ページトップへ
CLOSE
  • 【オープンレポート】<HUNTING WORLD/ハンティング・ワールド>|ブランドのレガシーとエボリューションを同時体験
    2018.06.05 update

    【オープンレポート】<HUNTING WORLD/ハンティング・ワールド>|ブランドのレガシーとエボリューションを同時体験

    メンズファッション誌『SENSE(センス)』と連動したソリッドなオールブラックのインテリアの中に、マットブラック仕上げのモダンなバッグと、"永遠のスタンダード"であるグリーンのバッグが一緒に展開されている驚きと新鮮な感覚――<HUNTING WORLD/ハンティング・ワールド>のポップアップストアが、6月12日(火)までの期間限定で、メンズ館1階=プロモーションにて開催中だ。   ポップアップ2週目に、世界に1点しかない「ラグダッフル」が登場   6月6日(水)からのポップアップ2週目

  • バイヤーのセンスを拝見!この夏着たいTシャツ3選
    2018.06.02 update

    バイヤーのセンスを拝見!この夏着たいTシャツ3選

    誰もが認める夏の主役、「Tシャツ」をメンズ館バイヤーが選んだら?今回は、「今気分なTシャツ」をテーマに、素材やシルエット、ディテール、プリントなど、各人がこだわって選んだ3枚をお届け。日頃から最旬のファッションを探し、触れている6名にセンスを発揮してもらった。 メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル ►バイヤー 渡邉駿の「3枚」 ===== メンズ館6階=コンテンポラリー カジュアル バイヤー 渡邉駿の「3枚」 左:<グラフペーパー>15,120円(2枚組)中:<フォーク>15,120円右:<

  • 休日カジュアルにフランスらしい遊び心を
    2018.05.30 update

    休日カジュアルにフランスらしい遊び心を

    ビジネスを支えるワードローブから、旅の相棒となるバッグまで。今夏のニューブランドは、美と実を備えたアイテムで魅了する。 フランスラグビー界の伝説、セルジュ・ブランコ。彼の妥協なきプレースタイルにならい、1992年にブランドをスタート。品質への飽くなき探究心をもったものづくりが信条。パリの本店ほか、欧州の有名百貨店で取り扱われている。 <セルジュ ブランコ>半袖シャツ 24,840円Tシャツ 11,880円パンツ 28,080円 今春夏、日本初上陸となるフレンチブランド「セルジュブランコ」。フランスを代表す

  • バイヤーが選ぶ“一針入魂” #8──次代を担うデニムの競演、裾のチェーンステッチに真髄が宿る
    2018.05.25 update

    バイヤーが選ぶ“一針入魂” #8──次代を担うデニムの競演、裾のチェーンステッチに真髄が宿る

    "一針入魂"──メンズ館7階=オーセンティック カジュアルの担当バイヤー柴田信友が連想し、着目したのは、一針に想いを込めた手仕事=デニムの縫製には欠かせない「ユニオンスペシャル」というミシンだ。「チェーンステッチが醸し出す雰囲気はデニムの一つのポイント」と語る柴田。今回登場する3ブランドは、デニムにこだわりの理想を持ち、いずれもオリジナル生地作りからその理想を追求。それぞれに“ベストが違う”というこのアイテムの奥深さを教えてくれる。  なぜジーンズは時代を超えるアイテム

  • <HUNTING WORLD/ハンティングワールド>|デザイナーに相澤陽介氏を迎えた新生<ハンティング ワールド>が期間限定ストアをメンズ館1階にオープン
    2018.05.25 update

    <HUNTING WORLD/ハンティングワールド>|デザイナーに相澤陽介氏を迎えた新生<ハンティング ワールド>が期間限定ストアをメンズ館1階にオープン

    2018.05.30 - 2018.06.12

    アメリカ発のラグジュアリーバッグブランドとして世界中から愛される<HUNTING WORLD/ハンティングワールド>のポップアップストアがメンズ館1階=プロモーションに期間限定で登場。今シーズンより、<White Mountaineering/ホワイトマウンテニアリング>デザイナーの相澤陽介氏をクリエイティブディレクターに迎え、ブランド史上初となるランウェイショーを行うなど、"永遠のスタンダード"に新風を吹き込んだ、同ブランドの新たなプロローグが幕を開ける。 メンズファッション誌『SENSE(センス)』に

  • <BELSTAFF/ベルスタッフ>|Tシャツやデニムにも、自身のアイデンティティーを!『カスタムパッチプロジェクト』第2弾スタート
    2018.05.12 update

    <BELSTAFF/ベルスタッフ>|Tシャツやデニムにも、自身のアイデンティティーを!『カスタムパッチプロジェクト』第2弾スタート

    昨年10月に始動し話題を呼んだ<BELSTAFF/ベルスタッフ>の『カスタムパッチプロジェクト』の第2弾が、メンズ館7階=オーセンティック カジュアルに到着。 パッチ各7,992円 このプロジェクトは、1950年代から60年代の英国バイカーたちがロッカースタイルをヒントに形成してきた、パッチやピンバッジをジャケットに装着したアイコニックなファッションから着想を得たもの。好みのパッチを選び、好みの場所に装着して、自分だけの特別な一着が完成する。 第2弾となる今回は、2018年春夏コレクション

  • <GLAD HAND/グラッドハンド>|幸田大祐が語る、“愛”と“こだわり”で満たされた空間に込めた想いとは
    2018.04.28 update

    <GLAD HAND/グラッドハンド>|幸田大祐が語る、“愛”と“こだわり”で満たされた空間に込めた想いとは

    1900年代初頭に代表される古き良きアメリカを象徴するカルチヤーを背景とし、クラシカルな雰囲気をモダン なファッションへと昇華する──そんな自由で遊び心あふれるこだわりのスタイルとアイテムを展開するブランド。それが、<GLAD HAND/グラッドハンド>だ。2009年に東京・原宿で誕生して以来、着実に熱烈なファンを獲得し続け、確たる地位と不動の評価を手にした今、メンズ館7階=オーセンティックカジュアルで展開される期間限定のポップアップショップに注目したい。折しも5月2日(水)から13日(日)という会期の最

  • <Reyn Spooner/レインスプーナー>|アロハシャツの代名詞、メイド イン ハワイの“ラハイナセーラー”の魅力をバイヤーが語る
    2018.04.27 update

    <Reyn Spooner/レインスプーナー>|アロハシャツの代名詞、メイド イン ハワイの“ラハイナセーラー”の魅力をバイヤーが語る

    ハワイ発祥の"裏地"アロハとして知られる老舗ブランド<Reyn Spooner/レインスプーナー>が着たくなる季節がやってきた。今年は現地ハワイにあるストックを掘り起こし、多彩な色柄を揃えるなど充実のラインナップ。「実は、メイドインハワイの“ラハイナセーラー”は今回のデリバリーでお休みになります」というメンズ館7階=オーセンティック カジュアルの名物バイヤー柴田信友がブランドの魅力を余すところなくご案内する。   最高の状態を長く楽しめる「スプーナークロス

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言
2019.11.13 update

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言

サロン ド シマジは、元週刊プレイボーイの編集長であり、現在は作家として活躍する島地 勝彦氏がプロデュースをするライフスタイルセレクトショップ。週末には島地氏がバーマンとしてお酒を振舞い、大人の嗜みを教えている。この「今週の格言」では、島地氏直筆による格言とともに、サロン ド シマジで起きた出来事を紹介。提供されたお酒や島地氏本人のコーディネートを毎週更新する。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ
2019.11.13 update

【特集】ビジネスからアウトドアまで、オールオケージョンな<Blundstone/ブランドストーン>のサイドゴアブーツ

<Blundstone/ブランドストーン>は、オーストラリア・タスマニア初のシューズブランド。1870年代に英国から移住したブランドストーン夫妻が始めた、輸入靴店がそのルーツである。1940年代にはオーストラリア陸軍にブーツを納品する御用達メーカーとなり、60年代に登場したサイドゴアブーツが一気にブレイクを果たすと、本国を代表するシューメーカーとして認知された。伊勢丹メンズ館ではこのサイドゴアブーツこそ、ドレスとカジュアルがボーダーレスな、いまの時代の足元にとってのリアリティなのではないかと考えている。▼

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

[2019年最新]基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説
2019.11.12 update

[2019年最新]基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説

この1分動画では、実際にスタイリストがマフラーを巻く一連の動作を、細かな解説文と共に指南。お出かけ前でも、鏡の前で動画を見ながらすぐにマフラーの巻き方を覚えられる詳細な解説つき。 「それでも巻き方が分からない…」と感じたら、ぜひ店頭のスタイリストまでお気軽にご相談ください。 マフラーの巻き方動画目次                 合わせて読みたいおすすめ記