2019.08.17 update

【特集】通勤におすすめ、スーツに合うビジネススニーカー決定版!──機能&実用性が詰まった厳選4ブランド(1/5)


テーブルの上に一堂に揃ったのは、最新のビジネススタイルに適した4ブランドのスニーカーだ。クールビズでネクタイを外し、シャツがカットソーになり、スーツが機能性素材やシアサッカーなど涼感素材になって、足元にはスニーカーが定番になってきたが、メンズ館地下1階チーフバイヤーの福田は、「スポーツメーカーのスニーカーは特定のスポーツ目的のための靴なので、スーツやセットアップには、歩く、働くなど、ライフスタイルの中で普通に履けるように作られているスニーカーがマッチします」とアドバイス。見た目にスマートで、履くとコンフォートなビジネススニーカー選びのポイントは、ズバリ“イノベーション”だ。




■ 
1.COLE HAAN/コール ハーン|スーツ×スニーカースタイルのパイオニア
    ▼ 2.GEOX/ジェオックス|ファッション性を高めた“伊勢丹別注”に注目
    ▼ 3.ECCO/エコー|最先端のイノベーションに一目惚れ
    ▼ 4.Camper®/カンペール|幅広い世代から高い支持

 





左から、メンズ館地下1階チーフバイヤーの福田、紳士靴アシスタントバイヤーの谷口、同担当バイヤーの田畑、ISETAN MEN'S net編集長の田代

 

世界的な本格靴メーカーが作るスニーカーに注目

 

「スーツにスニーカーを合わせても大丈夫ですか?」――昨今、そんなお客さまが増えている。

「ブランドロゴやアイコニックなモチーフが目立つスニーカーはオフに履くので、オンは“ドレス顔のスニーカー”を履きたい」という声が高まる中、“全身のビジュアル”を気にする方におすすめするのは、軽く、歩きやすいというコンフォートさは重視しつつ、アッパーは革などのドレス素材で、色は上品に履きこなせる黒か白、そしてソールはスニーカーソールという作りの靴だ。

スニーカーというより、「長時間の移動や天気の変動などタフな仕事環境などでも履きやすい」レザーシューズという捉え方をしたシンプル&ミニマルな“ビジネススニーカー”のバリエーションが充実してきている。


今回、伊勢丹メンズ館の靴賢者が自信を持って選んだのが、<COLE HAAN/コール ハーン>、<GEOX/ジェオックス>、<ecco/エコー>、<CAMPER/カンペール>の4ブランド。紳士靴担当バイヤーの田畑は、「この4ブランドは、世界中にある革靴メーカーの中でも開発力と技術力を誇り、常にイノベーションを続けて進化しているグローバルブランドです。開発のための設備投資に莫大な資金を投入しているので、テクノロジーを駆使したイノベーションが生まれやすく、良質な履き心地がお客さまに還元されます」とコメント。

働き方改革によって働き方が多様化し、オフィスでのスタイルが多彩になるにつれ、靴の選択肢が増えていくのも自然な流れ。スーツやセットアップの素材やデザインに合わせて、スマート&コンフォートな上質スニーカーをチョイスしてみたい。

NEXT>COLE HAAN/コール ハーン|スーツ×スニーカースタイルのパイオニア

 




■ 
▼ 1.COLE HAAN/コール ハーン|スーツ×スニーカースタイルのパイオニア
    ▼ 2.GEOX/ジェオックス|ファッション性を高めた“伊勢丹別注”に注目
    ▼ 3.ECCO/エコー|最先端のイノベーションに一目惚れ
    ▼ 4.Camper®/カンペール|幅広い世代から高い支持

 



 


*価格はすべて、税込です。

お問い合わせ
メンズ館地下1階=紳士靴
03-3352-1111(大代表)