ページトップへ
CLOSE
  • <MONTBLANC/モンブラン>|男の「旅」を彩る、トラベルコレクションが期間限定で登場
    2019.04.19 update

    <MONTBLANC/モンブラン>|男の「旅」を彩る、トラベルコレクションが期間限定で登場

    2019.04.24 - 2019.05.28

    代名詞の筆記具はもちろんのこと、タイムピースやレザーグッズで世界中のビジネスパーソンやクリエーターから支持を集める<MONTBLANC/モンブラン>がメンズ館地下1階=ラゲッジに期間限定ポップアップストアをオープン。4月24日(水)から5月28日(火)まで行われる同イベントでは、「旅」をテーマに、快適でスマートなトラベルを約束する<モンブラン>のアイテムの数々が集結。人生という「旅」を共に歩むスタイリッシュなパートナーが登場する。左:「#MY4810 キャビン4ホイール」78,840円右:「#MY481

  • <TIMEX/タイメックス>の“アーカイブ・コレクション”が期間限定登場!国内最速で「NAVI」シリーズのターンテーブルがお目見え!
    2019.04.17 update

    <TIMEX/タイメックス>の“アーカイブ・コレクション”が期間限定登場!国内最速で「NAVI」シリーズのターンテーブルがお目見え!

    2019.04.17 - 2019.04.23

    165年の歴史を持ち、アメリカの腕時計の象徴とも称される<タイメックス>がポップアップを開催!4月17日(水)からメンズ館1階では、世界でも限られた店舗だけで展開されている特別なライン“アーカイブ・コレクション”が期間限定で登場。さらに同コレクションからは、「NAVI」シリーズを自由に組み合わせて選ぶことができるターンテーブルが国内最速でお目見えする。<タイメックス>といえば、アメリカを感じさせる武骨さや、牧歌的な雰囲気をイメージする方も多いのではないか。今回登場する”

  • フレンチマニファクチュール<PEQUIGNET/ペキニエ>のCEOが来日する新作先行受注会を開催
    2019.03.30 update

    フレンチマニファクチュール<PEQUIGNET/ペキニエ>のCEOが来日する新作先行受注会を開催

    2019.04.13

    フランスで唯一、完全オリジナルのムーブメントを持つ独立系マニファクチュール・ウオッチメーカーである<PEQUIGNET/ペキニエ>。今回、伊勢丹新宿店で開催する『フランスウィーク』に合わせ、本館4階=ジュエリー&ウォッチでは、4月13日(土)にフランス本国より<ペキニエ>社CEOであるダニ・ロワイエ氏が来店。「リューロワイヤル サフィア」の先行受注を承る。魅せるデイデイト機構の「リューロワイヤル サフィア」2006年より開発をスタートし、僅か5年後の2011年に驚異のスピードで発売に至った<ペキニエ>

  • <パルミジャーニ・フルリエ>|新たなダイヤルで蘇る!「SIHH2019」で発表されたばかりの新作が登場
    2019.03.23 update

    <パルミジャーニ・フルリエ>|新たなダイヤルで蘇る!「SIHH2019」で発表されたばかりの新作が登場

    神の手を持つとも称される時計師であるミシェル・パルミジャーニ氏。複雑時計やオートマタなど、過去の名品の修復で培った彼の美意識を体現しているのが、1996年に誕生した<パルミジャーニ・フルリエ>だ。ムーブメントからケース、針にいたるまですべてを製造することが出来るよう、大手のグループに属さずに有能なサプライヤーを統合。これにより、ミシェルの発想を生かした自由な創造による時計が生み出されている。本館4階=ジュエリー&ウォッチでは、3月より<パルミジャーニ・フルリエ>がブランドラインナップに加わった。今回は同ブ

  • <PANERAI/パネライ>|新しい「サブマーシブル ブロンゾ」が定番コレクションとして登場
    2019.03.20 update

    <PANERAI/パネライ>|新しい「サブマーシブル ブロンゾ」が定番コレクションとして登場

    2010年、ブロンズ製のケースをもつダイバーズウオッチを誕生させ世界を驚かせた<パネライ>。このたび、その伝説的なクリエイションから派生し、新しいインスピレーションによって強化されたユニークな個性を発揮する「サブマーシブル ブロンゾ」が誕生。新たな定番モデルとしてラインナップに加わる。本館4階=ジュエリー&ウォッチ/パネライでは、3月20日(水)から同モデルをいち早く展示するとともに、ご予約を承り中。年間生産数を制限するモデルとなるので、ぜひこの機会をお見逃しなく。「サブマーシブル ブロンゾ」1,9

  • <MAURICE LACROIX/モーリス・ラクロア>|ファーストウオッチを選ぶなら「アイコン」シリーズを!フレッシャーズフェア開催
    2019.03.15 update

    <MAURICE LACROIX/モーリス・ラクロア>|ファーストウオッチを選ぶなら「アイコン」シリーズを!フレッシャーズフェア開催

    2019.03.20 - 2019.04.23

    1975年よりオリジナルの機械式の時計製造に着手し、優れたデザインと高い技術力により、コストパフォーマンスが高いモデルを提供している<モーリス・ラクロア>。伝統と革新を掲げ、比較的手の伸ばしやすいモデルから、自社ムーブメントを用いたマニファクチュールコレクションまで幅広いラインナップを揃えている。3月20日(水)から本館4階=ジュエリー&ウォッチで開催する<モーリス・ラクロア>フレッシャーズフェアでは、2016年の登場から高い評価を得る「アイコンオートマティック」をご購入の方に、純正のストラップをプレゼン

  • 少数生産の独立ブランド!グラスヒュッテの新鋭<MORITZ GROSSMANN/モリッツ・グロスマン>の時計とは
    2019.03.02 update

    少数生産の独立ブランド!グラスヒュッテの新鋭<MORITZ GROSSMANN/モリッツ・グロスマン>の時計とは

    これまで、メンズ館8階でご紹介してきた拘りのメンズウオッチ。今年2月からは、本館4階=ジュエリー&ウォッチに場所を移設し、より充実したラインナップが一堂にご覧いただける環境が整った。今回、そんな豊富なブランドラインナップから、ドイツの新鋭<モリッツ・グロスマン>にクローズアップし、その魅力に迫る。19世紀に活躍をした時計師、モリッツ・グロスマン。ドイツ時計学校の設立に尽力をつくすなど、グラスヒュッテにおける時計産業の歴史的な人物として記憶されてきた。2008年、そんな歴史の中に埋もれていた彼の名を冠し

  • 美しい“青色”に魅了される!メンズウオッチで手にしたいのは<GRAND SEIKO/グランドセイコー>のブルーコレクション
    2019.03.01 update

    美しい“青色”に魅了される!メンズウオッチで手にしたいのは<GRAND SEIKO/グランドセイコー>のブルーコレクション

    2019.03.01 - 2019.04.02

    <グランドセイコー>といえば“ブルー”をイメージさせるほど、バリエーション豊かな青色ダイヤルやテンパー針など、とても美しく魅力的な青色で彩られた腕時計を豊富に打ち出している。3月1日(金)から本館4階=ジュエリー&ウォッチ/グランドセイコーでは、「ブルーコレクション」と題し、<グランドセイコー>が描く多彩な“ブルー”が特徴のコレクションを期間限定でご紹介する。「SBGA377」 615,600円SSケース:直径41mm、10気圧防水、自動巻スプリングド