ECCO/エコー|最先端のイノベーションに一目惚れ

 


<エコー>を薦める人
田畑智康
メンズ館地下1階=紳士靴バイヤー。入社14年目で、うち13年間で紳士靴を担当。地域店やプライベートブランドのバイヤー、セールスマネージャーを経て現職。お客さまもスタイリストも心から楽しめるお買場をつくることが今の目標。座右の銘は「我が人生、後悔先に立たず」。今を精一杯楽しみ、生きる事がモットー。



田畑
<エコー>は他のメーカーと違う点が2つあります。まず、アッパーなどに使う革を自社で生産・製造していて、高品質なレザーを使えるのが最大の強みです。自社使用の他にラグジュアリーブランドに卸したり、AppleのiPhoneカバーに使われるほど信頼を得ています。
福田 <エコー>の革は本当に良いですね。一日履くと良さが分かります。


田代 例えるなら、<コール ハーン>の革は手に取った瞬間に良さが分かり、<ジェオックス>は履いて数時間後に良さが分かり、<エコー>はじっくり良さが伝わってくるという感じですね。
田畑 もう一つの魅力は製法です。スニーカーはほとんどがアッパーとソールを貼り合わせるセメント製法ですが、<エコー>はソールの形状に合わせた金型にソールの素材を流し込む「FLUIDFORM™」製法での一体成型になっています。
福田 「ECCO ST.1」に施された丁寧なレザーウェルトはその証しになっています。


<エコー>「ECCO ST.1 HYBRID Plain Toe Tie」33,480円
ダービーシューズに現代のテクノロジーが融合した、オンオフ問わず活躍するハイブリッドな一足。衝撃吸収テクノロジーを踵部に搭載し、軽量なポリウレタン素材を使用した一体成型製法と、しなやかに屈曲するアウトソールとの3層構造で、画期的な履き心地を実現。


田畑 一般的なセメント製法はアッパーとソールを貼り合わせるためにフラットな形状にせざるを得ませんが、FLUIDFORM™製法は足型に合わせてミッドソールを作ることができるので、底面にフィット感が生まれます。
谷口 ベストセラーモデルの「SOFT8」はシンプルでかっこいいデザインで、この一足がきっかけになって「スーツにスニーカーを合わせる着こなし」を楽しまれる方が大勢います。硬めのソールで長く歩いても疲れにくいのも人気のポイントですね。


<エコー>「ECCO SOFT8 Mens Byfold Sneaker」28,080円
ECCO DNAを象徴するクラシックカルなコンテンポラリースニーカーSOFT8。土踏まずにフィットするアナトミカルシェイプのラスティング、プレミアムなレザーのライニング、取り外し可能なレザー張りのインソールなど、快適な履き心地にも一切の妥協がないレザースニーカー。



田畑 福田さんと一緒に<エコー>の工場視察に行きましたが、まさにテクノロジーが詰まった靴が生まれてくる場所でした。
福田 伝統的なカーフクラストアニリン染めのレザーを纏った「VITRUS」と、モールド開発から生まれたインレイソールのマッチングなど、見どころも満載でした。
田代 <エコー>のすごいところは、ビスポーク職人の技術の域をテクノロジーで実現しているところですね。いわば、「クラフツマンシップを大事にするために効率化している」とも言えます。
福田 高度な技術力と開発力を背景にして、革靴好きも納得できる履き心地を提供してくれます。
田畑 メンズ館のお客さまを見ていると、グッドイヤーウェルト製法の履き心地が好きな人は<エコー>の靴が好きなんですよね。テクノロジーが生み出した上質な履き心地をぜひ多くのお客さまに知ってほしいですね。

NEXT>Camper®/カンペール|幅広い世代から高い支持

 




■ ▼ 世界的な本格靴メーカーが作るスニーカーに注目
    ▼ 1.COLE HAAN/コール ハーン|スーツ×スニーカースタイルのパイオニア
    ▼ 2.GEOX/ジェオックス|ファッション性を高めた“伊勢丹別注”に注目
    ▼ 3.ECCO/エコー|最先端のイノベーションに一目惚れ
    ▼ 4.Camper®/カンペール|幅広い世代から高い支持