ページトップへ
CLOSE
  • 【特集】ドレスシューズ新時代、いま革靴の選び方が変わる!
    2019.12.10 update

    【特集】ドレスシューズ新時代、いま革靴の選び方が変わる!

    紐靴からスリッポンへ、革靴からスニーカーへ、紳士の足元に変革期が訪れている。しかしそんな時代にこそ、革靴を履く意味を見出したいと、伊勢丹メンズ館は考える。革靴を履くことで、周りからどう見られ、履いている自分がどのような気分でいるのか。男の足元が革靴だと、何が変わるのか掘り下げていこう。 ■ ドレスシューズ新時代、いま革靴の選び方が変わる!▼ 1. 紳士服&紳士靴バイヤーが考える靴選びの新時代▼ 2. ドレスシューズ新時代を牽引する革靴5選▼ 3. 三越伊

  • <PADRONE/パドローネ>|「パドローネ ミュージアム」が過去最大規模の品揃えで期間限定オープン。
    2019.12.08 update

    <PADRONE/パドローネ>|「パドローネ ミュージアム」が過去最大規模の品揃えで期間限定オープン。

    2019.12.11 - 2019.12.31

    <PADRONE/パドローネ>が運営する唯一の店舗にして、直営オンラインストアである「パドローネ ミュージアム」がメンズ館地下1階=紳士靴に登場。12月11日(水)から31日(火)までの期間限定でポップアップストアがオープンする。 シューズ「PX8769」各30,800円 *三越伊勢丹限定 毎年恒例となった伊勢丹メンズ館での「パドローネ ミュージアム」。4年目を迎えた今回は、三越伊勢丹限定モデルをはじめ、「パドローネ ミュージアム」限定コレクションなど圧巻の品揃えが実現。約120足にも及ぶ過去最大規模

  • 【インタビュー】クラシックを昇華させ、モード感を加味した4季目の<CALMANTHOLOGY/カルマンソロジー>
    2019.11.29 update

    【インタビュー】クラシックを昇華させ、モード感を加味した4季目の<CALMANTHOLOGY/カルマンソロジー>

    11月27日(水)からメンズ館地下1階=紳士靴にて開催している、<CALMANTHOLOGY/カルマンソロジー>のポップアップが盛況だ。そのシューズデザイナーとして、現代における正統派本格靴の新基準を示してみせた“靴人(くつびと)”・金子 真氏。4季目の「PAGE.04」についてのあれこれ、12足限定発売される、伊勢丹メンズ館別注カラーへのこだわりについて話を訊いた。 製法もデザインも広がった、<カルマンソロジー>という世界。 ある意味、金子氏ならではの正統進化と言えるのかもしれな

  • 【動画】2万円と3万円どっちの靴が買い?!伊勢丹メンズ館が手がける、驚きのコスパ靴の秘密
    2019.11.26 update

    【動画】2万円と3万円どっちの靴が買い?!伊勢丹メンズ館が手がける、驚きのコスパ靴の秘密

    【配信中】新旧バイヤー対決ISETAN MEN’S 驚きのコスパの秘密 ―どっちの靴が”買い?”ー      伊勢丹メンズ館の新旧靴バイヤーが、日々のビジネススタイルで重宝する<ISETAN MEN’S/イセタンメンズ>オリジナルシューズの新モデルをそれぞれ手がけた。数シーズンぶりに復活を果たした<イセタンメンズ>オリジナルシューズの2万円(税抜)を推すのは、現バイヤーの田畑智康で、3万円(税抜)を推すのは前バイヤーの福田

  • 【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ
    2019.11.12 update

    【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ

    <Blundstone/ブランドストーン>は、オーストラリア・タスマニア初のシューズブランド。1870年代に英国から移住したブランドストーン夫妻が始めた、輸入靴店がそのルーツである。1940年代にはオーストラリア陸軍にブーツを納品する御用達メーカーとなり、60年代に登場したサイドゴアブーツが一気にブレイクを果たすと、本国を代表するシューメーカーとして認知された。伊勢丹メンズ館ではこのサイドゴアブーツこそ、ドレスとカジュアルがボーダーレスな、いまの時代の足元にとってのリアリティなのではないかと考えている。▼

  • <blueover/ブルーオーバー>|『Begin』別注の新作はスニーカー感覚のドレス顔!期間限定オーダー会開催
    2019.11.12 update

    <blueover/ブルーオーバー>|『Begin』別注の新作はスニーカー感覚のドレス顔!期間限定オーダー会開催

    2019.11.13 - 2019.11.19

    国産スニーカーで知られる<ブルーオーバー>と、モノ&ファッション雑誌『Begin』がタッグを組んで開発したビジカジスニーカー“DAN”が登場! 11月13日(水)から19日(火)までの期間、メンズ館地下1階=紳士靴では、この新モデルのオーダー会を開催する。     今回お目見えする “DAN”は、「内羽根・ストレートチップ」という『Begin』からのオーダーを元に、<ブルーオーバー>が現代的なファンクションを取り入れデザインしたこだわり

  • <DIEMME/ディエメ>|「SYMPATEX」を搭載したコレクションが登場!機能性が加わり都会的にアップデート
    2019.11.06 update

    <DIEMME/ディエメ>|「SYMPATEX」を搭載したコレクションが登場!機能性が加わり都会的にアップデート

    2019.11.06 - 2019.11.12

    11月6日(水)から、メンズ館地下1階=紳士靴では、登山靴にルーツを持つイタリア発のブランド<DIEMME/ディエメ>のプロモーションを開催。会期中は、耐水性や透湿性などの機能を加えたコレクションをご紹介する。     品質の高さと履き心地の良さから、数々の高級メゾンのスニーカーの生産等を請け負ってきた実績を持つ伝統のあるイタリアのシューズブランド<ディエメ>は、もともとは、ハンティングや登山で使用するための本格的な靴作りからスタート。 その確かな技術力で、マウンテンブーツからタウン

  • <GUILD of crafts/ギルド・オブ・クラフツ>|巨匠・山口千尋氏も来店。年に一度のトランクショー開催
    2019.11.06 update

    <GUILD of crafts/ギルド・オブ・クラフツ>|巨匠・山口千尋氏も来店。年に一度のトランクショー開催

    2019.11.06 - 2019.11.12

    国内でビスポークシューズシーンを牽引してきた山口千尋氏が手掛ける<ギルド・オブ・クラフツ>が、11月6日(水)から12日(火)までの期間オーダー会を開催。会期中はメイド・トゥ・メジャーを承るほか、同10日(日)は山口氏が来店しオーダーのスペシャルメニューを承る特別な機会が用意される。 ©Tatsuya Ozawa ■過去のインタビュー記事はこちら・"メイド・トゥ・オーダー"が伊勢丹メンズに初登場・20年かけてたどり着いたプレタポルテが遂にローンチ 1996年に誕生したビスポークブラ

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY SHOP NEWS
2019.12.07 update

MEN'S CONTEMPORARY SHOP NEWS

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ドレスシューズ新時代、いま革靴の選び方が変わる!
2019.12.07 update

【特集】ドレスシューズ新時代、いま革靴の選び方が変わる!

紐靴からスリッポンへ、革靴からスニーカーへ、紳士の足元に変革期が訪れている。しかしそんな時代にこそ、革靴を履く意味を見出したいと、伊勢丹メンズ館は考える。革靴を履くことで、周りからどう見られ、履いている自分がどのような気分でいるのか。男の足元が革靴だと、何が変わるのか掘り下げていこう。 ■ ドレスシューズ新時代、いま革靴の選び方が変わる!▼ 1. 紳士服&紳士靴バイヤーが考える靴選びの新時代▼ 2. ドレスシューズ新時代を牽引する革靴5選▼ 3. 三越伊

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

なりたい印象へ理論的に導く「イメージコンサルティングサービス」ってどんなサービスですか?
2019.12.04 update

なりたい印象へ理論的に導く「イメージコンサルティングサービス」ってどんなサービスですか?

自分に似合うカラー、TPOや目的に適した着こなし方はご存知ですか。 メンズ館の専任スタイリストが、お客さまのパーソナルカラー、体型、雰囲気、キャラクターなどを総合的に判断し、トータルイメージをプロデュースする無料のサービスが「イメージコンサルティングサービス」です。     第一印象はたったの0.5秒で決まるからこそ、装いに自分らしさを   たとえば、会社の大切なプレゼンテーションの場に相応しいスタイル、セレモニーや記者会見に出席するためのコーディネート、婚活用の写真