ページトップへ
CLOSE
  • <ISETAN MEN’S/イセタンメンズ>|良い素材のコートを着たい日に、バルカラー&チェスターコート
    2016.12.07 update

    <ISETAN MEN’S/イセタンメンズ>|良い素材のコートを着たい日に、バルカラー&チェスターコート

    洋服の素材感の良し悪し(好き嫌い)には、百人いれば百通りの趣味嗜好がありますが、一つの基準になるのが、「購入して1カ月~2カ月して、クローゼットの中から思わず手に取ってしまう」という行為。好きな素材感の服は、着てもストレスがなく、また着たいと身体が求めてしまうものです。そういう長く愛される良い素材を目指して<ISETAN MEN’S/イセタンメンズ>が仕立てたコートをご紹介します。仕立てにもこだわった、<イセタンメンズ>の「10年着られるコート」服の仕立てで、良い素材を活かすのは、目に見えない

  • メンズ館スタイリストが「マフラーの巻き方テクニック」教えます
    2016.12.01 update

    メンズ館スタイリストが「マフラーの巻き方テクニック」教えます

    いよいよ冬本番。あたたかいマフラーやおしゃれなストールが首元を飾る季節になりました。メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具では色・素材・長さなど、今年らしい“巻きもの”をバラエティ豊かに取り揃えてご紹介中。『ISETAN MEN’S net』では、「マフラーの巻き方がわからない」「今年らしい巻き方は?」という声にお応えして、動画を作成。上質なカシミヤマフラーを使って、巻き方は全部で6種類。オーソドックな巻き方から新テクニックまでぜひご参考に。▶動画で見て・分かる!マフラ

  • <トレンドセレクション&イセタンメンズ>|ジャケットを着るのが楽しい冬に、季節感満載の着こなしを提案
    2016.11.27 update

    <トレンドセレクション&イセタンメンズ>|ジャケットを着るのが楽しい冬に、季節感満載の着こなしを提案

    東京では早くも雪が降り、冬本番です。おしゃれの楽しみの一つに、“季節の素材感と色”を装うことがあります。ツイードや地厚のコーデュロイ、カシミヤやアンゴラのような高級素材、色ではネイビーの次に注目されるグレーやブラウンなど、メンズ館5階=トレンドセレクションには、旬のジャケットとコーディネートアイテムが満載です。気に入ったジャケットが見つかったら、インナーとボトムスはシンプルに!思う存分、冬のファッションを愉しみたいなら、まず素材感に注目。今の時代にフィットする軽い仕立てで大人の

  • 【第23回】今が買い時!おすすめコート ベスト3特集
    2016.11.22 update

    【第23回】今が買い時!おすすめコート ベスト3特集

    もう11月も下旬となり、コートの本格的な出番を迎えます。昨年とは打って変わって、今年は例年より寒いとの予報ですから、防寒対策は怠らないようにしていきましょう。さて今回は、『今が買い時!おすすめコート ベスト3』をご紹介。毎日着るものだから、機能性も持たせつつジェントルな雰囲気を残したコートが今季おすすめです。<イセタンメンズ>チェスターコート 102,600円 商品を見るカシミヤタッチのような柔らかく洗練された素材感の<イセタンメンズ>チェスターコート世界三大毛織でもある尾州産の葛利毛織(くずり

  • 【私の愛用品】バイヤー 山浦勇樹|アナログ&デジタルツールをバランス良く使い分ける理由
    2016.10.12 update

    【私の愛用品】バイヤー 山浦勇樹|アナログ&デジタルツールをバランス良く使い分ける理由

    「山浦さんの仕事の愛用品を見せてください」とお願いしたところ、取材に持参してくれたのは、「辞書みたいに厚いとみんなに言われる」システム手帳と、PCのsurface Pro。「システム手帳は10年目の相棒で、PCにはメンズ館4~5階のオーダーが全部入っています」というメンズ 館4・5階を担当するバイヤーの山浦勇樹が愛用品を語ります。“アシスタントバイヤー心得”から購入したもの2006年に伊勢丹に入社し、1年目に店頭でスタイリストを務め、翌年に商品担当になりました。先輩アシスタントバイ

  • 【第21回】この秋冬はグレーのスーツでクラシックな雰囲気を纏う
    2016.08.29 update

    【第21回】この秋冬はグレーのスーツでクラシックな雰囲気を纏う

    皆さま季節はあっというまに秋へと移ろいつつありますが、いかがお過ごしでしょうか。そろそろ今年の秋冬のトレンドをリサーチしている方も多いと思います。今回は、そんな2016年の秋冬に押さえておきたたいおすすめスーツをご紹介します。近年スーツのクラシック回帰と言われていますが、今シーズンはその雰囲気がかなり強く出ていており、打ち込みの強いハリコシがある生地やクラシカルな表情の太めなチョークストライプやチェック柄等の、ダンディズムが薫る生地が豊作です。色は久々にグレーカラーで。長らくネイビーが主流でしたがそれもひ

  • 【バイヤー対談】サンダル+靴下に注目!|夏の足元をおしゃれに快適にする、最新サンダル&ソックス合わせ
    2016.07.31 update

    【バイヤー対談】サンダル+靴下に注目!|夏の足元をおしゃれに快適にする、最新サンダル&ソックス合わせ

    メンズ館地下1階=紳士靴では、世界各国の人気サンダルを集積した「WORLD SANDAL MARKET/ワールドサンダルマーケット」のポップアップが盛り上がり中!特に今年は、スポーツMIXタイプのサンダルが大人気ですが、「裸足では仕事に履いていけない」と迷っているあなたへ、同じフロアにある靴下とのコーディネートはいかがでしょう。紳士靴バイヤーの田畑 智康と、肌着・靴下・ナイトウェアバイヤーの國友 崇裕が、サンダル+靴下の「初級・中級・上級」コーディネートを提案します。伊勢丹オンラインストア特集ページはこち

  • 【インタビュー】中野香織(服飾史家)|“紳士のもの選び”単行本『紳士の名品 50』を著者が語る(前編)
    2016.06.11 update

    【インタビュー】中野香織(服飾史家)|“紳士のもの選び”単行本『紳士の名品 50』を著者が語る(前編)

    インタビューのためのテーブルの上に用意されたのは、セーター、靴、ネクタイ、ホーズ、花束、風呂敷、ハンカチ、シューケア用品、ハンガー、シングルモルト……。実はこれらは雑誌サライの連載「紳士のもの選び」を単行本化した『紳士の名品 50』(小学館セレクトムック)で語られているものです。伊勢丹新宿メンズ館がまるごと掲載されたような本の著者は、服飾史家でエッセイストの中野香織さん。今日は白いスーツでご登場です。コンセプトは「モノを通じて紳士を語る」――サライの連載「紳士のもの選び」をまと