2018.06.15 update

群雄割拠の「レインシューズ」──突然の雨から足元を守る、最強ビジネス靴はどれだ!?(1/5)

突然の雨やゲリラ豪雨で、靴がびしょ濡れという嫌な思いを経験したことがあるという、そこのあなた。朗報です。現在、メンズ館地下1階=紳士靴では、雨の日も晴れの日もタフに使える全天候型のビジネスシューズが、かつてないほど豊富な品揃えに強化。本格的な梅雨入りを前に、イセタンメンズの靴のエキスパート4人が、『ビジネスシューズは、「19,000円」戦国時代に突入!最強のコスパ靴はどれだ!?』に引き続き、今必要な“機能性全部盛り”のビジネスシューズをピックアップ。これを見れば間違いなく雨の日に強くなるはずだ!


左から、紳士靴担当セールスマネージャーの田畑、同バイヤーの福田、スタイリストの塚原、アシスタントバイヤーの宮下

 

雨に強いけど、晴れの日でも格好良く履きたい

 

雨の日の駅の階段やマンホール、駐車場の段差プレートなどで滑った経験は誰にでもあるはず。最近では、靴の革底から中に水が浸みてきて、雨の翌日に「雨に強い靴が欲しい」と、同階を訪れるお客さまもしばしば。「以前は、雨の日はゴム靴に履き替えて通勤する方が多かったですが、今は、『雨に強い上に、晴れた日でも格好良く履ける靴』が人気」とセールスマネージャーの田畑智康。予め、滑りにくいソールをチェックして購入していく方も多いという。

また、バイヤーの福田隆史は、「今のお客さまは、“我慢しない”がキーワードです。靴なら、痛いのは嫌だ、気を遣うのは嫌だ、手入れが面倒なのも嫌だ、でも欲しいと思ったら我慢せず買う方が多い。メーカーが機能性を競って、雨が降っても気にせず仕事ができる靴として、ハイパフォーマンスの“全部盛り”が続々登場しているので、今シーズンはぜひ一足手にしてもらいたい」と期待を込める。


今回は、バイヤーの福田が「通気性を損なわず、機能的な本格はっ水レザーを採用した<SCOTCH GRAIN/スコッチグレイン>」、セールスマネージャーの田畑が「スニーカー並みのクッション性を誇り、防水透湿性に優れたゴアテックス®ファブリクスを搭載する<RUNWALK/ランウォーク>」、アシスタントバイヤーの宮下が「雨の日も晴れの日も快適に履きこなせるゴアテックス®サラウンド®を搭載した<madras/マドラス>」、スタイリストの塚原が「2層構造のはっ水機能を発揮するイタリアンエレガンスの雄、<ANTONIO RUFO/アントニオ・ルフォ>」の特徴や魅力を語り合う。

防水透湿性に優れたゴアテックス®ファブリクスを搭載

NEXT>スポーツメーカーが力を入れる「走れるビジネス靴」