2019.03.14 update

アメカジ愛が半端ない「オーセンティックの伝道師」登場!?

皆さまこんにちは。オーセンティックウェア マネージャーの太田です。オーセンティックウェアの濃いスタイリストを紹介する「出でよ!オーセンティックの伝道師」
毎回ブランド紹介で一つの回を費やしてしまいますが(笑)、今回は<DOUBLE RL/ダブルアールエル>の神田さんをご紹介しようと思います。
事前に明記しておきますが、今回はがっつり濃い目のとんこつラーメン級の内容になっております。気長にお付き合いいただけますと幸いです。




さて、前回のブログでご紹介した通り、熱烈なファンが多い<DOUBLE RL>。商品を陳列する棚やテーブルもヴィンテージを使用し、拘っております。ご来店時にぜひご注目ください。
*ちなみに<ポロ ラルフローレン>もかなりヴィンテージな調度品が配置されております。気になった方はぜひお声掛けください。

↓前回のブログ↓


アメカジ愛がビンビン伝わってくる、この感じ!メンズ館内でも類を見ないほど、かなり突っ走っていると思います。
やや話が反れてしまいましたが…、やはり一番拘っているのはスタイリスト!
3人いるスタイリスト全員が濃い目なので順次ご紹介したいと思うのですが、神田さんは群を抜いていると私は思います。

「これぐらいでないとお客さまに伝わらないのでは?」とも思います。やっぱり中途半端が一番良くない!
私も神田さんも居酒屋好きですが、やっぱり一癖二癖ある大将がいる店こそ、アジがあっていいですからね。(笑)

<ダブルアールエル>の商品は、不定期に入荷してくるヴィンテージアイテムなどもあるし、コレクションの一品一品の作り込みの背景にはものすごいストーリーや薀蓄が詰まっています。
気にせずさらっと着てしまってももちろん良いのですが、時計、車、本格靴などとも同じように、そのモノの背景を理解して購入すると思い入れが強くなると思います。着こなすにしても、正当に合わせる、着崩す、ミックスするとなった時に、辻褄が合った素晴らしいものになってくると思います。


…ということで、何が言いたいかというと「噛めば噛むほど味がある」商品なのでその魅力を引き出すには、相当な知識量とブランド愛が必要だということ。

因みに神田さんはヴィンテージフリークですので、自身のブランドしかり、それ以外の知識も非常に豊富。ご自身の情報も併せながらの接客ですので、ファンが増えるのも当然かと思います。
ですので、リピーターのお客さまは、商品を購入することは最終的なことであり、あくまで神田さんをはじめとしたスタイリストとの会話を楽しみにいらっしゃっているように感じます。



神田さんが身に着けているアクセサリーやハットも個性的なので、注目してみてください。

環境も見た目も、メンズ館内でこれだけ濃いショップですので、正直入りづらい部分もあるかと思いますが・・・
見た目とは裏腹に、非常にホスピタリティ溢れた接客が持ち味なのでご心配なく。

畳まれた状態より、広げて全体のデザインを見たり、触って生地の風合いや縫製を見てみる。
試着して、スタイリストのセールストークによって商品本来の魅力が伝わるのが<ダブルアールエル>だと思います。

尚、現在店頭ではブランド創立25周年を記念したリミテッドアイテムをご紹介中です。マニアには必見のアイテム。もともと好きな方も、少し気になっている方も、ぜひお手に取ってご覧になってみてください。みなさまのご来店をお待ちいたしております。




Photo&Text:Yosuke Ota

お問い合わせ
メンズ館7階=オーセンティックウエア
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら