ページトップへ
CLOSE
  • MY GIFT STORY|身近な必要品をオールインワン、使って便利なクラッチウォレット
    2016.03.13 update

    MY GIFT STORY|身近な必要品をオールインワン、使って便利なクラッチウォレット

    ギフトの数だけストーリーがある――私たちはモノを贈るとき、贈る相手の細かいところまでイメージし、想像を膨らませてギフトを選びます。逆にギフトを受け取るとき、この人はどれほど自分のことを考えてくれたのだろうと、その想いにも感激します。イセタンメンズでギフトを選ばれたお客さまの実話をもとに、スタイリストが“今贈るべき逸品”をチョイス。これからの入進学、昇進、栄転、あるいは退職、定年などに贈りたいアイテムをご紹介します。「ありそうでなかった」ミディアムレザーグッズの新定番。日本の職人が丁

  • 意外と見られている名刺&財布。品良くスマートに身につけよう|メンズ館1階=メンズアクセサリー
    2016.03.12 update

    意外と見られている名刺&財布。品良くスマートに身につけよう|メンズ館1階=メンズアクセサリー

    フレッシュマンの名刺入れと財布は、黒でビシッと決めよう。牛革よりワンランク上のコードバン(馬革)は頼れるパートナー。社会人になって痛感するのが、「人から見られることの多さ」です。表情や装いなどはもちろん、初対面の人との名刺交換のときに見られるのが名刺入れで、飲み会やデートのときに出す財布はその人のイメージと直結します。つまりさまざまな場面で“値踏み”されているということ。そういうシーンで、内心「オッ、いいもの持ってるね」と思われると好感度アップは間違いなし。そんな秘密兵器が、<イセ