ページトップへ
CLOSE
  • <NEWYORKER Classic/ニューヨーカークラシック>|春夏コレクションは「TRAVEL」がキーワード。新作セットアップ加えての早期受注会がスタート
    2017.02.17 update

    <NEWYORKER Classic/ニューヨーカークラシック>|春夏コレクションは「TRAVEL」がキーワード。新作セットアップ加えての早期受注会がスタート

    2017.02.15 - 2017.02.20

    メンズ館5階=ビジネスクロージングでは2月20日(月)まで、<NEWYORKER Classic/ニューヨーカークラシック>2017春夏コレクションの早期受注会を開催中です。<ニューヨーカークラシック>の2017年春夏コレクションは、『Take me Somewhere nice』をテーマに掲げ「TRAVEL」をキーワードに、旅する男のワードローブを提案しています。テーマを象徴する新モデルとしてセットアップの「NULL」モデルが登場し、旅先のカジュアルスタイルにおすすめです。副資材を必要最低限に抑え仕立て

  • 今から春先まで着れるアウター|休日のカジュアルシーンに活躍する今季のNEWアウター5選
    2017.02.17 update

    今から春先まで着れるアウター|休日のカジュアルシーンに活躍する今季のNEWアウター5選

    春先は“三温四寒”という言葉もあるように気温が不安定でアウター選びが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?冬用の厚手のアウターでは暖房の効いた電車内などでは汗ばむことも、かといって1枚仕立ての薄手コートでは朝晩寒くて耐えられないなんてことも。メンズ館6階=コンテンポラリーカジュアルでは、今から春まで着れるアウターが揃っています。ライナーの着脱や重ね着を想定してデザインされたアウターなら、その日の気温や服装に合わせて長く着回せます。今回はカジュアルアウター編をご紹介します。

  • 今から春先まで着れるアウター|今日から使える!ビジ・カジ兼用で着回せるコート4選
    2017.02.17 update

    今から春先まで着れるアウター|今日から使える!ビジ・カジ兼用で着回せるコート4選

    春先は“三温四寒”という言葉もあるように気温が不安定でアウター選びが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?冬用の厚手のアウターでは暖房の効いた電車内などでは汗ばむことも、かといって1枚仕立ての薄手コートでは朝晩寒くて耐えられないなんてことも。メンズ館6階=コンテンポラリーカジュアルでは、今から春まで着れるアウターが揃っています。ライナーの着脱や重ね着を想定してデザインされたアウターなら、その日の気温や服装に合わせて長く着回せます。今回はビジ・カジ兼用で使えるアウター編をご

  • 『The Gentlemen Makers 2017 SPRING』発刊
    2017.02.15 update

    『The Gentlemen Makers 2017 SPRING』発刊

    イセタンメンズが年に4回発行している『The Gentlemen Makers 2017 SPRING』。新たな春夏シーズンに向け、メンズ館がおすすめするアイテムやスタイリングの提案、イベント情報が満載の一冊をお届けします。デジタルカタログでご覧いただけます⇒こちらから パワー オブ ポップ ~ストリートで弾ける詩情~ コーディネートにビビッドな色を取り入れるだけでなく、スポーティなエッセンスやポップなモチーフを取り入れて。80’sのアスレチックウエアとポップなキャラクターで再構築

  • <CORNELIANI/コルネリアーニ>|2017年春夏早期受注会&ス・ミズーラ会を同時開催
    2017.02.15 update

    <CORNELIANI/コルネリアーニ>|2017年春夏早期受注会&ス・ミズーラ会を同時開催

    2017.02.22 - 2017.02.27

    メンズ館5階=ビジネス クロージングでは、クラシックとモダンが融合するイタリア屈指のファクトリーブランド、<CORNELIANI/コルネリアーニ>の2017年春夏コレクションの早期受注会とス・ミズーラ会を同時開催。期間中の2月26日(日)は、同ブランドのメイド トゥ メジャー部門のエマニュエーレ・フェデリッチ氏を招きトランクショーも開催いたします。1958年、イタリア・ロンバルディア州マントヴァにて創業のテーラードクロージングのファクトリーブランド<コルネリアーニ>。創業以来、イタリアの伝統的な技術手法(

  • メンズデザイナーズカタログ『EPOCH』2017.2.15号 発刊
    2017.02.15 update

    メンズデザイナーズカタログ『EPOCH』2017.2.15号 発刊

    ラグジュアリーブランドによるイセタンメンズの最旬をお届けするメンズデザイナーズカタログ『EPOCH』。今回の2月15日発刊号では、メンズ館3階、4階の2017年春夏シーズンの最旬ファッションや、イセタンメンズ限定商品をご紹介いたします。『EPOCH』では毎号、日本酒やギターをはじめ、他分野で活躍する世界のTOPブランドとのコラボレーションも楽しみの一つ。今回は、京都の老舗菓子屋「老松」をお迎えし、ラグジュアリーファッションと、「和菓子」による新たなクリエイションをお楽しみください。『EPOCH』デジタルカ

  • <BALLY/バリー>|ポップな最新作に注目!2017年春夏コレクションのプロモーションを開催
    2017.02.14 update

    <BALLY/バリー>|ポップな最新作に注目!2017年春夏コレクションのプロモーションを開催

    2017.02.15 - 2017.02.27

    1851年にスイス北西部で2人の兄弟がハンドメイドレザーシューズの制作を始めたことから、その歴史をスタートさせたラグジュアリーレザーブランド<バリー>。160年以上の豊かな伝統と歴史の中で培われた技術と先端テクノロジーを斬新に組み合わせ、上質なレザーを使った美しさと機能性を兼ね備えたレザーアイテムの数々を生み出してきました。現在、<バリー>はレザーアイテムのみならず、シューズ、アクセサリー、レディ・トゥ・ウェア、アイウェアに至るまで、ユニークでエネルギーに満ちたデザインを提案しています。 バックパック 1

  • <adidas by kolor/アディダス バイ カラー>|2017年春夏コレクションが2月15日(水)に発売
    2017.02.13 update

    <adidas by kolor/アディダス バイ カラー>|2017年春夏コレクションが2月15日(水)に発売

    <adidas/アディダス>と<kolor/カラー>がコラボレーションした<adidas by kolor/アディダス バイ カラー>の2017年春夏コレクションが2月15日(水)の世界同時発売にあわせ、パークシティ イセタン5 2階=イセタン スポーツ ゲートにて販売をスタート。<アディダス バイ カラー>は、<アディダス>が持つ素材とテクノロジー、そして<カラー>の独特なデザインと高いファッション性を取り入れ、両者の持つ技を集結したパフォーマンスコレクション。2017年春夏アイテムではデザインが

FEATURE

過去の記事まで読み返したくなる連載記事を公開中!

みんなが知りたいメンズスキンケアAtoZ #イセタンコスメンズ
2020.01.20 update

みんなが知りたいメンズスキンケアAtoZ #イセタンコスメンズ

“男性特有の肌悩み”を多角的に解決するのが『#イセタンコスメンズ』。スキンケア・グルーミング・ヘアケア・フレグランスアイテムの役割や使い方を詳しく解説。さらに、新作情報・スタイリストのおすすめメンズスキンケアアイテムをご紹介する他、メンズビューティコンシェルジュによる深堀りコラムも連載。メンズスキンケアの疑問に幅広くアプローチしたコンテンツを発信します。

RECOMMEND

インタビューやおススメのアイテムを紹介!

【特集】2020年の春を軽快に装うスプリングコート10選
2020.01.20 update

【特集】2020年の春を軽快に装うスプリングコート10選

準備は万端に、そしていち早く春の装いを楽しむのが鉄則――春の足音が近づくにつれ、トレンドに敏感な男たちは、周りの誰よりも早くクローゼットの中にある春のワードローブをチェックするものだ。まだ肌寒さが残るこの時期からの必需品、今年の春を迎えるにふさわしい“軽い・薄い・機能的"に羽織れる春コートをワードローブに加えよう。 重いコートを脱いで、スプリングコートにすれば心まで軽く! 伊勢丹メンズ館に今季を象徴するスプリングコートが出揃い始めた。普遍的でクラシカルな定番スタイルから今っぽいゆったりとし

Q&A

ファッションに関する疑問やHOW TOを紹介!

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは
2020.01.15 update

プロがすすめる、レザージャケット(革ジャン)の上手なお手入れと保管方法とは

クールな男を演出するアウターとして、この数シーズン人気を集めている“レザージャケット”ですが、お手入れの必要性についてはご存知でしょうか。スキンケアと同様にこまめなお手入れが、5年10年と長く着用できるコツであり、革の馴染みやシワの入り具合なども左右します。今回は、レザーグッズのお手入れでお馴染み<コロンブス>のマイスター、松戸啓明さんにお話を伺いました。 日常の基本的なお手入れ ■スムースレザーの場合 ■スエード(起毛革)の場合 カビ・水濡れへの対策方法 ■カビ発生の