ページトップへ
CLOSE
  • TODAY'S STYLIST|羽鳥 幸彦(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング)
    2019.10.25 update

    TODAY'S STYLIST|羽鳥 幸彦(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング)

    羽鳥 幸彦メンズ館5階=メンズテーラードクロージングアシスタントバイヤー(モデル身長:167cm) ITEMS ストール:<E.G.カペッリ> 25,300円商品を見る 巾着バッグ:<イル ミーチョ> 75,900円商品を見る   ジャケット:<オルビウム> 214,500円ニットクルー:<フェデッリ> 42,900円デニム:<アンダーソン&シェパード ハバダシェリー>143,000円 ■メンズ館5階=メンズテーラードクロージング Photo:ISETAN MEN&lsquo

  • <FEDELI/フェデッリ>|極上のカシミヤニットを自分好みにモデルとカラーをセレクトできるオーダー会を開催!
    2019.10.07 update

    <FEDELI/フェデッリ>|極上のカシミヤニットを自分好みにモデルとカラーをセレクトできるオーダー会を開催!

    2019.10.09 - 2019.10.22

    80年もの歴史をもつイタリーメイドの先駆的ニットブランド<フェデッリ>が、メンズ館5階=メンズテーラードクロージングにてカシミヤニットのオーダー会を開催。10月9日(水)から22日(火)まで、同ブランドが生み出すイタリアらしい艶やかな色合いと洗練されたモダンなシルエットのニットウエアを、お好みに合わせてオーダーいただける。 自在な着こなしが楽しめるスタンドカラーのボタンカーディガンやフロントジップブルゾンは本オーダー会限定で登場カーディガン「FAVONIUS(フロントボタン)」148,500円ブルゾン「

  • 【特集】オンオフ使えるからコスパも◎!着回し力で選ぶゴルフコーディネートをファッション・ディレクター森岡弘さんが伝授
    2019.10.01 update

    【特集】オンオフ使えるからコスパも◎!着回し力で選ぶゴルフコーディネートをファッション・ディレクター森岡弘さんが伝授

    ゴルフの上手な人ほど、ゴルフウェアを着てクラブハウスには向かわないものだ。家からゴルフウェアでやってくるのはご法度であり、ロッカールームで着替えるのがマナー。ジャケット着用がマストとされるクラブハウスでは、正会員上級メンバーならタイドアップ姿が求められることもある。コースに出たら正統的な出で立ちで颯爽とスイングする姿こそシングルプレイヤーならでは。ラウンド終わりには、来たときとはまた違ったスタイルでファッションを楽しむ上級者もいる。そんなゴルフ上級者と、これから上級者を目指す人のために、「ゴルフスタイルを

  • 【特集】最良の素材に包み込まれる喜び──世界が認める「逸品セーター」8傑
    2019.09.27 update

    【特集】最良の素材に包み込まれる喜び──世界が認める「逸品セーター」8傑

    セレクト基準は「10年後も着続けたい一枚であるか否か」。男性ならば一度は憧れる世界の名だたるニットブランドから、いずれも名品と賞される“ミドル・ローゲージ”をピックアップした。カシミヤ、アルパカなど世界各国から選び抜かれた素材を使用し、触れただけでその良さが実感できるような珠玉のニットウエアは、秋から春先まで着られるまさに宝物。2019年秋冬の各ブランドイチ推しニットを紹介する。 <ブルネロ クチネリ>気品を漂わせるナチュラルカラーのケーブルニット <BRUNELLO

  • 【特集】ニット技術の極みを味わえるイタリアブランドに注目。この秋、手に入れるべきニットジャケット5選。
    2019.09.13 update

    【特集】ニット技術の極みを味わえるイタリアブランドに注目。この秋、手に入れるべきニットジャケット5選。

    じんわりと暑さの残る9月だが、コンフォートな着用感が求められる今、端正な見た目にしてリラックスした着心地を兼ね備えたニットジャケットに注目したい。ニットジャケットはどちらかというとオフの日のメインアウターという役割だったが、イタリアのニットの高度な技術と持ち前のテーラードの技術のハイブリッドから生み出される美しく成型されたニットは、素材感を楽しむのと同時にスタイリングに柔らかい雰囲気を作り出して、オフィスカジュアルの主役にも躍り出る。   2019年秋冬シーズンより、伊勢丹メンズ館に初登場した

  • 【特集】本物の価値を持つクラシックな定番品──モノにこだわる男性が手に入れるべき「紳士の名品」10選。
    2019.09.04 update

    【特集】本物の価値を持つクラシックな定番品──モノにこだわる男性が手に入れるべき「紳士の名品」10選。

    時代や価値観が変わっても、変わらぬ価値を持った“名品”は必ず存在し、時を超える魅力が備わっている。イセタンメンズネット編集部は、「名品といわれるものにある所以(ゆえん)」にフォーカスし、世界のジェントルマンが愛用している10のアイテムをご紹介。名品に込められた秘密を知れば、あなたもすぐにその虜に……。 1. <JOHN LOBB/ジョンロブ>の「CITY 2」 シューズ「CITY 2/E」 189,000円商品を見る 「永遠の“ファースト・

  • 【特集】秋まで着られる半袖は?Tシャツを使った「秋コーデ」4選
    2019.08.31 update

    【特集】秋まで着られる半袖は?Tシャツを使った「秋コーデ」4選

    季節の変わり目で着こなしに迷うこの時期、「秋」の始まりも、日中はまだまだ暑いのが現実だ。薄手の軽いジャケットのインナーには、首元をすっきり見せて、暑さ対策にもなる“半袖Tシャツ”を推奨したい。紺やグレーのジャケットに合わせやすいベーシックなカラーで、クルーやVネックのシンプルデザインのカットソーを上手に活用して、本格的な秋を迎えよう。 1. <BATONER>上質な光沢感となめらかな肌触りを楽しむウールのTシャツ  <BATONER/バトナー>ウールTシャツ 15,1

  • パーソナルにニットを愉しむ、2大ラグジュアリーブランドの実力とは
    2018.09.27 update

    パーソナルにニットを愉しむ、2大ラグジュアリーブランドの実力とは

    「良質なモノを着ることは、心を豊かにする」──今回、メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー担当バイヤーの山浦勇樹が推奨するのは、<FEDELI/フェデーリ>と<malo/マロ>の2大ラグジュアリーニットブランド。高級感あふれるニット技術に定評があり、ともに紡績から手がける人気ブランドだ。<フェデーリ>は9月26日(水)よりブランド初のオーダー会を開催。<マロ>も特別なコレクションを展開予定だ。 ニットを着る極意は、「シャツのように着こなしたい」  ニットの一番の魅力はなんといっても素材

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

みんなが知りたいメンズスキンケアAtoZ #イセタンコスメンズ
2019.11.13 update

みんなが知りたいメンズスキンケアAtoZ #イセタンコスメンズ

“男性特有の肌悩み”を多角的に解決するのが『#イセタンコスメンズ』。スキンケア・グルーミング・ヘアケア・フレグランスアイテムの役割や使い方を詳しく解説。さらに、新作情報・スタイリストのおすすめメンズスキンケアアイテムをご紹介する他、メンズビューティコンシェルジュによる深堀りコラムも連載。メンズスキンケアの疑問に幅広くアプローチしたコンテンツを発信します。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ
2019.11.13 update

【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ

<Blundstone/ブランドストーン>は、オーストラリア・タスマニア初のシューズブランド。1870年代に英国から移住したブランドストーン夫妻が始めた、輸入靴店がそのルーツである。1940年代にはオーストラリア陸軍にブーツを納品する御用達メーカーとなり、60年代に登場したサイドゴアブーツが一気にブレイクを果たすと、本国を代表するシューメーカーとして認知された。伊勢丹メンズ館ではこのサイドゴアブーツこそ、ドレスとカジュアルがボーダーレスな、いまの時代の足元にとってのリアリティなのではないかと考えている。▼

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

[2019年最新]基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説
2019.11.12 update

[2019年最新]基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説

この1分動画では、実際にスタイリストがマフラーを巻く一連の動作を、細かな解説文と共に指南。お出かけ前でも、鏡の前で動画を見ながらすぐにマフラーの巻き方を覚えられる詳細な解説つき。 「それでも巻き方が分からない…」と感じたら、ぜひ店頭のスタイリストまでお気軽にご相談ください。 マフラーの巻き方動画目次                 合わせて読みたいおすすめ記