ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】ナポリの名匠を訪ねて|Vol.2 次代を担うカミチェリア
    2019.03.15 update

    【特集】ナポリの名匠を訪ねて|Vol.2 次代を担うカミチェリア

    クラシックを極める者、あるいはその伝統を受け継ぎながら今の時代に合わせて新たなチャレンジを行う者、アプローチはさまざまだがモノづくりへの姿勢や一針一針への秘めた思いは強い──本稿は2019年1月に、イタリア・ナポリを訪れたメンズテーラードクロージング担当の稲葉智大と口元勇輝の取材記録。繊細な手仕事を介してはじめて完成する"ナポリ仕立て"にスポットを当て、そこに関わる人々やプロダクトの陰に潜むストーリーに密着した。第2回は<Vanacore/ヴァナコーレ>。次世代を担うカミチェリアのもとを訪ねた。<ヴァナ

  • ハンドメイドならではの着心地の良さを体感!<Finamore/フィナモレ>のパターンオーダーが登場
    2019.01.29 update

    ハンドメイドならではの着心地の良さを体感!<Finamore/フィナモレ>のパターンオーダーが登場

    2019.01.30 - 2019.02.05

    メンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイでは、イタリアを代表する<ルイジ・ボレッリ>や英国の老舗<ターンブル&アッサー>といった、インポートブランドによるシャツのパターンオーダーを常時承っているのをご存知の方も多いのではないだろうか。1月30日(水)から2月5日(火)までの期間は、ナポリの熟練したクラフツマンシップを今に伝えるシャツメーカー<フィナモレ>が加わり、一層充実したパターンオーダーのラインナップをご紹介する。パターンオーダーシャツ 43,200円から*お渡しは約4カ月後となります。今回登場する<

  • 【2019年春夏速報⑤】名門のシャツで愉しむ、大人のビッグシルエット
    2019.01.16 update

    【2019年春夏速報⑤】名門のシャツで愉しむ、大人のビッグシルエット

    この春のリニューアルを間近に控えた伊勢丹メンズ館。国内外からバイイングされたブランド&アイテムには、時代を映し出すエレメントが巧みに散りばめられていた。それはライフスタイルの多様化にともなって変化していく最新のデザイン&スタイルと、いつの時代も変わらぬ普遍の価値をもつクラシック。一見相反するようにさえ思えるコレクションだが、イセタンメンズというフィルターによって、リアルなメンズファッションの輪郭が鮮明に描き出される。 ▶2019年春夏展示会速報!記事一覧はこちら <ブルッ

  • <BORRIELLO/ボリエッロ>|"一流の着心地"を生む手仕事を体感、ナポリの名門カミチェリアがトランクショーを開催
    2018.11.20 update

    <BORRIELLO/ボリエッロ>|"一流の着心地"を生む手仕事を体感、ナポリの名門カミチェリアがトランクショーを開催

    2018.11.24

    イタリア・ナポリのカミチェリアである<BORRIELLO/ボリエッロ>のトランクショーがメンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーにて開催が決定。11月24日(土)は、イタリア本国より2代目当主ファビオ・ボリエッロ氏が来日し、採寸のほか種類豊富な生地の中からお客さまのお好みに合わせてアドバイスを行う特別な機会を用意する。2018年秋冬シーズンは、レギュラカラーやタブカラーをはじめとした4つの襟型で計8型の既製モデルも展開する。ドレスシャツ 38,880円かつては錚々たるブランドのOEMファクト

  • <Drake's/ドレイクス>|英国を代表する装身具ブランドが、1日限りのネクタイ&シャツオーダー会を開催
    2018.11.19 update

    <Drake's/ドレイクス>|英国を代表する装身具ブランドが、1日限りのネクタイ&シャツオーダー会を開催

    2018.11.24

    伝統的な柄を基調としながらも、意表をつくカラーやモチーフをミックスさせた斬新なデザインのネクタイで人気を博す<Drake’s/ドレイクス>が、11月24日(土)にメンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイにて、ネクタイ&シャツのオーダー会を開催。当日は、本国より同ブランドのHead of salesであるChristopher Gumbs(クリストファー・ガムズ)氏が来店し、お客さまのパーソナリティに合わせた生地選びやフィッティングのアドバイスを行います。関連記事►【インタビュー】<ドレイクス>マ

  • 【インタビュー】南祐太|<MINAMI SHIRTS/ミナミシャツ>の至高の型紙。
    2018.11.06 update

    【インタビュー】南祐太|<MINAMI SHIRTS/ミナミシャツ>の至高の型紙。

    これまでに引いた型紙およそ2000枚。その門を叩いた人のほとんどがリピーターになり、多い人で年間10枚超、平均でも3〜4枚のシャツをオーダーするのが<MINAMI SHIRTS/ミナミシャツ>だ。このたび、伊勢丹新宿店メンズ館で初のトランクショーを開催することが決まった。会期は11月11日の一日限り。夜になれば墨を流したような空に包まれる、千葉は流山市の住宅街にアトリエを構える南祐太を訪ねた。<MINAMI SHIRTS/ミナミシャツ>を主宰するオーナー兼職人の南祐太氏イベント情報<ミナミシャツ

  • 限定生地も登場!イタリアの名門シャツ生地メーカー<MONTI/モンティ>&<S.I.C.TESS./シクテス>のオーダーフェア開催
    2018.11.06 update

    限定生地も登場!イタリアの名門シャツ生地メーカー<MONTI/モンティ>&<S.I.C.TESS./シクテス>のオーダーフェア開催

    2018.11.07 - 2018.11.13

    メンズ館5階=オーダーシャツでは、11月7日(水)から13日(火)までの期間、イタリアの名門シャツ生地メーカー<MONTI/モンティ>と<S.I.C.TESS./シクテス>のオーダーフェアを開催。世界の名だたるメゾンの製品をも手掛ける両ブランドにクローズアップするとともに、通常お取り扱いのない生地も豊富なバリエーションでご用意しオーダーを承る。関連記事・誰でも簡単に誂えられる!オーダーシャツの安心3ステップ・担当者が語るオーダーシャツ「フィレンツェ」の魅力──8つの襟型を揃えて、最新スタイルが満を持

  • JAPAN MADE PRIDE──手間暇かけて熟成された、日本のものづくり|#7 <MINAMI SHIRTS/ミナミシャツ>
    2018.11.04 update

    JAPAN MADE PRIDE──手間暇かけて熟成された、日本のものづくり|#7 <MINAMI SHIRTS/ミナミシャツ>

    日本には、唯一無二のものづくりが息づいている。複雑な工程や緻密な作業を経て 完成したアイテムは、身に着ける者を魅了する美しさと心地よさを兼ね備えている。「JAPAN SENSES」■10月31日(水)~11月13日(火)▶日本のものづくりにフォーカス!「JAPAN SENSES」に関する記事一覧はこちら外注せずに、店舗に併設した工房のみで行う、徹底したシャツづくりオーダーシャツの縫製工場で経験を積んだ南 祐太氏が、2014年に創業。顧客と時間をかけてコミュニケーションをとり、細かく要