ページトップへ
CLOSE
  • TODAYS STYLIST|稲葉 智大(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング)
    2019.08.06 update

    TODAYS STYLIST|稲葉 智大(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング)

    Photo:ISETAN MEN‘S netお問い合わせ03-3352-1111(大代表)メールでのお問い合わせはこちら

  • TODAYS STYLIST|稲葉 智大(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング)
    2019.07.29 update

    TODAYS STYLIST|稲葉 智大(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング)

    Photo:ISETAN MEN‘S netお問い合わせ03-3352-1111(大代表)メールでのお問い合わせはこちら

  • 【特集】"進化と深化"を繰り返すドレスクロージング。2019年秋冬シーズンの注目トピックスをチェック。
    2019.06.08 update

    【特集】"進化と深化"を繰り返すドレスクロージング。2019年秋冬シーズンの注目トピックスをチェック。

    2019年秋冬のトレンドを先取り──メンズ館5階=メンズテーラードクロージングの編集平場「インターナショナル セレクション」と、今春夏から本格始動した「アルチザン」の早期ご予約&販売会が6月12日(水)より25日(火)まで2週に渡って開催。“Remix(リミックス)”をシーズンテーマとする「インターナショナル セレクション」と、“ヘリテージ(伝統・継承)”をベースとする「アルチザン」のそれぞれのスタイルとイセタンメンズ別注アイテムを一足早くご紹介する。

  • 【イベントレポート】クラシコイタリアの現在地を探る旅──稀代のウェルドレッサー8名が伊勢丹メンズ館に集結
    2019.05.08 update

    【イベントレポート】クラシコイタリアの現在地を探る旅──稀代のウェルドレッサー8名が伊勢丹メンズ館に集結

    「お客さまに普段は見えないブランドのコアとなるデザイナーのリアルな感覚を感じられる場を作りたかった。僕は年に2回、イタリア出張に行く度に彼らの熱量を感じていますが、彼らのキャラクターを伝えられるこういった機会をずっと望んでいました」(メンズ館5階=メンズテーラードクロージング 稲葉智大バイヤー) 3月23日(土)の夕刻、伊勢丹新宿店メンズ館にネオクラシコを牽引する8名のウェルドレッサーたちが集結した。この会の進行は各メンバーとも親交の深いラグジュアリースタイル誌『LEON(レオン)』編集長の石井洋氏。それ

  • 今こそ、リアリティあるクラシックスタイルを── バイヤーが提唱する「トラディショナルミックス」とは
    2019.03.08 update

    今こそ、リアリティあるクラシックスタイルを── バイヤーが提唱する「トラディショナルミックス」とは

    3月16日(土)、伊勢丹新宿店メンズ館のリニューアルオープンに向けて、現在、館内は急ピッチで工事が進行している。「アルチザン」をキーワードにした編集ショップが新たにオープンし、いち早くリニューアルを終えた同5階=メンズテーラードクロージングだが、今回はこの大規模なリニューアルに先駆け2017年9月にオープンした編集ショップ「インターナショナルセレクション」にフォーカス。同ショップ手掛けるバイヤー稲葉智大に、今春のコンセプトについて話を聞いた。 =====     「すでに2月に

  • 2018年を3大キーワードで総括!ビジネス クロージング編|ビジネスシーンの変化が男の装いを「コンフォート/本物志向」へと加速させた
    2018.12.30 update

    2018年を3大キーワードで総括!ビジネス クロージング編|ビジネスシーンの変化が男の装いを「コンフォート/本物志向」へと加速させた

    2018年もいよいよ終盤、今年もイセタンメンズネットではファッションに関わるさまざまな特集やニュースなどの話題をお届けしてきました。今回は常に注目を集めるフロアである、紳士靴・ビジネスクロージング・オーセンティックウェアの各バイヤーから、1年を象徴する3つのキーワードを軸に2018年を振り返ります。第3弾は、メンズ館5階=ビジネスクロージング担当バイヤーの稲葉に話を伺いました。トレンドが最も気になるフロアが選ぶキーワードとはいかに…。最後までじっくりとご覧ください。 ▶『2018年を振り返る

  • 装う愉しみを広げ、未来に残る"新定番"──バイヤー渾身の「メンズ館15周年」記念アイテムが続々!
    2018.09.12 update

    装う愉しみを広げ、未来に残る"新定番"──バイヤー渾身の「メンズ館15周年」記念アイテムが続々!

    男の職業や働き方、働くためのスタイルは時代とともに刻々と変化し続けるが、バイヤーの山浦は今の時代を一言で表現するなら「イージー」だという。今、ビジネススタイルも、働く人のマインドも、そして着こなしの根底にもあるのが「イージー」。スーツの足元がスニーカーになり、通勤にリュックが当たり前になったのは、まさに時代の流れの象徴だが、そうやってストレス要因を排除していくことにより、装うことの面白みが削られていくことに危惧しているともいう。メンズ館15周年を飾るシンボリックなアイテムの数々は、「これまでの15年を振り

  • 【特集】英国×イタリアの2大潮流を大胆ミックス、いま最も旬は「スコティッシュ・イタリアン」だ!
    2018.08.22 update

    【特集】英国×イタリアの2大潮流を大胆ミックス、いま最も旬は「スコティッシュ・イタリアン」だ!

    メンズスタイルの世界的なトレンドとして"英国調"がキーワードとして挙げられる中、イセタンメンズでは今シーズン、“スコティッシュな素材感”に着目。英国調の着こなしにクラシックマインドを掛け合わせ、そこにイタリアの仕立てを取り入れた“スコティッシュ・イタリアン”を明確に打ち出していく。今回は、メンズ館5階=ビジネスクロージング担当バイヤーの稲葉智大が、8月22日(水)からスタートする秋の訪れを発信する『彩り祭』で登場する、代表的なスタイリングとキーアイテムを解説