ページトップへ
CLOSE
  • <KENZO/ケンゾー>|日本の海女文化から着想を得た新作コレクションが登場!
    2020.01.20 update

    <KENZO/ケンゾー>|日本の海女文化から着想を得た新作コレクションが登場!

    2020.01.22 - 2020.01.31

    <KENZO/ケンゾー>は、日本の海女文化から着想を得た2020年春夏コレクションにフォーカスしたポップアップストアをメンズ館2階=メンズクリエーターズにオープンする。1月22日(水)から同31日(金)までの期間限定で行われる同ポップアップでは、コミックブックに見られるグラフィカルな世界観とカンフーアートからインスピレーションを得て、楽しくもスポーティーな冒険をイメージしたカプセルコレクションが登場。海岸に生きる人々の伝統的な衣服やダイビング用品にみられる現代的な機能性や加工を融合したラインナップは、海底

  • <kolor/カラー>|TOWA TEI(テイ・トウワ)とのコラボレーションアイテムが、伊勢丹新宿店限定にて発売。
    2020.01.20 update

    <kolor/カラー>|TOWA TEI(テイ・トウワ)とのコラボレーションアイテムが、伊勢丹新宿店限定にて発売。

    2020.01.22 - 2020.02.04

    デザイナー阿部潤一が手掛けるブランド<kolor/カラー>が、昨年ソロデビュー25周年を迎えたアーティストTOWA TEI(テイ・トウワ) とのコラボレーションを実現。1月22日(水)から、メンズ館2階=メンズクリエーターズにて開催するプロモーションでは、伊勢丹新宿店限定でコラボレーションアイテムの発売を開始する。 Tシャツ 各20,900円(ホワイト・ブラック)スウェット 30,800円(グレー・ブラック)*すべて、伊勢丹新宿店限定 伊勢丹オンラインストアで<カラー>の商品を見る本コラボ商品は、1月2

  • Vol.14 “THE ART LABEL SAKE プロジェクト” supported by sawanotsuru  |  2020年は、日本酒とアートで日常に贅沢なひと時を
    2020.01.14 update

    Vol.14 “THE ART LABEL SAKE プロジェクト” supported by sawanotsuru | 2020年は、日本酒とアートで日常に贅沢なひと時を

    伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内「ART UP(アートアップ)」と「伊勢丹新宿店本館地下1階=粋の座・和酒」において、日本を代表する日本酒の蔵元「沢の鶴」による展示「“THE ART LABEL SAKEプロジェクト”supported by sawanotsuru」を1月15日(水)から開催。 日本酒のラベルをキャンバスに見立て、総勢13名の国内外のアーティストの作品を披露&展示販売するというもの。今回は沢の鶴(株)代表取締役社長 西村隆さんと、アーティス

  • 宇野亞喜良、永井博、ヒロ杉山、三原康裕など、総勢13名のアーティストが、創業300年の蔵元とコラボレーションした"THE ART LABEL SAKE プロジェクト" supported by sawanotsuruを開催
    2020.01.09 update

    宇野亞喜良、永井博、ヒロ杉山、三原康裕など、総勢13名のアーティストが、創業300年の蔵元とコラボレーションした"THE ART LABEL SAKE プロジェクト" supported by sawanotsuruを開催

    2020.01.15 - 2020.02.04

    1月15日(水)から、メンズ館2階=メンズクリエーターズ内のギャラリースペース『ART UP』では、創業300年を越える日本酒の蔵元である「沢の鶴」と、様々なジャンルの総勢13名のアーティストがコラボレーションした “THE ART LABEL SAKE プロジェクト” supported by sawanotsuruを開催する。 沢の鶴(株)代表取締役社長 西村隆氏と、アーティストとして参加するヒロ杉山氏のインタビューはこちら   沢の鶴は、創業1717年の神戸・灘の

  • <JULIUS/ユリウス>|伊勢丹新宿店限定アイテムも登場、2020年春夏プロモーションを開催。
    2020.01.07 update

    <JULIUS/ユリウス>|伊勢丹新宿店限定アイテムも登場、2020年春夏プロモーションを開催。

    2020.01.08 - 2020.01.21

    デザイナー堀川達郎率いる<JULIUS/ユリウス>が、2020年春夏コレクションにフォーカスしたプロモーションを、メンズ館2階=メンズクリエーターズにて開催。伊勢丹新宿店限定アイテムもお目見えするなど注目のコレクションがラインナップする。会期は、1月8日(水)から21日(火)まで。   時代を代表する音楽カルチャーやそれに強く影響を受け巻き起こったムーヴメントをインスピレーションに、コレクションを形成する<ユリウス>。   マダガスカル語で「ハイブリッド」を意味する[Afangar;]

  • <YOHJI YAMAMOTO/ヨウジ ヤマモト>|2020年春夏メインコレクションが、1月10日(金)より発売開始
    2020.01.03 update

    <YOHJI YAMAMOTO/ヨウジ ヤマモト>|2020年春夏メインコレクションが、1月10日(金)より発売開始

    メンズ館2階=メンズクリエーターズでは、1月10日(金)より、<YOHJI YAMAMOTO/ヨウジ ヤマモト>2020年春夏コレクションの発売を開始する。 風をはらみ軽やかに揺れる素材使い、流れるようなシルエットが印象的な今シーズンの<ヨウジ ヤマモト>。中世ヨーロッパ騎士団が試合で用いたユニフォームに着想を得たという大胆なプリントが目を引くベルベットコートや、レインコートの上にTシャツを重ねるという新たなレイヤードスタイルなど、メンズウェアの転換期とも言えるフェミニンとメンズのスタンダードが共存した今

  • <kolor/カラー>|クラシカルとモダンを絶妙なバランスで表現した、2020年春夏コレクションが到着。
    2019.12.16 update

    <kolor/カラー>|クラシカルとモダンを絶妙なバランスで表現した、2020年春夏コレクションが到着。

    デザイナー阿部潤一が手掛ける<kolor/カラー>の2020年春夏コレクションが、12月18日(水)から、メンズ館2階=メンズクリエーターズにて発売を開始する。クラシカルなアイテムに、モダンでポップな要素を落とし込んだ、<カラー>2020年春夏コレクション。チェック柄のジャケットやトレンチコートといったトラディショナルなピースに、ビビッドなプリントや別のアイテムを組み合わせることで、伝統的なアイテムをモダンに昇華。キーカラーとなる、レッドとウルトラマリンブルーが、よりポップな印象を放っている。クラシカルと

  • Vol.13 内藤カツ | モノクロ写真から感じるハーレムの熱くスリリングな時代
    2019.12.12 update

    Vol.13 内藤カツ | モノクロ写真から感じるハーレムの熱くスリリングな時代

    伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内「ART UP(アートアップ)」において、ニューヨーク在住の写真家、内藤カツ氏による写真展「Once in Harlem」を12月11日(水)より開催。 ’83年より単身ニューヨークに渡り、その後当時は貧民街で、世界屈指の危険地帯として知られていたハーレムに移り住み、そこに住む人々の営みを当時より撮影し続けているのだ。さらに ネペンテス ニューヨークで個展を開催するなど、ファッション業界にも縁が深い。 ここではフォトグラファーになるまでの経緯や現

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY
2020.01.20 update

MEN'S CONTEMPORARY

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】2020年の春を軽快に装うスプリングコート10選
2020.01.20 update

【特集】2020年の春を軽快に装うスプリングコート10選

準備は万端に、そしていち早く春の装いを楽しむのが鉄則――春の足音が近づくにつれ、トレンドに敏感な男たちは、周りの誰よりも早くクローゼットの中にある春のワードローブをチェックするものだ。まだ肌寒さが残るこの時期からの必需品、今年の春を迎えるにふさわしい“軽い・薄い・機能的"に羽織れる春コートをワードローブに加えよう。 重いコートを脱いで、スプリングコートにすれば心まで軽く! 伊勢丹メンズ館に今季を象徴するスプリングコートが出揃い始めた。普遍的でクラシカルな定番スタイルから今っぽいゆったりとし

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の