ページトップへ
CLOSE
  • <ETRO/エトロ>|「インディアン・サマー」を体現する期間限定ストアがメンズ館1階にオープン
    2018.04.25 update

    <ETRO/エトロ>|「インディアン・サマー」を体現する期間限定ストアがメンズ館1階にオープン

    2018.05.02 - 2018.05.13

    イタリアを代表するラグジュアリーブランド<ETRO/エトロ>が、5月2日(水)から13日(日)までの期間、「インディアン・サマー」をテーマにメンズ館1階=プロモーションにポップアップストアをオープンする。今季の<エトロ>は、1960年代にインドからヒマラヤまでを旅し、スピリチュアルを探求したサイケデリックジェネレーションにオマージュ。同イベントでは、ビビッドな色彩を放つ旅のムードをアイコンであるペイズリー柄とともに情熱的な世界観を表現する。 関連記事 ビビッドな色彩を放つ旅へ──キーン・エトロ氏が語る、シ

  • <GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>|英国老舗ホテルと協業、ロイヤルベビー生誕を記念したコラボレーションモデルが登場
    2018.04.24 update

    <GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>|英国老舗ホテルと協業、ロイヤルベビー生誕を記念したコラボレーションモデルが登場

    <GLOBE-TROTTER/グローブ・トロッター>が、英国王室キャサリン妃の第三子生誕を記念し、ロイヤルファミリーとの深いゆかりを持つザ・ゴーリングホテルとのコラボレーション。メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーでは、この記念モデルを5月上旬より、数量限定で発売する。 祝福のムードと品格漂うファン垂涎の一品を、その手で確かめてほしい。 左:20インチ トロリーケース 313,200円中:13インチ ヴァニティーケース 190,080円右:30インチ エキストラディープスーツケース 388,8

  • <dunhill/ダンヒル>|サッカー日本代表オフィシャルスーツが4月25日(水)に発売
    2018.04.24 update

    <dunhill/ダンヒル>|サッカー日本代表オフィシャルスーツが4月25日(水)に発売

    <dunhill/ダンヒル>による、「SAMURAI BLUE(サッカー日本代表) 」のオフィシャルモデルが登場。メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーでは、4月25日(水)より「‘SHOBUFUKU’ CAMPAIGN -dunhill for SAMURAI BLUE 2018-」と銘打ち、発売記念キャンペーンを実施する。 スーツ 378,000円、3ピーススーツ 469,800円、シャツ 45,360円 今年で19 年目を迎えた<ダンヒル>と「SAMURAI BL

  • フィレンツェの感性が宿る、革職人が手がけるバッグ
    2018.04.22 update

    フィレンツェの感性が宿る、革職人が手がけるバッグ

    今春は、テーラードアイテムを中心に新たなブランドを加えて、進歩を図る。自信をもって推すブランドばかり。ぜひとも店頭でその品質を確かめてもらいたい。 2005年、日本人としてはじめてイタリアにてビスポークシューズの店を構えた深谷氏。独創的な靴づくりで知られ、サッカー選手やセレブリティなど、多くの洒落者から厚い信頼を寄せられる。 <イル ミーチョ>トートバッグ 113,400円クラッチバッグ 145,800円ファイルケース 73,440円■メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー 靴職人としてキャリ

  • バイヤーが選ぶ“一針入魂” #3──次代を担うサルトリアの価値と魅力|新進のナポリ・クラシックに惚れ込む
    2018.04.11 update

    バイヤーが選ぶ“一針入魂” #3──次代を担うサルトリアの価値と魅力|新進のナポリ・クラシックに惚れ込む

    一球入魂ならぬ、一針入魂。南イタリアのものづくりの情熱に熱視線を注いでいるバイヤー山浦勇樹が今回注目するのは、直訳すると「エレガントな王子様」という甘美な響きを持つ<PRINCIPE D’ELEGANZA/プリンチペ・ディ・エレガンツァ>。4月14日(土)・15日(日)にメンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーで開催される初のトランクショーを前に、次世代の旗手となる“手仕事による味のある服”の魅力を伝える。 新進気鋭のサルトが手がけた「ジャパンモデル」 <プリ

  • 芸術の域に達するフィレンツェ仕立て
    2018.04.10 update

    芸術の域に達するフィレンツェ仕立て

    今春は、テーラードアイテムを中心に新たなブランドを加えて、進歩を図る。自信をもって推すブランドばかり。ぜひとも店頭でその品質を確かめてもらいたい。 世界中の著名人が、現役のマスターカッターであるアントニオ・リベラーノ氏のもとを訪れ、スーツをオーダーしていく。受注から仕上がりまで1年以上かかることもある人気サルトだ。ここでは日本人の職人も活躍している。職人たちの情熱が美しい一着をつくり出す。<リベラーノ リベラーノ>ジャケット 388,800円■メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー &ldqu

  • #2鏡陽介──4年通って口説いたテーラーの極めつき。
    2018.04.07 update

    #2鏡陽介──4年通って口説いたテーラーの極めつき。

    昨秋始動した“ラッコルタ アルティジャーノ”に念願のブランド、〈アンダーソン&シェパード〉が名を連ねた。この老舗テーラーのコレクションが本国の店以外に並ぶのは快挙中の快挙。仕掛け人は、カスタムメイド バイヤーの鏡陽介だ。 1906年に創業したサヴィル・ロウのテーラー、〈アンダーソン&シェパード〉。王侯貴族を顧客に抱えたフレデリック・ショルティのもとでカッターを務めたパー・アンダーソンは師匠譲りのドレープ、ロンドン・カットで一世を風靡、20世紀のファッション・アイコンであるウィンザ

  • <Cesare Attolini/チェザレ アットリーニ>|一流の男たちが求める“究極のクラシック”の一つの頂点
    2018.04.01 update

    <Cesare Attolini/チェザレ アットリーニ>|一流の男たちが求める“究極のクラシック”の一つの頂点

    <Cesare Attolini/チェザレ アットリーニ>の服を語るとき、常に冒頭出てくるのは、世界最高峰、上品、端正、正統派、伝説的という言葉たちだ。メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーの「ラ コルタ アルティジャーノ」では、同ブランドのスーツを4型、ジャケットを3型展開。さらに、年に2回、本国スタッフを招いてのス ミズーラも開催される。  世界を見据えた“芯が通った男”がたどり着くスーツ 今年3月のス ミズーラも大盛況だった<チェザレ アッ