ページトップへ
CLOSE
  • パーソナルにニットを愉しむ、2大ラグジュアリーブランドの実力とは
    2018.09.27 update

    パーソナルにニットを愉しむ、2大ラグジュアリーブランドの実力とは

    「良質なモノを着ることは、心を豊かにする」──今回、メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー担当バイヤーの山浦勇樹が推奨するのは、<FEDELI/フェデーリ>と<malo/マロ>の2大ラグジュアリーニットブランド。高級感あふれるニット技術に定評があり、ともに紡績から手がける人気ブランドだ。<フェデーリ>は9月26日(水)よりブランド初のオーダー会を開催。<マロ>も特別なコレクションを展開予定だ。 ニットを着る極意は、「シャツのように着こなしたい」  ニットの一番の魅力はなんといっても素材

  • バイヤーが選ぶ“一針入魂” #10──<FEDELI/フェデーリ>|さり気なく一目置かれる大人のリゾート着
    2018.06.13 update

    バイヤーが選ぶ“一針入魂” #10──<FEDELI/フェデーリ>|さり気なく一目置かれる大人のリゾート着

    「男としていい年齢になったら、上質なニットやカットソーを着てほしい」というメンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーのバイヤー山浦勇樹が今回紹介するのは、80年以上の歴史に裏付けられたハイクオリティなものづくりに定評がある<FEDELI/フェデーリ>だ。1934年にサーキットで有名なモンツァで創業した同ブランドは、現在3代目が継ぐニットブランド。超長綿やカシミヤなどラグジュアリーファブリックに特化した製品作りで知られ、特にカシミヤニットはブランドのアイコン的存在で、エジプトの超長綿「ギザコットン」の

  • NEW MATES──装いに、変化と進化を|#14 最高級のコットンで、50型以上のアイテムを提供
    2018.05.11 update

    NEW MATES──装いに、変化と進化を|#14 最高級のコットンで、50型以上のアイテムを提供

    今春は、テーラードアイテムを中心に新たなブランドを加えて、進歩を図る。自信をもって推すブランドばかり。ぜひとも店頭でその品質を確かめてもらいたい。   コットンはもちろんのこと、カシミヤを使ったセーターでも有名な<フェデーリ>は、80年以上の歴史あるブランド。熟練の職人たちの手作業を中心とした、サルトリアを彷彿させる工場で生産を行い、デザイン・パターンはトレンドを意識しつつも、1960年代に買い付けた編み機を今もなお稼働させている。(写真上)のカットアンドソーンは、エジプト綿でも繊維の長い「ギ

  • ジャケポロスタイルに最適なニットブランド<フェデッリ>
    2018.02.03 update

    ジャケポロスタイルに最適なニットブランド<フェデッリ>

    <フェデッリ>は毎年F1グランプリが開催される北イタリアの街、モンツァに1934年に創業されたニットブランド。高級ブティックが軒を連ねるミラノ・モンテナポレオーネ通りにも店を構えている老舗である。 <フェデッリ>ジャケット 127,440円 <フェデッリ>セーター 75,600円シャツ 28,080円 カシミヤ、ビキューナなど稀少な高級獣毛が有名だが、世界三大超長綿「GIZA45」を扱うことでも知られている同ブランド。今季、イセタンメンズは<フェデッリ>のジャパンフィットニットを国内随一の多彩

  • 【ルックスの良さに惹かれるTシャツ特集】初夏気分をグッとアップさせる“1枚でさまになる”Tシャツ・カタログ
    2016.05.18 update

    【ルックスの良さに惹かれるTシャツ特集】初夏気分をグッとアップさせる“1枚でさまになる”Tシャツ・カタログ

    1着使いからレイヤードまでスタイルを選ばずにチョイスでき、初夏気分の今から盛夏過ぎまで、コーディネートに欠かせないのがTシャツです。今回はメンズ館4階から7階まで各階で“使えるTシャツ”をセレクト。お気に入りをヘビロテしてください!上品に決まる、“浅Vネック”のイチ推しTシャツイタリア生まれのニットの名門<FEDELI/フェデッリ>によるTシャツは、しっかりしたコットン素材で、肌あたりが優しく着心地が良いのが魅力。そして、開きが浅すぎず深すぎず絶妙なバランス

  • 【この夏のお役立ちジャケット特集】旅上手になれるスタイリッシュな“イージージャケット”後編
    2016.05.05 update

    【この夏のお役立ちジャケット特集】旅上手になれるスタイリッシュな“イージージャケット”後編

    「海外のホテルのレストランに入ったら、ジャケット着用と言われた」という体験をしたことのある男性は多いはず。いつもの仕事用ジャケットが鎧(よろい)なら、お休みはグッとリラックスして、なおかつスマートに着こなせる“イージージャケット”がオススメです。前編に引き続きお役立ちジャケットをご紹介いたします!前編はこちらパイル地が心地良い、都会的なリラクシングウェア<JOSEPH HOMME/ジョゼフオム>の「SPORT」ラインは“DUAL-LIFE”をテーマに、休日を

  • 1