ページトップへ
CLOSE
  • 【TOKYO MEN'S FES 2016 オープン速報②】本館6階はさまざまなライフスタイルを通じて“男の幸せ”が見つかる場所
    2016.09.22 update

    【TOKYO MEN'S FES 2016 オープン速報②】本館6階はさまざまなライフスタイルを通じて“男の幸せ”が見つかる場所

    旬のファッションに限らず、グルーミング=男性美容のコーナーや、靴磨き職人が腕を振るう「シューケアアーケード」、Microsoftのsurface、YAMAHAのカスタムバイク、+Styleからはデジタルガジェット、そして出張写真館の「いとう写真館」など、ライフスタイル全般にわたって、「男である100の幸福。」を提示するのが本館6階会場です。9月25日(日)までスペシャルイベントも多数行なわれるので、お見逃しなく!関連記事・【オープン速報①】本館7階は人気ショップと「未来に残したいマスターピース」が大集合!

  • 「モノ博」名物、ナウのれんの世界を堪能できるトークショー開催!
    2016.09.20 update

    「モノ博」名物、ナウのれんの世界を堪能できるトークショー開催!

    2016.09.24

    ついに開幕した「TOKYO MEN'S FES 2016」。本館6階=催物場会場の一角には、モノ博でお馴染みの雑誌「Begin/ビギン」のブースが登場!ブース内には、皆さまと傑作モノとのご縁をガッチリ結ぶ「ビギンいいモノ大社」が出現。「ビギン」にちなんだマル秘なモノがまつられたこのお社で、どんないいモノと出会えるのかは来てからのお楽しみ♪さらに、いいモノ大社の境内には、人気連載「居酒屋ナウのれん」のイラストでお馴染みの赤提灯が出現!!傑作モノを眺めながら、ビールや乾きモノで一杯やれちゃう、ファン垂涎のコー

  • 【TOKYO MEN'S FES 2016】"あの老舗"から"新進気鋭のあのショップ"までが伊勢丹に出現!
    2016.09.20 update

    【TOKYO MEN'S FES 2016】"あの老舗"から"新進気鋭のあのショップ"までが伊勢丹に出現!

    9月20日(火)から本館6・7階=催事場を中心に行われる「TOKYO MEN'S FES 2016」は、"男である100の幸福"をキーワードに、イセタンメンズが新たに仕掛ける大型メンズフェス。メイン会場となる本館6階・7階=催事場では、国内外の有力ブランドがこの企画のために用意した別注アイテムが揃うイセタンメンズが編集したスペシャルショップのみならず、歴史もコンセプトもセレクトもまったく異なる個性溢れる"ザ・セレクトショップ"との協業が実現!他に類を見ない特別な催しとなる。それぞれの名店がこのフェスのため

  • 男を磨くあらたな習慣を体感できるコーナー「男の花園」が登場
    2016.09.19 update

    男を磨くあらたな習慣を体感できるコーナー「男の花園」が登場

    男だって美しくなることが許される幸福。 ━━━イセタンがいまどきの男性に提案する「男である100の幸福。」。本館6階=催物場では頭からツメ先まで男を磨く「男の花園」が登場!!ヘアスタイリングやフェイシャルケア、ネイルケアとプロフェッショナルたちが「男の美」をアドバイスしていきます。すでにケアをしているかたはもちろん、興味はあるけど何をどうしたらいいか分からないというかた、ぜひこの機会に体験してみては?東京・四谷を拠点に122年続く老舗人気サロン「KINOSHITA GAIEN EAST STREET」のト

  • 【インタビュー】長谷川裕也|靴磨き職人を子どもがなりたい職業に
    2016.09.18 update

    【インタビュー】長谷川裕也|靴磨き職人を子どもがなりたい職業に

    スーツに身を包み、カウンター越しに靴を磨くBrift H(ブリフトアッシュ)をオープンしたのは2008年のことだった。路上すれすれからはじまった長谷川裕也の夢が具現すると、追いつき追い越せで切磋琢磨する若手もあらわれた。いまの目標をたずねたら、「子どもがなりたい職業にあげてもらうこと」といった。 「Brift H(ブリフトアッシュ)」を主宰する靴磨き職人の長谷川裕也氏 ブリフトアッシュは日本一高い靴磨きの店です。1,500円からスタートして、2011年のリニューアルを期に2,400円、そしてこの5月には4

  • 【インタビュー】靴磨き職人・井上源太郎|まだ足りぬ、学び学びてあの世まで。
    2016.09.16 update

    【インタビュー】靴磨き職人・井上源太郎|まだ足りぬ、学び学びてあの世まで。

    誰もがみとめる日本最高峰の靴磨き職人、井上源太郎。通称、源さん。70歳を超えたいまもホテルオークラでその腕前を惜しみなく発揮し、多くの顧客を魅了している。ところが源さんは開口一番いうのだった。靴磨きは奥深いものじゃないよ、と。下町特有の照れの文化をたっぷりとご堪能あれ。1945年。ぼくは疎開先の茨城の防空壕で産声をあげた。神田にあった井上の呉服店は空襲で焼失して、おやじは戦後、商売を替えました。はじめて履いた革靴は高校の入学祝いでおやじに買ってもらったもの。お代は忘れもしない1280円。そのころは朝霞のキ

  • 国内外の総勢49ブランドが別注した、未来に残したい"男"のマスターピースが大集結!
    2016.09.09 update

    国内外の総勢49ブランドが別注した、未来に残したい"男"のマスターピースが大集結!

    9月20日(火)から本館6・7階=催事場を中心に行われる「TOKYO MEN'S FES 2016」は、"男である100の幸福"をキーワードに、イセタンメンズが新たに仕掛ける大型メンズフェス。なかでもメンズ館2階=インターナショナル クリエーターズにて取り扱う国内外の有力ブランドがこの企画のために用意した別注アイテムが揃う本館7階会場では、イセタンメンズが編集するスペシャルショップをはじめ、"あの老舗"から"今話題のあの店"が特別にショップインショップで参戦するなど、他に類を見ない特別な催しとなる。関連記

  • いとう写真館|写真の原点・モノクロで映し出す、今、一番大切な家族との肖像
    2016.09.09 update

    いとう写真館|写真の原点・モノクロで映し出す、今、一番大切な家族との肖像

    大好きな家族の前で、しかめっ面してなくていい幸福 ――これまでとは違う、新しい時代の、新しい男のための幸福のかたちにフォーカスする「TOKYO MEN'S FES 2016」で、今しかないご家族との時間を写真に残しませんか?写真家の伊東俊介氏による出張写真館「いとう写真館 in TOKYO MEN'S FES 2016 」が9月24日(土)と25日(日)の2日間、登場します。 普段は使用できない伊勢丹館内での撮影もOK!写真家の伊東俊介氏が日本各地に移動して行う「出張写真館」は、銀塩モノクロフィルムで撮影