2019.03.15 update

新たなシンボルとなり、メンズ館らしさを表現した場=SIとは(1/2)

3月16日(土)、「男として、そして、人として -As a man , and As a human- 」を新ステートメントとして掲げ、お客さま一人ひとりのご要望に寄り添い、”〇〇らしさ”を叶えるメンズファッションストアとして生まれ変わるメンズ館。

これまで「男」であることを前面に打ち出してきたメンズ館であるが、社会やお客さまの価値観の変化に伴い、「男」である前に「人」であることを改めて見つめ、”開かれた場所”でありたいと考えている。

メンズ館リモデルサイトはこちら


メンズ館創設当時は、エントランスを持つことを強みにし、各階にホールと床の間をつくり、一輪挿しを装飾した"壁"="面"でお客さまをお迎えしていた。

そんなお迎えの場を、"面"から"空間"へと進化させたメンズ館らしさを表現した場=SIが新設される。各フロアを縦に繋ぐように、1階・2階・4階・6階に立方体の空間が存在し、初年度は新ステートメント「男として、そして、人として」をアーティスティックにビジュアル化した作品が展示される。





SIにおける展示のテーマは、「文体物体身体解体練習-EXERCISES in PHYSICAL THINGS- 」。

デジタルなものが世の中に台頭している現在において、様々な"フィジカル"を扱うリアル店舗ならではの価値を見つめ直し、「文体」・「物体」・「身体」・「解体」という、人間そのものを表現した4つの"体=フィジカル"で具現化。



4つの”体”を通して、「自分らしさ」や「男らしさ」とはいったい何であるのか。
”ある”ものなのか、”なる”ものなのか。”いる”のか、いらないのか。
簡単に口にしてしまう「〇〇らしさ」という概念を、様々な角度から見つめ直している。

「文体練習」は、自分らしさを言葉と文体のバリエーションと差異
「物体練習」は、どんな距離、どんな態度、どんな意味で物と付き合うか
「身体練習」は、男の身体を現代のアーティストたちはどう表象するのか
「解体練習」は、衣服は男らしさと評されるあり方にどう影響を及ぼしたのか

「らしさ」と呼ばれるものの可能性と限界、時代性と虚構性、過去と未来など、
SIの展示物を通して、みなさんが自分の「らしさ」を考え、
そのらしさとファッションの関係を楽しむきっかけとしての機能も期待している。



それぞれの考える"〇〇らしさ"を通して、メンズ館の持つ多様性や、お客さまへ様々な”〇○らしさ”を提案・デザインしていく姿勢を表現している。

今回そのディレクションを担当したのが、ブックディレクター/編集者である山口博之氏だ。





山口博之
ブックディレクター/編集者。1981年仙台市生まれ。立教大学文学部卒業。大学在学中の雑誌「流行通信」編集部でのアルバイトを経て、2004年から旅の本屋「BOOK246」に勤務。06年、選書集団BACHに入社し、16年に独立。good and sonを立ち上げる。ルミネ本社オフィスのライブラリーや新木場のCASICAをはじめ、病院から個人邸まで様々な施設のブックディレクションを手がけている。また各種単行本からカタログまで編集、執筆、企画なども行っている。三越伊勢丹の花々祭や彩り祭などのクリエイティブディレクションや、ブランドのネーミングからステートメントまでコピーライティングも行い、幅広い分野で活動している。ハニカムや食べログマガジンなどでブックレビューを連載中。