ページトップへ
CLOSE
  • 暖色系の変則的なレジメンタルタイで描く“春夏の個性派”Vゾーンとは
    2019.05.21 update

    暖色系の変則的なレジメンタルタイで描く“春夏の個性派”Vゾーンとは

    □シャツ<フェアファクス> 17,280円□ネクタイ<フランコバッシ> 14,040円■メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ*その他は参考商品です。数シーズンにわたってドレススタイルのトレンドに浮上しているグレー。Vゾーンは寒色系ではなく、このオレンジ&ブラウンのような暖色系ネクタイを選ぶと、グッと旬なスタイルに。Vゾーン作りの鉄則の一つである「スーツとネクタイの調和をシャツが橋渡しする」ことに忠実に、茶のボールドストライプのシャツにすると、より洗練されたイメージをアピールできる。

  • グレー×暖色系ネクタイが示す“好感度アップ”のVゾーン
    2019.05.17 update

    グレー×暖色系ネクタイが示す“好感度アップ”のVゾーン

    □シャツ<フォナモレ> 37,800円□ネクタイ<アトリエ エフアンドビー> 14,040円■メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ*その他は参考商品です。グレーのスーツやジャケットを着るとき、Vゾーンを寒色系やモノトーンでまとめると冷たい印象を与えるが、暖色のネクタイなら、グレーの額縁がギュッと締まって、コミュニケーション豊かな人間に見える効果がある。オレンジベースのパープルのレジメンタルタイにピンクボディのクレリックシャツを合わせたことで、ネクタイのえぐみをシャツのピンクで中和。明るいVゾーンが

  • “ネイビー×パープル”の相性の良い色で、ブリティッシュな香り
    2019.05.14 update

    “ネイビー×パープル”の相性の良い色で、ブリティッシュな香り

    □シャツ<フェアファクス> 17,280円□ネクタイ<シャルベ> 25,920円■メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ*その他は参考商品です。パープルベースのレジメンタルタイは単独で見ると嗜好性を強く感じるが、ジャケットのネイビーとチェックとの調和に加えて、クレリックシャツのボディのブルーストライプと、白のラウンドカラーがまさに三位一体のハーモニーを奏でる。ネイビーを額縁にしてトレンドカラーのパープルを中央に据えることで、モダンなブリティッシュな香りを放つ。お問い合わせメンズ館1

  • 秋冬にかけてトレンド確定の“ネイビー”で演出する新鮮Vゾーン
    2019.05.11 update

    秋冬にかけてトレンド確定の“ネイビー”で演出する新鮮Vゾーン

    □シャツ<ルイジボレッリ> 54,000円□ネクタイ<ドレイクス> 20,520円■メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ*その他は参考商品です。ネイビーベースのチョークストライプのダブルブレストジャケットのVゾーンには茶系やネイビーのネクタイを合わせるのがスタンダードだが、今年の秋冬にかけてトレンドとして浮上してくるネイビーブームを先取りして、レジメンタルタイをチョイス。玉虫調のネクタイは緯(よこ)糸に色糸が入っているので、無地感覚に近いトーンで合わせられて、ジャケットとタイのネイビーの色味の調

  • ブラウン×パープル、ピンク×パープルの好相性を重ね合わせる
    2019.05.09 update

    ブラウン×パープル、ピンク×パープルの好相性を重ね合わせる

    □シャツ<フォナモレ> 37,800円□ネクタイ<ターンブル アンド アッサー> 20,520円■メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ*その他は参考商品です。スーツを着るときに「ジャケットやシャツの色を拾ってネクタイを決める」のは鉄則の一つだが、ジャケットのブラウンとネクタイのパープル、シャツのピンクとネクタイのパープルと好相性同士を重ね合わせるのもVゾーンの手法の一つ。<スティレ ラティーノ>の人気ジャケット「レオ」ならではのクラシコ感を、クレリックシャツのピンクとネクタイのハーモニーで、ツイスト

  • トーナル(中間色)を意識しながら気品あるVゾーンを構築
    2019.05.04 update

    トーナル(中間色)を意識しながら気品あるVゾーンを構築

     □シャツ<ルイジ ボレッリ> 54,000円□ネクタイ<ステファノ カウ> 14,040円■メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイ*その他は参考商品です。ブラウンスーツを粋に着るための奥義の一つは、「トーナル(くすんだ中間色)を意識して、グラデーションを作る」こと。スーツのブラウン、ネクタイのブラウン、カーキ、生成り、シャツの白というグラデーションを意識することで、誰にでも着こなせるコーディネートが完成する。<イセタンメンズ>のスーツは広めのラペルが人気のフィレンツェモデルで、玉虫感のあ

  • トレンド感あるVゾーンは「レジメンタル回帰」―――。トラッド復活を新鮮な気分で演出
    2019.05.04 update

    トレンド感あるVゾーンは「レジメンタル回帰」―――。トラッド復活を新鮮な気分で演出

    本連載では5月のテーマとして“レジメンタルタイ”を使ったコーディネートを提案してく。ドレスシャツ・ネクタイのバイヤーの渡部は、「ピッティでもレジメンタルタイを締めている人が増え、これまで小紋やペイズリー柄などで遊んでいた人たちがレジメンタルに回帰。一躍ファッションの第一線に躍り出た印象があります」と注目するほど。それを反映する形で、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイでは今シーズン、レジメンタルのカラーバリエーションが豊富にラインナップ。シルク、シャンタン、ガルザ(ガーゼ)など素材

  • 「V-STYLE」──1分で学べる紳士の遊び Vol.2
    2019.04.19 update

    「V-STYLE」──1分で学べる紳士の遊び Vol.2

    メンズ館スタイリストがお手本。着こなしはVソーンで決まる!──伊勢丹新宿店メンズ館のスタイリストは日々、それぞれの個性に合わせ、感性で選んだ渾身のVゾーンメイクをしている。それを紹介する「Vゾーンの流儀」は、ISETAN MEN'S netで連載している人気企画だ。この4月からは同企画とPRESIDENT STYLE(https://style.president.jp/)がコラボし「V-STYLE」として、イマドキ感のあるVゾーンメイクのテクニックを更新していくのでお楽しみに。Photo :