ページトップへ
CLOSE
  • 【インタビュー】ロバート・タテオシアン|30周年のさらにその先を見据える、創業者の鋭敏な感性と時代観。
    2020.02.19 update

    【インタビュー】ロバート・タテオシアン|30周年のさらにその先を見据える、創業者の鋭敏な感性と時代観。

    "KING OF CUFFLINKS"から真のライフスタイルブランドへ──紳士の嗜みであるカフリンクスから、ユニークなジュエリー、そしてついには特別感のあるアパレルにまでその世界観とスタイル提案を広げようとしている英国ブランド、<TATEOSSIAN/タテオシアン>。その創業者であるロバート・タテオシアン氏を迎えて開催された、コーディネート販売会も大盛況となった12月某日、改めてその魅力に迫るべく、本人へのインタビューを行った。 親交あるエルトン・ジョンのパーソナリティを見事に具現化。 1990年、かの名

  • 【特集】入手困難なビンテージの革靴を、プロフェッショナルな靴磨きとともに堪能
    2020.02.18 update

    【特集】入手困難なビンテージの革靴を、プロフェッショナルな靴磨きとともに堪能

    昨年秋に大好評を博した、高円寺のビンテージショップ「SAFARI(サファリ)」とイセタンメンズとのコラボレーションが再び!しかも今回は、シューシャインサービス「BRIFT STAND」も交えた三者コラボに。世界の名だたるブランドが手掛けた珍品・名品、多種多彩な傑作シューズの数々を、メンズ館地下1階=紳士靴に集積。シューシャインサービスとのセットでお届けするという、サステイナブル時代にふさわしいスペシャル企画を2人のキーマン自らが語る。 「SAFARI 3号店」店長の田島佑介氏(右)と「BRIFT STAN

  • 【インタビュー】アウトドアとファッションの垣根を超えて──。<and wander/アンドワンダー>で、自然と豊かなつながりを
    2020.02.18 update

    【インタビュー】アウトドアとファッションの垣根を超えて──。<and wander/アンドワンダー>で、自然と豊かなつながりを

    アウトドアがベースになっていることは、一目でわかる。なおかつシンプルで見慣れたデザインながら、しかし確かに、時代が求める機能性とファッション性を備える。2011年の春夏からスタートし、瞬く間にファンを増やしたブランド<and wander/アンドワンダー>だ。機能性を追求することによって、しのぎを削ってきた既存アウトドアブランドに対し、<アンドワンダー>はそこにファッションのエッセンスを加えて、業界に新しいムードをもたらした。山と街をつなぎ、自然を日常的に楽しめるような”気軽さ”が

  • 【特集】脱・ベーシックなスウェットパーカ5選
    2020.02.18 update

    【特集】脱・ベーシックなスウェットパーカ5選

    スポーティーに着られるからこそ個性あるブランドが新鮮 今から着られる春夏アイテムとして重宝するパーカ。2020年春夏シーズンは、気鋭のブランドならではのメッセージ性の強いアイテムが出揃った。見ているだけでワクワクして、着てみると主張を感じる、そんなブランドの存在感と共に身に纏って、春の着こなしを楽しんでみてはいかがだろう。 ■ 脱・ベーシックなスウェットパーカ5選 ▶ 1. AMIRI/アミリ ▶ 2. FEAR OF GOD/フィアオブゴッド ▶ 3.&nbs

  • 【特集】この春に持ちたい!カラーで楽しむレザーグッズ&ウエアラブルアクセサリー
    2020.02.18 update

    【特集】この春に持ちたい!カラーで楽しむレザーグッズ&ウエアラブルアクセサリー

    2月19日(水)にメンズ館1階=レザーグッズコーナーが一部リフレッシュオープンする。この春、大注目のカラーレザーグッズが、豊富なバリエーションで登場する。一部ブランドからは、伊勢丹限定の商品も販売される。 今までになかったカラーアイテムとの出会いだ!お気に入りのカラーを見つけてほしい。 また、男性だけでなくユニセックスで使用してほしい、レザーアイテムがラインナップ。ライフスタイルが変化する中で、キャッシュレス化が進みコンパクトウォレットが、多様になってきている。レザーグッズコーナーでは、日々変

  • 【特集】手に入るのは伊勢丹メンズ館だけ!伊・仏の名門4ブランドによる特別なシャツ&ネクタイとは?
    2020.02.17 update

    【特集】手に入るのは伊勢丹メンズ館だけ!伊・仏の名門4ブランドによる特別なシャツ&ネクタイとは?

    伝説のカミチェリア<Anna Matuozzo/アンナマトッツォ>や、世界初のシャツ専門メーカー<CHARVET/シャルベ>など、一流を知る人をも唸らせる名門が集うドレスシャツとネクタイの宝庫、メンズ館1階。今回伊勢丹メンズ館では、世界に名立たるブランドが保有するビンテージ生地やアーカイブモデルを用いた貴重なコレクションを特別にご用意。担当バイヤーが現地オーナーから買い付けた一点モノなど、選りすぐりの品々がラインナップする。これまで数々の名品を生み出し世の男性を魅了してきた名門ブランドによる、通常では手に

  • 【インタビュー】「LESS IS MORE(レス・イズ・モア)」の精神によって形造られる、<côte&ciel/コート・エ・シエル>という美しいフォルム
    2020.02.15 update

    【インタビュー】「LESS IS MORE(レス・イズ・モア)」の精神によって形造られる、<côte&ciel/コート・エ・シエル>という美しいフォルム

    モダンで都会的、そしてひと目でそれとわかる個性的なデザインで人気のラゲージブランド、<コート・エ・シエル>。そのチーフデザイナーを務める、エミリー・アルノーだ。大の親日家であり、改めて日本の自然の美しさに感銘を受けたという彼女にインタビュー。そのデザイン哲学とクリエーションのこだわりを訊くことで再確認できた、唯一無二のプロダクトの真の魅力とは? 削ぎ落とすことで広がる、フォルムという無限の宇宙。 <コート・エ・シエル>の誕生は、2008年。アップル社公認のガジェットアクセサリーを手掛けていたことでも知られ

  • 【インタビュー】世界で1本のリーバイスを“仕立てる”テーラー・山本美緒氏に訊く、「LOT No.1(ロット・ナンバーワン)」の魅力とこだわり
    2020.02.14 update

    【インタビュー】世界で1本のリーバイスを“仕立てる”テーラー・山本美緒氏に訊く、「LOT No.1(ロット・ナンバーワン)」の魅力とこだわり

    デニム界の巨人・リーバイス®が公式に手掛ける、テーラーメイドのビスポークジーンズ、「LOT No.1(ロット・ナンバーワン)」。世界でも限られた店舗でのみ行われているこの特別なサービスを、メンズ館7階=メンズオーセンティックに期間限定のオーダー会にて開催。ジーンズをビスポークするという意味やその楽しみについて、アジア初のリーバイス®テーラーである山本美緒氏にインタビューを行った。 2月20日(木)~2月22日(土)のオーダー会情報はこちら   アジア人初のリーバイス®テー

  • 【インタビュー】ジェームス・ヒーリー|香りで物語を紡ぐ英国紳士の世界観。
    2020.02.13 update

    【インタビュー】ジェームス・ヒーリー|香りで物語を紡ぐ英国紳士の世界観。

    オリジナリティあふれるモダンでエレガントな香りはもちろんのこと、洗練されたパッケージデザインでも人気を集めるフレグランスブランド、<HEELEY/ヒーリー>。そのすべてを“創造”する調香師であり、グラフィックデザイナー、起業家、そして弁護士(バリスタ―)の資格も持っているジェームス・ヒーリーに、そのインスピレーションの源やクリエーションのプロセスについて、話を訊いた。 ジェームス・ヒーリー イギリス・ヨークシャー生まれ。調香師。ロンドン大学キングズカレッジで哲学と美

  • 【特集】セットアップスーツに合わせる”大人のTシャツ”ができるまで
    2020.02.12 update

    【特集】セットアップスーツに合わせる”大人のTシャツ”ができるまで

    それは今どきのセットアップスーツをビジネススタイルで着るためのTシャツ。「ビジネスシーンに適したドレスTシャツが作りたい」というメンズ館7階を担当するバイヤーの発想からスタートし、2つのブランドの仲を取り持った。デザインや素材に加え、生産背景にまでこだわりを持つクリエイターとの出会いがあったからこそ、成し得たプロジェクトが今春、遂に結実する。 <アーミー>デザイナーの河内あゆみさん(左)と伊勢丹メンズ館7階=メンズオーセンティック・バイヤーの植松義雄(右) バイヤーが思い描いたのは、セットアップスーツに

  • 【特集】財布&名刺入れはセンスの象徴。ラグジュアリーブランドの最新レザーグッズ6選
    2020.02.12 update

    【特集】財布&名刺入れはセンスの象徴。ラグジュアリーブランドの最新レザーグッズ6選

    センスある大人は、安心感のあるブランドのものを選ぶ――ラグジュアリーブランドが手がけるレザーグッズは、ステータスや上質な素材使いだけではない本物の価値を教えてくれるもの。今回は、キャッシュレス化が進む昨今のトレンドとなっているミニ財布をはじめ、機能的に使える便利な三つ折り財布や長財布、もはやミニバッグ代わりといわんばかりにデザイン性の高いオーガナイザーなど、今の時代だからこそ選ぶ楽しみがある財布をラインナップした。 機能を備えた財布をアクセサリーとして楽しむのが2020年流 ラグジュアリーブランドのレザー

  • 【特集】バイヤーに訊いた、"新生7階"がわかる10のコト
    2020.02.12 update

    【特集】バイヤーに訊いた、"新生7階"がわかる10のコト

    これまでスーパーメンズとメンズオーセンティックを2本柱としてきた伊勢丹メンズ館の7階フロアが、この春リフレッシュオープンする。 人気ブランドを伊勢丹の別注サイズにより「着られる服がない」というアスリートなど大きい方に対応してきた4Lサイズまでのアイテムは、各フロア・各ブランドごとに対応。各フロアにて、スーパーメンズサイズの取り扱いやオーダーを承ることで、メンズオーセンティックの枠を拡大する。新ブランドのコーナーショップも新設され、イベントやポップアップも積極的に展開していくという。 今回は、2月

  • 【インタビュー】世界に放つ「山梨ジュエリー」の輝き──。ビッグコラボが絶えない<IVXLCDM>の美学
    2020.02.07 update

    【インタビュー】世界に放つ「山梨ジュエリー」の輝き──。ビッグコラボが絶えない<IVXLCDM>の美学

    日本、アジアのみならずヨーロッパなどのファッション先進国からも熱い視線を送られている、山梨・甲府発のジュエリーブランド<IVXLCDM>。国内の人気ファッションブランドのアクセサリー製作を皮切りに、立ち上げから13年目を迎える現在、コラボオファーが絶えない稀有な存在となっている。同ブランドは2月5日(水)から21日(金)にわたり、メンズ館6階=メンズコンテンポラリーにてポップアップを展開。伊勢丹では2度目となるポップアップを前に、ジュエリー業界を牽引してきた同ブランドのデザイナー、上島徹也氏にインタビュー

  • 【特集】圧倒的な存在感を示す、人気ラグジュアリーブランドのレザージャケット5選
    2020.02.04 update

    【特集】圧倒的な存在感を示す、人気ラグジュアリーブランドのレザージャケット5選

    春の訪れとともに、纏う喜びを味わう秀逸レザーJK 世界で名を馳せるラグジュアリーブランドから生み出された、手間を惜しまずこだわり抜いた名品たち。それらはブランドのメッセージ性がカタチとなって、独特の輝きと共に上質さが香り立ってくる。纏うことで得られる何物にも代え難い至福の瞬間は、男にとって格別なものだ。今回は、伊勢丹メンズ館で展開するラグジュアリーブランドから新作レザーアウターをピックアップ。その中でも注目したい5つのブランドをご紹介する。  春の訪れとともに、纏う喜びを味わう名品レザージ

  • 【インタビュー】松田智沖(ジョン ロブ ジャパン社長)|今こそ伝えたい、<ジョンロブ>の真価と新たな魅力
    2020.02.04 update

    【インタビュー】松田智沖(ジョン ロブ ジャパン社長)|今こそ伝えたい、<ジョンロブ>の真価と新たな魅力

    <JOHN LOBB/ジョンロブ>が表現する多彩な魅力と、良質な紳士靴のあり方とは。日本にて長年同ブランドを率いて来たリーダーにお話を伺った。 ジョン ロブ ジャパンの松田智沖社長 ビスポーク(オーダーメイド)メーカーとして150年以上の歴史を持ち、1981年にレディメイド(既製)靴を発表してからは、高級既製紳士靴の最高峰として君臨し続けている<ジョンロブ>。2014年からはウィメンズ&メンズファッションで活躍していたパウラ・ジェルバーゼをアーティスティック・ディレクターに迎え、従来の英国伝統の靴

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

ISETAN WATCHES
2020.10.28 update

ISETAN WATCHES

世界の名だたるハイエンドブランドからお求めやすいブランドまで、伊勢丹が厳選した約70ブランドの時計が結集。時計を楽しむ愛好家やユーザーを主役に、最新作をはじめ、ディテイルに拘りを持つ時計や機械式時計の魅力を代表する複雑機械式時計、華麗なジュエリーウォッチ、時計の魅力を広げる異分野とのコラボレーションなど、時計文化の豊かさも存分に味わうことができる。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

使い勝手のいいカーディガンで、秋の装いを考える
2020.10.26 update

使い勝手のいいカーディガンで、秋の装いを考える

朝晩の気温差が激しく、気温も天気も安定しないこの時期。着るもので上手に温度調整したいところ。そんなちぐはぐな時期にぴったりな服が、カーディガンです。今回は、Tシャツの上から羽織るだけで様になるカーディガンを軸に、秋にふさわしいコーディネートを考えます。 「カーディガン」商品一覧を見る ハイゲージできちんと見せるもよし、ローゲージで優しく見せるもよし さらっと羽織るだけで、適度なきちんと感が出せるカーディガンは、まさに大人のための万能着。ハイゲージの編み地を選べばよりシックに

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを
2020.08.26 update

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを

自粛生活中に「クローゼットの中の整理をした」というお声を多く聞きましたが、そろそろ秋冬物との入れ替えを考える時期。特に、ウールの様な天然素材のスーツやジャケット、コートは日頃のケアが長持ちさせるためのポイントです。「ウール生地は生きているので、着たら休ませることも大事。スーツは1日着用したら2日は寝かせます」という、イメージコンサルタント岩見和貴が、ビジネスウェアの日常的なケアをお伝えします。 日常ケアの手順 1.帰宅したら、まずは中身を 2.ジャケットやパンツに合うハンガーでハンギング 3.