ページトップへ
CLOSE
  • <増永眼鏡>|一度は手にしたい“老舗”の一本!新作から定番までを一挙ラインナップ
    2018.12.25 update

    <増永眼鏡>|一度は手にしたい“老舗”の一本!新作から定番までを一挙ラインナップ

    2018.12.26 - 2019.01.15

    1905年、“眼鏡産業の祖”とされる増永五左衛門が、のちに眼鏡の生産で名を馳せることとなる福井で創業した<増永眼鏡>。日本の眼鏡産業を牽引してきた職人技術は、今や国内はもとより海外でも高く評価されている。12月26日(水)から1月15日(火)までの期間、メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスでは<増永眼鏡>にフォーカス。2019年の新作をお披露目するほか、バリエーション豊かなアイウエアの数々をご用意する。 【インタビュー】<増永眼鏡>増永宗大郎|皇室献上品を現代に蘇らせる「半

  • <LAFONT/ラフォン>|仕事も休日も!お洒落メガネでファッションに差をつける
    2018.12.01 update

    <LAFONT/ラフォン>|仕事も休日も!お洒落メガネでファッションに差をつける

    2018.11.28 - 2018.12.25

    トレンドに左右されることのない、繊細なフレンチデザインと独特のカラーが人気のパリのアイウエアブランド<ラフォン>。メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスでは12月25日(火)までの期間、ブランドをクローズアップしご紹介中。個性を引き立て冬の気分を盛り上げてくれるアイウエアを、豊富なバリエーションをにり揃えている。 1923年、フランス・パリで創業した<ラフォン>。3代目の若きフィリップ・ラフォンと、テキスタイルデザイナーだった妻のロランスが初めてオリジナルコレクションを発表。その豊かな才能から生まれる

  • 海外のメガネ愛好家から圧倒的な支持を受けるアイウエアブランド<MATSUDA/マツダ>
    2018.11.16 update

    海外のメガネ愛好家から圧倒的な支持を受けるアイウエアブランド<MATSUDA/マツダ>

    2018.10.31 - 2018.11.27

    メガネの聖地、福井県鯖江市で一貫して生産される<マツダ>のアイウエア。メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスでは、11月27日(火)まで、新作モデルも含め、バリエーション豊富に紹介中だ。アイウエアの歴史上最も影響力のあった伝説的なデザイナーの一人である松田光弘が生んだアイウエアブランド<マツダ>は、海外向けのアイウエアとして1967年に誕生。80~90年代に一世を風靡し、その後アメリカのデザインチームによって2011年に再生を果たした。繊細な彫刻模様とパーツの複雑さで海外から高い評価を得る同ブランドは、

  • Style completed with sunglasses #8|秋冬らしい深みあるカラーレンズがレトロな表情をプラスする<TOM FORD/トム フォード>のサングラス
    2018.09.14 update

    Style completed with sunglasses #8|秋冬らしい深みあるカラーレンズがレトロな表情をプラスする<TOM FORD/トム フォード>のサングラス

    メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具へラインナップされた『サングラス』。豊富なブランドバリエーションから、スタイリストおすすめのサングラスをブランドごとに、全8回に渡って紹介。第7・8回目は、秋冬の装いにもマッチするようなサングラスを取り上げる。Style completed with sunglassesの最後を飾るのは、世界中のセレブレティに愛されるTマークが代名詞<TOM FORD/トム フォード>。近年ファッションとしての需要が増え通年通して欠かせないアイテムとなっているが、その中でも秋冬らしい薄い

  • Style completed with sunglasses #6|ヴィンテージテイストを凝縮した<GUCCI>のサングラス
    2018.08.31 update

    Style completed with sunglasses #6|ヴィンテージテイストを凝縮した<GUCCI>のサングラス

    メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具へラインナップされた『サングラス』。デザイナーズブランドから、アイウエア定番ブランドまで約15ブランドを揃え、その中から好みのデザインや掛け心地などを比較・選べるのも魅力の一つではないだろうか。この豊富なブランドバリエーションから、スタイリストおすすめのサングラスをブランドごとに、全7回に渡って紹介する。第6回目の今回は、<GUCCHI/グッチ>のサングラスをピックアップ。1921年位創立した<グッチ>だが、現デザイナーであるアレッサンドロ・ミケーレは最も<グッチ>を知り

  • 知っているようで意外と知らない、サングラス&メガネの基本のお手入れ方法。
    2018.08.15 update

    知っているようで意外と知らない、サングラス&メガネの基本のお手入れ方法。

    日常的に使うアイウェアは案外汚れてしまうもの。長持ちさせるためにも簡単なお手入れを知っておくことで気持ち良くメガネやサングラスをかけたいですよね。今回は、知っているようで正しくケアできていない人が多い、デイリーケアの基本をメンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスの担当スタイリストが伝授。家庭で簡単にできるレンズ&フレームのお手入れ方法を伺いました。 教えてくれる人杉山 聖嗣さんメンズ館8階=イセタンメンズ レジデン/アイウェア担当スタイリスト     Q1. メ

  • 日本ならではの匠の技とデザインが融合したアイウエア、<MASUNAGA designed by Kenzo Takada>
    2018.08.13 update

    日本ならではの匠の技とデザインが融合したアイウエア、<MASUNAGA designed by Kenzo Takada>

    日本の老舗アイウエアブランド<増永眼鏡>と、ファッションブランド<KENZO>の創業者 高田賢三氏とコラボレーションした、アイウエアがメンズ館8階=イセタンメンズ レジデンスにお目見え。8月21日(火)まで、プロモーションを開催中だ。 <MASUNAGA designed by Kenzo Takada>アイウエア プロモーション□8月1日(水)~21日(火) □メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス 1905年に福井の土地に地場産業を築く夢を実現するために増永五左ヱ門氏が創業して以来、日本のメガ

  • Style completed with sunglasses #4|ユニセックスで使える<CELINE/セリーヌ>のミニマムで洗練されたサングラスたち
    2018.07.20 update

    Style completed with sunglasses #4|ユニセックスで使える<CELINE/セリーヌ>のミニマムで洗練されたサングラスたち

    夏のファッションマストアイテムとして定着しつつある『サングラス』が今季より、メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具へラインナップされた。デザイナーズブランドから、アイウエア定番ブランドまで約15ブランドを揃え、その中から好みのデザインや掛け心地などを比較・選べるのも魅力の一つではないだろうか。この豊富なブランドバリエーションから、この夏おすすめしたいサングラスをブランドごとに、全7回に渡って紹介する。第4回目となる今回は、フランスのラグジュアリーファッションブランド<セリーヌ>の商品をクローズアップ。パリの靴

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

東京・丸の内のメンズストア<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>
2020.04.01 update

東京・丸の内のメンズストア<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>

東京・丸の内に伊勢丹の新しいメンズストア<イセタンサローネ メンズ>。三越伊勢丹初となる路面メンズファッションセレクトストアは、丸の内・仲通りと、4車線ある馬場先通りの交差する角にあります。 営業時間変更のお知らせ 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当店では営業時間短縮の期間を下記のように延長、下記の土・日は臨時休業日とさせていただきます。 お客さまには大変なご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いたします。 4月10日(金)までの平日の営業時間:午前11時~午後7時 【3月31日(火)、4月1日(水)・2日(木)・3日(金)・6日(月)・7日(火)・8日(水)・9日(木)・10日(金)】 4月4日(土)・5日(日)・11日(土)・12日(日)は臨時休業日とさせていただきます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】世代を超えて人気が広がる「バラクータ G9」という傑作アウター
2020.04.01 update

【特集】世代を超えて人気が広がる「バラクータ G9」という傑作アウター

世界中のショートブルゾンのベースとなった「バラクータ G9」は永遠の定番だ。機能美が際立つシンプルかつ完成されたデザインも、大人から支持される理由の1つ。時代が変わっても彼らの強い味方であり続ける<バラクータ>は、後世に伝えていきたい、残していきたいと思えるブランドの筆頭だ。今回は、数々の服に袖を通してきた伊勢丹メンズ館のバイヤーに、今だからこそ理解できるその魅力について語ってもらった。 「バラクータ G9」の本当の魅力がわかるとき 井波 亮メンズ館7階=メンズオーセンティック バイヤー

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の