ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】<meanswhile/ミーンズワイル>デザイナー 藤崎尚大氏が魅せるファッション×機能の融合
    2020.07.08 update

    【特集】<meanswhile/ミーンズワイル>デザイナー 藤崎尚大氏が魅せるファッション×機能の融合

    “「日常着である以上、服は衣装ではなく道具である」”をコンセプトに、服作りを行う<meanswhile/ミーンズワイル>デザイナー・藤崎尚大氏。ファッション×機能の融合によって生み出されるアイテムは、驚きと共に新たな感性に魅了される。そんな<ミーンズワイル>の先行受注のポップアップイベントが、メンズ館7階=メンズオーセンティックで、7月8日(水)~7月14日(火)まで開催される。ブランドコンセプトから、今回のポップアップでご紹介する先行受注のコラボレーションアイテムについて語ってもらった。 デザ

  • 【特集】注目株はアストロフィツム、 おうち時間を充実させる「BOTANIZE(ボタナイズ)」の塊根植物
    2020.07.06 update

    【特集】注目株はアストロフィツム、 おうち時間を充実させる「BOTANIZE(ボタナイズ)」の塊根植物

    年々人気を増す、コーデックスと呼ばれる塊根植物。無骨な幹や太い根を持ったユニークなフォルムが特徴で、多くの愛好家を持つ。その火付け役となったのがエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE(ボタナイズ)」だ。 今回は、伊勢丹新宿店メンズ館でのポップアップを控え、約一年ぶり、2度目のインタビューを敢行。オーナーの横町健さんに、”おうち時間”が増えたことによるインテリアとしての需要の高まり、またポップアップの内容などについて話を聞いた。 自粛期間中はひたすら”土遊び” ──今回は、約一年ぶり

  • 【特集】最旬バッグで洒落感をぐっと上げる、​ あえて持ちたいメンズ巾着バッグ
    2020.07.06 update

    【特集】最旬バッグで洒落感をぐっと上げる、​ あえて持ちたいメンズ巾着バッグ

    ハンディサイズのバッグは機能性重視から、持ちものに合わせた最適化へアップデート!──日本人が感じる夏らしい雰囲気と合わせて、じわじわと人気に火が付いているのが巾着バッグ。その魅力はお洒落感を印象付けるフォルムに加え、カジュアルコーデだけでなくドレスコーデに合わせればハズシの役目を担う、抜け感を演出してくれる点だ。 新宿店メンズ館のカテゴリースペシャリストの多田野悠祐も、「着こなしのスパイスとしてひとつは持ちたい」と巾着バッグが気になっているとのことで、メンズ館全フロアより選りすぐりの巾着バッグ3点

  • 【特集】顔型別!プロに訊く、似合うサングラスの選び方
    2020.06.30 update

    【特集】顔型別!プロに訊く、似合うサングラスの選び方

    ようやく外出できるようになったと思ったら、夏はもうすぐ目の前。今年のサングラスの準備はできているだろうか。本格的なシーズンを前に、似合うサングラス選びについてプロの意見を伺った。 今回訊いたスタイリスト 梶浦司さん メンズ館6階の<DITA>ショップ店長。顔型別に似合うサングラスの形状選びとともに、サングラスとファッションとのマッチングもアドバイスできるスタイリスト。 梅雨時はサングラス選びに好適なシーズン 「一年のうちで紫外線は、5月から夏までの時期が一番強

  • 【特集】ボリューム感が今っぽい。2020年版メンズサンダルのススメ
    2020.06.24 update

    【特集】ボリューム感が今っぽい。2020年版メンズサンダルのススメ

    これまで夏の足下といえば、アウトドアの流れを受けたいわゆるスポーツサンダルが形が主流だった。しかし、ここ数年はリカバリーサンダルのような厚底のソールを持つサンダルが新たなジャンルとして注目されはじめている。ソールが厚く衝撃吸収性に優れているだけでなく、スタイルアップが狙えたり、なんと言ってもボリューム感のあるコーディネイトに負けない存在感が出せるので、”なんとなく”ではなく”あえて”のおしゃれ感が出せるのも魅力である。今回は、伊勢丹メンズ館で揃えるコーディネートとともに、旬なサンダルをピックアップ!

  • 【インタビュー】<ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン>が、 20年間変わらずに大切にしていること。
    2020.06.22 update

    【インタビュー】<ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン>が、 20年間変わらずに大切にしていること。

    2020年にブランド創立20周年の節目を迎える<ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン>。デンマークで生まれ育ったニコライ バーグマン氏が、ブランドを立ち上げる場所に日本を選び、20年続けられたのはどうしてか。これまでの歩みと、未来の展望を伺い、ファンに愛され続ける理由を探ります。 ニコライ バーグマン フラワーアーティスト。2001年に自身のフラワーブランド <ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン>を設立。東京・南青山の旗艦店をはじめ、国内外に14店舗のフラワーブティック、

  • 【特集】<トゥモローランド>の最新コラボが叶えます!個性が際立つシンプルコーデとは?
    2020.06.19 update

    【特集】<トゥモローランド>の最新コラボが叶えます!個性が際立つシンプルコーデとは?

    新宿店メンズ館のカテゴリースペシャリストとして活躍している後藤尚佳は、この夏おすすめしたいアイテムの一つとして<トゥモローランド>と<クラウディ>のコラボレーションアイテムに注目している。その理由を訊くとそこには色々な思いが込められていた。 洋服を通じて想いが繋がる<クラウディ>の魅力 今回後藤がご紹介するのは、時代を超える端正で洗練されたスタイリングが得意な<トゥモローランド>と<クラウディ>のコラボレーションで誕生したTシャツとカーディガンだ。<クラウディ>は、本館3階=リ・スタイルでも毎

  • 【特集】大人に支持される3大パンツブランドの人気モデルを徹底比較
    2020.06.11 update

    【特集】大人に支持される3大パンツブランドの人気モデルを徹底比較

    ここ数年のメンズファッションはボトムスが重要であることはよく知られている。しかしさらに進んだ最新のパンツ事情は、シルエットだけでなく機能性素材を使うことで、快適な着心地やイージーケアを備えたものへとさらに進化している。伊勢丹メンズ館でも人気の高いパンツブランドの最新モデルを検証してみよう。 目まぐるしく変わるパンツトレンド、2020年は「機能性素材」が主役 近年のメンズスタイルの変遷を振り返ると、スタイルの変化はトップスとボトムスで大きな差があることに気付かされる。最新モードのトップスシルエッ

  • 【特集】田原可南子と伏貫諒が<FURLA/フルラ>の新作バッグで銀座を歩く
    2020.06.09 update

    【特集】田原可南子と伏貫諒が<FURLA/フルラ>の新作バッグで銀座を歩く

    1927年、イタリア・ボローニャに誕生した<フルラ>は、レディスのバッグブランドとしての認知度が高いが、じつはメンズラインにも定評がある。革製品の聖地ともいえるボローニャにあって素材の選びはもちろん、作りの技術面に加えてデザインと機能を両立する点でも評価が高く、多くのファンがリピートすることでも知られている。 そんな<フルラ>が今年2020年秋冬のプレコレクションでは、ジェンダーレスなバッグをリリースしたという。そこで実際に、男性、女性、双方の目線からデザインや使い勝手をチェックしていただこう。

  • 【特集】三越伊勢丹女性社員はどう思う?今どきスーツのカジュアルな着こなし方。
    2020.06.04 update

    【特集】三越伊勢丹女性社員はどう思う?今どきスーツのカジュアルな着こなし方。

    今、「スーツ」や「セットアップ」など、テーラード型のジャケット&パンツをカジュアルに着るスタイリングが、オフィスカジュアルの浸透とともに人気となっている。インナーはシャツをノータイで着るスタイリングだったり、ポロシャツやカットソー、Tシャツなどを一枚で着て、足元はスニーカーというスタイリングも多く見られる。 「スーツ」の仕立てもノータイで着られるように、芯地を省いた軽いジャケットのものになっていたり、ジャケット、パンツをそれぞれ単品着用できる「セットアップスーツ」が豊富にリリースされているのもブー

  • 【オーダー体験 4】厚い胸板&なで肩のガッチリ体型がすっきり見えるオーダーシャツが完成
    2020.04.07 update

    【オーダー体験 4】厚い胸板&なで肩のガッチリ体型がすっきり見えるオーダーシャツが完成

    既成のシャツに悩みを抱える体型の違う2名の男性にオーダーシャツを体験していただく本企画。 【体験レポート3】に続いて、過去のスポーツ経験に加えて不規則な生活で体重の変動が激しく、既成で合うサイズのシャツが無いと悩む、ガッチリ体型の松島隆晴さん(30歳)の体験レポートをご紹介します。 「新しいシャツができるのがうれしくて、ひと目惚れしたネクタイを買ってきました」とうれしそうにメンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリスト花野友彦に話しかけるのは松島さん。出来上がったばかりのシャツが入った箱を開ける

  • 【特集】デジタル時代に温かい気持ちを伝える、英国王室御用達ブランド<SMYTHSON/スマイソン>の魅力とは。
    2020.04.06 update

    【特集】デジタル時代に温かい気持ちを伝える、英国王室御用達ブランド<SMYTHSON/スマイソン>の魅力とは。

    私たちがいま堪能している洋服や小物の原形は、英国発祥のものが非常に多い。伝統に軸足を置きつつ、新しい変化を感じさせる、1887年創業と130年以上の歴史を持つステーショナリー&レザーグッズブランド<スマイソン>もその一つだ。 ブランドのアイコンである「紙」を通じて、デジタルな時代だからこそ際立つ、普遍的で温もりのある価値を提案する同ブランド。英国王室御用達(ロイヤル・ワラント)をエディンバラ公、エリザベス女王、チャールズ皇太子から授与される、いわゆる「3ワラントホルダー」としても有名だ。 伊

  • 【オーダー体験 3】悩みのガッチリ体育会系の胸周り・なで肩がきれいに収まるオーダーシャツを作りたい
    2020.04.06 update

    【オーダー体験 3】悩みのガッチリ体育会系の胸周り・なで肩がきれいに収まるオーダーシャツを作りたい

    メンズドレスでは、シャツは素肌に着ることから「シャツは肌着」とも言われます。肌着感覚で着るなら、フィット感とサイジングにこだわりたいし、ビジネススタイルの必須アイテムなら、好みの生地やデザインにもこだわりたい。 本企画では、既成のシャツに悩みを抱える体型の違う2名の男性にオーダーシャツを体験していただき、その既製シャツに対するお悩みを、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリスト花野友彦が伺っていきます。 ■関連記事 ・【体験レポート 2】長身・細身・いかり肩のお悩みをカバーする、超スリムな

  • 【特集】街からアウトドアまで万能な<ASPESI/アスペジ>のミリタリージャケットが愛され続ける理由
    2020.04.02 update

    【特集】街からアウトドアまで万能な<ASPESI/アスペジ>のミリタリージャケットが愛され続ける理由

    男のクローゼットに必然のように存在し、長く着ていくことを楽しむ──アウトドアウエアやミリタリーウエアが持つ機能性をタウンユースに落とし込んだ先駆者的存在である<ASPESI/アスペジ>もそんなブランドの一つだ。今回は、大人の日常着に欠かせない存在として君臨する大定番モデル「M-65」などタイムレスな名作を次々と生み出す<アスペジ>の魅力を伊勢丹メンズ館バイヤーに訊いた。 井波 亮 メンズ館7階=メンズオーセンティック バイヤー ジャケット以上、コート未満のシティジャケット 創業者のアル

  • 【オーダー体験 2】長身・細身・いかり肩のお悩みをカバーする、超スリムなオーダーシャツが完成!
    2020.04.02 update

    【オーダー体験 2】長身・細身・いかり肩のお悩みをカバーする、超スリムなオーダーシャツが完成!

    既成のシャツに悩みを抱える体型の違う2名の男性にオーダーシャツを体験していただく本企画。【体験レポート1】に引き続き登場するのは、身長182cmで痩せ型の田實(たじつ) 宗太朗さん(26歳)。 生地選び・デザイン選択・採寸をした前回のパーソナルオーダーから約4週間。田實さんのオーダーシャツが出来上がりました。箱を開けながらメンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリスト花野友彦は、「田實さまの体型に沿ったシャツになったと思います」と、田實さんを出迎えます。 ■関連記事・【体験レポート 1】182

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

店頭最新情報 メンズ館2階・6階
2021.01.18 update

店頭最新情報 メンズ館2階・6階

伊勢丹新宿店 メンズ館2階 メンズクリエーターズ・メンズ館6階 メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【インタビュー】<ISSEY MIYAKE MEN>を手掛けた高橋悠介氏が2021年の世に問う、<CFCL>という幸せな服の可能性
2021.01.25 update

【インタビュー】<ISSEY MIYAKE MEN>を手掛けた高橋悠介氏が2021年の世に問う、<CFCL>という幸せな服の可能性

2021年春、<CFCL/シーエフシーエル>という新ブランドが誕生した。そのコンセプトづくりや組織の設立と運営、そしてデザインからパターンワークまでを手掛けるのが、約6年間にわたって<ISSEY MIYAKE MEN/イッセイ ミヤケ メン>のデザイナーとして辣腕を振るってきた高橋悠介氏だ。 ニットのみで構成されたソリッドなファーストコレクションが、いきなりバイヤーやメディアに絶賛され話題となっている。そのキーマンである高橋氏に、ブランド誕生の経緯と新時代の“ものづくり”への思いを訊いた。 三

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

伊勢丹メンズアテンダントがファッションのお悩みやギフト選びをお手伝いします
2020.12.22 update

伊勢丹メンズアテンダントがファッションのお悩みやギフト選びをお手伝いします

伊勢丹新宿店 メンズ館にはメンズアテンダントと呼ばれる専任スタイリストが常駐しています。 メンズアテンダントは、「何を選んだらいいのかわからない。」「ブランドではなく、自分に合ったおすすめの品物が欲しい。」といったお客さまそれぞれのご要望に合わせ、メンズ館内のお買い物のお手伝いや、お品物をご提案させていただきます。 現在、伊勢丹新宿店 メンズ館では、3種類のパーソナルショッピングサービスをご用意しており、どなたでも無料でご利用いただけます。専用サイトにご登録の上、ご利用の3日前までにご予約いただき、