ページトップへ
CLOSE
  • <dunhill/ダンヒル>|英国ファッションの二面性を表現──真の“洗練さ”をテーマとした2019年秋冬コレクションが登場。
    2019.07.30 update

    <dunhill/ダンヒル>|英国ファッションの二面性を表現──真の“洗練さ”をテーマとした2019年秋冬コレクションが登場。

    1839年の創業以来、英国モダンラグジュアリーの象徴として愛されてきた<ダンヒル>の2019年秋冬コレクションが、メンズ館4階=メンズラグジュアリーに登場した。 *写真はイメージです。 今季のコレクションは、伝統と破壊、フィールドとストリート、英国文化の気ままな側面と社会に根付く階級意識といった、英国ファッション文化の二面性を様々なカタチで落とし込んでいる。80年代の英国スローン族に象徴されるカントリーテイストを取り入れたシティスタイルに、日本古来のファッション要素を融合するなど新たな解釈で表現された

  • 冬の着こなしを際立たせる"一流の手袋"5選
    2018.12.22 update

    冬の着こなしを際立たせる"一流の手袋"5選

    一流のコートには、一流のグローブを――コートのボタンを留める、ベルトをギュッと締める、そして最後の仕上げとしてグローブを手にはめる。コートを着る季節になったら、手元を男らしく演出するグローブにもこだわりたい。外出時に手を温めるのはもちろん、コートの胸ポケットに挿すとグッとオシャレ度がアップする名脇役だ。メンズ館で扱うグローブブランド<デンツ>のペッカリー革の世界的な定番から、今季らしいスタイリングにフィットするデザイン性の高いラグジュアリーなグローブまでをピックアップした。 防寒性と男らしさを兼ね備える

  • <dunhil/ダンヒル>|上品な艶が美しい、英国老舗のレザーグッズは経年変化も愉しめる──『Duke』コレクションに新作が登場!
    2018.12.17 update

    <dunhil/ダンヒル>|上品な艶が美しい、英国老舗のレザーグッズは経年変化も愉しめる──『Duke』コレクションに新作が登場!

    英国ラグジュアリーの象徴として愛される老舗<dunhil/ダンヒル>。そのニューアイコンとして人気を集める『Duke(デューク)』コレクションが、この2018年秋冬シーズンから、よりシンプルでコンテンポラリーなデザインへと昇華し再登場した。   左/デューク ポシェット 233,280円右/デューク ラージ ジップフォリオ 200,880円 "質実剛健"という言葉にふさわく、細部にまで息づくクラフツマンシップ、品格漂う美しい佇まいはそのままに、クリエイティブ・ディレクター マーク

  • Quintessentially British──英国の真髄ブランドを求めて
    2017.03.12 update

    Quintessentially British──英国の真髄ブランドを求めて

    私たちがいま堪能している洋服や小物の原形は、英国発祥のものが非常に多い。伝統に軸足を置きつつ、新しい変化を感じさせる。英国が誇るものづくりの真髄がここにある。   <スマイソン>左・トートバッグ 159,840円(38×36×14cm)右・ラウンドジップ長財布 70,200円(9×20×2cm)■メンズ館1階=メンズアクセサリー 気分を軽快にする春のレザーアイテム ロイヤルワラントの3つをすべて賜るトータルアクセサリーブランドのスマイソン。188

  • 1

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

みんなが知りたいメンズスキンケアAtoZ #イセタンコスメンズ
2019.11.18 update

みんなが知りたいメンズスキンケアAtoZ #イセタンコスメンズ

“男性特有の肌悩み”を多角的に解決するのが『#イセタンコスメンズ』。スキンケア・グルーミング・ヘアケア・フレグランスアイテムの役割や使い方を詳しく解説。さらに、新作情報・スタイリストのおすすめメンズスキンケアアイテムをご紹介する他、メンズビューティコンシェルジュによる深堀りコラムも連載。メンズスキンケアの疑問に幅広くアプローチしたコンテンツを発信します。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集|インタビュー】稀代のファブリッククリエイターが牽引、“機能服”のパイオニア<C.P.COMPANY/C.P.カンパニー>がこれからもスペシャルである理由
2019.11.18 update

【特集|インタビュー】稀代のファブリッククリエイターが牽引、“機能服”のパイオニア<C.P.COMPANY/C.P.カンパニー>がこれからもスペシャルである理由

ミリタリーウェアの機能性を日常的なカジュアルウェアへと落とし込み、“ガーメントダイ(製品染め)”という技法を考案したといわれる<C.P.カンパニー>。自社製品のファブリックに並々ならぬこだわりを見せるこのイタリアンブランドにおいて、“ファブリッククリエイター”という最重要職を担うステファノ・ポラト氏にインタビュー。<C.P.カンパニー>は他ブランドとどこが異なり、なぜ創設から半世紀を経てもなお“特別”であり続けられるのだろうか──。

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

[イメージコンサルティングサービス]仕事用のスーツばかりで、年相応の自分に似合うカジュアルウェアを探しています。
2019.11.21 update

[イメージコンサルティングサービス]仕事用のスーツばかりで、年相応の自分に似合うカジュアルウェアを探しています。

メンズ館の専任スタイリストが、お客さまのパーソナルカラー、体型、雰囲気、キャラクターなどを総合的に判断し、トータルイメージをプロデュースする無料のサービスが「イメージコンサルティングサービス」です。 その専任スタイリストの一人「カテゴリースペシャリスト」としてお客さまをご案内する関川 晃彦は、“カジュアル”を主に担当するイメージコンサルタントです。 ここでは、イメージコンサルタント関川の得意分野についてご紹介します。   イメージコンサルタント 関川 晃彦