ページトップへ
CLOSE
  • <SAWA VAUGHTERS/サワ ヴォーターズ>|2017年秋冬コレクションのポップアップ開催!11月25日(土)・26日(日)はデザイナーも来店
    2017.11.21 update

    <SAWA VAUGHTERS/サワ ヴォーターズ>|2017年秋冬コレクションのポップアップ開催!11月25日(土)・26日(日)はデザイナーも来店

    2017.11.22 - 2017.11.28

    オリジナリティに富んだユニセックスのデザインで人気を集める帽子ブランド<サワ ヴォーターズ>が、11月22日(水)からメンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にて、ポップアップを開催。期間中の11月25日(土)と26日(日)の2日間は、デザイナーによるコンサルティング販売を行います。イギリスを代表する帽子デザイナーStephen Jones氏に師事し、同氏のアトリエで有名メゾンブランドのコレクションハットの制作に従事していた経歴を持つ、デザイナーのヴォーターズ・サワ氏。2007年、自らのブランド<サワ ヴォータ

  • <SEAWARD & STEARN/シーワード&スターン>|本国から特別にご用意したマフラーがラインナップ――創業者によるトランクショーを開催
    2017.11.19 update

    <SEAWARD & STEARN/シーワード&スターン>|本国から特別にご用意したマフラーがラインナップ――創業者によるトランクショーを開催

    2017.11.25

    英国ならではのクラシカルなスタイルに、独創的な柄とカラーリングを施したタイやスカーフなどを展開する<シーワード&スターン>が、11月25日(土)にメンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にて、マフラーのトランクショーを開催。ブランドのデザイナー兼ディレクターであるマーク・スターン氏を迎え、通常メンズ館ではお取扱いのない色柄を揃え、バリエーション豊富にご紹介します。2002年にロンドンで創業し、タイを中心に、マフラーやシャツ、ジャケットなどを展開する<シーワード&スターン>。創業者であるマーク・スターン氏とギャリ

  • あたかも皮膚のようにフィットする、快適
    2017.11.14 update

    あたかも皮膚のようにフィットする、快適

    地球温暖化で気温が上昇しようとも、紳士の装いに手袋は欠かせない。身に着ける人の手にジャストフィットしたそれは、帽子はもちろんのこと、ステッキや傘とも相性がよい。スマホ以上に手袋を自宅に忘れたことを悔やむようになれば、貴方も立派に紳士の仲間入りだ。 Photo:Bettmann/Getty Images 紳士に必須なグローブ ダンディの始祖ボウ・ブランメルは、「完璧な紳士は一日に6回手袋を替えるものだ」と豪語している。もっとも19 世紀初頭の紳士のマナーは、女性の前で素手を出すことを禁じていた。握手なども

  • <mausau/マウサウ>|機械では表現できない手仕事ならではの温もり――デザイナーが来店するポップアップ開催
    2017.11.12 update

    <mausau/マウサウ>|機械では表現できない手仕事ならではの温もり――デザイナーが来店するポップアップ開催

    2017.11.15 - 2017.11.21

    糸の染色をはじめ、すべてをデザイナー自らの手作業で仕上げ、「人の手の温かさ」にこだわった帽子を展開する<マウサウ>が、11月15日(水)からメンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にてポップアップを開催。期間中は、手仕事だから表現できる暖かみのあるニットキャップを豊富にラインナップするほか、イニシャルサービスを行います。 ニットキャップ 各21,600円 デザイナーのmasako氏によって2003年にスタートした<マウサウ>は、「ヨーロッパの審美眼」「日本の繊細な美しさ」に感銘を受け、何のジャンルにも当てはまら

  • <KOJI YAMANISHI/コウジヤマニシ>|帽子ひとつで”いつものスタイリング”に個性を――新作コレクションが並ぶポップアップを開催
    2017.11.10 update

    <KOJI YAMANISHI/コウジヤマニシ>|帽子ひとつで”いつものスタイリング”に個性を――新作コレクションが並ぶポップアップを開催

    2017.11.08 - 2017.11.14

    デザイナー自らが世界各地を旅した中で得た体験やインスピレーションをもとに、独創性溢れる帽子を制作する<コウジヤマニシ>が、11月8日(水)からメンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にてポップアップを開催。冬の装いに相応しい、今シーズンのコレクションがラインナップします。デザイナーが手にとり触れたこだわりの素材をもとに、選び抜かれた素材の特徴を最大限に引き出し、独自の感性と色彩感覚で個性と遊び心が盛り込まれた同ブランドの帽子は、“身に着ける喜び”を体現。情熱を込めて作品名が付けられた、ひ

  • <suzusan/スズサン>|日本の"絞り"技術に世界中のメゾンが注目!――ストールからレディ トゥ ウエアが揃うポップアップを開催
    2017.10.31 update

    <suzusan/スズサン>|日本の"絞り"技術に世界中のメゾンが注目!――ストールからレディ トゥ ウエアが揃うポップアップを開催

    2017.11.01 - 2017.11.14

    400年の歴史をもつ伝統技術「有松鳴海絞り」を継承しながら、ドイツを拠点にコレクションを展開する<スズサン>が、11月1日(水)からメンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にてポップアップを開催。会期中は、ストールからウエアまでバリエーション豊富なアイテムが揃うほか、伝統技術の“絞り”の実演を行います。 伝統を守り抜くため、しなやかに変化した「有松鳴海絞り」とは 江戸時代より、名古屋の有松地区に伝わる染色技法「有松鳴海絞り」は、「括る、縫う」といった素朴な仕事を通して、浴衣や着物などに繊

  • <gris home/グリ オム>|2日間限定、帽子パターンオーダー会&新作プロモーション開催!デザイナーも来店
    2017.10.30 update

    <gris home/グリ オム>|2日間限定、帽子パターンオーダー会&新作プロモーション開催!デザイナーも来店

    2017.11.04 - 2017.11.05

    制作のすべての過程をデザイナーが手がける帽子ブランド<グリ オム>が、11月4日(土)と5日(日)の2日間、メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にて2017年秋冬新作プロモーションと、デザイナーの内山グリ氏が来店する帽子パターンオーダー会を開催します。 左:ハット 23,760円 右:ハット 23,760円 デザイナーの内山グリ氏がデザインから素材選び、仕上げまでを手がける同ブランド。パターンはすべて立体裁断でおこない、美しいラインを最大限に引き出すために、芯地だけでも数種類を使用。スタイリッシュな雰囲気で

  • <MITSUBOSHI 1887/ミツボシ 1887>|今年のストールはカップル・夫婦・親子でシェア!“素材の個性”を引き出した新作が登場
    2017.10.30 update

    <MITSUBOSHI 1887/ミツボシ 1887>|今年のストールはカップル・夫婦・親子でシェア!“素材の個性”を引き出した新作が登場

    2017.11.01 - 2017.11.07

    明治20年に創業し、テーラーやラグジュアリーブランドにも生地を提供する高級生地メーカー、三星毛糸によるテキスタイルブランド<MITSUBOSHI 1887/ミツボシ 1887>が、11月1日(水)からメンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にてポップアップを開催。2017年秋冬は「SHARE」をテーマに、カップルや夫婦、親子でシェアできるストールをご紹介します。 ダブルシルクストール 各34,560円 「Let the Materials Do the Talikng(素材を楽しむ生活)」をコンセプトに、日常の

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY SHOP NEWS
2019.10.21 update

MEN'S CONTEMPORARY SHOP NEWS

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】伊勢丹メンズ館の「オーダーシャツ」が他とはちょっと違う理由
2019.10.21 update

【特集】伊勢丹メンズ館の「オーダーシャツ」が他とはちょっと違う理由

伊勢丹新宿店メンズ館のオーダーシャツ「イセタンメンズカスタムオーダー」がこの春、大幅にリニューアルされた。衿型や生地のバリエーションの拡大はもちろんだが、最大の特徴はタブレット端末を使用した受注方法に変わり、2着目以降はお客さまが、専用サイトのマイページにアクセスすれば、WEB上からでも購入できる点にある(https://isetanmensorder.mistore.jp/shirt)。今回は、新たにリリースされた同システムの内容を公開。長年手がけてきたカスタムオーダーシャツで培ったノウハウをもとに、理

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

「最も多い靴修理メニュー 5選」 紳士靴修理のプロが実例と共に解説
2019.10.22 update

「最も多い靴修理メニュー 5選」 紳士靴修理のプロが実例と共に解説

新しい靴を買ったら、皆さんはそのままおろして履きますか?メンズ館地下1階=紳士靴にあるシューケアコーナーにそのまま持ち込んで、ソールに「ハーフラバー」を貼り、つま先に「スチール」を必ず付けるというお客さまが増えているそう。メンズ館地下1階=紳士靴のシューケアコーナーは「リペア工房RESH./リッシュ」が担当していますが、今回は職人歴13年目の山田さんに、実際どんな靴修理の依頼を承っているのか伺いました。 「ほぼ元通りにする」をコンセプトとするリッシュの特徴とは ハイクオリティ&スピーディーをモットー