2021.03.19 update

【特集】いま大人の男女が求める筆頭アウター<Barbour/バブアー>3大定番の魅力に迫る!

世界中から愛される定番品を数多く輩出している英国ブランド<バブアー>。同ブランドのワックスドクロスジャケットは、ついつい着たくなる、定番ならではのエターナルな魅力に溢れている。着こなしを選ばずオンオフ使えるちょうどいい着丈やデザイン、英国のロイヤルワラントブランドながら4万円台から買えるコストパフォーマンスや、メンテナンス次第で長く付き合える耐久性。そして、男心をくすぐる歴史的背景など人によって感じる魅力もさまざま。時を越え、国を越え、性別を越えて、愛され続ける<バブアー>の魅力に迫る。また、今回は中でも人気の3型「ビデイル」「ビューフォート」「ボーダー」をクローズアップし、ご紹介していく。



  1. 100年以上愛され続ける<バブアー>のはじまり
  2. 銘品「インターナショナル」「ビデイル」「ビューフォート」「ボーダー」を続々と輩出!
  3. 伊勢丹メンズのバイヤーが語る<バブアー>の魅力とイメージを一変させた「ビデイル SL」の登場!
  4. 自分色に染まるワックスドクロスの魅力
  5. サイズ選び、フィット感を<バブアー>の3大定番で徹底比較!
    1. Ⅰ.乗馬用ジャケットとして開発された「ビデイル」
    2. Ⅱ.ハンティングジャケットとして開発された「ビューフォート」
    3. Ⅲ.散策用ジャケットの「ボーダー」


100年以上愛され続ける<バブアー>のはじまり

1894年イングランド北東部のサウスシールズにて、ジョン・バブアー氏によって創業された<バブアー>。元々は生地屋ですが、悪天候の下で働く水夫や港湾労働者が着る防寒着を作るためのクロスを生み出し、それを仕立て、実用性と機能性(耐久性)を兼ね備えたアイテムを作り続けてきた。

その革新的なワックスドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、第一次、第二次世界大戦中には、高い機能性から防水服を英国軍にも供給していた。そして長年にわたる真摯なものづくりとこだわり、高品質が認められて、1974年にエディンバラ公より、1982年にエリザベス女王より、1987年にはウェールズ皇太子殿下より、イギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)の栄誉を授かっている。
 (左)クラシックフィット (右)スリムフィット
ブランドロゴと並ぶ3つのロイヤルワラント。同じ型でも「クラシックフィット」(レギュラーフィット)と「スリムフィット」ではロゴとロイヤルワラントの配置が異なる。


銘品「インターナショナル」「ビデイル」「ビューフォート」「ボーダー」を続々と輩出!

防水服として、労働者や軍への供給を続けるだけでなく、銘品と言われるアイテムを輩出してきている。1936年、ワックスドコットン製のライダース ジャケット、「インターナショナル ジャケット」を発表。1950~70年代に開催された6デイズ トライアルサーキットに出場したほとんどのレーサーやスティーブ・マックイーンも愛用し、ライダース ジャケットの代名詞となった。
バブアー
ブルゾン「インターナショナルSL」(型番:MWX1016) 66,000円
※次回入荷7月下旬以降
□伊勢丹新宿店 メンズ館7階 メンズオーセンティック

70年代に入ると、ハンティング、フィッシング、乗馬といったアウトドアを好む英国上流階級の男たちのためのアウターを次々に登場させていくこととなる。1980年に発表された「ビデイル」は乗馬用コートととして発表、1983年にはハンティング用の「ビューフォート」、同じく80年代には散策用に作られたロング丈の「ボーダー」を発表。品質もさることながら、着用する人のシーンや動き方などにしっかりとフィットし、瞬く間に人気が広がり、銘品へと昇華していくこととなった。

バブアー
(左)ブルゾン「ソルウェイジッパーSL ワックスド コットン」(型番:MWX1041) 60,500円 商品を見る 
(右)ブルゾン「スペイ ワックスドコットン」(型番:MWX1212) 57,200円
※次回入荷8月中旬以降
□伊勢丹新宿店 メンズ館7階 メンズオーセンティック/三越伊勢丹オンラインストア

また、その他に、「ソルウェイジッパー」「スペイ」「ニューバーレー」や、キルティングジャケットの「 リッズデール」など名作と呼ばれるモデルが種類豊富に存在し、多様なスタイルで時代を越えて人々を魅了し続けている。


伊勢丹メンズのバイヤーが語る<バブアー>の魅力とイメージを一変させた「ビデイル SL」の登場!

以前の同ブランドを担当していたバイヤー井波は取材をした際にこんなことを語ってくれた。
「ヴィンテージを着るようになって、古着の持つ魅力を知れば知るほどに、「ヴィンテージはデニムだけじゃないんだ」と気づかされたのが<バブアー>でした。英国・ロンドンに出張中、現地のおじさんたちが、雨が降る中、傘もささずにワックスドクロスのジャケットを着ているのを見て、「あ、そういうことなのか」と気づかされたことが特に印象的でしたね。父から子へ、子から孫へとメンテナンスを繰り返し、ぼろぼろになる寸前まで着ているのを実際に見て、良いモノを長く着ることの本当の意味を知ったような気がします。」

これこそ正に、時を越えて支持され続ける理由だろう。また、「ビデイル SL」登場時の衝撃について語ってくれた。

「今から10~20年ぐらい前の一般認識では、<バブアー>=ワックスドクロスで、“重たい、臭い、暗い(笑)”イメージでしたが、それを一変させたのが「ビデイル」のモダンフィットである「ビデイルSL」でした。私の記憶では最初、日本300着限定で発売されていたと思いますが…。「ビデイルSL」はラグランスリーブのオーセンティックなデザインに、従来モデルにはない洗練された細身のシルエットがたちまち人気となり、グローバルなモデルに発展。上品に着られるファッションアイテムとして進化を遂げています。<バブアー>のイメージをガラッと変えたのは、「ビデイルSL」を支持した日本人の美意識といってもいいのではないでしょうか。
バブアー
ブルゾン「ビデイル SL」 53,900円 商品を見る
□伊勢丹新宿店メンズ館7階 メンズオーセンティック/三越伊勢丹オンラインストア


スマートに着られる「ビデイルSL」は、“スーツの上に着るアウター”として大きな変化をもたらしました。クラシックな選択ではチェスターフィールドコートが代表的なアウターですが、フィールジャケットがスーツの上に着られるようになったのは<バブアー>の功績が大きいです。スーツの上に着られるのはもちろん、どんなボトムスとも合わせられる汎用性も高く、前からクローゼットにあったかのように着こなせる。気づいたら自分のそばにある傑作アウターなんですよね。」
気がついたら、ワードローブの中に馴染み、着続けられる1着となったのだ。変わらない良さを残しつつ、モダンフィットに変化させることで、日本人の美意識とスタイルにフィットし、魅力を更に開花させることとなった。


自分色に染まるワックスドクロスの魅力

<バブアー>のアイテムの魅力はそれぞれの型ごとに違いはあるもののは、やはり1番の魅力は、「ワックスドクロス」だ。ワックスドロスはさまざまな改良を受けて、“軽く、臭くなく、丈夫”な生地になってきているが、革靴の手入れのように、きちんとメンテナンスすれば、こんなに長く着られるものはないだろう。私たちはジーンズのエイジングは当たり前のように受け入れているが、<バブアー>のワックスドクロスも着用したらブラシをかけるなどの手入れが必要で、それを求めてくる服でもある。
 3年物のボーダーの風合い。同じ時に買っても着用する方によって異なる風合いに変化していく。

長く使うためには長く使えるクオリティがないと、付き合いも始まらないが、<バブアー>は、工業規格に則ったベストクオリティ、デザインとのグッドバランス、本物のインポートという3つのバランスを見事に成立させているのだ。メンテナンスした分だけ、あなただけの<バブアー>に育ってくれるはず。


サイズ選び、フィット感を<バブアー>の3大定番で徹底比較!

ここからは、<バブアー>の3大定番である、「ビデイル」「ビューフォート」「ボーダー」で、それぞれ、<SL(スリムフィット)>・<クラシックフィット(レギュラーフィット)>を着比べた着用感を見て頂きたい。
その歴史ある同ブランドからは、モデル名の他にも、<SL(スリムフィット)><クラシックフィット(レギュラーフィット)><OS(オーバーサイズ)>と異なるフィッティングが発売されている。(※モデルにより<OS(オーバーサイズ)>が無いモデルもございます。)

定番モデルでも、着丈の長さの違いや、モノづくりのルーツの違いから、用途に分かれた仕様となっている。
長く着る1着だからこそ、ライナーの取り外しの有無や、スーツや、ジャケットの上に羽織る事を検討したサイズ選び、リラックス感のあるゆったり目のサイズ感など、さまざまな着こなしにも対応できるようになっている為、どんなスタイリングをしたいかによって、さまざまなモデルや、フィットを着比べて、検討してほしい。
 フードは別売りで、自分のスタイルに合わせて後から追加できる。


ライナーも付られるので、秋・冬・春と3シーズン楽しめる。

バブアー女子の時代到来!


昨今トレンドになっているのが<バブアー女子>の存在だ。メンズライクの着こなしが人気という事もあるが、
女性が着るメンズの<バブアー>もまた、1つのスタイリングとして確立されてきているように思う。その為、今回は、男性3人、女性2人にそれぞれ、各メンズモデルのクラシックフィット(レギュラーフィット)とSL(スリムフィット)をそれぞれ着比べてもらった。


そもそも<SL(スリムフィット)>・<クラシックフィット(レギュラーフィット)>の違いとは?

<クラシックフィット(レギュラーフィット)>と言われる通り、昔から出している定番のサイジングであり、古着や、ヴィンテージとして出回っているのはこのフィット感がほとんどだ。

<SL(スリムフィット)>は、現代的なサイズ感に各部をコンパクト・細身に修正したモデルとなっている。
肩幅や、身頃は細くしつつも、着丈や袖丈はレギュラーフィットよりも少し長めにするなど、微調整を行っている。また、全体的なシルエットを細身にしている分、レギュラーフィットに比べて、襟も少し小ぶりになっている。この辺りも参考にしつつ、各モデルの着用例を見ていきたい。
(左)クラシックフィット (右)スリムフィット
襟の幅もスリムフィット(右)の方が狭くなっている。


Ⅰ.乗馬用ジャケットとして開発された「ビデイル」

バブアー
ブルゾン「ビデイル」(レギュラーフィット/型番:MWX0018) 53,900円 商品を見る
サイズ:32(XXS相当)~46(XXXL・3L相当)
※カラーによっては、42・44迄の作りの場合もございます。
カラー:5色 セージ、ネイビー、ブラック、ラスティック、オリーブ(型番:MWX0010)
□伊勢丹新宿店メンズ館7階 メンズオーセンティック/三越伊勢丹オンラインストア

「ビデイル」は、乗馬用に作られている為、馬に乗った時のジャケットのバランスや、風の中で走り抜けることから袖回りに工夫が施されている。肩回りは動きやすいラグラン仕様になっており、動作などに合わせたデザインに。


ジャケットの後ろ側は、両サイドに切れ目が入っており、開閉できるスナップボタンがついた、サイドベンツの仕様になっている(写真上)。現代的には、乗馬ではなく、バイクでのツーリングなどでも着用されているモデルとなっている。袖には、風を防ぐためにリブの仕様となっている(写真下)。


バブアー
(左)ブルゾン 「ビデイル SL ピーチド 」(型番:MCA0487)37,400円 商品を見る
(右)ブルゾン 「ビデイル テック カジュアル 」(型番:MCA0616)37,400円 商品を見る
□伊勢丹新宿店メンズ館7階 メンズオーセンティック/三越伊勢丹オンラインストア

実は型はそのままに春夏シーズンのアウターとして着用できるピーチスキンの「ビデイルSL」などもラインナップされている。この素材、スプリングアウターとして、丁度良い軽さと素材感であることはもちろんですが、<バブアー>の持つ、クラシックで重厚な雰囲気をうまく取り除いてくれるのだ。

「ビデイル」のクラシックフィットとスリムフィットを着比べてみました!
モデル(バブアースタッフ嶋):身長164cm 着用サイズ(クラシックフィット36/スリムフィット36)
「クラシックフィットは、ゆったりとしたシルエットのパンツとのバランスが良いです」(嶋)

(左)モデル(伊勢丹 多田野):身長161cm 着用サイズ(クラシックフィット34/スリムフィット34)
(右)モデル(バブアースタッフ竹居):身長168cm 着用サイズ(クラシックフィット38/スリムフィット40)
「クラシックフィットなら腕まわりにゆとりもあり、厚手のニットやスーツなどの上にも着用でき、別売りのライナーも使えば、長いシーズン着用できそう。」(多田野)「ボリュームのあるトップスやニットに合わせるならクラシックフィットのサイズです。」(竹居)

(左)モデル(伊勢丹 山本):身長155cm 着用サイズ(クラシックフィット34/スリムフィット32)
(右)モデル(伊勢丹 浅野):身長181cm 着用サイズ(クラシックフィット36/スリムフィット38)

「私のように身長が低い女性でも32のサイズなら着こなしやすいです。」(山本)

  <バブアー
(各写真左)ブルゾン「ビデイル」(レギュラーフィット/型番:MWX0018) 53,900円 商品を見る 
サイズ:32(XXS相当)~46(XXXL・3L相当) 
※カラーによっては、42・44迄の作りの場合もございます。
カラー:5色 セージ、ネイビー、ブラック、ラスティック、オリーブ(型番:MWX0010) 
(各写真右)ブルゾン「ビデイル SL」(スリムフィット /型番:MWX0318) 53,900円
サイズ:32(XXS相当)~44(XXL・2L相当)
カラー:4色 セージ、ネイビー、ブラック、バーク 
セージ、ブラック 商品を見る
ネイビー、バーク 商品を見る
□伊勢丹新宿店メンズ館7階 メンズオーセンティック/三越伊勢丹オンラインストア


Ⅱ.ハンティングジャケットとして開発された「ビューフォート」

バブアー
ブルゾン「ビューフォート」(レギュラーフィット/型番:MWX0017) 60,500円 商品を見る 
サイズ:34(XS相当)~42(XL相当)
カラー:5色 セージ、ネイビー、ブラック、ラスティック、オリーブ(型番:MWX0002)
□伊勢丹新宿店メンズ館7階 メンズオーセンティック/三越伊勢丹オンラインストア

「ビューフォート」は、「ビデイル」に比べやや着丈も長く、お尻まで、隠れる着丈の長さになっている。また、ハンティング用として開発されている為、後ろ裾には、左右にジップで開閉できる、ゲームポケットと言われる、ハンティングで捕まえた獲物を入れておくポケットも備わっている(写真左)。現代では、ここに、タブレットや、雑誌、新聞紙など、人によって使い方は様々だが、バッグいらずの1着としても重宝されている。

(右)クラシックフィットの袖口の仕様です。

また、ビデイルとの違いは、袖口にもあり、リブ仕様のビデイルとは異なり、クラシックフィットは、マジックテープで、スリムフィットはスナップボタンで開閉が出来る仕様になっている(写真右)。スーツや、ジャケットの上から羽織った時の袖口の収まり具合も試して頂きたい。

「ビューフォート」のクラシックフィットとスリムフィットを着比べみました!
モデル(バブアースタッフ竹居):身長168cm 着用サイズ(クラシックフィット38/スリムフィット40)



(左)モデル(伊勢丹 多田野):身長161cm 着用サイズ(クラシックフィット34/スリムフィット34)
(右)モデル(伊勢丹 山本):身長155cm 着用サイズ(クラシックフィット34/スリムフィット34)

「スリムフィットは細身になるので、トップスが薄くなる春や秋のシーズンに着用したい。肩回りもフィットして良いです。」(山本)

(左)モデル(バブアースタッフ嶋):身長164cm 着用サイズ(クラシックフィット36/スリムフィット36)
(右)モデル(伊勢丹 浅野):身長181cm 着用サイズ(クラシックフィット36/スリムフィット38)
 

「スリムフィットは腕・肩回りがスッキリ見え、女性だとなじみやすく、メリハリもでるところが良い。」(嶋)「ビデイルに比べて腰、お尻くらいまで隠れるバランスです。」(浅野)

バブアー
(各写真左)ブルゾン「ビューフォート」(レギュラーフィット/型番:MWX0017) 60,500円 商品を見る
サイズ:34(XS相当)~42(XL相当)
カラー:5色 セージ、ネイビー、ブラック、ラスティック、オリーブ(型番:MWX0002)
(各写真右)ブルゾン「ビューフォート SL」(スリムフィット/型番:MWX0658) 60,500円 商品を見る
サイズ:32(XXS相当)~44(XXL相当)
カラー:4色 セージ、ネイビー、ブラック、バーク(ブラウン)
□伊勢丹新宿店メンズ館7階 メンズオーセンティック/三越伊勢丹オンラインストア



Ⅲ.散策用ジャケットの「ボーダー」

バブアー
コート「ボーダー」(レギュラーフィット/型番:MWX0008) 64,900円 商品を見る
サイズ:34(XS相当)~40(L相当)
カラー:2色 セージ、ネイビー
□伊勢丹新宿店メンズ館7階 メンズオーセンティック/三越伊勢丹オンラインストア

ボーダーの魅力は「世界が認める生地・ワックスドコットンをまとった<バブアー>愛が止まらない!」こちらの記事で想いを語っているので、参考にして頂きたい。「ボーダー」は、「ビデイル」「ビューフォート」よりも着丈が長く、スプリングコートや、ロングコートとしての役割としても使われているモデル。ウールや、ゴム引き、コットンなど、コートの選択肢は素材によっても多岐にわたるが、オイルドのコットンのコートというのも、またワードローブに加えたい1着。レギュラーフィットと比較して、SL(スリムフィット)は、Aラインがきれいに出せるシルエットとして、バブアー女子にも人気の高いモデルとなっている。

(左上下)クラシックフィット (右上下)スリムフィット

もともと散策用に作られたため、着丈も長く腰まで隠れて温かく、内側には、左右に着脱可能なポケットもついており、昔は野草を摘んで内袋に入れていたという話も。スリムフィットの方はポケットの上の部分もスナップで留まるようになっている(写真上右)。また、袖の部分は、クラシックフィットがマジックテープに対して(写真下左)、スリムフィットはゴムとスナップボタンの仕様(写真下右)となっている。これは、「ビューフォート」の袖部分も同様である。

「ボーダー」のクラシックフィットとスリムフィットを着比べてみました!
モデル(伊勢丹 山本):身長155cm 着用サイズ(クラシックフィット34/スリムフィット34)

「Aラインのシルエットは女性のスタイルに合わせやすそうです。」(山本)

(左)モデル(伊勢丹 多田野):身長161cm 着用サイズ(クラシックフィット34/スリムフィット34)
(右)モデル(バブアースタッフ嶋):身長164cm 着用サイズ(クラシックフィット36/スリムフィット36)

「普段私服でも着用しているのがスリムフィットで、スーツの上から羽織っても綺麗にみえるところも◎」(多田野)「女性だと少し袖が長い場合も。そんなときは折って着用するのも良し。今回が外側に折ってますが、外側に折っても内側に折ってもよいですよ。」(嶋)

(左)(バブアースタッフ竹居):身長168cm 着用サイズ(クラシックフィット38/スリムフィット40)
(右)モデル(伊勢丹 浅野):身長181cm 着用サイズ(クラシックフィット36/スリムフィット38)
「僕の身長だとひざ丈くらいで短すぎず、年齢を重ねた時も落ち着いて見えるバランスの良い丈です。」(竹居)

バブアー
(各写真左)コート「ボーダー」(レギュラーフィット/型番:MWX0008) 64,900円 商品を見る
サイズ:34(XS相当)~40(L相当)
カラー:2色 セージ、ネイビー
(各写真右)「ボーダー SL」(スリムフィット/型番:MWX0534) 64,900円 商品を見る
サイズ:32(XXS相当)~42(XL相当)
カラー:3色 セージ、ネイビー、ブラック
□伊勢丹新宿店メンズ館7階 メンズオーセンティック/三越伊勢丹オンラインストア


それぞれのモデルにそれぞれのデザインで、クラシックフィットと、スリムフィットを着用。丈の長さや、フィット感によって、全体の雰囲気は、ここまで変化が楽しめる。そこがまた、<バブアー>を何着も欲しくなってしまう魅力の一つである事は間違いない。

何よりオイルドジャケットの魅力は、経年変化やエイジングなど、自身の体に馴染む事で生まれる愛着も大きいだろう。日々の手入れやメンテナンス用にワックス(オイル缶)も発売されている。購入してから育てていくジャケットとして、バブアーのアウターを是非お試し頂きたい。

オイルドジャケットを中心にご紹介したが、春夏用のバブアーとして、「テックカジュアル シェイプメモリー」や、ナイロン、ポリエルテル、コットンを使い、ブラッシュド加工を施し起毛させたピーチスキン素材の「ピーチド」など、同モデルでも、素材違いでシーズンに合わせて愉しんで欲しい。




今回着用モデル
竹居さん、嶋さん:伊勢丹新宿店メンズ館7階オーセンティック/バブアーのスタッフ
多田野:伊勢丹新宿店 カテゴリースペシャリスト
カテゴリースペシャリスト アテンドサービスのご予約はこちらから
 LINE WORKSで気軽にお問合せができます。
 友達追加はこちらから


Photograph:Tatsuya Ozawa
Text:ISETAN MEN‘S net

*価格はすべて、税込です。

*本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

お問い合わせ
伊勢丹新宿店 メンズ館7階 メンズオーセンティック
電話03-3352-1111 大代表
メールでのお問い合わせはこちら