2018.06.25 update

「レザーバッグのお手入れってどうしたらいいの?」そんな疑問に、皮革のプロがハウツーを伝授!(1/5)

新しい革靴を買うときは「お手入れグッズ」も一緒に購入を考えるのに、レザーバッグを買うときはケアアイテムまで思いが至らない――今、そのことに気づいたあなたに、イセタンメンズネットから「鞄のお手入れ」をご提案。「気に入った鞄は末永く使ってほしいので、私もしっかり学びます」というメンズ館地下1階=紳士鞄のスタイリスト横田が、シューケアブランド<M.MOWBRAY/M.モウブレィ>を扱う株式会社R&Dの柴崎祐一さんからさまざまなケアテクニックを教わります。


右/株式会社R&Dの柴崎祐一さん
左/メンズ館地下1階=紳士鞄 スタイリスト横田

皮革のケアは、人間の肌で考えると重要性がわかります


横田 最近は、新しいレザーバッグを購入されたお客さまから、「レザーだとケアが必要でしょ?」と尋ねられることが増えてきました。

柴崎 それはうれしいですね。男性は「靴=ケア」という意識はとても高いのですが、バッグに関しては案外“使いっぱなし・ノーケア”が非常に多いのが現実です。

横田 私も仕事柄、通勤電車の中でバッグをウォッチしてしまいますが、革がカサカサになったレザーバッグをよく見かけます。靴も鞄も同じ皮革製なのに不思議ですよね。バッグのケア方法は靴と同じと考えていいですか?

柴崎 はい、全体をブラッシングでホコリやゴミを払ってから、リムーバーで汚れを落とし、クリームで栄養を与えて、防水スプレーをかけるという手順はお馴染みだと思います。

横田 レザーのケアはよく「スキンケア」にも例えられますよね。

柴崎 そうですね。何もケアしないとどんどん乾燥していくのは人間の肌も皮革も同じです。乾燥すると表面が硬くなってトラブルが起こりやすくなります。

横田 男性にも、洗顔をしてから水分と栄養を与えるベーシックなスキンケアはかなり浸透してきているので、手順は理解していただきやすいと思います。

柴崎 きちんとケアしていけば皮革本来の魅力が増します。きれいにエイジングさせていくためにもぜひケアを習慣にしてください。

 

お手入れ方法 目次
►基本編:鞄はもちろん財布や名刺入れもケアが必須

►応用編①:ついてしまった手垢などの汚れは落とせますか?
►応用編②:基本のケアに+αで水濡れを防ぎたい

►上級編:鞄にできた大きなキズや角のスレを直したい