ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】今、着たいニット⑩|知る人ぞ知る名品アランニットといえば<イニシュマン>の真骨頂
    2018.11.21 update

    【特集】今、着たいニット⑩|知る人ぞ知る名品アランニットといえば<イニシュマン>の真骨頂

    マフラー・コートと並んで冬の装いに欠かせないのが、ソフトな肌触りと温もりを感じるニットだ。スタイリッシュに着こなせる、贅沢な素材使い、職人の手仕事を堪能できるニットなど、「今、着たいニット」をメンズ館から選りすぐり、ブランドごとにご紹介する。【特集】今、着たいニット 関連記事はこちらからニット 38,880円アラン諸島の伝統名産品「アランニット」 「アランニット」と聞いて「個性的な網目模様」を連想した方は、かなりのニット通。さらに、ブランド<INIS MEAIN/イニシュマン>と、ロ

  • 【特集】今、着たいニット⑨|クオリティとクリエイティビティを感じる<カポビアンコ>のニットアウター
    2018.11.17 update

    【特集】今、着たいニット⑨|クオリティとクリエイティビティを感じる<カポビアンコ>のニットアウター

    マフラー・コートと並んで冬の装いに欠かせないのが、ソフトな肌触りと温もりを感じるニットだ。スタイリッシュに着こなせる、贅沢な素材使い、職人の手仕事を堪能できるニットなど、「今、着たいニット」をメンズ館から選りすぐり、ブランドごとにご紹介する。【特集】今、着たいニット 関連記事はこちらからニットブルゾン 57,240円 ご購入はこちら着心地の良さを徹底的に追求するファクトリーブランド2018年秋冬のニット特集のラストを飾るのは、イタリアの老舗ニットウエアブランド<CAPOBIANCO/カポビアンコ

  • <Kei MACDONALD/ケイ マクドナルド>|オールハンドで編み上げる、ふっくらとした温もり感じるニット小物
    2018.11.16 update

    <Kei MACDONALD/ケイ マクドナルド>|オールハンドで編み上げる、ふっくらとした温もり感じるニット小物

    2018.11.14 - 2018.11.20

    今年8月に初のポップアップを開催した<ケイ マクドナルド>が、再びメンズ館に登場!11月14日(水)から、メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具には、ハンドで編み上げるマフラーとニット帽をご紹介いたします。手前・奥 29,160円(ウール)/中央 51,840円(カシミヤ)デザイナー自身の名を冠して1997年にスタートした、ニットブランド<ケイ マクドナルド>。同氏が得意とするハンドニットは、機械を一切使用しない“オールハンド”で製作されており、手編みならではの温もりが感

  • 【インタビュー】<saki et show/サキ エ ショウ>石田早姫&石田翔|受け継がれる"ル・メートル"のDNA
    2018.11.14 update

    【インタビュー】<saki et show/サキ エ ショウ>石田早姫&石田翔|受け継がれる"ル・メートル"のDNA

    イベント情報<saki et show>帽子プロモーション□11月21日(水)~27日(火)□メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具<saki et show/サキ エ ショウ>は、 石田早姫と石田翔のユニットで手がける帽子ブランド。姉弟デザイナーとしてこの春デビューしたばかりだ。2人の祖父は、日本の帽子デザイナーの草分け的存在であり、伝説の「モディスト(*帽子デザイナーの意)」とも「ル・メートル(*巨匠の意)」とも呼ばれた平田暁夫氏である。1960年代にパリに学び、高級注文服・オートクチュール

  • <DENTS/デンツ>|"チラ見え"カラーが洒脱な、三越伊勢丹限定グローブが登場!
    2018.11.14 update

    <DENTS/デンツ>|"チラ見え"カラーが洒脱な、三越伊勢丹限定グローブが登場!

    2018.11.14 - 2018.11.27

    1777年創業、メンズ館でもロングセラーを誇る英国のグローブブランド<デンツ>が、11月14日(水)から、メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にてプロモーションを開催。会期中は、三越伊勢丹限定モデルをはじめ、通常展開の無いグローブなどを一堂に揃えるほか、ご購入いただいた方へのスペシャル特典もご用意する。手に吸いつくような着け心地のペッカリー革は、おろし立ては美しい光沢をもち、長く愛用すればまた違った味わい深さが楽しめる。上/75,600円(ペッカリー革/裏地:カシミヤ)下/51,840円(羊革/裏地:

  • 【特集】今、着たいニット⑧|世界最古のニットブランド<ドルモア>が丁寧に作る格上のカシミヤニット
    2018.11.12 update

    【特集】今、着たいニット⑧|世界最古のニットブランド<ドルモア>が丁寧に作る格上のカシミヤニット

    マフラー・コートと並んで冬の装いに欠かせないのが、ソフトな肌触りと温もりを感じるニットだ。スタイリッシュに着こなせる、贅沢な素材使い、職人の手仕事を堪能できるニットなど、「今、着たいニット」をメンズ館から選りすぐり、ブランドごとにご紹介する。【特集】今、着たいニット 関連記事はこちらからニット 各41,040円<ドルモア>の代名詞は、シームレスニット1770年にスコットランドで創業した“最も古いニットブランド”として知られる<Drumohr/ドルモア>。現在はイタリア生産

  • <ELMER BY SWANY/エルマー・バイ・スワニー>|メンズ館初登場!アメリカ発グローブブランドが、ポップアップを開催
    2018.11.09 update

    <ELMER BY SWANY/エルマー・バイ・スワニー>|メンズ館初登場!アメリカ発グローブブランドが、ポップアップを開催

    2018.11.07 - 2018.11.13

    ダウンアウターに合うスポーティーなグローブがメンズ館にお目見え!11月7日(水)から、メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具では、グローブブランド<エルマー・バイ・スワニー>のポップアップを開催。会期中は、メンズ館限定モデルと合わせてフルラインナップをご紹介します。グローブ 左 12,960円・右 10,800円<エルマー・バイ・スワニー>は、アメリカ最大のグローブ産地である「グラバーズ ビル」で、グローブ職人だったエルマー・リトルの“モノ作り”に対する想いを引き継いだブランド。彼

  • デザイナー尾崎雄飛さんと歩く「秋のメンズ館」#3|男の定番品から最先端のものまで安心して買い物が出来る場所
    2018.11.09 update

    デザイナー尾崎雄飛さんと歩く「秋のメンズ館」#3|男の定番品から最先端のものまで安心して買い物が出来る場所

    ファッションブランド<SUN/kakke / サンカッケー>を手がける尾崎雄飛さんがナビゲートする秋の「メンズ館散歩」。リモデルした7階からスタートし、ビジネスアイテムが揃う5階、世界の一流品が並ぶ4階、新進クリエーターが競う2階、さらに「シャツとネクタイ、ファッション雑貨も見たい」と1階を巡り、「ミックスコーデの〆はやはり足元」と地下1階=紳士靴へ。そこで、新進気鋭のビスポークシューメーカーが作った靴と出合ってしまいました!*前回の散歩の模様はこちらから関連記事はこちらから ▶【インタビュ