ページトップへ
CLOSE
  • バイヤーが選ぶ“一針入魂” #7──<BORRIELLO/ボリエッロ>|バイヤー的、“良いシャツの定義”を満たすナポリ生まれ
    2018.05.16 update

    バイヤーが選ぶ“一針入魂” #7──<BORRIELLO/ボリエッロ>|バイヤー的、“良いシャツの定義”を満たすナポリ生まれ

    「良いシャツとは」というストレートな問いに、「一番肌に近いアイテムなので、ストレスがない着心地のシャツ」と答えたメンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーのバイヤー山浦勇樹。今回取り上げるナポリのカミチュリア<BORRIELLO/ボリエッロ>は、現当主で2代目のファビオ・ボリエッロが、“次代の担い手”として期待を集めている。 イベント情報 <ボリエッロ>トランクショー □5月20日(日)11~6時 □メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー <ボリエッロ>シャツ

  • <Ermenegildo Zegna/エルメネジルド ゼニア>|選べる素材は約500種類、1日限りの「ス ミズーラ」トランクショーが 5月13日(日)に開催
    2018.05.11 update

    <Ermenegildo Zegna/エルメネジルド ゼニア>|選べる素材は約500種類、1日限りの「ス ミズーラ」トランクショーが 5月13日(日)に開催

    厳選された素材と伝統のクラフツマンシップにこだわり、洗練されたビジネスウエアからラグジュアリーなオフタイムのためのカジュアルウエアをはじめ、ライフステージを彩るさまざまなアイテム展開する<Ermenegildo Zegna/エルメネジルド ゼニア>。1910年の誕生以来、上質な素材と最高の仕立て、そして洗練されたスタイルで世界中のビジネスエグゼクティブやセレブリティを魅了し続ける同ブランドの2018年春夏コレクションが出揃った。メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーでは、 5月13日

  • 最高級のコットンで、50型以上のアイテムを提供
    2018.05.11 update

    最高級のコットンで、50型以上のアイテムを提供

    今春は、テーラードアイテムを中心に新たなブランドを加えて、進歩を図る。自信をもって推すブランドばかり。ぜひとも店頭でその品質を確かめてもらいたい。   コットンはもちろんのこと、カシミヤを使ったセーターでも有名な<フェデーリ>は、80年以上の歴史あるブランド。熟練の職人たちの手作業を中心とした、サルトリアを彷彿させる工場で生産を行い、デザイン・パターンはトレンドを意識しつつも、1960年代に買い付けた編み機を今もなお稼働させている。(写真上)のカットアンドソーンは、エジプト綿でも繊維の長い「ギ

  • 【オープンレポート】<ETRO/エトロ>|“熱”をじかに感じる発信地、キーン・エトロ渾身のクリエーションを体現するポップアップに注目
    2018.05.09 update

    【オープンレポート】<ETRO/エトロ>|“熱”をじかに感じる発信地、キーン・エトロ渾身のクリエーションを体現するポップアップに注目

    5月2日(水)にメンズ館1階=プロモーションに登場した<ETRO/エトロ>ポップアップストアは、<エトロ>メンズクリエイティブ・ディレクターのキーン・エトロが描き出した「インディアン・サマー」をテーマにしたアイテムをすべて凝縮。オープン初日の閉店後には、顧客やメディア関係者などを招いたパーティーも開催した。 関連記事 ビビッドな色彩を放つ旅へ──キーン・エトロ氏が語る、シーズンテーマ「インディアン・サマー」 スピリチュアルを探求し、サイケデリックなカエルと、神秘の国・インドの宮殿をイメージした2本の柱が出

  • ハンドメイドを多用することで生まれる着心地のよさ
    2018.05.09 update

    ハンドメイドを多用することで生まれる着心地のよさ

    今春は、テーラードアイテムを中心に新たなブランドを加えて、進歩を図る。自信をもって推すブランドばかり。ぜひとも店頭でその品質を確かめてもらいたい。   <ボリエッロ>シャツ 38,880円■メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー   ナポリのカミチェリアであるボリエッロ。以前は、有名サルトリアの生産を請け負っていたが、現在では自身のブランドのみに絞って生産を行っている。メンズ館の4階では今シーズンが初登場となる。シャツ仕立ての勘所となる10工程をハンドメイドで行っている

  • 大人の休日着は、"カラー"で差がつく──<エルメネジルド ゼニア>のカプセルコレクションが登場
    2018.05.02 update

    大人の休日着は、"カラー"で差がつく──<エルメネジルド ゼニア>のカプセルコレクションが登場

    メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリーでは、<エルメネジルド ゼニア>のカラーカプセルコレクションが到着。世界中のセレブリティを魅了する同ブランドがこの夏提案するのは、ライトブルーやピンク、イエロー、そしてアクアグリーンの4色で構成されるパステルカラーのリラックススタイルだ。 ジャケットをはじめ、シャツやジャージー、トラウザーズからなる今回のカプセルコレクションでは、カシミヤシルクやリネン、コットンを混紡した涼やかで着心地のよいレジャーウェアを提案。カシミヤシルクにリネンを混紡したハイゲージセー

  • 世界が注目するパンツ専業ブランド
    2018.05.02 update

    世界が注目するパンツ専業ブランド

    今春は、テーラードアイテムを中心に新たなブランドを加えて、進歩を図る。自信をもって推すブランドばかり。ぜひとも店頭でその品質を確かめてもらいたい。   ベルトレスに加え、ウエスト部分の長い持ち出し。柔らかい雰囲気と立体的なフォルムが特徴だ。 <アンブロージ>パンツ 118,800円■メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー イタリアはナポリにて、1世紀以上にわたり“パンツ専業サルト”として名を馳せる「アンブロージ」。代々、有名ブランドの下請けを担ってきたが、

  • 伝説の職人が仕立てる、ナポリの王道
    2018.04.30 update

    伝説の職人が仕立てる、ナポリの王道

    今春は、テーラードアイテムを中心に新たなブランドを加えて、進歩を図る。自信をもって推すブランドばかり。ぜひとも店頭でその品質を確かめてもらいたい。  サルトであるルチアーノ氏は、ナポリの服づくりが花開き、クラシコイタリアが世界を席巻していった時代に、そのファクトリーを支えた職人。ナポリ仕立ての技が随所に見られるジャケットは、見た目も着心地も優雅だ。 <オラッツィオ ルチアーノ>ジャケット 313,200円■メンズ館4階=インターナショナル ラグジュアリー 老舗サルトリアのマスターカッターを務

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言
2020.01.20 update

サロン ド シマジ 島地勝彦 今週の格言

サロン ド シマジは、元週刊プレイボーイの編集長であり、現在は作家として活躍する島地 勝彦氏がプロデュースをするライフスタイルセレクトショップ。週末には島地氏がバーマンとしてお酒を振舞い、大人の嗜みを教えている。この「今週の格言」では、島地氏直筆による格言とともに、サロン ド シマジで起きた出来事を紹介。提供されたお酒や島地氏本人のコーディネートを毎週更新する。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【インタビュー】シューズデザイナー広本 敦が、気がついたら毎日履いていた全天候型スニーカー
2020.01.20 update

【インタビュー】シューズデザイナー広本 敦が、気がついたら毎日履いていた全天候型スニーカー

東京発のフットウエアブランド<YOAK/ヨーク>のポップアップが、1月22日(水)からメンズ館1階=紳士靴でスタート。ISETAN MEN'S netでは、毎シーズン恒例となったデザイナーの広本 敦氏へのインタビューを実施。広本氏が自身の旅からインスピレーションを受けて開発した新モデルや今シーズンの話を伺った。 アメリカを旅して生まれた、出張・旅行・遊びまでカバーする新作モデル 広本氏がアメリカ・サンフランシスコからポートランド、カナダのバンクーバーまで旅をして生まれたのが、待望の新作"JOURNEY"だ

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の