2018.12.23 update

コンセプトワードは、タイムレスとエイジレス


時は流れて




みなさん、こんにちは。いよいよ冬本番となりますが、防寒の準備はいかがですか??
オーセンティックウエアの担当バイヤー柴田です。前回に引き続き、新生7階について解説していきます。

7階のリフレッシュオープンで個人的に感慨深かったのは、15年前はメンズ館2階にあったブランドが7階に来たことです。時と共に成長し、今のエッセンスを打ち出すブランドが、ある意味タイムレスなビッグブランドと共存するのが、新生7階の最大の魅力だと思います。

前回までの連載はこちら

<ラルフローレン><ブルックス ブラザーズ>に加えて<ダブルアールエル ラルフローレン>を並べたのは、「モダンヴィンテージを突き詰めていくと、ヴィンテージに行き着く」わけで、<ダブルアールエル>は今風な洋服からヴィンテージまでをミックスしたブランドとしては世界最高峰の一つ。
まさにモダンヴィンテージのGOAL的な存在です。




<ラルフローレン>と<ブルックス ブラザーズ>という2大看板を備えて、展開する商品の中身でお客さまのニーズに応えるのが「良い店」の条件。そして、7階のコンセプトワードは「タイムレスとエイジレス」で、次はジェンダーレスまで行きたいと思っています。
 
Photo:TAKU FUJII

お問い合わせ
メンズ館7階=オーセンティックウエア
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら