ページトップへ
CLOSE
SOUL CAMP 2018 at ISETAN

SOUL CAMP 2018 at ISETAN

2015年から日本で開催されている都市型ミュージックフェス「SOUL CAMP」が伊勢丹新宿店に登場!本企画では、従来より密接な関係にある「ファッション」と「アート」の繋がりにフォーカス。さまざまなジャンルで活躍するアーティストをキュレーションし、紹介していく。

  • Vol.09 TM Paint|コンプレックスも愛くるしく。B級の美学
    2018.09.15 update

    Vol.09 TM Paint|コンプレックスも愛くるしく。B級の美学

    ISETAN MEN'S netにて新たに始まった連載企画「ART UP by International Creators」。本企画では、従来より密接な関係にある「ファッション」と「アート」にスポットを当て、様々なアーティストをキュレーション&紹介していく。最後となる第9弾は、パンクやメロコアを中心とした国内外のミュージシャン、バンドのジャケットやライブのポスター、フライヤーなどを手がけるTM Paint。中目黒のカフェ、FRAMESにて開催されていたグッズなども含めた雑貨屋型アート展「THE-B-MA

  • Vol.08 上岡拓也|合理的な絵
    2018.09.15 update

    Vol.08 上岡拓也|合理的な絵

    ISETAN MEN'S netにて新たに始まった連載企画「ART UP by International Creators」。本企画では、従来より密接な関係にある「ファッション」と「アート」にスポットを当て、様々なアーティストをキュレーション&紹介していく。第8弾は「Blackeyepatch」、「Sasquatchfabrix.」、「John's by JOHNNY」などのファッションブランドへのデザイン提供、店舗のインテリアや商品パッケージのデザインまでもこなすアーティスト/デザイナーの上岡拓也。音

  • Vol.07 西山茉希|あれも欲しい、これも欲しい、欲張りな絵
    2018.09.12 update

    Vol.07 西山茉希|あれも欲しい、これも欲しい、欲張りな絵

    ISETAN MEN'S netにて新たに始まった連載企画「ART UP by International Creators」。本企画では、従来より密接な関係にある「ファッション」と「アート」にスポットを当て、様々なアーティストをキュレーション&紹介していく。第4弾として登場するのは、ファッション・モデル、タレントとしても活躍する西山茉希。二児の母としての顔を持つ彼女だが、近年ではその絵の才能にも大きな注目が集まっている。今回は彼女の絵描きとしての側面にフィーチャー。そのバックボーンを探ることに。 イベ

  • Vol.06 ESOW|東京・下町発信のストリートアート
    2018.09.12 update

    Vol.06 ESOW|東京・下町発信のストリートアート

    ISETAN MEN'S netにて新たに始まった連載企画「ART UP by International Creators」。本企画では、従来より密接な関係にある「ファッション」と「アート」にスポットを当て、様々なアーティストをキュレーション&紹介していく。第7弾は日本のストリートカルチャー、そしてグラフィティカルチャーの初期から第一線で活躍するペインターのESOWが登場。8月に鵠沼海岸に位置するスタジオ・レオンにて開催していた個展に在廊していた彼を訪ね、様々なことを訊いてみた。口数少なげながらも、その

  • Vol.05 Yohaku|妖怪とヒップホップ。相容れないもの同士の融合
    2018.09.10 update

    Vol.05 Yohaku|妖怪とヒップホップ。相容れないもの同士の融合

    ISETAN MEN'S netにて新たに始まった連載企画「ART UP by International Creators」。本企画では、従来より密接な関係にある「ファッション」と「アート」にスポットを当て、様々なアーティストをキュレーション&紹介していく。第5弾は城下町の趣も残す「小江戸」としても知られる川越出身のペインターでありBudamunkの作品のアートワークを手がけるなど、国内ヒップホップ・シーンとも繋がりが深いYohaku。和テイストとヒップホップ、ストリートカルチャーを融合させる彼の作品は

  • Vol.04 Ly|頭で生み出す、モノクロの世界に住むモンスター
    2018.09.10 update

    Vol.04 Ly|頭で生み出す、モノクロの世界に住むモンスター

    ISETAN MEN'S netにて新たに始まった連載企画「ART UP by International Creators」。本企画では、従来より密接な関係にある「ファッション」と「アート」にスポットを当て、様々なアーティストをキュレーション&紹介していく。第4弾として登場するのは、白と黒、そしてグレーで都会的かつ幻想的な風景、さらに記名性の高い独特の怪物を描くペインターのLy。「臭わないのと、発色加減、マットな質感が気に入ってます。そして缶のデザインも可愛い」と語る愛用のペンキ「HIP」を取り扱ってい

  • Vol.03 NOVOL|人との出会い、繋がりから生まれる絵
    2018.09.08 update

    Vol.03 NOVOL|人との出会い、繋がりから生まれる絵

    ISETAN MEN'S netにて新たに始まった連載企画「ART UP by International Creators」。本企画では、従来より密接な関係にある「ファッション」と「アート」にスポットを当て、様々なアーティストをキュレーション&紹介していく。第3弾として登場するのは、DJ MUROやGADOROらの作品のアートワークも手がけるペインター/デザイナーのNOVOL。人間性溢れる人物画だけでなく、様々な企業やアパレル・ブランドともコラボを果たし、アパレルから食品ラベル、カレンダーなどなど、様々

  • Vol.02 Hideyuki Katsumata|タブーを超える、無限の想像力
    2018.09.07 update

    Vol.02 Hideyuki Katsumata|タブーを超える、無限の想像力

    ISETAN MEN'S netにて新たに始まった連載企画「ART UP by International Creators」。本企画では、従来より密接な関係にある「ファッション」と「アート」にスポットを当て、様々なアーティストをキュレーション&紹介していく。Hirottonに続いて第2弾として登場するのは、妖怪や宗教的なモチーフを、独特の和テイストのタッチで描き出すHideyuki Katsumata。人気キャラクター「hanautah(ハナウタ)」をはじめ、海外でも人気を博すペイント・アーティストであ

  • Vol.01 Hirotton|明日がないつもりで描け!
    2018.09.05 update

    Vol.01 Hirotton|明日がないつもりで描け!

    2018年秋は「グラフィティー」を特集。1970年代にニューヨーク州ブロンクスのストリートシーンにおいて、スプレーやフェルトペンなどを用いて壁や電車などに落書きすることから始まったと言われるグラフィティーカルチャー。近年では「リーガル・ウォール」と呼ばれる街の壁を清掃し、合法的な壁画キャンバスとして生まれ変わらせる活動も広まるなど、日本国内でも徐々に社会の中での認知が高まり、人々の生活へと溶け込んでいる。今回は9月12日(水)より、17日(月・祝)まで開催される『SOUL CAMP 2018 a

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

ISETAN MEN'S の「Vゾーンの流儀」~ネクタイとシャツが印象を変える~
2020.03.27 update

ISETAN MEN'S の「Vゾーンの流儀」~ネクタイとシャツが印象を変える~

伊勢丹新宿店メンズ館のスタイリストが、毎月旬なテーマごとに“Vゾーン”のコーディネートをお届けするコーナー、「Vゾーンの流儀」。『皆さん、今日のVゾーンはどんなテーマでコーディネートしましたか?』ここでは、メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイのスタイリストが、シャツとネクタイの基本的な合わせ方から、難しいと思われがちな柄同士やトレンドを取り入れたコーディネートなど、多彩なVゾーンコーディネート術を日々ご紹介していきます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ビジネスシーンに使える!
2020.03.27 update

【特集】ビジネスシーンに使える!"今どきスーツ"に似合う「白Tシャツ」5選

ジャケットのインナーとして使えるのは、断然「白T」 ビジネススタイルの多様化が進んで、ネクタイ着用が求められない職場が増え、足元もスニーカーを推奨する企業も増えている。そういう変化を背景に、カジュアルに着用できるセットアップが春夏のワードローブの主役に躍り出ているのは周知の通り。スタイリングはTシャツをインナーにして、ストレッチやジャージー素材など、旬の機能性素材を使ったスーツとセットアップ感覚で着るのが定番になってきている。 旬の機能性素材を使ったセットアップスーツには、ドレスシャツ

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の