2020.02.04 update

【インタビュー】松田智沖(ジョン ロブ ジャパン社長)|エクスペリエンス・ストアで伝えたい、<ジョンロブ>の真価、新たな魅力

2月5日(水)より展開される、<JOHN LOBB/ジョンロブ>の「エクスペリエンス・ストア」。そこで表現される多彩な魅力と、良質な紳士靴のあり方について、日本にて長年同ブランドを率いて来たリーダーにお話を伺った。


ジョン ロブ ジャパンの松田智沖社長



メンズ館1階=プロモーションにて、同社としては初めて「エクスペリエンス・ストア」というスタイルを期間限定で展開する<ジョンロブ>。ビスポーク(オーダーメイド)メーカーとして150年以上の歴史を持ち、1981年にレディメイド(既製)靴を発表してからは、高級既製紳士靴の最高峰として君臨し続けている。また2014年からはウィメンズ&メンズファッションで活躍していたパウラ・ジェルバーゼをアーティスティック・ディレクターに迎え、従来の英国伝統の靴づくりに、ブランドルーツに根ざしたフィロソフィやモード感を盛り込み、さらにはメンズの革靴のみならず、スニーカーやウィメンズシューズまで幅広く展開するようになった。

そんな<ジョンロブ>が、改めてエクスペリエンス・ストアとして提示したいものとは何だろうか。ジョン ロブ ジャパンの松田智沖社長はその理由を次のように語った。

「いまあるジョンロブのイメージを、一度リセットしたいという気持ちがあります。ジョンロブは高級でクラシックなシューズ、ある程度キャリアや年齢を重ねた方が履くブランドというイメージをお持ちの方が多いと思います。でも、例えばミニマムな美しさのあるモードブランドの服を着た若い方が、ジョンロブの靴を履いたとしても、それは似合うと思うのです。もっと幅広い感性に、ジョンロブのいまを知っていただきたい。そこで今回のエクスペリエンス・ストアは従来のブティックとはまったく違うコンセプトで展開します。そうした試みをする上で、メンズ館1階のあの場所は最適だとも思っています」

 

いまを見据えた、「シティ」と「フィリップ」


今回のエクスペリエンス・ストアでは、限定モデルとして4種のシューズが用意されている。中でも注目は、人気のラスト(木型)8695を使った、キャップトウオックスフォード(ストレートチップ)「シティ」と、パンチドキャップオックスフォード「フィリップ」の2モデル。以前からジョンロブを知る人にとっては、懐かしい、かつての名モデルの復刻と映るかもしれないが、その意図は単なるリイシューではないと松田社長は言う。



「今回こうしたエクスクルーシヴモデルのリクエストをお受けしたのは、8695というラウンドトウのラストが持つボリューム感が、今という時代の感覚に合っていると思ったからです。これらは、むしろ現代の若い人たちの感性に向けたものです。決して古いものを引っ張り出してきたわけではありません」

確かに、来季のトレンドのひとつ、ユニフォームテイストのセットアップなどには、通常展開している流麗なラスト7000の「シティⅡ」よりも、今回の復刻「シティ」のほうが似合いそうだ。またエプロンフロントダービー(Uチップ)の「シャンボード」は、そのワーク由来のスタイルや、「クラシックラバーソール」の採用で適度なカジュアル感があり、昨今のファッションに合わせやすくなっている。人気のローファー「ロペス」の別注モデルは、屈曲性をもたせたテンシル・コンストラクションによる柔らかな足入れ感で、素足でも履けそうだ。



また、今回のエクスペリエンス・ストアでは、<ジョンロブ>のパターンオーダー企画「バイ・リクエスト」も開催される。英国のファクトリーでつくられるグッドイヤーウェルテッド製法の100種類以上のモデルから選び、さらにレザーやソールなどを選んで、オリジナルの靴をアップチャージ(追加金額)なしでオーダーすることができる。

「木型がブーツ用も含めて19種類あるので、たとえばどんなスタイルをオーダーするか決めずにご来店いただいて、ご自身の足や感覚に合ったラストを選んで、そこからつくる靴を考えるのもいいと思います。定番的なラストに関してはサイズごとのサンプルシューズもあるので、それを履いていただいて、スタッフがアドバイスいたします」

 

良い靴は、美しく、そして長持ちする


さらに松田社長は、<ジョンロブ>というブランドが追求している価値として、次のように語った。

「いい靴を少しでも長く使っていただくことを、常に軸としています。それはジョンロブ、そして高品質な靴が持つDNAです。少し話がずれるかもしれませんが、昨今インタビューで必ずサスティナビリティについて話題になります。ただ、もともと弊社の靴自体にサスティナビリティ性があるというか、長く、一生を通じて履いていけるものです。逆に言えば、いかに長く履けるかを念頭に、ものづくりをしています」

<ジョンロブ>が至高の紳士靴たるゆえんは、その姿の美しさだけではなく、堅牢性や耐久性にあるのだという。そうした中身の充実は工房の職人たちによる、丁寧なつくりが実現しているとも。さらに松田社長は、<ジョンロブ>がこだわり続ける、通常アッパー(靴上部の革)に使っているフルグレインのカーフレザーについて次のように説明した。

「フルグレインのカーフとは、動物(牛)の原皮をそのままの状態でなめした革、ということです。現在は原皮の表面を加工して、皮の表面についた傷など無くし均質にした革を使う場合が多々ありますが、ジョンロブではそうしたレザーは使っていません。そして、フルグレインの革は呼吸するのです」

選りすぐった素材と、高い技巧を使ってつくられる<ジョンロブ>の靴の魅力は、今回のエクスペリエンス・ストアの「プレシャスライン」にも表れている。日本でも限られた店舗にしかない、良質なクロコダイルやリザードレザーを使った定番モデルが一堂に会する。


「ジョンロブと密接な関係があるエルメスにて開発されているプレシャス・レザーから、靴づくりに適したものを取り入れています。今回はバックスキンのクロコダイルレザーなどを既製靴として展開しますが、バイ・リクエストでオーダーすることも可能です。よい品質の革を、安定して使うことができるようになり、こうした取り組みが実現しました」

ここまで挙げた他にも、パリの靴職人によるビスポーク(オーダーメイド)の受注会や、フルグレインのレザーを使った<ジョンロブ>の靴のメンテナンス講座など、さまざまな企画が予定されている。ただ、これまでになかった機会だからこそ、もっと気軽な気持ちでご来店いただきたい、と松田社長は語る。

「良い靴とはどんなものか、を確認しに来ていただくのでもいいと思います。その上で、ご自身に合ったサイズで、ジョンロブの履き心地を味わってほしい。さらに履き込んでいったなら、5年後10年後、より良さを味わっていただけると思います。そういう靴と出合っていただける機会が、今回のエクスペリエンス・ストアだったらうれしいですね」


イベント情報
<ジョンロブ>エクスペリエンスストア
  • メンズ館1階=プロモーション



オーダー詳細

▪バイ・リクエスト

  • 価格:132,000円から 
  • お渡し:約6カ月後

▪ビスポーク(要予約) *2月11日(火・祝)のみ

  • 価格:1,430,000円から (予定価格)
  • お渡し:約12カ月後


▪シューケアワークショップ(要予約)

  • 日時:2月8日(土)・9(日)各日午後1時~・午後3時~・午後5時~の3回開催(定員:各3名/所要時間:1時間/無料)
 
Photo:Tatsuya Ozawa
Text:Yukihiro Sugawara(LAST)
 
*価格はすべて、税込です。
 
お問い合わせ
メンズ館地下1階=紳士靴
03-3352-1111(大代表)