2021.04.08 update

【完全保存版!ブランド徹底ガイド】vol.3|ジェイエムウエストン


1891年の創業以来 、卓越した職人技とタイムレスなデザインによって、パリジャンのシンボルとなっているシューズブランド<ジェイエムウエストン>。伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴のなかでもひときわエレガントで気品を放つ人気ブランドだ。

今回のブランドガイドはこの<ジェイエムウエストン>を6つのポイントに絞り徹底解析していく。知れば知るほどブランドの魅力を実感するに違いない。
 
ISETAN MITSUKOSHI LUXURYで <ジェイエムウエストン>の商品一覧を見る


  1. 1.ヒストリー編
  2. 2.プロダクト編
  3. 3.モデル編
  4. 4.フィッティング編
  5. 5.フューチャー編
  6. 6.Q&A編

 

1.ヒストリー編

ジェイエムウエストンが歩んできた歴史

1891年、エドゥアール・ブランシャール氏によってフランス リモージュ地方に靴工場を創業。その息子であるユージェーヌがアメリカ靴の製造方法に関心を示し、ボストン近郊のウエストンでグッドイヤーウェルト製法を学んだことからブランドを<ジェイエムウエストン>と名付ける。

1922年には、クルセル大通りにパリ1号店をオープン以降、その後大きく展開を広げつつ、国内はもちろん世界でも人気を博すブランドの1つとなっていく。

フランスの歴史とともに歩んできた<ジェイエムウエストン>
1944年第二次世界大戦中のシャンゼリゼ通りでパリ解放を祝う市民たちの写真には<ジェイエムウエストン>のお店が写り込んでいる。(Photo:Robert Capa)


何よりもブランドが大きく飛躍したのは、1946年に誕生したブランドのアイコンとなる「#180 シグニチャーローファー」の存在だ。1962年にはシャンゼリゼ大通りのドラッグストアにたむろする「Bande du Drugstore(ドラッグストアのギャング)」と呼ばれる若者達の”ジーンズにローファーを履く”スタイルのマストアイテムとなったことから、その世代の象徴としての地位を確立、現在もフランスの財産として歴史に深く刻まれている。

受け継がれるタイムレスな「フレンチエレガンス」


ジェイエムウエストンのシューズの特徴は、130年受け継いできた「フレンチ・エレガンス」にある。クラシックスタイルに対照的な要素を掛け合わせる事で生まれるこのパリジャンヌのスタイルが、時代を経ても色あせる事のないモデルへと繋がる。

さらに、ジェイエムウエストンのシューズは、リモージュ工場の優れた職人技を守りながら、タイムレスというテーマのもと、モデルチェンジを繰り返しながら今に至るまで進化をし続け、履く人の快適な歩行への研究をつづけている。ただの靴という定義を超え、快適なライフスタイルを実現し、毅然とした優雅さを表現する足の同伴者(コンパニオン)ととらえているのだ。


ジェイエムウエストンはこれまで幾度とアーティストを招待し、独自の解釈を加えたユニークなコレクションを発表したり、また文化的プロジェクトや分類できない作品を具現化する活動を行ってきた。

豊かな表現活動を通じて進化し続ける<ジェイエムウエストン>

*アーティスティック・イメージ & カルチャー ディレクターのオリヴィエ・サイヤール氏


2018年にアーティスティック・イメージ & カルチャー ディレクターに就任した、オリヴィエ・サイヤール氏は、ガリエラ宮パリ市立モード美術館の元館長であり、世界的なキュレーターとしての多くの展示会を手掛けてきた。同氏は、日本文化への関心も高く、イッセイ ミヤケ、ヨウジヤマモト、コム デ ギャルソンといった日本ブランドから感銘を受け、様々な表現活動を行ってきた経歴をもつ。

就任後は、プロダクツに加えブランド全体の世界観を担っており、今後のウエストン取組みも見逃せない。

 

2.プロダクト編

受け継がれるものづくりへのこだわり


ジェイエムウエストン>は自社のタンナーを持っている唯一のシューメーカー。そこでは、数百年前と変わらない伝統的な技術とベジタブル・タンニンの製法が守り続けられており、熟練された職人の手から最高の革が作られる。これがレザーソールのタイムレスな理由である。


創業から続くフランス・リモージュ地方の自社工場では、日々200名の職人が伝統を受け継ぎながら最新の機械を取り入れた靴作りを行っている。1足の靴を製作するのに、皮革の裁断、アッパーの縫合、組み立て、ツヤ出しなどの150の工程を、約2か月の歳月をかけて手作業で行う。




クラフツマンシップと歴史から受け継がれた伝統技術が最高基準の製造技術を生み出し、ひとつひとつの技術の結晶がブランドを支えている。機械的な速さを求めず、希少な職人技を大切にすることが、手作業を続けていく理由でありブランドの魅力となっているのだ。
 

 

3.モデル編

<ジェイエムウエストン>にはブランドの精神が吹き込まれた、長く愛されるアイコンモデルが多数ある。
その中でも、伊勢丹新宿店メンズ館が特に注目したい5モデルをご紹介する。


1.「#180 シグニチャーローファー」

ジェイエムウエストン>「#180シグニチャーローファー」 121,000円

商品を見る


□伊勢丹新宿店メンズ館地下1階 紳士靴/三越伊勢丹オンラインストア


ブランドを語るうえで欠かせないアイコンモデル、「#180シグニチャーローファー」は、1946年の誕生以降、数々の新作をリリースし、その存在を幾度となく美しく蘇らせてきた。

誕生から70年以上が経った現在でも同じラストを採用し、履き込む程に馴染んでいく「グッドイヤーウェルト製法」で仕上げられおり、普遍的な魅力をもつ真の定番シューズである。200を超えるフォルムを試作し現在の形へとたどり着いたシューズはレジェンドと呼ばれ、誕生以来、今も長く愛され続けている。

ここがポイント!
1.程よい履き口の広さがあるデザインは、大人の色気を醸し出す。オンオフ選ばず履けるのが魅力。

2.洗練されたミニマルなデザインにエレガントなシルエット。

3.外くるぶしがあたらないように絶妙なバランスがとられた設計
4.洗練されたアウトレザーソール。
 


2.「#641 ゴルフ」

ジェイエムウエストン>「#641 ゴルフ」 137,500円

商品を見る


□伊勢丹新宿店メンズ館地下1階 紳士靴/三越伊勢丹オンラインストア

1955年の誕生以来、メゾンを象徴する「#641 ゴルフ」。その快適さと堅固な構造で、何十年にもわたり注目を浴びてきた。伝統的な技術と職人技によって仕上げられた一足は、多様化したすべてのスタイルに溶け込む銘品。

ここがポイント!
1.つま先の立ちあがりにゆとりを持たせながらも、土踏まずから甲にかけてのフィット感が高い設計。快適な履き心地を実現している。
2.ノーズの優しくほどよい丸みとモカのバランスがまさにタイムレスなシルエットを描いている。

3.職人が作るモカの縫い目の美しさと、主張しすぎない完璧なコバのフォルムが上品さを保ち、ドレススタイルにもマッチする。
4.全天候型で対応可能なアウトソールが、あらゆるシーンで履ける定番の汎用アイテムに。


3.「#300 キャップトゥオックスフォード」

ジェイエムウエストン>「#300 キャップトゥオックスフォード」 137,500円
□伊勢丹新宿店メンズ館地下1階 紳士靴
 

本物の<ジェイエムウエストン>クラシックで丸みを帯びた形のスクエアトゥオックスフォードで、モダンで都会的な外観を与えている。


4.「#677 ハントダービー」

ジェイエムウエストン>「#677 ハントダービー」 385,000円
□伊勢丹新宿店メンズ館地下1階 紳士靴

まさに<ジェイエムウエストン>のクラシックスタイルの代表作ともいえる、時代を超え変わることのない「#677 ハントダービー」。蝋引きの麻糸、手縫いの縫製、アッパーの縫合、専用の道具を用いた穴開けといった特徴はこの靴にすべてを捧げた職人たちによって受け継がれてきたもの。靴底を飾る伝統のノルウィージャンウェルト製法は高い防水性と比類ない耐久性を約束している。


5.「#705 サイドゴアブーツ」

ジェイエムウエストン>「#705 サイドゴアブーツ」176,000円
□伊勢丹新宿店メンズ館地下1階 紳士靴

緻密に計算されたパターンの特別なシングルピースのレザーで仕立てらたモデル。象徴的なセンターのクリースラインは、職人の卓越した手仕事が成す、最大の魅力。無駄のないフォルムの美しい一足だ。


 

4.フィッティング編

 同一モデルで最大6つのウィズバリエーション


<ジェイエムウエストン>の魅力の1つは他のシューズブランドでは類を見ない、そのウィズバリエーションにある。




<ジェイエムウエストン>のシューズはほとんどのモデルがC・D・Eのウィズを揃えている。さらにローファーに関しては、1つのモデルに対してAからFまで6つのウィズバリエーションを揃えているというから圧巻だ。これは、特殊な足型に悩む方にもできるだけ足に近いサイズを選び快適な歩行をして欲しいというブランドの考え方が生きており、さらにオーダーサービスでは左右のサイズ違いの購入も可能だ。

したがって店頭に来店されたお客さまには、まず初めに専門のスタッフが足を計測し、一人一人の足の形に合ったサイズ選びをご案内している。



サイズおよび刻印の意味

靴の内側に刻印されている文字は、それぞれ意味があり、知っていればサイズやモデル選びの際に活躍する。今後ヴィンテージ物などに出会ったら、ぜひチェックしてみて欲しい。


①②製造番号
③木型(ラスト)
④革(レザー)
⑤モデルNo
⑥ソールの種類
⑦サイズ
⑧ウィズ

 


 

5.フューチャー編

 

<ウエストンヴィンテージ>が繋ぐ未来への取り組み


*新しく生まれ変わった<ウエストン・ヴィンテージ>のシューズ

創業時よりシューズの耐久性を誇り、数々のモデルを発表してきた<ジェイエムウエストン>が、2020年に新たな取り組みとしてスタートさせた「Weston Vintage(ウエストン・ヴィンテージ)プログラム」。そのプログラムによって誕生したアイテムが満を持して2021年4月より販売スタートする。
*2021年4月7日伊勢丹新宿店メンズ館にて先行販売がスタート。

不要となった<ジェイエムウエストン>のシューズを伝統の職人技により再生され<ウエストン・ヴィンテージ>として新たな命が吹き込まれるこの活動は、シューズに第二の人生を与える、軌跡のリレーとしてスタートした。これはサステナビリティの一環として時代を超えた象徴的なスタイルを新世代に継承する<ジェイエムウエストン>だからこそ実現できたことだ。

【関連記事】人生とともに継いでいく、<J.M. WESTON>の現在・過去・未来


 

6.Q&A編

ジェイエムウエストンを履いてみたいけれど、、と、伊勢丹メンズ館の紳士靴でも、お客さまからよくいただく同ブランドのお問い合わせ内容をQ&A形式でご紹介する。

店頭には、専門のショップスタイリストがおり、いつでもご質問にお答えできるので、ぜひ気軽にお問い合わせいただきたい。

Q.J.M.WESTONはキツいサイズを選んで履くものですか?――


A.当然足を痛めることを推奨している訳ではない分、ひどくキツいサイズはおすすめ致しません。その為にショップでは、きちんと計測をする工程がありますので、その点はまずご安心下さい。

しかし製法によっては靴内部の沈みもある点や革の馴染みを含めて考えると、「ジャストサイズ」(きついと感じるサイズ)をご提案する事は多いです。もちろんフィット感のお好みによって選び方は異なる分、正解は所有される方によって変わってきます。特にローファーの場合は足を抑える面積が紐靴よりも少ない分、物理的にわずかに抜ける感触は起こり得る可能性がございます。したがってある意味「履きやすい」分「脱ぎやすくもある」点に回帰するのは、ローファーの自然な形ではないかと思います。

無理のないサイズで、ご自身の好みに合わせたサイズ選びをして頂くのが一番ではないでしょうか。


Q.J.M.WESTONのサイズ表記の基準は?――


A.J.M.WESTONの場合、イギリス・アメリカ・イタリアのサイズ等の表記とは異なります。

専用の計側器により、かかとからつま先の実寸を測り、その値を基準としてフィッティングを行います。
しかしながら、モデル・木型により特徴が大きく分かれるため、ほとんどのモデルが計測値通りのサイズに当てはまることはありません。例えば通常イギリスサイズUK6.5を履いている方が「#180シグニチャーローファー」を選ぶと5.5Dがぴったり、「#641 ゴルフ」では5.5Eや6D等になるケースなどはよくあります。

そのため、お持ちのシューズのサイズは一つの基準となりますが、どちらかと言えば「目の前のお靴の履き心地」を大事にされた方がぴったりの一足が見つかると思います。


Q.どのぐらいで馴染みますか?――


A.強いて申し上げるとすれば、週一回数時間ほどの着用で2ヶ月ほどで馴染んでくるのではないかと思います。

これは個人差が大きい点と、「馴染む」定義が個々で異なるため、具体的な数値化は非常に難しいのが正直なところです。もちろん選んだサイズ感や靴下の厚さ、体格、歩行距離などの要素が関わってくるので大まかな目安として考えていただければと思います。


Q.修理メニューにはどんなものがありますか?価格、期間は?――


A.カカト部分のパーツ交換、つま先の補強、ライニング革当て、オールソール交換、ソックシート交換などのメニューを取り揃えております。(他にも複数種類あり)
*トゥースチール付けは未使用状態に限り取付可。ハーフラバー(半張り)はございません。

・つま先補強:6,600円
・カカト交換:7,150円から
・オールソール:27,500円から(グッドイヤーは33,000円から)
*納期:通常1.5〜2か月程。
*基本的に純正外で修理がある場合はお受け致しかねます。


Q.サイズはいくつからありますか?


A.定番モデルであれば男性サイズで約23〜23.5cm程から、ウィズ(横幅)に関してはそれぞれご用意があり選択可能です。(ウィズ:「#180シグニチャーローファー」=A~F、「#641 ゴルフ」=B~Eなど)

尚、男性用の最小サイズではどうしてもゆとりが出てしまう方が、男性用より細身の女性用の同モデル(別木型)の方が足に合い、お買い求め下さることもよくあります。

また最大サイズに関しては、国内店舗の在庫で29cm程のご用意がございます。それ以外のモデルですと、個々に在庫状況が異なるため、改めてお問い合わせいただければ幸いです。


Q.トゥースチール(つま先の補強)は付けた方が良いですか?


A.お好みで分かれるところですが、付けずとも問題はないと思います。

もちろん取付も可能ですが、少々滑りが出る場合や、歩行時に特有の音が鳴る場合もあるため、その点は注意が必要かと思います。*トゥースチールは未使用状態に限り取付可能です。

序盤一定の減りはございますが、ソールにしなりがついてくると減りは鈍化していく事が多いですし、減りが出てきてからでも革もしくはゴムにて補強が可能です。

 


 

三越伊勢丹のラグジュアリーオンラインストアのお知らせ

三越伊勢丹のラグジュアリーオンラインストア「ISETAN MITSUKOSHI LUXRY」では、<ジェイエムウエストン>の取り扱いを4月7日(水)より開始。オフィシャルサイト以外では初出店となる同ブランドの商品一覧はこちらから。

 



 【関連記事】<ジェイエムウエストン>|「ウエストン・ヴィンテージ」が国内先行で販売開始となるポップアップストアがオープン!

イベント情報
<ジェイエムウエストン>ポップアップ
  • 開催期間:4月7日(水)~4月20日(火)
  • 開催場所:伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーション

*「ウエストン・ヴィンテージ」のシューズは、靴の状態に個体差があります。実物のサイズ感をご確認ください。

 

 

紳士靴Instagram:@isetanmens_shoes

Photo:Tatsuya Ozawa

*本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。


お問い合わせ
伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
電話03-3352-1111 大代表
メールでのお問い合わせはこちら