ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】年代別(20~40代)に支持されるビジネスバッグとは?デキる男にふさわしいブリーフケース9選
    2019.09.04 update

    【特集】年代別(20~40代)に支持されるビジネスバッグとは?デキる男にふさわしいブリーフケース9選

    ビジネスバッグを選ぶ時に、何を一番に重視していますか。機能性やデザインなどはもちろん、それ以上に、自身の年齢や雰囲気、会社の風土やクライアントへの配慮なども意識する必要があるのをお忘れなく。「年代別に推奨するビジネスバッグの選び方」を見て、持つべきバッグのポイントを押さえたい。 ビジネスシーンで使用するバッグは、個人的な基準や好みだけでなく、職場のドレスコードを意識することが最も大切。業種や職業にもよるが、迷った場合はビジネスのイメージが強く、より誠実な印象のあるバッグを選ぶのがポイントだ。

  • 【特集】秋まで着られる半袖は?Tシャツを使った「秋コーデ」4選
    2019.08.31 update

    【特集】秋まで着られる半袖は?Tシャツを使った「秋コーデ」4選

    季節の変わり目で着こなしに迷うこの時期、「秋」の始まりも、日中はまだまだ暑いのが現実だ。薄手の軽いジャケットのインナーには、首元をすっきり見せて、暑さ対策にもなる“半袖Tシャツ”を推奨したい。紺やグレーのジャケットに合わせやすいベーシックなカラーで、クルーやVネックのシンプルデザインのカットソーを上手に活用して、本格的な秋を迎えよう。 1. <BATONER>上質な光沢感となめらかな肌触りを楽しむウールのTシャツ  <BATONER/バトナー>ウールTシャツ 15,1

  • 【特集】2019年秋冬版!実用性と機能美を備えた最新ダウンジャケット15選
    2019.08.21 update

    【特集】2019年秋冬版!実用性と機能美を備えた最新ダウンジャケット15選

    今から冬本番に向けて、今年のアウターの主役となる、防寒とお洒落を両立できる一着を――ダウンアウターの選択肢として“軽い、動きやすい、温かい”のが当然となった最新シーズン。今年はさらに、機能(アウトドアブランドの本気系)、スタイル(昨今トレンドの都会派)、デザイン(2019年はショート丈が豊作)に分けて、大人にふさわしい傑作ダウンアウターを紹介する。 ■ 世界をリードするアウトドアブランドが本気で作った機能ダウン    ▼ CANA

  • 【特集】絶好調&話題満載、伊勢丹メンズ館×B.R.ONLINE 異色コラボの全貌。
    2019.08.21 update

    【特集】絶好調&話題満載、伊勢丹メンズ館×B.R.ONLINE 異色コラボの全貌。

    プロデューサー 大和一彦率いる「B.R.ONLINE」とは。   メンズ館5階=メンズテーラードクロージングにて鳴り物入りで始まったB.R.ONLINEのコーナーショップが快進撃を続けている。余勢を駆って、この秋には<デ・ペトリロ>や<ジャブス アルキヴィオ>といったいまをときめくブランドからB.R.ONLINEとの共同別注モデルが登場する。B.R.ONLINEのエグセグティブプロデューサー、大和一彦さんがISETAN MEN'S net編集長、田代径大とともに両者の取組みの全貌を語り明かす。

  • 【特集】秋アウターとして重宝、大人が着たいエレガントなレザージャケット7選
    2019.08.20 update

    【特集】秋アウターとして重宝、大人が着たいエレガントなレザージャケット7選

    ■▼ 1.<ISAIA Napoli/イザイアナポリ>    ▼ 2.<TOMORROWLAND/トゥモローランド>    ▼ 3.<EMMETI/エンメティ>    ▼ 4.<CINQUANTA/チンクアンタ>   ▼ 5.<AJMONE/アイモネ>   ▼ 6.<DESA/デーサ>   ▼&n

  • 【特集】メンズアウターの定番。育てて愉しむ、今大人が着るべき本格レザージャケット4選
    2019.08.20 update

    【特集】メンズアウターの定番。育てて愉しむ、今大人が着るべき本格レザージャケット4選

    ■▼ 1.<ALFREDO RIFUGIO/アルフレッド リフージオ>    ▼ 2.<EMMETI/エンメティ>    ▼ 3.<CINQUANTA/チンクアンタ>    ▼ 4.<AJMONE/アイモネ>     コンフォート化が著しい現在のファッションシーンで、大人世代を洒脱に格上げしてくれる男気溢れるアイテムとは?――今も昔も、「男を格上げするア

  • 【対談】ボナベンチュラ×Hideyuki Katsumata|一点モノのオリジナルアートを纏ったラグジュアリースマートフォンケースの魅力を語る
    2019.08.20 update

    【対談】ボナベンチュラ×Hideyuki Katsumata|一点モノのオリジナルアートを纏ったラグジュアリースマートフォンケースの魅力を語る

    高級ヨーロッパレザーを使用したスマートフォンケースブランド<BONAVENTURA/ボナベンチュラ>と、人気ペイントアーティストHideyuki Katsumataがメンズ館で出合う!――上質な素材とシンプルながら機能的なiPhoneケースが話題の<ボナベンチュラ>が、8月21日(水)よりメンズ館1階=シーズン雑貨・帽子でポップアップを開催。メンズ館限定品のほか、ペインターのHideyuki Katsumata氏とコラボレーションした商品も登場する。そこで今回、<ボナベンチュラ>社長の植村恭子氏とHide

  • 【特集|インタビュー】素材を極めれば──。<BOHÈME/ボエム>がバッグをアートに変える。
    2019.08.20 update

    【特集|インタビュー】素材を極めれば──。<BOHÈME/ボエム>がバッグをアートに変える。

    美術館に飾られているものだけがアートではない。同じものを一心に作り続けてきた職人の手で、経験と、そこからくる美学によって生み出された物は、もはやアート呼べるような存在ではなかろうか。それを身につけることができるとしたら、どうだろう。美術館で絵画や彫刻を見るのと同じように、気分の高揚や喜び、楽しさ、といったものを感じられるのではないだろうか。今回、メンズ館地下1階=バッグでは「ART of VISUAL」と題し、カバンをキャンバスと見立てた”気軽に持ち運べるアート”を作成。アーティス

  • 【特集】通勤におすすめ、スーツに合うビジネススニーカー決定版!──機能&実用性が詰まった厳選4ブランド
    2019.08.17 update

    【特集】通勤におすすめ、スーツに合うビジネススニーカー決定版!──機能&実用性が詰まった厳選4ブランド

    テーブルの上に一堂に揃ったのは、ビジネススタイルに適した4ブランドのスニーカー。クールビズでネクタイを外し、シャツがTシャツになり、スーツも機能性素材になって、足元にはスニーカーが定番になってきたが、メンズ館地下1階チーフバイヤーの福田隆史は、「スポーツメーカーのスニーカーは特定のスポーツ目的のための靴なので、スーツやセットアップには、歩く、働くなど、ライフスタイルの中で普通に履けるように作られているスニーカーがマッチします」とアドバイス。見た目にスマートで、履くとコンフォートなビジネススニーカー選びの

  • 【特集|インタビュー】ファッション×アート×機能。<MINOTAUR INST./ミノトール インスト>が目指す、時代が求める服作り。
    2019.08.17 update

    【特集|インタビュー】ファッション×アート×機能。<MINOTAUR INST./ミノトール インスト>が目指す、時代が求める服作り。

    ファッションと機能性の両立は今でこそ当たり前となっているが、いち早く時代のムードを察知し、その融合を目指したのが、東京・中目黒を拠点とする<MINOTAUR INST./ミノトール インスト>だ。同ブランドのクリエイティブ・ディレクターである泉栄一は、先見の明をもったイノベーターでもあるし、型にハマらず”ワクワク”を提供してくれる発明家でもあるし、いい公園を見つけたらひと滑りしないと気が済まないスケーターでもある。世界中にファンを持ち、今年で16年目を迎える同ブランドが、8月21日

  • 【特集】ナポリの名匠を訪ねて|Vol.3 続・完璧を目指した男の究極のスーツ
    2019.08.14 update

    【特集】ナポリの名匠を訪ねて|Vol.3 続・完璧を目指した男の究極のスーツ

    クラシックを極める者、あるいはその伝統を受け継ぎながら今の時代に合わせて新たなチャレンジを行う者、アプローチはさまざまだがモノづくりへの姿勢や一針一針への秘めた思いは強い──本稿は2019年6月、1月に続きイタリア・ナポリを訪れたメンズテーラードクロージング担当の稲葉智大と口元勇輝の取材記録。繊細な手仕事を介してはじめて完成する"ナポリ仕立て"にスポットを当て、そこに関わる人々やプロダクトの陰に潜むストーリーに密着した。第3回目は再び<Alfonso Sirica/アルフォンソ・シリカ>の工房を訪ね、常に

  • 【特集】カジュアル使いに重宝! <TUMI×SOPHNET.>ほか、デキる大人の“軽くて機能的”なショルダーバッグ5選
    2019.08.13 update

    【特集】カジュアル使いに重宝! <TUMI×SOPHNET.>ほか、デキる大人の“軽くて機能的”なショルダーバッグ5選

    スタイリングでは軽快感が求められる今日、ナイロンバッグでも選択肢の幅が広がっている。特に手荷物のコンパクト化に伴って、定番人気を獲得したサコッシュがその最たる例だ。薄マチ&軽量な作りは、休日バッグとしてうってつけのアイテムだが、“大は小を兼ねる”休日バッグとしての機能を果たす筆頭は、ショルダーバッグだろう。 ■大人が持つべきショルダーバッグは、「運ぶ」から「装う」へ   ▼ 1.<TUMI/トゥミ>×<SOPHNET./ソフネット>&nb

  • 【特集】タイプ別におすすめ、あなたに最適な夏肌着(インナー)をチェック!
    2019.08.08 update

    【特集】タイプ別におすすめ、あなたに最適な夏肌着(インナー)をチェック!

    真夏は極力、涼しく・快適に過ごしたいですよね。メンズ館地下1階=肌着・ナイティ・靴下には、暑い季節を乗り切るためにおすすめしたい、夏の肌着をご紹介しています。その豊富なラインナップの中から、お悩みや目的に合わせた肌着を簡単に探せるチェックシートをご用意。一部商品はオンラインストアでもご購入いただけますので、ぜひお試しください! A. 夏を爽やかに過ごしたいあなたには、涼しく快適な着心地の肌着 1. SEEK/シーク「EE1015A」 <シーク> VネックTシャツ 2,750円 (全2色

  • 【インタビュー】デニムで消費スタイルを変えていく、<EVERY DENIM/エブリデニム>が目指す未来
    2019.08.07 update

    【インタビュー】デニムで消費スタイルを変えていく、<EVERY DENIM/エブリデニム>が目指す未来

    移動販売で、デニムを売る──。<EVERY DENIM/エブリデニム>は”世の中の消費行動の在り方を変える”という信念のもと、キャンピングカーでオリジナルデニムの販売を行っているブランドだ。立ち上げたのは、山脇耀平さんと島田舜介さん。二人は兄弟である。この時点で食指が動いた方も多いだろうが、8月21日(水)からは、メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスにてプロモーションを開催。2年間で全国47都道府県を回ったゴールが、このメンズ館となる。今回は、デニムに掛ける思いや、型にとらわれ

  • 【特集】準備は万全?価格・機能・デザインの3タイプから選ぶ2~3泊用おすすめスーツケース10選
    2019.08.05 update

    【特集】準備は万全?価格・機能・デザインの3タイプから選ぶ2~3泊用おすすめスーツケース10選

    夏休み期間、家族や友人と旅行の準備をされている方へ、イセタンメンズネットがおすすめするスーツケース特集第3弾をお届けします。この時期店頭で最も人気のある国内旅行向け2~3泊用スーツケースをピックアップ。荷物が入る容量や、機内持ち込み出来るサイズ、キャスターの性能など、ブランドの垣根を越えてご紹介いたします。快適で楽しい旅行にするためにも、ぜひご一読ください。<目次> 4万 円代以下 旅費を抑えた『コスパ重視』ソフト ケース 5万 円代 お土産と思い出をしっかり持ち帰れる『機能派』 スーツケース 6万

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY
2020.04.02 update

MEN'S CONTEMPORARY

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】デジタル時代に温かい気持ちを伝える、英国王室御用達ブランド<SMYTHSON/スマイソン>の魅力とは。
2020.04.06 update

【特集】デジタル時代に温かい気持ちを伝える、英国王室御用達ブランド<SMYTHSON/スマイソン>の魅力とは。

私たちがいま堪能している洋服や小物の原形は、英国発祥のものが非常に多い。伝統に軸足を置きつつ、新しい変化を感じさせる、1887年創業と130年以上の歴史を持つステーショナリー&レザーグッズブランド<スマイソン>もその一つだ。 ブランドのアイコンである「紙」を通じて、デジタルな時代だからこそ際立つ、普遍的で温もりのある価値を提案する同ブランド。英国王室御用達(ロイヤル・ワラント)をエディンバラ公、エリザベス女王、チャールズ皇太子から授与される、いわゆる「3ワラントホルダー」としても有名だ。 伊勢

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の