2018.11.13 update

「着られる服がない」をバイヤーが解決! Vol.4──現役ラグビー選手の抱える洋服の悩みとは(1/2)



【連載】「着られる服がない」をバイヤーが解決!
▶記事一覧はこちら


 

体型でお困りの方は、メンズ館7階=背の高い方&大きいサイズのスーパーメンズ(以下スーパーメンズ)でおしゃれに強くなる! メンズ館7階=スーパーメンズ担当バイヤーの今泉が今回訪れたのは、ジャパンラグビートップリーグに加盟する「サントリーサンゴリアス(Suntory Sungoliath)」のホームグラウンド。出迎えてくれたのは、2016年入部で3年目を迎えた中村駿太選手。サラリーマンとラガーマンを両立する中村選手に、現役ラグビー選手の抱える洋服の悩みを伺い、そしてスポーツマン体型をすっきり見せる「カジュアルコーデ」を提案した。


中村駿太|Shunta Nakamura

東京都杉並区出身。24歳。父の影響で6歳から本格的にラグビーをはじめ、名門桐蔭学園高校や明治大学では主将としてチームを牽引。現在は、国内最高峰のトップリーグ サントリーサンゴリアスに所属し、3年目にして早くもチームの中心として活躍する若手有能株。ジュニア・ジャパン、U20日本代表、高校日本代表。


176cm・103kg。パワーと器用さを兼ね備えたファイター登場!

 

今泉 三越伊勢丹社内外のスポーツマンに“体型の悩み”をお聞きして、おしゃれの悩みを解決する連載。今回は、1994年生まれで現役バリバリの中村駿太選手に登場していただきました。実は中村選手のご両親は三越伊勢丹勤務(出身)なんですよね。
中村 はい、両親が三越伊勢丹に勤めていて、小さい頃からいろんな服を着せられていました(笑)。
今泉 サントリーサンゴリアスの中村選手のプロフィールを見ると、「ラグビーを始めたきっかけ」に「父の影響」とありますが、お父さんも駿太さんも同じポジションのフッカー(2番)なんですね。
中村 父の練習に連れていかれて、気がついたらラグビーをしていました。神奈川の桐蔭学園高校を経て、父もプレーした明治大学の門を叩き、それから(サントリー)サンゴリアスです。
今泉 ラグビーと同じように、おしゃれにも興味はありますか。
中村 それもやはり影響を受けていて、仕事用のスーツはメンズ館5階のメイド トゥ メジャーでオーダーして、普段着は基本、7階のスーパーメンズで買っています。



今泉 確かにその体格だと、既製スーツは難しいですよね。カジュアルも選ぶときに気をつけていることはありますか。
中村 普段はTシャツにパーカ、デニムというラフな格好が多いですが、パンツはストレッチが効いているものを選びますね。パンツは太ももで合わせるとウエストが合わないし、ふくらはぎで合わせると太ももが入らなかったり……。
今泉 今日穿いていただくパンツは、太ももからテーパード(裾に向かって細くなっている)しているので、比較的大きいサイズでも全体的に太く感じないと思うので、穿いて確かめてみてください。
 


男から見てもほれぼれする身体と、充実した毎日

 

今泉 中村選手は男から見てもほれぼれする身体つきですが、着こなしで意識していることはありますか。
中村 ダボッとした服を着るとルーズに見えて、実際より大きく太って見えるので気をつけています。適度にタイトなものを選んで、体型は意識するようにしています。
今泉 スーパーメンズのお客さまでも、「鍛えている身体を見せたい!」と、実際より2サイズほど小さいTシャツやカジュアルシャツを選ばれるお客さまもいらっしゃいます。
中村 それと、今年は「ジャケットデビュー」をしようと思っています。
今泉 今日も<ラルディーニ>のチェックのジャケットを選んできました。
中村 仕事のときはスーツで、おしゃれな単品ジャケットは着たことがなかったので、実は今朝、実家から父のジャケットを3枚もらってきました。着てみたらサイズがぴったりで驚きました。


今泉 中村選手は最近、身体を絞っていると聞いていますが。
中村 そうですね。大学からトップリーグに来て、コンタクトプレーなどに求められるレベルが断然違います。2~3段階上のことを要求されるので、身体作りにも真剣に取り組んでいて、学生時代に比べてベンチプレスはプラス20キロほどになり、身体が変わってパワーがついてきたことを実感します。前後半合わせて80分の試合にフル出場すると5~6キロほど体重が落ちるんですよ。
今泉 5~6キロ! 凄いスポーツですね。中村選手はなぜサントリーを選んだのですか。


中村 他のトップチームはラグビー中心の生活ですが、サントリーは仕事もラグビーもちゃんと両立できて、メリハリがつけられるので選びました。
今泉 社員選手という立場は大変ですか。
中村 サントリーで3年目ですが、毎日充実しています。仕事は酒屋の営業をやっていて、車で練習場に向かうときにしっかり切り替えて、シャツとネクタイを脱いで、シャワーを浴びて、練習着を着ると気持ちも身体も引き締まります。
今泉 練習着や試合のユニフォームが“勝負服”だと思いますが、今日は「仕事や休日を愉しむコーディネート」を着ていただきます!

NEXT>スポーツマン体型をすっきり見せる4コーディネート