真面目なイタリアクラシコを体現する靴


 

<エスポワール>を薦める人

宮下創太 

メンズ館地下1階=紳士靴アシスタントバイヤー。ハイエンドからカジュアルまで、すべての領域の担当を経験した紳士靴一筋5年目の若手。 ”知的好奇心を満たし、感性を刺激し、気分が高揚する楽しいフロアにする”と意気込む。座右の銘は、「笑う門には福来る」。名門高校野球部出身で甲子園に春夏合わせて3度出場。

 
「スペイン製・マッケイ製法・革底」といった、19,000円とは思えないハイスペック仕様。イタリアクラシコの絶妙な表情を出せるも、ヨーロッパ生産だからこそ。
<エスポワール>シューズ各20,520円
ご購入はこちら

コスパ    ★★★★★
デザイン ★★★☆☆
素材       ★★★★☆
仕上げ    ★★★★☆
仕様       ★★★★★

 

宮下 私が選んだ<エスポワール>は、靴文化の長いスペイン製で、「ヨーロッパメイドの19,000円でどこまで作り込めるか」に拘っています。
田代 4ブランドの中で唯一のヨーロッパメイドですね。
宮下 底付けはマッケイ製法、ソールはレザー、そして表情のある革使いは、このプライスでは唯一無二だと思います。


福田 インポートならではのアッパーの雰囲気など、どれも2万円以上の顔をしていると思いますよ。
塚原 スタイリスト視点だと、<エスポワール>はシュッとしたデザインの見た目に反して幅が広いので、試し履きされると履きやすさを感じていただけます。
福田 スリッポン感覚で履くのに適した軽さと、馴染みやすい革も<エスポワール>ならではだよね。
田代 「良い靴を履いているな」と見られるきれいなカラーリングですよね。正統的なイタリアクラシコの服から、コンフォートなカジュアルスーツにも似合う雰囲気を持っています。
塚原 30代のビジネスマンが好む表情も魅力ですね。


宮下 イタリアクラシコなラスト(木型)とレザーソールのドレッシーさに、ヨーロッパの香りを醸す革のマッチングが<エスポワール>の最大の特徴です。
塚原 店頭では、ムラ感のある革を使った靴も人気です。
宮下 ナンパな雰囲気ではなく真面目な顔つきは、ドレスライクなワードローブとも似合うので、ぜひお試しください。

NEXT>「スニーカー世代にも履きやすい革靴」