12月1日(土)更新】
    2018.12.01 update

    今年も凄いぞ<CANADA GOOSE/カナダグース>、2018年は最新モデルを含む全24型が登場【12月1日(土)更新】

    ダウンアウターとして最上級スペックを着る喜びを今年も味わえる<CANADA GOOSE/カナダグース>の季節が到来!いよいよ2018年の<カナダグース>の入荷が8月上旬よりスタートした。「昨年の秋冬シーズンは大いに盛り上がり、人気モデルは品切れも早く、“寒くなったリアルタイムでは購入できなかった”という声も多くいただきました」と担当バイヤーの柴田信友。今年はデザイン・サイズともバリエーションを追加、定番モデルの「ジャスパー」や「シャトー」はもちろん、2着目、3着目の<カナダグース>