ページトップへ
CLOSE
  • デザイナーズ&ラグジュアリーマガジン『EPOCH』が発刊
    2019.03.21 update

    デザイナーズ&ラグジュアリーマガジン『EPOCH』が発刊

    デザイナーズ&ラグジュアリーマガジン『EPOCH』の最新号が、リモデルオープンを迎えた3月16日(土)に発刊。伊勢丹メンズ館の更なる進化を感じられる一冊が完成した。今号では、リモデル特別企画号として、2月27日(水)に先行オープンしたメンズ館2階=メンズクリエーターズやフルリニューアルした4階=メンズラグジュアリーからもラインナップ。もちろん、メンズ話3階=メンズデザイナーズの最旬ファッションも見逃せない。  ▶『EPOCH』最新号はデジタルマガジンでご覧いただけます 毎号、独自の切り口でファ

  • VoL.1: ファッションでも音楽でも、自分らしさを求める方へのプレイリスト | Spotify
    2019.03.20 update

    VoL.1: ファッションでも音楽でも、自分らしさを求める方へのプレイリスト | Spotify

    2月27日(水)に先行リニューアルオープンを迎えたメンズ館2階=メンズクリエーターズの中で、リアル店舗ならではの交流の場、カルチャーの発信拠点として新設されたコミュニケーションスペース。クリエーションの背景に、HIP-HOPやROCKなどのミュージックカルチャーからインスパイアを受けたブランドがセレクトされた同コーナーでは、洋服以外に常設されたDJスペースやそこで流れる音楽などのカルチャーを通して、スタイリスト(販売員)と対話を楽しめる場となっている。 関連記事メンズ館2階のコミュニケーションスペースに

  • 新たなシンボルとなり、メンズ館らしさを表現した場=SIとは
    2019.03.15 update

    新たなシンボルとなり、メンズ館らしさを表現した場=SIとは

    3月16日(土)、「男として、そして、人として -As a man , and As a human- 」を新ステートメントとして掲げ、お客さま一人ひとりのご要望に寄り添い、”〇〇らしさ”を叶えるメンズファッションストアとして生まれ変わるメンズ館。これまで「男」であることを前面に打ち出してきたメンズ館であるが、社会やお客さまの価値観の変化に伴い、「男」である前に「人」であることを改めて見つめ、”開かれた場所”でありたいと考えている。メンズ館創設当時は、エント

  • メンズ館2階にファッションとミュージックカルチャー、両方を楽しめるコミュニケーションスペースが登場!また、<Spotify/スポティファイ>と連携した取組をスタート
    2019.03.15 update

    メンズ館2階にファッションとミュージックカルチャー、両方を楽しめるコミュニケーションスペースが登場!また、<Spotify/スポティファイ>と連携した取組をスタート

    「伊勢丹メンズ館ではいつも何かおもしろいことをやっている。新しいカルチャーや情報に触れられる。そういった環境を作り上げていきたいと思っています。カルチャー/情報発信の新たな拠点として、メンズ館が認知されていくのが理想ですね」そう語るのは、メンズ館2階=メンズクリエーターズ バイヤー・樋口淳氏。入社以来メンズ館2階を見てきた彼にリニューアルの狙いや意図を訊いた。「メンズ館がオープンした15年くらい前の購買スタイルって、『どこどこのブランド/ショップが流行り』とか、『こういうスタイルがトレンド』のように、表面

  • <IVXLCDM/アイ ブイ エックス エル シー ディー エム>のジュエリーカラビナがメンズ館2階に登場【3月9日(土)更新】
    2019.03.09 update

    <IVXLCDM/アイ ブイ エックス エル シー ディー エム>のジュエリーカラビナがメンズ館2階に登場【3月9日(土)更新】

    2007年に日本一の宝飾産地である山梨県甲府市で誕生したジュエリーブランド<IVXLCDM/アイ ブイ エックス エル シー ディー エム>が、メンズ館2階=メンズクリエーターズに3月16日(土)に初登場。藤原ヒロシと清永浩文によりスタートしたブランド<uniform experiment/ユニフォーム エクスペリメント>とのジュエリーカラビナを数量限定で発売する。 <ユニフォーム エクスペリメント>×<アイ ブイ エックス エル シー ディー エム>ブラス×キュービックジルコニ

  • Vol.1 baanai | 劣等感が生んだ、圧倒的なオリジナリティ
    2019.02.19 update

    Vol.1 baanai | 劣等感が生んだ、圧倒的なオリジナリティ

    2019.02.27 - 2019.03.26

    2019年2月27日(水)、メンズ館2階=メンズクリエーターズ内にギャラリースペース「ART UP(アートアップ)」 が誕生する。さらに濃密化しているファッションとアートの蜜月関係をひも解くべく、独自のキュレーションによりさまざまなアーティストを紹介。記念すべき初回アーティストには、コム デ ギャルソンのアートワークを手がけたことで知られるペイントアーティストのbaanai氏を迎え、作品展「inaiinaibaanai」を3月26日(火)まで開催。彼が描き出す、独自の世界観はどのようにして生まれたのか――

  • “音”を感じる強烈なグラフィックに注目──ミュージックシーンから生まれた新たなLAブランド
    2019.02.13 update

    “音”を感じる強烈なグラフィックに注目──ミュージックシーンから生まれた新たなLAブランド

    リニューアルを間近に控えた伊勢丹メンズ館に、今春初登場する新ブランドが続々登場。どのコレクションにも最新のデザインワークが施されると共に時代を映し出すエレメントが巧みに散りばめられ、そこに普遍の魅力と価値が息づいている。メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズでは、トレンドやスタイルの背景にある“カルチャー”にフォーカス。音楽をバックボーンとするLA発の<INSOMUNIAC/インソムニアック>が初登場する。 *商品に関する詳細は直接店頭にお問い合わせください LA発の新

  • ルーツに触れる、モダンに進化し再生した“幻”のジャケット
    2019.02.07 update

    ルーツに触れる、モダンに進化し再生した“幻”のジャケット

    この春のリニューアルを間近に控えた伊勢丹新宿店メンズ館。国内外からバイイングされたブランド&アイテムには、時代を映し出すエレメントが巧みに散りばめられていた。それはライフスタイルの多様化にともなって変化していく最新のデザイン&スタイルと、いつの時代も変わらぬ普遍の価値をもつクラシック。一見相反するようにさえ思えるコレクションだが、イセタンメンズというフィルターによって、リアルなメンズファッションの輪郭が鮮明に描き出される。 デビューシーズンの2003年当時に製作、わずか1型からはじまった"幻"のテーラード