ページトップへ
CLOSE
徒然なるモノ語り

徒然なるモノ語り

メンズ館15周年を機にリフレッシュオープンしたメンズ館7階=オーセンティックウェア。国内外のオーセンティックウェアを取り揃えるこのフロアを担当するバイヤー柴田と、マネージャー太田が独自の視点でファッションを徒然なく語ります。ストリートからヒッピー、ロック、トラッドなどのファッションを自身で体感したからこそ想う二人のファッション考をぜひお愉しみください。

  • 環境を整えて、次に着手したいこと・・・
    2018.12.09 update

    環境を整えて、次に着手したいこと・・・

    洋服が大好きだから、“変態”は褒め言葉!以前、バイヤーの柴田さんに紹介されて<ケネスフィールド>の草野健一さんとお食事させていただきましたが、草野さんから「太田さんは変態だね!」と言われたことがあります(笑)。洋服業界で“変態”は褒め言葉だと自分は思っていますが、7階には「ブランドの生き字引」のような変態がたくさんいて、実はすごいスタイリストが揃っています。このブログで紹介していきますので、こうご期待!前回までの連載はこちら7階に新たに「コの字型カ

  • 7階に新たに「コの字型カウンター」を作った理由
    2018.12.04 update

    7階に新たに「コの字型カウンター」を作った理由

    メンズ館がある新宿は、カウンター文化だ みなさん、こんにちは。メンズ館7階=オーセンティックウェアのセールスマネージャー太田です。バイヤーの柴田さんのブログと合わせて読んでいただくと、「7階の今」がわかります。ぜひチェックしてみてください。前回までの連載はこちら小物使いで紺ブレは自由に楽しめる担当バイヤー 柴田信友編はこちら 9月に7階がリモデルして、フロアの雰囲気もだいぶ落ち着いてきました。7階をマネジメントする自分が見て欲しいのは、商品は当然ですが、お客さまとのコミュニケーショ

  • 小物使いで紺ブレは自由に楽しめる
    2018.11.11 update

    小物使いで紺ブレは自由に楽しめる

    紺ブレに魔法をかけるのは、小物使いだった! 太田のブログ2回目は、7階=オーセンティックウエアの中で、“ラグジュアリーベーシック”ブランドの筆頭であり、イセタンメンズのスタッフにもファンが多い<カンタータ>をブレザーに合わせてみます。<カンタータ>と<ブルックス ブラザーズ>を代表するモデル「ミラノ(Milano)」フィットとのコーディネートは、“アメトラ崩し”の一つの指標になるかと思いますので、ぜひ着こなしのご参考にどうぞ。 前回までの

  • 紺ブレの世界観を崩さず、太田流に着てみる
    2018.11.04 update

    紺ブレの世界観を崩さず、太田流に着てみる

    紺ブレの世界観を崩さず、太田流に着てみる7階=オーセンティックカジュアル時代はご贔屓にしていただきありがとうございました。オーセンティックカジュアル改め、オーセンティックウェア セールスマネージャーの太田陽介です。担当バイヤーの柴田信友のブログでも発信させていただきましたが、メンズ館15周年に合わせて、7階=オーセンティックカジュアルが「オーセンティックウェア」に進化いたしました。柴田とは対談記事で、「なぜ今、スタイル編集フロアなのか」を語りましたが、やはり着こなしという実践でご覧いただくのが一目瞭然

  • シバタ風ワイドパンツMIXスタイル
    2018.10.27 update

    シバタ風ワイドパンツMIXスタイル

    7階=オーセンティックウェア ブログ第二回は、前回に引き続き「ブレザー」+「ワイドパンツ」の着こなしを深堀します。<ブルックス ブラザーズ>の「ミラノ」フィットを軸に、シバタ風MIXスタイルをご紹介します。前回の連載はこちら 「紺ブレ」にはじまり、「紺ブレ」におわる<ブルックス ブラザーズ>ブレザー 74,520円その他パンツ・デニムシャツ・Tシャツ・キャップ・スニーカーすべて本人私物アメトラ崩しは「パンツ」から入ってみるアメトラの重鎮<ブルックス ブラザーズ>の金ボ

  • 「紺ブレ」にはじまり、「紺ブレ」におわる
    2018.10.23 update

    「紺ブレ」にはじまり、「紺ブレ」におわる

    やっぱり<ブルックス ブラザーズ>に行き着くみなさん、こんにちは。オーセンティックウェアの担当バイヤー柴田です。いよいよブログ一発目スタートです!仕事柄いろいろな洋服、スタイルを経験してきましたが、なんだかんだでどんなときにも“金ボタンの紺のブレザー”はクローゼットにありましたね。渋カジ・キレカジ時代を象徴したアイテムですが、商品のコンセプトがしっかりしているが故に、「きちんと着崩すことができる」アイテムの代表格なんだなと改めて感じます。なかでも<ブルックス ブラザーズ>は僕の