ページトップへ
CLOSE

ショップ、施設の場所など変更になる場合がございます。大きいサイズのブランド情報はこちら

OUR LEGACYアワーレガシー

お取り扱いフロア
  • 6F=メンズコンテンポラリー

<アワーレガシー>は、ヨックム・ハリン氏とクリストファー・ニイン氏により、2005年にスウェーデン・ストックホルムで設立されたメンズウェアブランドです。設立当初はプリントTシャツ数型のみの展開でしたが、2007 年からはフルコレクションを発表。また同年には、長年の友人であるリカルドス・クラレン氏をデザイナー兼共同経営者として迎え入れました。ブランド初のフルコレクションが大きな反響を呼び、翌年にはストックホルムのセーデルマルム地区にオンリーショップをオープンしました。
<アワー レガシー>のファーストコレクションは、消費主義的な現代ファッションへのアンチな姿勢として、マーケットに迎合すること無く、真摯に服作りと向き合うことで誕生しました。自然体かつ流行に左右されないデザインを、最高の素材と技術を用いてプロダクトに落とし込む、そんな普遍的な物作りをブランドの核としています。ファーストコレクション発表後の初めの5年間は、ベーシックなプロダクトの開発のみにフォーカスすることで、完成度の高いコアコレクションを構築。その後、 2012年春夏コレクションからは、シーズンごとにテーマを設けて、よりコンセプチャルにコレクションを制作し始めました。こうして、高い物作りのスタンダードを保ちながら、デザイナー達のシーズンごとの関心事を鋭敏に反映させた、よりパーソナルなコレクションが誕生したのです。同年にはスウェーデン第二の都市ヨーテボリにも出店。またストックホルムのヤコブバルスガタン通りにフラッグシップショップをオープンさせました。
2014年には初の海外店舗をロンドンにオープンさせ、本格的な海外展開がスタート。現在、<アワーレガシー>のコレクションは、240を超える世界主要都市のセレクトショップや百貨店で取り扱われています。

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

フライト前、出発ラウンジ。特別な時間を「イセタン セントレア ストア」で。
2020.09.29 update

フライト前、出発ラウンジ。特別な時間を「イセタン セントレア ストア」で。

ビジネスやレジャーでアクティブに飛び回る方々に向けて、独自性ある紳士衣料・雑貨と心地よい空間を提供する、羽田空港に続く国内2番目の出店! 「イセタン セントレア ストア」は、“素材のこだわり”“デザインの良さ”“伝統”をキーワードに、本物・本質を追求した紳士衣料・雑貨を取り揃えます。“ヨーロッパの五つ星ホテル”を見立てた心地よい環境で、お客さまお一人おひとりにあったおもてなしを通じ、“マイストア”と感じていただける空間を提供します。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】紳士ファッション大市で「お客さまの声をカタチに」!“まるでインポート”コート・カスタマイズジャージースーツ
2020.09.29 update

【特集】紳士ファッション大市で「お客さまの声をカタチに」!“まるでインポート”コート・カスタマイズジャージースーツ

メンズテーラードクロージングでは、お客さまの「こんなものがあったらいいな」といったお声から、コート3型と、カスタマイズできるジャージースーツをデザインにとことんこだわって提案。渾身の力作を、2020年秋の紳士ファッション大市(伊勢丹新宿店本館6階=催事場)でぜひお手にとってご覧いただきたい。仕掛け人であるメンズテーラードクロージングのアシスタントバイヤー藤田と星川がこだわりを語ります。 Ⅰ."まるでインポート"の高コスパコート Ⅱ.人気の「ジャージースーツ」、大市ならここまで選べる Ⅰ."ま

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを
2020.08.26 update

【特集】今こそ、ビジネスウェアのデイリーケアを

自粛生活中に「クローゼットの中の整理をした」というお声を多く聞きましたが、そろそろ秋冬物との入れ替えを考える時期。特に、ウールの様な天然素材のスーツやジャケット、コートは日頃のケアが長持ちさせるためのポイントです。「ウール生地は生きているので、着たら休ませることも大事。スーツは1日着用したら2日は寝かせます」という、イメージコンサルタント岩見和貴が、ビジネスウェアの日常的なケアをお伝えします。 日常ケアの手順 1.帰宅したら、まずは中身を 2.ジャケットやパンツに合うハンガーでハンギング 3.