ページトップへ
CLOSE
  • “スマート=すっきり”整理・収納できるオーガナイザーで、旅と仕事をもっと楽しく
    2017.09.25 update

    “スマート=すっきり”整理・収納できるオーガナイザーで、旅と仕事をもっと楽しく

    「これまでのオーガナイザーは、"大きな財布"という印象が強かったと思います」というのは、メンズアクセサリー担当バイヤーの吉田俊介。「今回紹介するオーガナイザーは、従来の進化版で、旅や仕事を“より上質に、よりコンフォータブルに”する革小物です」。メンズ館1階=メンズアクセサリーでは、国内外の人気4ブランドが旅をテーマに使い勝手の良さを追求したオーガナイザーを展開する。 メンズアクセサリー担当バイヤーの吉田俊介 旅慣れたデザイナーやクリエイターが考えた、最新オーガナイザー "orga

  • <BOTTEGA VENETA/ボッテガ・ヴェネタ>|イントレチャートに浮かぶ都会の夜景──芸術的な技法を用いた新作「アトラス」シリーズが登場
    2017.09.05 update

    <BOTTEGA VENETA/ボッテガ・ヴェネタ>|イントレチャートに浮かぶ都会の夜景──芸術的な技法を用いた新作「アトラス」シリーズが登場

    創業以来、類稀なる職人技を駆使したコレクションをはじめ、ラグジュアリーの世界に新たなスタンダードを作り上げてきた<BOTTEGA VENETA/ボッテガ・ヴェネタ>から、大都市の夜の“道路地図”を思わせる新作「アトラス」が登場。 ブラックやデニムカラーのイントレチャートナッパのベースに視覚的に複雑な職人技を施した同シリーズは、ブリーフケースやドキュメントケース、ウォレットをラインナップする。 イタリアの腕利きの革職人たちが築いてきた伝統に根差し、その優れたレザーグッズが

  • <ED ROBERT JUDSON/エド・ロバート・ジャドソン>|コンパクトに持ち運びスマートに支払う、現代のペイメントスタイルに新たな提案”セカンドウォレット”が登場
    2017.08.23 update

    <ED ROBERT JUDSON/エド・ロバート・ジャドソン>|コンパクトに持ち運びスマートに支払う、現代のペイメントスタイルに新たな提案”セカンドウォレット”が登場

    2017.08.23 - 2017.09.05

    独創的なデザインのレザーアイテムを世に送り出している<エド・ロバート・ジャドソン>から、新作”セカンドウォレット”が登場。8月23日(水)から、メンズ館1階=メンズアクセサリーにて開催するプロモーションにてご紹介する。 「セカンドウォレット」20,520円 <エド・ロバート・ジャドソン>は、ばね弾性理論の発見者である科学者のロバート・フックと、ファスナーを考案した発明家のホイットコム・ジャドソン、それに東京を意味する「江戸」を掛け合わせた、架空の職人の名前がブランド名の由来。デザイ

  • <MARNI/マルニ×PORTER/ポーター>|コラボコレクション第9弾が発売!3WAYトートやリュックサックなど全7モデルが登場
    2017.05.03 update

    <MARNI/マルニ×PORTER/ポーター>|コラボコレクション第9弾が発売!3WAYトートやリュックサックなど全7モデルが登場

    <MARNI/マルニ>×<PORTER/ポーター>のコラボレーション第9弾「ブロックコレクション」がメンズ館2階=インターナショナル クリエーターズに登場。新型を含む、全7型がラインアップする。また、今回の発売に合わせ、イセタン羽田ストア(ターミナル1)では、5月16日(火)まで、新作から過去のコレクションを一堂に会したポップアップストアを展開中だ。(商品一覧を見る) <マルニ×ポーター>第9弾「ブロックコレクション」の商品一覧を見る <マルニ>ならではの独特なプリント柄と、<ポ

  • <AIZEA/アイセア>|品格溢れる"トリヨンレザー"が美しい新作コレクションが登場!メンズ館3拠点でポップアップを開催
    2017.04.14 update

    <AIZEA/アイセア>|品格溢れる"トリヨンレザー"が美しい新作コレクションが登場!メンズ館3拠点でポップアップを開催

    2017.04.12 - 2017.04.18

    “タイムレス・シック・エレガント”をコンセプトとするパリ発のレザーブランド<AIZEA/アイセア>がメンズ館地下1階=紳士靴、紳士鞄、1階=メンズアクセサリーと3つの拠点を設け、プロモーションを開催。期間中の15日(土)と16日(日)は、オーナー兼デザイナーのヨアキン・エケベリア氏が来店するほか、職人によるイニシャルペイントサービス*も実施する。(*イニシャルペイントサービスは鞄と革小物のみ対象) 非常にしなやかで丈夫なトリヨンレザーで、使うほどにしっとりと柔らかくなり、スーツス

  • <TOM FORD/トム フォード>|エレガンス&スマートな新作レザーグッズが登場
    2017.03.12 update

    <TOM FORD/トム フォード>|エレガンス&スマートな新作レザーグッズが登場

    デザイナー、トム・フォード氏自身の独特な感性を上質なテーラリング技術で表現したラグジュアリー且つモードな雰囲気漂うアイテムの数々で、世界中のファッションピープルやセレブリティを魅了し続ける<TOM FORD/トム フォード>。クロージングアイテムはもちろん、アイウェアやフレグランス、レザーグッズなど多岐にわたるラインナップの中から、2017年春夏シーズンに登場した新作レザーグッズをご紹介いたします。   上質なカーフレザーと細部にまで拘ったディテイルに注目 <トム フォード>から今回登場したの

  • 3月12日(日)は「財布の日」|スリムな長財布で、春の新生活をスマートにスタートしよう!
    2017.03.06 update

    3月12日(日)は「財布の日」|スリムな長財布で、春の新生活をスマートにスタートしよう!

    3月12日は「3、1、2=サ、イ、フ 」で「財布の日」ってご存知でしたか?今回は、新生活におすすめの財布をピックアップ。3月は送別ギフトや、買い替えなどでも財布需要も高まるとのこと。「クレジットカードや、交通ICカードの普及で現金を持ち歩く人が減り、財布の選び方にも変化の兆しがあります」と話すのは、メンズ館1階=メンズアクセサリー/レザーグッズを担当のスタイリスト芦野佳津雄。今回は、薄型の長財布と、L型ジップ財布をご紹介。かさ張らず、持ち運びにも便利な財布をご紹介します。 この春新たにスタートを切る方へお

  • 男を飾る名品"The Precious ONE"|ホリデーシーズンに贈る<Salvatore Ferragamo/サルヴァトーレ フェラガモ>のベストセラーアイテム
    2016.12.10 update

    男を飾る名品"The Precious ONE"|ホリデーシーズンに贈る<Salvatore Ferragamo/サルヴァトーレ フェラガモ>のベストセラーアイテム

    「スターの靴職人」と呼ばれた創業者が1927年にフィレンツェを拠点に設立した、イタリアを代表するトータルファッションブランドとしての地位を築く<Salvatore Ferragamo/サルヴァトーレ フェラガモ>。常に革新を追求する創業者のフィロソフィーは時代を超えて受け継がれ、現在は取扱い商品も、バッグ、靴をはじめ、ウエア、シルク製品、アクセサリー、アイウエア、時計、香水にまで多岐におよびます。今回はホリデーシーズンギフトの提案として、<サルヴァトーレ フェラガモ>のメンズアイテムの中でも長年愛され続け

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

SUPER MEN'S
2020.01.29 update

SUPER MEN'S

メンズ館7階=背の高い方&大きいサイズのスーパーメンズのイベント情報やおすすめ商品、コーディネート、人気の連載企画【「着られる服がない」をバイヤーが解決!】シリーズ、バーゲン情報など随時更新していきます!

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】至高の革と技が堪能できる<REGAL/リーガル>のビスポークシューズ
2020.01.29 update

【特集】至高の革と技が堪能できる<REGAL/リーガル>のビスポークシューズ

ビスポーク、九分仕立て、そしてふだんはお目にかかれないプレタポルテが一堂に会する「REGAL TOKYO ORDER WEEK」が開催される。会期は2月5日(水)から11日(火・祝)の1週間。8日(土)・9 日(日)・11日(火・祝)はビスポークシューメーカーも来店し、その技を披露する。見どころはトランクショーにあわせて登場するビスポーク・サンプルだ。あらたにラインナップに加わるのは、タッセルローファーとヴァンプのふたつ。靴好きならあらためて語るまでもないけれど、いずれもアメリカで広く親しまれてきた靴種で

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の