ページトップへ
CLOSE
  • Vol.17 大杉隼平| 震災を通じて感じ、学んだ。人の温もりと写真の力
    2020.03.30 update

    Vol.17 大杉隼平| 震災を通じて感じ、学んだ。人の温もりと写真の力

    営業時間変更のお知らせ 伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内「ART UP(アートアップ)」において、写真家として活動をする大杉隼平さんの写真展「scenes in mind」を4月1日(水)より開催する。ロンドンで写真とアートを学び帰国。 現在は雑誌、広告などの媒体で幅広く活躍。さらに今年2 月には「THE EDITORS PHOTO AWARD ZOOMS JAPAN 2020」においてパブリック賞を受賞するなど、今最も注目を集めるクリエイターの一人なのだ。写真を始めたきっかけや展示

  • ニューヨークで撮り下ろした新作も発表。写真家・大杉隼平による写真展「scenes in mind」開催
    2020.03.27 update

    ニューヨークで撮り下ろした新作も発表。写真家・大杉隼平による写真展「scenes in mind」開催

    2020.04.01 - 2020.04.21

    営業時間変更のお知らせ 4月1日(水)から、メンズ館2階=メンズクリエーターズ「ART UP(アートアップ)」では、写真家・大杉隼平氏による個展「scenes in mind」を開催する。 ►関連記事:Vol.17 大杉隼平| 震災を通じて感じ、学んだ。人の温もりと写真の力 「LONDON」 小:38,500円(フレームサイズ 424×328mm) 大:55,000円(フレームサイズ 509×394mm) 旅をする中で、その街の呼吸を感じ、暮らす人々の日常に出会いながら、当たり前にある

  • 【特集】ショートパンツの選び方と着こなし方。大人の男性におすすめするコーディネート術とは?
    2020.03.26 update

    【特集】ショートパンツの選び方と着こなし方。大人の男性におすすめするコーディネート術とは?

    最近ではジャケットと合わせる“ジャケ短パン”スタイルも定着した、春夏定番の大人ショートパンツ(ハーフパンツ、ショーツ)。選び方のポイントは膝ぎりぎりの丈感といまどきなシルエット、そして本気のアスリートにならないモデル選びと着こなし方だ。伊勢丹メンズ館のイメージコンサルタント、関川晃彦が今シーズンの注目ブランドをピックアップしながら、その着こなしを解説する。 いま選ぶ大人のショートパンツはオーセンティック系orテック系 暖冬とはいえ冬が終わればショートパンツの季節の到来。しかしショートパン

  • 【特集】1枚でお洒落に魅せる、インパクト重視で選んだ「春の柄シャツ」3選
    2020.03.24 update

    【特集】1枚でお洒落に魅せる、インパクト重視で選んだ「春の柄シャツ」3選

    春のカジュアルスタイルに活躍するのが、1枚で存在感を表し、コーディネートも楽しめる柄シャツだ。ストライプ、チェックなどの王道的な柄物のシャツは何枚持っていても重宝するが、時にはデザイナーの思いがたっぷり入ったスペシャルな柄シャツに身を任せたい。2020年春夏の新作の中から、おしゃれを愉しむ大人の着こなしを格上げしてくれるシャツをピックアップした。 これ1枚でコーディネートが完成!存在感をアピールする柄シャツ 1. TOMORROWLAND/トゥモローランド <トゥモローランド>シャツ

  • <Yohji Yamamoto/ヨウジヤマモト>|山本耀司のセルフポートレートを“墨絵”で表現。内田すずめとのコラボアイテムや伊勢丹新宿店限定アイテムも登場!
    2020.03.24 update

    <Yohji Yamamoto/ヨウジヤマモト>|山本耀司のセルフポートレートを“墨絵”で表現。内田すずめとのコラボアイテムや伊勢丹新宿店限定アイテムも登場!

    2020.03.25 - 2020.04.07

    営業時間変更のお知らせ メンズ館2階=メンズクリエーターズでは3月25日(水)から4月7日(火)までの期間、<Yohji Yamamoto/ヨウジヤマモト>がプロモーションを開催。2020年春夏コレクションから、“墨絵”を日本の高い技術を用いて表現したアイテムをはじめ、内田すずめ氏とのコラボレーション作品も登場する。 今季、デザイナーの山本耀司はセルフポートレートを黒一色の墨絵で表現。墨絵の濃淡と筆づかいを刺繍で施したジャケットとパンツは、1877年に創業の桐生にある<笠盛>でアップリケ

  • 【特集】この春はデニムアウターが推し!<LEVI'S/リーバイス>ほか、大人が着るべきジージャン7 選
    2020.03.23 update

    【特集】この春はデニムアウターが推し!<LEVI'S/リーバイス>ほか、大人が着るべきジージャン7 選

    ドレスアップする気分で着こなす“大人のGジャン” 肌寒いときは薄手のコートの中にレイヤーして、陽射しが暖かい日はアウターとして、どう着こなしても活躍してくれるのがデニムジャケット、通称Gジャンだ。 今シーズンはタイドアップして着たり、ウールのトラウザーズに合わせたり、ドレスアップも似合うデニムジャケットをチョイスしたい。不動の人気を誇る生粋のデニム専門ブランドの定番モデルをはじめ、今のトレンドを取り入れたワイドなシルエットまでピックアップ。お気に入りを見つけて春のワードローブに加えよう。

  • メンズファッション・カルチャー誌『ヴォストーク』と、熱狂的ファンを有する「フロットサムブックス」がコラボレーションする期間限定ポップアップ開催
    2020.03.21 update

    メンズファッション・カルチャー誌『ヴォストーク』と、熱狂的ファンを有する「フロットサムブックス」がコラボレーションする期間限定ポップアップ開催

    2020.03.25 - 2020.04.07

    営業時間変更のお知らせ メンズ館2階=メンズクリエーターズでは3月25日(水)から4月7日(火)までの期間、ファッション・アート・カルチャー誌『VOSTOK/ヴォストーク』の第3号の発売を記念し、ブックストア「flotsam books/フロットサムブックス」とのコラボレーションによるポップアップを開催する。 2019年3月に創刊した『ヴォストーク』。最新号では“ミラージュ”という特集を組み、ホンマタカシ氏や髙橋恭司氏、鈴木親氏、細倉真弓氏など、様々な写真家が2020年春夏のファッションを切

  • 【特集】小さいけど、機能的に使える休日ミニバッグ10選
    2020.03.17 update

    【特集】小さいけど、機能的に使える休日ミニバッグ10選

    ICカードやスマホアプリ決済が当たり前になってきて、バッグの中身がスマート化するのに伴い、バッグ自体の大きさもダウンサイジングしてきている。依然として人気のサコッシュをはじめとするミニバッグは、今シーズンもトレンドど真ん中だが、軽装になる春夏は“スタイリングにおけるアクセサリー”という視点から好みを選んでみよう。 ポケット代わりに使えるミニバッグのバリエーションが豊富 休日に街を歩いたり、公園などに遊びに行くと、サコッシュやウエストバッグを斜めがけした人とよくすれ違う。もちろんモノを入れるため

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

MEN'S CONTEMPORARY
2020.04.02 update

MEN'S CONTEMPORARY

メンズ館6階=メンズコンテンポラリーの最新情報を随時更新!イベント情報や入荷情報は、LINE公式アカウントからもご覧いただけます。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】街からアウトドアまで万能な<ASPESI/アスペジ>のミリタリージャケットが愛され続ける理由
2020.04.02 update

【特集】街からアウトドアまで万能な<ASPESI/アスペジ>のミリタリージャケットが愛され続ける理由

男のクローゼットに必然のように存在し、長く着ていくことを楽しむ──アウトドアウエアやミリタリーウエアが持つ機能性をタウンユースに落とし込んだ先駆者的存在である<ASPESI/アスペジ>もそんなブランドの一つだ。今回は、大人の日常着に欠かせない存在として君臨する大定番モデル「M-65」などタイムレスな名作を次々と生み出す<アスペジ>の魅力を伊勢丹メンズ館バイヤーに訊いた。 ジャケット以上、コート未満のシティジャケット 創業者のアルベルト・アスペジさんが、1967年にイタリア・ミラノ郊外にシャ

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の