ページトップへ
CLOSE
  • <前原光榮商店>と<PORTER/ポーター>がコラボ!創業70周年を記念したスペシャルな傘が登場
    2018.10.23 update

    <前原光榮商店>と<PORTER/ポーター>がコラボ!創業70周年を記念したスペシャルな傘が登場

    2018.10.24 - 2018.10.30

    昭和23年に東京の下町で創業し、今年70周年を迎えた日本を代表する傘メーカー<前原光榮商店>。10月24日(水)からメンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にて開催するプロモーションでは、日本のバッグブランド<ポーター>とのコラボレーションによる、記念すべき年にふさわしい“限定傘”をご紹介する。【インタビュー】五感すべてで感じたい高級傘の魅力、昭和23年創業<前原光榮商店>の洋傘をオーダーメイド日本の職人技術によって、メイドインジャパンに拘った洋傘を作り続けている<前原光榮商店>

  • Masterpiece Makers──名品の担い手【前原光榮商店】
    2018.06.15 update

    Masterpiece Makers──名品の担い手【前原光榮商店】

    日本の洋傘産業の礎は明治初頭に芽生え、東京では城東地区を中心に技術と伝統が育まれてきた。三代続く家業として傘の“名品”をつくりつづける前原光榮商店は、下町情緒漂う台東区三筋にあった。1階は前原光榮商店ショールームとして、既製品からオーダーメイド品まで、メンズ&レディスのこだわりの傘を販売。上階に工房があり、ここで生地の裁断・縫製をして骨組みに張り、手元を付けて出荷まで行う。前原光榮商店──ヨーロッパの高級傘より手が込んだ匠の技の結晶創業は1948年。いまから70年前に東京の

  • 突然の雨に備えて安心!機能性&名品で選ぶメンズ館の「折り畳み傘」
    2018.06.06 update

    突然の雨に備えて安心!機能性&名品で選ぶメンズ館の「折り畳み傘」

    急な雨が降ってくるとお客さまが増えるのがメンズ館1階=ドレスシャツ・ネクタイの一角にある傘コーナー。特に携帯に便利な折り畳み傘は、機能性や作り、サイズなど特徴別に揃っていて、「折り畳み傘は1万円前後の品揃えですが、ほとんどがメンズ館オリジナルの別注品です。軽くて使いやすい“軽量・コンパクト”なものから、ギフトで人気の“耐風傘”まで、梅雨におすすめの折り畳み傘があります」とスタイリストの増子。今回は、ビジネスマン必携の折り畳み傘をご紹介します。 伊

  • よく選ばれる傘はこちら!メンズ館でよく選ばれる年間ベストセラーをブランド別でご紹介
    2017.07.10 update

    よく選ばれる傘はこちら!メンズ館でよく選ばれる年間ベストセラーをブランド別でご紹介

    Q&Aコーナーの傘の選び方をチェックし、自分に見合った傘をメンズ館で選びたいと考えたみなさん。多種多彩な傘をご用意しているメンズ館ならではのベストセラーをチェックしておくのも重要です!今回は長傘・折り畳み傘の年間ベストセラーをブランドごとに集約し、ご紹介いたします。▷お手入れ方法や選び方はこちらこれであなたも傘のお手入れマスター!傘のお手入れ方法を教えます。自分に合う傘の選び方ってありますか?メンズ館で人気の長傘ベストセラー<RAMUDA/ラムダ> 17,280円 重量

  • <前原光榮商店>|自分好みの傘にカスタマイズするパターンオーダー会を実施
    2017.03.26 update

    <前原光榮商店>|自分好みの傘にカスタマイズするパターンオーダー会を実施

    2017.03.29 - 2017.04.11

    日本の職人技術を生かした“メイド イン ジャパン”にこだわったモノづくりで、日本を代表する傘メーカーとして知られる<前原光榮商店>は、昭和23年東京の下町、台東区にて誕生しました。創業者である「光榮」、二代目「裕司」、三代目「慎史」が作りだす伝統の洋傘は、絹の傘やろうけつ染の生地を張った傘、天然の木材を手元として使用した傘など、ひとつひとつ洗練された部品を使って創られています。3月29日(水)から<前原光榮商店>オーダー会を期間限定で開催。数々の著名な人々から愛されてきた&ldqu

  • 【6.19 父の日ギフトの太鼓判!④】|雨の日の外出、夏の陽射しを楽しく演出する、“傘の名品”を贈ろう
    2016.06.16 update

    【6.19 父の日ギフトの太鼓判!④】|雨の日の外出、夏の陽射しを楽しく演出する、“傘の名品”を贈ろう

    「父の日と梅雨の時期が重なるので、1万円~1万5千円ほどのご予算で傘を探されている方が多いですね」というのは、メンズ館1階=カフリンクス・傘のスタイリスト仲田絢。「ご家族みなさんでお金を出しあって<FOX UMBRELLAS/フォックス・アンブレラ>のような世界の名品を贈られることも多いですね。実用的で良い傘はもらったら絶対うれしいし、大切にするので、ぜひ今年の父の日ギフトにお選びください」メンズ館の“ブラックウォッチ柄”を纏った名傘開いて美しい、そして閉じても美しいのが<フォック

  • 【インタビュー】五感すべてで感じたい高級傘の魅力、昭和23年創業<前原光榮商店>の洋傘をオーダーメイド
    2016.03.30 update

    【インタビュー】五感すべてで感じたい高級傘の魅力、昭和23年創業<前原光榮商店>の洋傘をオーダーメイド

    洋傘の歴史の中で基本的な構造と機能は変わっていない傘。<前原光榮商店>では、紳士傘のオーダーが可能だ。オーダー金額は2万円弱からとリーズナブル。親骨の本数(8~16本)をはじめ、生地の色・柄が約80種類、傘の先端の「露先」の色や、手元(ハンドル)などを自分の好みでセレクトできるという。<前原光榮商店>の傘にはストーリーが必要です「前原は古い会社ではありますが、社員全員が『いいものを作ろう』ととても柔軟な発想と姿勢を持っています。たとえば、生地はもちろん、中棒や親骨の材質なども、『こういうものが使えるの