ページトップへ
CLOSE
  • 【第10回】日本一の生地産地 尾州の歴史
    2015.11.03 update

    【第10回】日本一の生地産地 尾州の歴史

    前回からご紹介している生地産地の尾州。この地方ではウールを使って生地をつくる以前から、農業はじめ織物を中心とした繊維産業が盛んであり、桑畑(養蚕の絹)、綿花畑(綿糸)に良い土壌があり、糸、織物の染色加工や仕上げ整理に適した水(木曽川)があったため、1200年以上前から、麻・絹・綿と時代にあわせて生地を生産していたという資料が残っています。そして明治時代の濃尾大地震で大打撃を受け、それ以降、綿に替わってウールを全国に先がけて採り上げられ、先人の方々のたゆまぬ努力で毛織物の「尾州」として全国に知れわたり、その

  • 【第9回】世界三大生地産地のひとつ、尾州地区
    2015.10.27 update

    【第9回】世界三大生地産地のひとつ、尾州地区

    みなさまこんにちは。突然ですが、尾州という生地産地はご存じでしょうか?愛知県の一宮市、稲沢市、津島市、江南市、 名古屋市と岐阜県羽鳥市を中心とした日本最大の毛織物産地で、国内生産量の8割を占めており、 イタリアのビエラ、イギリスのハダースフィールド、日本の尾州が世界三大生地産地と称されるほど世界的に知名度の高い生地生産地区です。 世界共通で良い生地産地の近くにあるものが“水”です。 イタリアのビエラはアルプス山脈の麓に位置し、良質な水のもとにはエルメネジルドゼニア・ロロピアーナ・カ

  • 【第5回】今季がねらい目!チェックスーツ特集
    2015.09.15 update

    【第5回】今季がねらい目!チェックスーツ特集

    皆様こんにちは!今シーズン多くのブランドが提案しているチェック柄のスーツ。昨今、スーツのトレンドにおいて無地やストライプが台頭していたのでチェック柄が新鮮に感じますね。なかでも今季はイギリス調のクラシカルなチェックがおすすめです。しかし、チェックは難易度が高い、、柄と柄を合わせるってどうすれば、、というような、お声を頂いております。そこで今回は今季の一押しチェック柄スーツとそのコーディネートを初級・中級・上級でご紹介します!初級編今期多くのブランドが提案しているボルドーチェックのスーツ。その中でも<イセタ

  • Artistic earth|ネイチャープリントを施したエキゾチックなリゾートスタイル ビジネスクロージング編
    2014.05.22 update

    Artistic earth|ネイチャープリントを施したエキゾチックなリゾートスタイル ビジネスクロージング編

    半袖でも気持ちのいい陽気が続くようになってきましたね。袖の長さだけでなく、素材や柄にも変化を取り入れて、より季節の移り変わりを楽しむコーディネートにしてみませんか?そこで今回はアーティスティック・アースと題しまして、世界各国の民族柄と大地や海や空、動植物などあらゆるものをモチーフとしたネイチャープリントを施したアイテムによる、エキゾチックなリゾートスタイルをご提案していきます。今回は、メンズ館5階=ビジネスクロージング編。ジャケットは一見ウールに見えるが、綿100%で着心地は抜群! チェック柄のジャケット