ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】<バブアー><バラクータ>ほか、春のドライブシーンに重宝するアウターブランド10選
    2020.02.19 update

    【特集】<バブアー><バラクータ>ほか、春のドライブシーンに重宝するアウターブランド10選

    寒さも徐々に和らぎ、春の訪れを感じる今日この頃――桜の開花に合わせたこの季節のドライブには、まだまだアウターは外せない。車での外出時に活躍する春アウターは、デザインはもちろんのこと、素材、機能にも拘りたいものだ。 2月19日(水)にリフレッシュオープンを迎えたメンズ館7階=メンズオーセンティックでは、そんな春のドライビングシーンを快適に着こなせるアウターを豊富にラインナップ。今回は、大人が着るべき選りすぐりの10ブランドをピックアップした。 実力派ブランドならではのエレガントさが魅力の

  • 【特集】今すぐ使える!大人が着るべき高機能アウター7選
    2019.11.01 update

    【特集】今すぐ使える!大人が着るべき高機能アウター7選

    急に朝夕が肌寒くなってきてアウターが必要となってきたが、アウトドアやミリタリー人気の波及から、ユーティリティなデザインが注目を集めている。今回は、さっと羽織れて冬先まで使える便利アウターをご紹介。着丈が長めで男らしくミリタリーな要素が入ったコートから、90年代ストリートの人気復活によって、大人のストリートスタイルとしてすっかり定着したマウンテンパーカやアノラックパーカなどがラインナップ。粗野なデザインでも現代的な機能をしっかり備えて、ブラックカラーで纏えば、大人のミリタリーもスマートな着こなしが可能だ。

  • 【特集】2019年秋冬版!実用性と機能美を備えた最新ダウンジャケット15選
    2019.08.21 update

    【特集】2019年秋冬版!実用性と機能美を備えた最新ダウンジャケット15選

    今から冬本番に向けて、今年のアウターの主役となる、防寒とお洒落を両立できる一着を――ダウンアウターの選択肢として“軽い、動きやすい、温かい”のが当然となった最新シーズン。今年はさらに、機能(アウトドアブランドの本気系)、スタイル(昨今トレンドの都会派)、デザイン(2019年はショート丈が豊作)に分けて、大人にふさわしい傑作ダウンアウターを紹介する。 ■ 世界をリードするアウトドアブランドが本気で作った機能ダウン    ▼ CANA

  • <WOOLRICH/ウールリッチ>|人気モデルが予約可能、2019年秋冬ダウンアウター先行受注会を開催。
    2019.06.19 update

    <WOOLRICH/ウールリッチ>|人気モデルが予約可能、2019年秋冬ダウンアウター先行受注会を開催。

    2019.06.21 - 2019.06.23

    6月21日(金)から23日(日)の3日間、メンズ館7階=メンズオーセンティックでは、名作「アークティックパーカ」をはじめとした<ウールリッチ>のダウンアウターを、ひと足早くご覧いただきご予約を承る先行受注会を開催する。 左:ストームマウンテンジャケット 98,000円右:アークティックパーカ NF 88,000円 1830年に設立された<ウールリッチ>は、ハンター用ジャケットやパンツなど数々のアウトドアウェアを生み出してきた。そんな同ブランドの人気を不動のものにしたのが、1972 年に誕生した不朽の名作「

  • 【特集】梅雨を控えて役立つ、シャカっと軽快「大人の休日アウター」5選
    2019.05.15 update

    【特集】梅雨を控えて役立つ、シャカっと軽快「大人の休日アウター」5選

    朝晩の寒暖差が続いて、着こなしに工夫が必要なこの時期、まだまだアウターは手放せないもの。「ちょっと羽織るものが欲しいな」というときに役立つのが軽量かつ薄手のナイロンブルゾンだ。スポーツトレンドが隆盛の今シーズンも、“シャカシャカ系アウター”は、大人が選ぶべきキーアイテムの一つ。不安定な天候にも負けない快適なライトアウターを選びたい。今回紹介する「大人の休日アウター」は、薄くて軽いので、脱いでもかさばらず、くるっとまとめてバッグにポン。防風・はっ水性に優れた一着を選べば、インナーのチ

  • <WOOLRICH/ウールリッチ>×<GRIFFIN/グリフィン>コラボコレクション第2弾が発売!
    2019.03.20 update

    <WOOLRICH/ウールリッチ>×<GRIFFIN/グリフィン>コラボコレクション第2弾が発売!

    世界の名立たるブランドとのコラボレーションを行う英国ブランド<グリフィン>と、米国の老舗<ウールリッチ>の、2シーズン目となるコラボコレクションが到着!メンズ館7階=メンズオーセンティックにて発売中だ。 あえて裏面で着用するのも、アメリカ的な自由さが感じられる。*リバーシブル仕様ではない為、裏面で着用すると前を閉めることはできません。 1830年にアメリカ初の毛織工場設立からスタートした<ウールリッチ>は、ハンター用ジャケットやパンツなど、数々のアウトドアウエアを開発。その後、アラスカの作業員用防寒ウエア

  • 2018年を3大キーワードで総括!オーセンティックウェア編|リフレッシュオープンであらゆる年代を惹きつけるフロアへ進化
    2018.12.29 update

    2018年を3大キーワードで総括!オーセンティックウェア編|リフレッシュオープンであらゆる年代を惹きつけるフロアへ進化

    2018年もいよいよ終盤、今年もイセタンメンズネットではファッションに関わるさまざまな特集やニュースなどの話題をお届けしてきました。今回は常に注目を集めるフロアである、紳士靴・ビジネスクロージング・オーセンティックウェアの各バイヤーから、1年を象徴する3つのキーワードを軸に2018年を振り返ります。第2弾は、メンズ館7階=オーセンティックウェア担当バイヤーの柴田に話を伺いました。果たしてどんなキーワードを取り上げるのか…要チェック! ▶『2018年を振り返る』記事一覧はこちらから オーセ

  • <WOOLRICH/ウールリッチ>×NY発<エメレオンドレ>注目のコラボコレクションが到着!名品「アークティックパーカ」の新作も登場
    2018.11.09 update

    <WOOLRICH/ウールリッチ>×NY発<エメレオンドレ>注目のコラボコレクションが到着!名品「アークティックパーカ」の新作も登場

    2018.11.14 - 2018.11.27

    11月14日(水)から、メンズ館7階=オーセンティックウェアでは、アメリカ最古のアウトドアブランド<ウールリッチ>プロモーションを開催。アイコンモデル「アークティックパーカ」の新作が登場するほか、NY発ブランド<エメレオンドレ>とのコラボコレクションもお目見えする。1830年に、アメリカ初の毛織工場を設立したことから歩みを始めた<ウールリッチ>。ハンター用ジャケットやパンツなど、数々のアウトドアウエアを生み出し、その後原料から製品までの一貫生産をアメリカ国内で行うブランドとして成長を続け、アメリカ国内はも

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

東京・丸の内のメンズストア<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>
2020.04.01 update

東京・丸の内のメンズストア<ISETAN SALONE MEN’S/イセタンサローネ メンズ>

東京・丸の内に伊勢丹の新しいメンズストア<イセタンサローネ メンズ>。三越伊勢丹初となる路面メンズファッションセレクトストアは、丸の内・仲通りと、4車線ある馬場先通りの交差する角にあります。 営業時間変更のお知らせ 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当店では営業時間短縮の期間を下記のように延長、下記の土・日は臨時休業日とさせていただきます。 お客さまには大変なご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いたします。 4月10日(金)までの平日の営業時間:午前11時~午後7時 【3月31日(火)、4月1日(水)・2日(木)・3日(金)・6日(月)・7日(火)・8日(水)・9日(木)・10日(金)】 4月4日(土)・5日(日)・11日(土)・12日(日)は臨時休業日とさせていただきます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】世代を超えて人気が広がる「バラクータ G9」という傑作アウター
2020.04.01 update

【特集】世代を超えて人気が広がる「バラクータ G9」という傑作アウター

世界中のショートブルゾンのベースとなった「バラクータ G9」は永遠の定番だ。機能美が際立つシンプルかつ完成されたデザインも、大人から支持される理由の1つ。時代が変わっても彼らの強い味方であり続ける<バラクータ>は、後世に伝えていきたい、残していきたいと思えるブランドの筆頭だ。今回は、数々の服に袖を通してきた伊勢丹メンズ館のバイヤーに、今だからこそ理解できるその魅力について語ってもらった。 「バラクータ G9」の本当の魅力がわかるとき 井波 亮メンズ館7階=メンズオーセンティック バイヤー

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の